無制限SIMと相性抜群!SIMフリーWi-Fiルーターの活用法をご提案!

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: WiFi

タブレット触る

格安SIMの中で、高速データ通信を使い放題の契約のものがいくつか登場してきております。

それらのSIMをSIMフリースマホに挿入することで、そのスマホではデータ通信し放題という恩恵を受けることが出来ます。

が、高速データ通信使い放題だからこそ便利な使い方があります。

それは、Wi-Fiルーターとしての利用です。スマホに挿して「テザリング」で利用することもできますが、本稿ではSIMフリーのWi-Fiルーターを活用することのメリットや有効な活用法をご紹介いたします。

目次:

Wi-Fiルーターとスマホによるテザリングの違い

スマホさわる

データ通信を一本化する、という考え方についてだけ言えば、Wi-Fiルーターとスマホによるテザリングに違いはありません。Wi-Fiルーターはテザリングに特化した専用機と考えればよいでしょう。

ですが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

Wi-Fiルーターを利用するメリット

Wi-Fiルーターを利用するメリットは以下のようなものが考えられます。

スマホとバッテリーを分けることが出来る

スマホは利用用途が様々です。写真撮影、音楽や動画鑑賞、オフィスドキュメントを読む、電子書籍を読むなどなど様々です。案外バッテリーの消費は速いもので、データ通信のためのバッテリー利用を節約したいという方もいらっしゃるでしょう。

そういった方にはWi-Fiルーターでデータ通信の一本化がお勧めです。Wi-Fiルーターの電源が切れても電話などに支障はないため、外出時の安心感があります。

データ通信と通話の契約を分けて考えることが出来る

スマホは、データ通信と同時に通話もするものです。データ通信と通話が一つのプランに乗っかっているものですと、より魅力的なデータ通信プランが出てきたときに、それだけ乗り換えるというわけには行きません。

スマホには電話プランと最低限のデータ通信プランだけを契約しておき、データ通信に関してはWi-Fiルーター用に準備したデータ通信SIMに任せるようにします。すると日々サービスが改善されている格安SIMのより良いプランが出たときに即座に乗り換えることが可能です。

また、通話のプランが同じ契約の場合はMNPなども考えていかないといけないでしょう。

Wi-Fiルーターのデメリット

一方、Wi-Fiルーターにした場合のデメリットも考えられます。

荷物も費用も増える

単純に持ち運ぶ「物」の数が増えます。本体だけでなく、関連するケーブルの数も増えるかもしれません。

また、Wi-Fiルーターを別途購入する必要がありますので、機材の費用も発生します。

充電の手間が増える

持ち運ぶ数が増えるため、充電の手間も増えます。うっかり充電忘れをした時の心理的ダメージは計り知れません。最近はモバイルバッテリーを所有している方が多いかもしれませんので、それでカバーできる場合もあります。

契約の数が増える

スマホ用の契約と、Wi-Fiルーター用の契約に分かれることになります。これが面倒に感じる方は一台で運用する方が良いかもしれません。

使い分けのまとめ

機材を持っても良い、あるいは持ちたくない。またバッテリーの安心感と充電の手間。これらの要素を検討して所有を決めると良いでしょう。

また、スマホとして利用していないSIMフリー端末を所有していれば、それをWi-Fiルーター替わりに使用するという考え方もできます。

こんな時に便利!SIMフリーWi-Fiルーターの活用法

Wi-Fiルーターのイメージ

Wi-Fiルーターを使う可能性のある利用者は、電話をするための携帯電話・スマホのほかに、主にデータ通信を使ってWeb検索やSNS・クラウドサービスを利用するという目的が多いのではないでしょうか。データ通信をしたい端末はスマホ、タブレット、PC・・・と様々でしょう。

いずれにしても利用する端末が複数台ある利用者の方が対象になります。

そのようなときには、個々の端末にSIMカードを挿入するよりも、データ通信を一本化させることで得られるメリットがあります。以下、Wi-Fiルーターやテザリングで得られるメリットをご説明いたします。

データ通信の一本化で料金が割安に

まず、データ通信を一本化することによる料金的なメリットを考えてみましょう。

個々の端末にSIMカードを挿入するということは、それだけデータ通信の契約が増えるということにもなります。個々の契約は低価格の格安SIMですが、端末数分だけ契約すれば結果的に高価格になってしまいます。

例えばNTTドコモで、1台目にスマホを利用し、2台目にiPadを導入して「カケホーダイ&パケあえる」サービスで契約した場合ですが、NTTドコモの説明サイトでは下記の図のように説明されています。

docomoの料金プラン
docomoのサイトより引用
  • 合計5GBのデータ通信を2台でシェア
  • 1台目は電話も利用する

という条件下ですが、ボーナスパケットの1GBを含めても、毎月6GBのデータ通信で9、700円の費用が発生します。

これは、テザリングやWi-Fiルーターの利用でデータ通信を一本化するだけで料金を抑えることが出来ます。
上記のNTTドコモの例で見ても、iPad向けの費用が一切無くなります。スマホ側の割引もなくなってしまいますが、単純計算でも月8,000円。月額1,700円抑えることが出来ます。

さらにこれを、SIMフリースマホ+格安SIMによる料金で考えてみます。

U-mobile 通話プラスLTE使い放題というプランを契約すると、月額2,980円で高速データ通信が無制限、音声通話も可能です。

このSIMをスマホに挿入しテザリングで利用すれば、月額3,000円程度で複数台の端末からインターネット通信を利用することが可能になります。

製品情報:

