ワイモバイルでスマホの月額利用料を安く抑えよう

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ボックス

スマホの維持費を安く抑えたいと思った時、真っ先に思いつくのがいわゆる「格安SIM」と最近よく呼ばれるMVNO事業者が提供するSIMカードです。
MVNO事業者はドコモなど通信大手の築いたインフラを”間借り”してサービスを提供しているため、大手に比べ設備投資へのコストを大幅に抑えることができ、その分をユーザーに還元しやすいため月額利用料金が非常に安く済むケースが多いです。

ですがその反面、キャリアの提供するサービス、特に顕著な面としてキャリアドメインのEメールアドレス(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @softbank.ne.jpなど)を取得・利用できない、プロバイダが異なるため一部のキャリア提供コンテンツを利用できない、複雑なAPN設定が必須などのデメリットも散見されます。

また、最近特に顕著になってきた大手キャリアとMVNOとの差分として、「通話料金が安くならない」ことも含めてもよいかと思われます。
MVNO事業者の多くはパケット通信費を抑えることを主体としたサービス提供に力を入れている印象が強く、通話料は従来の30秒20円という高額のまま提供されていることが多いですよね。せっかくMVNOへのMNP(電話番号を変更せずにキャリア変更を行なうこと)が可能になっても、通話料に定額プランがなく、維持費は確かに安くなったけど家族間での通話時に料金が発生するようになってしまった、などというケースもあるかと思われます。

キャリアが独自展開しているお得なサービスも捨てがたく、家族間の連絡は頻繁かつ長時間行なうためここにお金をかけたくはない、しかしパケット通信費は極力抑えたい。
そんなジレンマを抱えた方におすすめなのが「ワイモバイル」の提供するプランです。

意外と見逃せない通話料、ワイモバイルならほぼ無料!?

お金

ワイモバイルなら通話料がほぼ無料?

ワイモバイルの「スマホプラン」に加入した方の場合、1回10分以内、月間300回までの通話は全て無料です。

通話専用にPHSなどを契約し、「スーパーだれとでも定額」などを適用することを検討していた方でも、これがあれば不要になるケースは意外と多いのではないでしょうか?加入が必要な「スマホプラン」はS、M、Lどれであっても大丈夫です。

さらにワイモバイルは1ヶ月に使えるパケット通信量をプランを変更せず容量だけを実質的に増やす方法がいくつか用意されているため、スマホプランS(1GBまで/月額2980円)で2GB使うことも決して不可能ではありません。

通信容量を増やせるパケットボーナス付オプション

ワイモバイルのパケット

通信容量を増やせるパケットボーナス付オプション

基本的には2種類のオプションにパケット量ボーナスがついています。

Yahoo! JAPAN利用でマイルが貯まる「パケットマイレージ」

パケットマイレージ

マイルが貯まる「パケットマイレージ」

「パケットマイレージ」は、ワイモバイルのスマホプランに加入した方であれば自動的に使えるようになるため申込不要、月額料金などもかかりません。利用するには自分のワイモバイル契約とYahoo! IDとを紐付ける必要があります。

ワイモバイル契約の回線で「Yahoo! JAPAN」にログインした時に「マイル」を獲得できるサービスです。毎日1回まで、契約中のプランに応じた量の「マイル」がログイン時にもらえます。
獲得できるマイルの比率は下記の通りです。

スマホプランS 1回1マイル
スマホプランM 1回3マイル
スマホプランL 1回7マイル

マイルが溜まるとランクアップし、当月に獲得したランクに応じて翌月のパケット容量にボーナスがつきます。
たとえばスマホプランMの契約者であれば、毎日忘れずに「Yahoo! JAPAN」にログインするだけでブロンズランクが確定し、翌月のパケット容量を500MB増やすことが可能です。

また5日間連続でログインすると、連続アクセスボーナス「パケくじ」を1回引けるチャンスを掴めます。

1等 200マイル
2等 50マイル
3等 10マイル
4等 5マイル
5等 2マイル
ハズレ 0マイル

最高200マイルを一気に獲得できるため、運が良ければスマホプランSでもシルバー以上のランクを獲得(1GBパケット容量を追加)できる可能性があります。

ヤフオクなどの利用でマイルが貯まる「ショッピングマイル」


2014年11月13日、「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」「ヤフオク!」を利用して買い物をした時に、1回の購入または1回の落札に対し10マイル獲得できるショッピングマイルも追加されました。
こちらは月間で100マイルまで貯めることができ、「LOHACO」に限っては初回購入時に簡単なアンケートに答えると80マイルが追加で貰えるようにもなっています。

これらのショッピングサイトを利用する時、「Yahoo!サービスの利用開始設定」によって自分のワイモバイル契約と紐付けたYahoo! JAPAN IDを使ってログインすることでマイルを獲得できます。

初回に限り、パケットマイレージを利用したYahoo! JAPANへのログイン時に80マイルのボーナスが付与されます。これによって初回ログイン時から見て翌月のランクがブロンズ以上になることが確定します。

