【いざSIMフリーへ!】AndroidからAndroidへデータを移行するには?

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Androidの画面キャプチャ

過去2回にわたり、iPhoneからのデータ移行について解説をしてきましたが、今回からはAndroidユーザーが機種変更をしてSIMフリースマホに乗り換える場合、どのようにデータの移行を行えば良いかについて紹介をしていきたいと思います。

今回はもっとも移行がしやすい、Android端末へ乗り換える場合の連絡先や画像、音楽データの移行方法を解説します。ただ、ひとくちにAndroidといっても、OSのバージョンや機種の違いにより、さまざまなケースが想定されます。

そこで今回は、SDカードの取り扱いなどに制約があるAndroid4.4を搭載するGALAXY Note 3を移行元の端末とし、データの移行先にはSIMフリー版のZenFone 5を使用して、解説を行っていきたいと思います。

目次:

Android同士の連絡先移行

Android同士のデータ移行はあらゆる方法が利用できますが、今後も機種変更を行う場合に備え、本体に保存された連絡先データをGoogleアカウントと統合しておくのがオススメです。
注意点として、スマホ本体に保存された連絡先データは、Googleアカウントとスマホを同期するだけでは統合されません。

ここでは電話アプリに搭載される、連絡先のエクスポート・インポート機能を使って操作を行います。なお、移行元の端末にGALAXY Note3を使用していますが、Android端末の多くが電話アプリのメニューにある「連絡先の管理」などの項目から、連絡先のインポートおよびエクスポートを選択できます。

スマホ本体の連絡先データをエクスポートする

本体の連絡先データをGoogleアカウントに統合するには、連絡先データを一旦vCardファイルとして書き出します。まずは電話アプリを起動し、連絡先アプリの設定から「エクスポート」を選択。保存先に端末本体を指定し、エクスポートを実行するとvCardファイルが作成されます。

Androidの画面キャプチャ
使用しているスマホの電話アプリを起動する
Androidの画面キャプチャ
連絡先の設定から「インポート/エクスポート」を選ぶ
Androidの画面キャプチャ
「システムメモリ(本体)にエクスポート」をタップ
Androidの画面キャプチャ
OKを選びエクスポートを開始

Googleアカウントに連絡先をインポートする

連絡先の書き出しが終わったら、今度は「インポート」を選択します。作成したvCardのインポート先にGoogleアカウントを指定すれば、そのアカウントに本体の連絡先データを読み込ませて、統合することができます。

Androidの画面キャプチャ
再度「インポート/エクスポート」を選択
Androidの画面キャプチャ
今度は「システムメモリ(本体)にインポート」をタップ
Androidの画面キャプチャ
連絡先の保存先としてGoogleアカウントを選択する
Androidの画面キャプチャ
vCardを選ぶとGoogleアカウントに連絡先が統合

移行先の端末でGoogleアカウントを同期

移行元の連絡先データをGoogleアカウントと統合したら、移行先となる新しいスマホでGoogleアカウントを設定し、連絡先を同期します。
ここでは設定メニューから同期を行いますが、新しい端末の場合、セットアップ時のGoogleアカウント設定画面で連絡先の同期を行えば、そのまま端末に連絡先が読み込まれます。

Androidの画面キャプチャ
設定アプリを起動し「アカウントの追加」を選択
Androidの画面キャプチャ
サービスの一覧から「Google」を選択
Androidの画面キャプチャ
「既存のアカウント」を選びサインイン
Androidの画面キャプチャ
「バックアップと復元」では設定などがアカウントに保存され初期化時などに復元ができる
Androidの画面キャプチャ
同期メニューで「連絡先」をチェック
Androidの画面キャプチャ
電話アプリにGoogleの連絡先が同期された

写真などの一括移行はクラウドで可能

古い端末に撮り貯めた写真などはクラウドサービスにアップロードしておくと、さまざまな端末で共有できて便利です。
「iPhoneからAndroidへデータを移行するには」で紹介したGoogle+なら、2048×2048ピクセルより小さい画像および15分以内の動画に関して、制限なく保存ができるので、Android同士の写真移行もこちらを利用するのがオススメです。

関連記事:

iPhoneからAndroidへデータ移行する方法

なお、写真以外の音楽データや連絡先などを一括して移行したいという場合には、バックアップアプリを活用する方法もあります。
今回は「JSバックアップ」アプリを使って、データを一括で移行する方法について紹介します。

「JSバックアップ」はDropboxやGoogleドライブ、SugarSyncなどのクラウドサービスと連携し、バックアップしたデータを保存しておくことができます。保存したバックアップデータは、アプリを介して、移行先の新しいスマホで復元することが可能です。
今回はDropboxを使った方法を紹介しますが、他のクラウドサービスはもちろん、複数のサービスを選択し、バックアップデータを分割して保存もできます。

「JSバックアップ」でバックアップデータを作成

まずは移行元となるスマホに「JSバックアップ」をインストールします。アプリを起動後、バックアップを選択し、バックアップ先に任意のクラウドサービスを選択。写真や画像など、バックアップしたい項目を設定し、バックアップを開始します。