U-mobile 通話プラス

IIJmioのファミリーシェアプランによれば、月額3,260円で7GBのデータ通信が可能です。

IIJmioのファミリーシェアプランではSIMカードを3枚利用できるため、データ通信はシェアしつつも複数の端末にSIMカードを挿せるというおまけつきです。もちろん、PCやゲーム機を利用する場合にはメインのスマホにデータ通信を一本化させれば良いでしょう。

このようにデータ通信契約を一本化することによる料金メリットは大きいと言えるでしょう。

製品情報:

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

いつでもどこでもPCやゲーム機でインターネット通信できる

とりわけ独り暮らしの方ですと、データ通信無制限のSIMカードをWi-Fiルーターに挿して利用することで、自宅でも外出時でも、また出張などの時にも同じデータ通信の環境を使うことが出来ます。

これによるメリットは

  • 自宅にいる際に固定回線(光回線など)が不要になる可能性がある
  • 外出時にも同じ環境を利用できるため、誰が使っているかわからないWi-Fiスポットに接続する必要がなくなる

などがあります。

せっかく固定回線を引いても外出先でインターネットを利用する場合は結局別のデータ通信を使わなければなりません。「回線を外に持ち出せる」Wi-Fiルーターを利用することのメリットは大きいでしょう。

ただし動画などの大容量データのやり取りを多く行う方は、高速で安定する固定回線を持っていた方がメリットが大きな場合もあります。

SIMフリーのWi-Fiルーターはこう設定する

ルーターの設定

Wi-Fiルーター(テザリングも同様)は、そのほかのスマホやゲーム機などとは無線LANで接続します。そしてインターネットへの接続はWi-Fiルーターが司るため、機器がインターネットに接続する際には、必ずWi-Fiルーターを経由していくということになります。

接続するには、機種に関わらず以下のような設定が必要になります。

無線LANの設定を行う

Wi-Fiルーターとその他の機器を繋ぐために、無線LANの設定をする必要があります。

  • 無線LANの種類選択(ゲーム機や古いスマホでは対応していない接続方法がある場合があります)
  • そのWi-Fiルーターの接続であるということを示すためのSSID
  • そのSSIDに応じたパスワード

を設定する必要があります。
ここで設定した内容を、インターネットに接続したいスマホ・タブレット・ゲーム機などで設定することで、無線LANの接続が行えます。

インターネット接続の設定を行う

Wi-FiルーターにSIMを挿した後、そのSIMに適したインターネット接続用の設定を行う必要があります。格安SIMの事業者が公開しているアクセス情報と、Wi-Fiルーターの設定方法を確認して設定する必要があります。

このような設定を行えば、無線LANからインターネット接続への中継はWi-Fiルーターが自動的に行ってくれます。

格安SIMとセットで発売されているWi-Fiルーターご紹介

以上のようなメリット・便利な使い方のある格安SIMとWi-Fiルーターのセットには、以下のようなものがあります。導入のご参考にしてください。

高速データ通信無制限のものと、高速データ通信の容量が大きいものをご紹介いたします。

U-mobile*E

U-mobile*E

U-mobile*Eは、定額データ通信SIMを出しているU-mobile社がSIMセットで導入できるWi-Fiルーターです。

U-mobile*E
初期費用
(契約事務手数料)
3,000円(税抜)
端末代金 24回の割賦支払い
(割引と相殺して実質0円)
月額料金 契約から24ヶ月以内:3,696円(税抜)
24ヶ月以降:4,196円(税抜)
通信容量 7GB
(500MBあたり500円のチャージが可能/
「にねん+ワイド1620」では無料)
通信速度 下り最大165Mbps
契約期間 24か月単位
違約金 24か月単位以外での契約解除には9,500円
24ヶ月以内では別途端末代が最大36,572円

製品情報:

U-mobile*E

ぷららモバイルLTE AtermMR03LN + SIMカード

plalaとAterm

ぷららモバイルLTE AtermMR03LN + SIMカードは、定額データ通信SIMを出しているぷららモバイルLTEとセットで導入できるWi-Fiルーターです。

ぷららモバイルLTE AtermMR03LN + SIMカード
初期費用 3,240円(税込)
端末代金 20,430円(税込)
月額料金 2,980円
通信容量 無制限
通信速度 下り・上りともに3Mbps
契約期間 1か月単位
違約金 なし

製品情報:

ぷららモバイルLTE AtermMR03LN + SIMカード

b-mobile4G Wi-Fi3 7GB 割賦 パッケージ

b-mobileのルーター

b-mobile4G Wi-Fi3 7GB 割賦 パッケージは、b-mobile社による、月あたり7GBの高速データ通信ができるSIMセットで導入できるWi-Fiルーターです。

b-mobile4G Wi-Fi3 7GB 割賦 パッケージ
初期費用 3,000円(税抜)
端末代金 23,712円(税別)
988円(税別)/月の支払い
月額料金 3,971円(税抜)
1年継続オプション(最低1年の契約)で3,221円(税抜)
(ユニバーサルサービス料3円を加えています)
通信容量 7GB
通信速度 NTTドコモのXi相当の速度
7GBを超過後は200Kbpsに。
契約期間 1年継続オプションに加入した場合は1年
違約金 3,000円
(1年継続オプションに加入し1年未満で解約した場合)

製品情報:

b-mobile4G Wi-Fi3 7GB 割賦 パッケージ

まとめ

データ通信の一本化によるメリットはご理解いただけましたでしょうか?

せっかく料金を節約できる格安SIMを契約するのですから、契約数もできる限り減らしてよりリーズナブルに運用したいものです。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

奥野大児

奥野大児

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。




特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン