ソフトバンクを海外で利用するときに気になる料金について

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクを海外で使うときはいくら? イメージ

ソフトバンクが提供するスマートフォン・iPad・携帯電話は国際ローミングに対応していますので、海外に渡航した際も日本で利用しているスマートフォンなどでそのまま現地の通信事業社の通信ネットワークを利用して音声通話やデータ通信を利用することができます。

このページではソフトバンクが提供する国際ローミングの特徴などをご紹介します。

「世界対応ケータイ」とは?

ソフトバンクの国際ローミングサービスは「世界対応ケータイ」というサービス名称で提供されています。
サービス内容は、日本国内で利用中のSoftBank 3Gに対応したiPhone・Androidスマートフォン・携帯電話(フィーチャーフォン)・iPadの電話番号やメールアドレスでそのまま海外でご利用できるサービスです。
渡航先では、ソフトバンクが提携している現地の通信事業者(GSMネットワークや3Gネットワーク)に接続することで通話やTVコール、メールやウェブなどがご利用することができます。

なお、「世界対応ケータイ」は基本料金無料のオプションサービスなのですが、利用するには事前にオンライン上のMy SoftBankか、ソフトバンクショップの店頭での申込みが必要となりますので、必ず渡航前に申込みを済ませるようにしましょう。

海外での通話料金

海外で音声通話を利用する際の通話料は、利用する国や地域によって異なります。
1分あたりの通話料の一例は下記の通りです。

アメリカ 韓国 中国・台湾 オーストラリア イタリア・ドイツ・フランス
滞在国内への通話 125円 25円 75円 75円 75円
日本への国際通話 140円 125円 175円 175円 175円
その他の国への国際通話 210円 265円 265円 265円 265円
海外で電話を受けた場合 175円 70円 145円 80円 110円

その他の国や地域での通話料金はソフトバンクモバイルの公式サイトでご確認ください。

SMS(ショートメッセージサービス)の送信料は1通あたり100円、受信料は無料となっています。

海外でのデータ通信料金

インターネットなどのデータ通信については定額料金で利用できる「海外パケットし放題」が用意されており事前の申込は必要なく設定を行うだけで利用できます。

データ通信量 「海外パケットし放題」適用前 「海外パケットし放題」適用後
25MBまで 0円〜51,199円 0円〜1,980円/日
25MB以上 51,200円〜 2,980円/日

「海外パケットし放題」を設定せずに海外でデータ通信を利用すると高額な通信料が発生する可能性がありますので、必ず「海外パケットし放題」を設定した上で利用することをおすすめします。
「海外パケットし放題」の設定方法についてはソフトバンクモバイルの公式サイトでご確認ください。

日本国内の料金を適用する「アメリカ放題」スタート!!

ソフトバンクでは今年9月19日より「アメリカ放題」という新たなサービスを開始しました。

「アメリカ放題」 は、昨年7月に買収したアメリカ第3位の通信事業社「スプリント・ネクステル・コーポレーション(以下「スプリント」)」の通信ネットワークを活用するサービスで、アメリカ本土やハワイなどスプリントのネットワークで国際ローミングを利用するのであれば、日本国内で利用する時と同等の料金で通話やSMS、データ通信を利用することができます。

ただし、対象機種はiPhone 6・iPhone 6 Plusのみとなっており、その他のiPhoneやiPadを含む通信端末では適用されませんので、ご注意ください。

現在はサービス開始を記念して、サービス利用料は無料となっており、「世界対応ケータイ」に申込んでいれば他には特別な申込みをすること無く利用できます。
なお、2014年10月時点ではキャンペーン終了時期は未定となっており、キャンペーン終了後のサービス利用料も発表されていません。

「アメリカ放題」を利用する際の詳しい設定方法はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

まとめ

ソフトバンクも他の通信事業者と同様に海外でのデータ通信を定額で利用できるサービスを用意していますので、渡航先でも安心して利用することができます。
また、新たに提供が始まった「アメリカ放題」は対象機種がiPhone 6・iPhone 6 Plusに限られますが、それらを利用していてアメリカへ渡航することが多い人にとっては非常に優位性のあるサービスです。
iPhone 6・iPhone 6 Plusの利用を検討していて、アメリカへ行く機会のある方は、ソフトバンクの利用を検討してみるのもオススメです。

※表示価格は全て税抜きです。
※当記事で扱う料金および通信料などは執筆時点のものです。

→ ソフトバンク公式はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp