義務化で話題のSIMロック解除。メリットやデメリット、解除方法とは?

書いた人: 赤坂太一

カテゴリ: ライフハック, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月より、義務化されるという端末の「SIMロック解除」。SIMロック状態で販売されているスマートフォンをSIMフリー化できるとあって、注目のキーワードとなっています。そこで今回は、SIMロック解除に際してのメリットや解除方法について説明していきたいと思います。

関連記事:

SIMロック解除に関するガイドライン:総務省

SIMロック解除のメリット・デメリット こんな人にオススメ

インターフェース

端末のSIMロックを解除すると、どういうメリットがあるのか? という点についてですが、「あらゆるSIMカードが使用できる」ということでしょう。キャリアのプランに縛られずにMVNO SIMや、海外に渡航した際に現地のSIMを使用できるというメリットがあります。国内でも、様々な格安SIMが登場してきたことで、自由に通信事業者を選びたいというユーザーにとっては選択肢が増えたと言えます。

すでにご存知かも知れませんが、日本の3大キャリアで購入・契約するスマートフォンは、すべてSIMロック状態で販売されており、購入したキャリアでのみ使用できるようになっています。

次にデメリットですが、解除時に行われる操作によって、内部情報消失の可能性や、他社のSIMを挿入したことによる故障には非対応など、主に保障の面で対象外となる可能性が発生します。パソコンへデータのバックアップを確実にしておくなど事前の準備が必要となるでしょう。回線の解約をともなう場合は、当然割引プランが無くなることや、機種代金の精算が必要となることも意識しなければなりません。

以上を踏まえて、どのようなユーザーにとって、SIMロック解除をオススメできるかというと、

  • 現状所有している端末で、格安SIMを使いたい
  • 海外旅行や出張で、現地のSIMを使用したい
  • SIMを比較して試してみたい

このように、ずっと同じキャリアを使い続けたくない場合や、海外に行くたび高額なプランを使いたくないという人に、SIMロック解除は有効です。

SIMロック解除の方法は?

疑問におもう女性

それでは、実際のSIMロック解除の方法を説明していきます。
まず、3大キャリアで販売しているiPhoneはSIMロック解除に対応していません。そして、2015年1月現在、auにおいてはそもそもSIMロックの解除に対応していません。

docomoのLTE対応スマートフォンが解除に対応しており、ドコモショップにて受け付けています。解除手数料が3,000円必要となります。健康保険証など本人確認ができる書類を持参しましょう。

SoftBankも数機種のみ、SIMロック解除が可能となっています。解除方法はdocomoと同じ要領で、ソフトバンクショップにて受け付けています。対象となっている機種は301F、201HW、009Z、008Zとなります。

参照記事:

SIMロック解除の手続き|ドコモ
ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

編集追記:

auは、お客様相談センターに電話すると、「SIMフリーです」と回答がくることもありますが、この場合は「au ICカードロック」がかかっていないということを表しています。ICカードロックとはauの端末同士でSIMカードを使いまわせないようにしたもので、当記事でとりあげている「SIMロック」とは別物となっていますので注意しましょう。

参照記事:

au ICカードロック

SIMロック解除しなくても格安SIMが使える方法がある?

スマホ

格安SIMに移行して、利用料金を下げたいというユーザーは多いと思いますが、「SIMロック解除しなくては……」と抵抗を持ってしまうのも事実。しかし、SIMロック解除を行わなくても格安SIMを使う方法があります。
docomoやauの使い古しのスマートフォンを利用するか、あるいは中古ショップなどで販売されている白ロム端末というSIMカードのささっていない端末を購入すれば、格安SIMの利用が可能です。格安SIMを利用することができるとあって、中古市場もキャリアによって、使えるものとそうでない端末の価格に変動が起こっている場合もあるようです。

実際にどのような準備をすればいいかというと、ひとまずdocomoのスマートフォンが手元にあればOK。格安SIMのほとんどがdocomoの回線を利用しているため、わざわざSIMロック解除を行わなくても大丈夫。docomoで購入したiPhoneも使用可能です。

auについても同様で、mineoUQ mobileといったauの通信網を利用した格安SIMは、auの端末が利用できます。

続いて、代表的な格安SIMブランドの使用料金を見て行きましょう。

docomo端末がそのまま使える格安SIMの料金比較

MVNOの格安SIMとdocomoの料金比較(いずれも税抜価格)
OCN モバイル ONE IIJmio BIGLOBE 3G・LTE docomo
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金
(いずれも音声通話付き・データ通信2GB/月プラン)
1,800円 1,600円 1,800円 6,500円
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 ※カケ・ホーダイプランに含まれる
2年間の総額 46,200円 41,400円 46,200円 159,000円
(長期割引無し)

au端末がそのまま使える格安SIMの料金比較

MVNOの格安SIMとauの料金比較(いずれも税抜価格)
mineo UQ mobile au
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金
(いずれも音声通話付き・データ通信2GB/月プラン)
1,590円 1,680円 6,500円
通話料 20円/30秒 20円/30秒 ※カケ・ホーダイプランに含まれる
2年間の総額 41,160円 43,320円 159,000円
(長期割引無し)

必ずしもSIMロック解除が必要なわけではない

格安SIMというものが、キャリアと同系列の端末を持っていればそのまま使えるというものであることがお分かりいただけたかと思います。
大きくわけると「海外に行くかどうか」が、SIMロック解除を行う判断の分かれ目となるのではないでしょうか。

この先、SIMロック解除義務化が実現すれば、auやソフトバンク端末を所有したまま、格安SIMへの移行もしやすくなる可能性が出てきます。中古のdocomo端末を準備しなくても、国内すべてのSIMが挿入できるとなれば、新たな価格競争やサービスの変化がうまれる可能性もあります。

しかし、転出が増えるキャリアは、新たな引き止め策を講じることも考えられますので、検討しているユーザーはこの2015年5月の義務化以降を注視していく必要があります。

※当記事で扱う料金および通信料などは執筆時点のものです。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

福岡市在住のフリーランス。編集プロダクションを経て独立。主なジャンルは、自動車やデジタルガジェットなどホビー系のメディア。紙・Webサイト媒体を問わず取材・執筆を行う。自身のブログ( タイチアカサカ.com )にて活動実績や、物欲日記を更新中。