スマホ業界に衝撃を与えうる「Apple SIM」が登場。その実態とは?

書いた人: 岡部照将

カテゴリ: 格安SIM

10月16日に発表されたiPad Air 2iPad mini 3。その一方で発表会では一切アナウンスされなかったAppleの新サービス「Apple SIM」に世界中の注目が集まっています。

サービス開始当初はアメリカとイギリスの一部の通信事業社にのみ対応する予定ですが、本格的に普及が始まるとこれまでのビジネスモデルを破壊する可能性も秘めている「Apple SIM」。このページでは、その「Apple SIM」についてご紹介します。

目次

そもそも「Apple SIM」とは?

今回、アップルがひっそりと発表した「Apple SIM」は、アメリカで出荷されるセルラー版のiPad Air2とiPad mini3に標準で装着されるアップル独自のSIMカードです。

通常、SIMカードは通信キャリアと契約した上で入手することになりますが、「Apple SIM」が標準装備されたiPadでは、セルラー機能を有効にしておけばiPadの画面上から好みの通信キャリアと契約を行うことができます。
これまでは通信キャリアを選んでからiPadを購入するのが一般的で、利用する通信キャリアを変更する場合は新しいSIMカードを用意する必要がありますが、今後はiPadを購入してから必要に応じて通信キャリアを選ぶことが可能になります。

AT&T,Sprint,T-Mobile,EE

2014年10月16日時点で「Apple SIM」への対応が確認されている通信事業社はアメリカのAT&T・Sprint・T-Mobile、イギリスのEEの計4社です。いずれの通信キャリアも契約期間は1カ月程度の短期間になる予定で、プリペイド契約に近いイメージで月ごとに利用する通信キャリアを切り替えるといったことも可能になります。

Apple SIMに期待できること

通信キャリア一覧

現在は通信キャリアが限られていますが、利用できる国や通信キャリアが増えれば海外に渡航した際に国内の通信キャリアが提供している割高な海外ローミングサービスを利用しなくても、iPadの画面上からより安価な現地の料金プランを直接契約することも可能になります。

現時点では日本国内での対応は一切未定ですが、「Apple SIM」に対応したiPadの画面上では対応している各通信キャリアの料金プランが一覧で表示されるため、これまで以上にキャリア間の競争が活発になり、値下げやキャンペーンも盛り上がる可能性もあります。
また、MVNOのSIMカードも「Apple SIM」の選択肢に加わることになればさらなる価格競争にも期待が持てます。

通信キャリアとメーカーの立場が逆転?

従来のSIMカードでは契約情報を書き換えることはできませんでしたが、「Apple SIM」は複数の通信キャリアの契約に対応しており、契約の切り替えもできるため、SIMカードに記録している情報の書き換えが可能になります。
まだ詳細は明らかにはなっていませんが、おそらく「Apple SIM」のIDと通信キャリアの回線契約の情報の紐付けはアップルのシステム上で行われることになると思います。

また、今後の技術としてアップルはSIMカードをソフトウェア化する“Virtual SIM”の研究を進めており、すでにそれらに関する特許も取得しています。
将来的に顧客情報の管理をソフトウェア化することを見据えた取り組みとして、今回「Apple SIM」が導入されたという見方もできます。

Virtual SIM Cardの特許申請

Appleが出願した仮想SIM
2011年11月に米国特許商標庁が公開した

これまで通信キャリアが握っていた顧客情報の管理がアップルに移ることになれば、今まで以上にアップルの影響力が強くなります。そうすると通信キャリアの存在感が低下し、通信キャリアは回線を提供するだけのいわゆる土管屋になる可能性もあります。
今後iPadだけでなくiPhoneにも「Apple SIM」が採用され普及が始まると、この流れはさらに拍車がかかるかもしれません。

これまでの通信キャリアによる販売モデルが崩壊?

将来的には、「iPadやiPhoneではApple SIMしか使えなくなる」といった可能性もゼロではありません。

もしそうなった場合、今までは2年契約を前提に実質0円から契約することができた通信キャリアの販売モデルは崩壊し、iPadやiPhoneを利用する際には定価でアップルから購入することになる可能性もあります。
そのかわり、通信キャリアが提供する料金プランは端末の本体価格に左右されない適正な金額になり、従来よりも安価な料金プランが用意されるというメリットが期待できます。

ただ、通信キャリアとの2年契約による割引販売のおかげで、現在もiPadやiPhoneの購入者が増え続けているという現実もあるため、すぐにアップルが従来の販売モデルを破壊するとも思えません。
ですが、これまでも数々の慣例を壊してきたアップルの行うことですから可能生は未知数ではないでしょうか。

まとめ

現状、「Apple SIM」はアメリカで先行して始まる新しいサービスであり、すぐに日本国内で提供が始まるわけではありません。
しかし、いずれは日本をはじめとして世界中の通信キャリアを巻き込んだ革新的なサービスになる可能性を秘めています。

日本国内では、2015年5月以降通信キャリアより販売されるiPhoneやiPadを含む全てのスマートフォン・タブレットのSIMロック解除が義務化される方針ですが、こうしたSIMロック解除の動きにも大きな影響を与えるかもしれません。
いずれにしても、ユーザーにとってメリットの大きい変化になることに期待を込めて、今後のアップルの動向を見守りたいと思います。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

岡部照将

岡部照将

フリーランスのライター・ブロガー・グラフィックデザイナーなどをしながらフラフラしてます。いろんなガジェットが好きすぎるので、それっぽいブログ「OREGADGET」を運営してます。




特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン