電波が届きやすくてつながりやすい、ソフトバンクの「プラチナバンド」

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
プラチナバンドとは? イメージ

「プラチナバンド」とは、周波数帯の中で700~900MHz帯を利用する通信回線を指します。
他の周波数帯を利用する通信回線と比較して、電波が遠くまで届きやすく、障害物を回り込んで伝わるといった性質を持っているため、通信回線として価値の高い帯域(バンド)という意味で「プラチナバンド」と一般的に呼ばれています。

このページでは「プラチナバンド」の詳細をご説明します。

ソフトバンクの通信回線

以前のソフトバンクは、直進性が強く障害物などに弱い2.1GHz帯および1.5GHz帯の通信回線しか持っておらず、800Mhz帯の通信回線を提供するドコモやauと比較してつながりづらいというイメージが定着していました。
ですが、総務省から900MHz帯の認可を受けて、2012年7月25日より900MHz帯での3G回線の提供を開始したことにともない「プラチナバンド」とという名称を全面に押し出した大規模なプロモーション戦略開始したことにより、「プラチナバンド」という名称が広く一般的に浸透するきっかけとなりました。
このプロモーションの効果により、プラチナバンド=ソフトバンクというイメージが強いですが、実際にはドコモauはソフトバンクが提供する以前からプラチナバンド(800MHz帯)の提供を行っていますので、ソフトバンクの通信回線がやっと他社と同じ水準に追いついたというのが実情です。

プラチナバンドによる提供エリアの拡大

2012年7月末よりサービスを開始した、ソフトバンクのプラチナバンドは順次提供エリアの整備を進め、それまではつながりづらかった山間部や屋内などの電波状況も大幅に改善され、2014年5月末の時点で2010年3月末の提供エリアと比較して1.7倍の提供エリアの拡大を実現しています。

なお、当初は3G回線のみで提供されていたソフトバンクのプラチナバンドですが、2014年夏からはLTE回線での提供もスタートし、プラチナバンドのLTEを利用できるエリアを順次拡大中です。

トリプルLTEの実現、そしてキャリアアグリゲーション

2014年夏から900MHzのプラチナバンドを利用したLTE回線の提供開始に伴い、従来から提供している2.1GHz帯および1.7GHz帯(ワイモバイル回線)のLTEとあわせて「トリプルLTE」が実現しています。

また2015年以降には、auが先行して提供している2つのLTE回線を束ねて最大速度187.5Mbpsの高速通信を実現するキャリアグリゲーションの提供も予定されていますので、さらなる高速化も期待されています。

プラチナバンドの通信速度

プラチナバンドを利用することで通信速度も早くなると思われることもありますが、プラチナバンドはあくまでも、つながりやすい回線であって、ほかの回線と比べて通信速度が早いわけではありません。
ソフトバンクのLTE回線の最大通信速度はいずれも75Mbpsとなっています。

なお、2.1Ghz帯を利用するLTE回線の最大通信速度は順次112.5Mbpsとさらなる高速化が図られています。

まとめ

プラチナバンドと言うと、ソフトバンクというイメージが非常に強いですが、実はドコモやauは、ソフトバンクが提供するよりずっと前からプラチナバンドの提供を行っていました。
ただ、ソフトバンクがプラチナバンドの提供を開始したことにともない、これまでの「つながりづらい」というイメージが払拭され、大手3社の通信品質にも大差がなくなったのも事実です。
現在はプラチナバンドによるLTEの提供エリアも順次拡大されますので、今後の通信品質の向上にも大きな期待が持てます。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!