データ容量にもよりますが、バックアップには一定時間かかりますので、終了するまで気長に待ちましょう。
なおクラウドを使用するには各サービスのアカウントを事前に取得しておく必要があります。

Androidの画面キャプチャ
Google Playから「JSバックアップ」をインストール
Androidの画面キャプチャ
アプリを起動し「バックアップ」を選択
Androidの画面キャプチャ
バックアップ先項目にある「変更」をタップ
Androidの画面キャプチャ
クラウド項目にある「追加」をタップする
Androidの画面キャプチャ
クラウドの選択で任意のサービスを選択
Androidの画面キャプチャ
あらかじめ取得したアカウントでログイン
Androidの画面キャプチャ
クラウドにチェックが入ったら「設定」をタップ
Androidの画面キャプチャ
バックアップ項目の選択も可能。初期設定ではすべて選択
Androidの画面キャプチャ
ひと通り項目を設定したら「スタート」をタップ
Androidの画面キャプチャ
バックアップが開始される。終了するまで待とう

注)「JSバックアップ」には、バックアップ先としてクラウドのほかに「SDカード」という選択項目があります。Androidのバージョンが4.4以降の場合、OSの仕様上、バックアップファイルの保存先はSDカードではなく、スマホ本体のストレージ内の「jsbackup」フォルダに保存され、SDカードへのデータコピーにひと手間が必要となります。SDカードへのデータの保存方法は下記の「写真・音楽などのデータをSDカードに移す方法」を参考にしてみて下さい。

新しいスマホでバックアップを復元

「JSバックアップ」で作成したバックアップデータは、アプリを介して移行先のスマホに復元が可能です。
先ほどと同様、移行先のスマホに「JSバックアップ」をインストールしたら、復元メニューでクラウド上にあるバックアップデータを指定。そのまま復元を行えば、写真や音楽、連絡先などが新しい端末に移行できます。

Androidの画面キャプチャ
「JSバックアップ」を起動し「復元」をタップ
Androidの画面キャプチャ
「クラウドから復元」を選択する
Androidの画面キャプチャ
「クラウド」の選択でデータを保存したサービスを選択
Androidの画面キャプチャ
バックアップデータのあるアカウントにログインする
Androidの画面キャプチャ
復元ファイルの「変更」から「すべてのファイルを表示」を選択
Androidの画面キャプチャ
バックアップデータにチェックを入れる
Androidの画面キャプチャ
「スタート」をタップして復元開始
Androidの画面キャプチャ
データの復元が始まる。終わるまで待機する
Androidの画面キャプチャ
「復元が完了しました」と表示されたら作業完了
Androidの画面キャプチャ
連絡先や画像、音楽データなどが新しい端末に移行できた
アプリ情報
アプリ名 JSバックアップ
価格 無料
カテゴリ ツール
販売元 JOHOSPACE
アプリをダウンロード

googlePlayで手に入れる

写真・音楽などのデータをSDカードに移す方法

Androidスマホ同士でデータを移行する場合、SDカードを使用する方法もあります。
例えば撮影した写真などは普段からSDカードに保存しておけば、古い端末から新しい端末にSDカードを挿し換えるだけで移行できます。ただし、端末本体へ保存された写真や、同じく本体に保存されたmp3などの音楽ファイルは、別途SDカードへのコピーが必要となります。

ここで注意したいのが、移行元となるAndroidOSのバージョンです。
Android4.4以降が搭載されたスマホでは、SDカードへの書き込み制限が設けられ、サードパーティ製のファイル管理アプリ(アストロファイルマネージャーなど)やバックアップアプリを使ってのSDカードへのデータコピーが基本的にできなくなっています。
しかし、端末本体にプリインストールされているファイル管理アプリを使用すれば、端末本体に保存されたデータをSDカードにコピーができます。

ここでは、GALAXY Note 3に搭載される「マイファイル」というアプリを使ってSDカードへのデータコピーを解説します。

Androidの画面キャプチャ
アプリ一覧より「マイファイル」を起動する
Androidの画面キャプチャ
ストレージの一覧で端末本体を選択する
Androidの画面キャプチャ
フォルダを長押しし移行したいデータをチェック、その後メニューで「コピー」を選択
Androidの画面キャプチャ
ストレージの一覧で今度はSDカードを選択する
Androidの画面キャプチャ
空のフォルダを作成し「ここに貼付」をタップ
Androidの画面キャプチャ
SDカードにデータがコピーされたら移行先のスマホに挿し直そう、その後、移行先の端末本体にプリインストールされているファイル管理アプリにて同じ作業をSDカードから本体へと繰り返す

まとめ

Androidからのデータ移行は、ここで紹介した以外にもさまざまな方法がありますが、今回はPCなどを介さず、スマホだけで操作できる方法を取り上げてみました。連絡先はGoogleに一元化を行っておくと、古いスマホに戻したいという場合にもスムーズに利用できるのでオススメです。

また、「JSバックアップ」のように端末のバックアップを行うアプリは、データの移行にも便利ですが、まめにバックアップデータを作成しておくことで、万が一データが消えてしまった場合の保険にもなります。ぜひ今後も活用してみて下さい。

次回はAndroidスマホからSIMフリー版iPhoneへのデータ移行について解説したいと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!