注意!自動的に増えるわけではありません

パケットマイレージによって獲得したボーナスを利用できるのは「通信容量を超過した時」です。
別の言い方をすると、パケットマイレージで獲得できるのは厳密には「500MB分のパケット通信容量」ではなく、「容量超過時のパケット追加料金1回分(500MB分)」が付与される、ということです。
シルバーランク以上で追加される「1GB」の場合は追加料金2回分(500MB×2回)、「5GB」では10回分(500MB×10回)というふうに、「パケットを追加する時の料金を指定の回数割り引く」ものとなります。

なおパケットマイレージで獲得した「マイル」は翌月への繰越はできず、また適用も自動的に行われます。
もう1つ注意点として、この「マイル」は航空会社などで使うマイルとは別物となり、「パケットマイレージ」による追加料金の割引にのみ利用できるものです。そのほかのポイントへの変換なども行えません。

Yahoo! プレミアムが使えるようになる「Enjoyパック」


月額500円(税込540円)で追加できるワイモバイルのオプション、「Enjoyパック」に加入すると、「Yahoo! サービスの利用開始設定」を行った時に登録したYahoo! IDを利用して「Yahoo! プレミアム」のサービスを使えるようになります。
Yahoo! プレミアムになると、1,000種類以上のお得な特典がついてきます。詳細はYahoo! JAPANのホームページから確認できます。

そして、これらの特典と一緒に、Enjoyパックには「毎月500MB分のパケット通信容量」がボーナスとしてついてきます。

※こちらもパケットマイレージと同様に「毎月1回まで、容量超過時の追加料金を割り引く」ものとなります。自動追加ではありませんのでご注意ください。

以上のまとめとして、「パケットマイレージの初回ログインボーナス(80マイル=ブロンズランク)」+「Enjoyパックに付随する500MB分のボーナス」を合わせ、ワイモバイルの契約をした次の月は2回分(500MB×2回=1GB分)のパケット容量を無料で追加できることになります。
マイルの獲得量が足りずブロンズランクに届かなかった場合でも、「Enjoyパック」の500MB分は毎月付与されるため、実質的に毎月500MBまでは常に追加できることになります。

パケット容量の追加手続き

容量の追加は、電話もしくは「My Y!mobile(マイワイモバイル)」から行えます。

電話の場合、ワイモバイル契約の端末から「151」に発信、すると音声ガイダンスが流れるので、「1番」→「2番」→「5番」→「1番」と4回選択すると対象のオペレーターに接続されます。
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」を使って追加する時は次の手順が必要です。

パケット容量の追加手続き

「Yahoo! JAPAN」アプリを開き、中央のメニューから「Y!メニュー」を選び、Yahoo! JAPANにログインします。続いて遷移先ページの上部に置かれた「My Y!mobile」ボタンをタップします。

パケット容量の追加手続き

「> My Y!mobile ログイン」ボタンをタップしてログインします。
ログイン後のページを下の方にスクロールすると「データ通信量の管理」という項目があり、その一番下に「通常速度に戻す申込」という項目があるので、ここをタップします。

パケット容量の追加手続き

Enjoyパック、パケットマイレージによって追加料が割引になる旨もしっかり記載されていますので、よく確認してください。
※なお、「マイワイモバイル」などから確認できる利用明細のうち、暫定分(月の途中で表示される未確定分)の内訳には「追加料金」が計上される形になりますが、月が変わって前月の利用料が確定する際に自動的に必要な回数分が割り引かれる仕組みになっています。明細を見る時は表示内容にもご注意ください。

まとめ

今回の内容は「いかにして安い料金プランを探すか」といったものではなく、「契約プランの内容を変えずにどれだけお得に使えるか」という面が強くなっています。最も安いスマホプランSでも、MVNOと比べると高く見えるかと思います。
しかし、MVNOの格安SIMにはない魅力としてワイモバイルのキャリアサービスを存分に使えるというメリットがあります。検索エンジンとして国内最大手のYahoo! JAPANには便利なサービスが山盛りで用意されていますし、ワイモバイルの契約ならばキャリアドメイン(@ymobile.ne.jp)のEメールも使えます。
またキャリアで契約する最大のメリット、端末代金の分割および割引も機種によって受けることができます。

現在お悩みの内容が「月額料金を下げたい」だけ、要するに端末は既に持っている場合はMVNOが選択肢に入りますが、端末込みで安いプランへの機種変更・MNPを検討中の場合はワイモバイルをおすすめします。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

出逢いと別れ、咲いたり散ったり。そんな季節になりましたね。物事にはキッカケがありますが、「スマホ」が素敵な出逢いのキッカケになったと言う人もいるのではないでしょうか? 【モバレコ】がそんな風に「大切な出来事」の小さなキッカケになれたら嬉しいなと思いながら記事を作ってます。。。まぁスマホが別れのキッカケになる事もあるのですが(笑