au アルバーノ(URBANO V02)を購入したら必ず設定したい11のこと

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

auではお得なキャンペーンを実施中

22歳以下限定!
対象プラン加入と機種変更で

翌月から6か月間1,650円割引!

10,000円キャッシュバック!

他にもお得なキャンペーンがたくさん!

  • のりかえで最大22,000円割引
  • 新規契約で最大11,000円割引
  • 5G端末への機種変更で5,500円割引
  • SIMのみ購入で10,000円還元

2015年夏にauから発売された京セラ製のスマートフォン「URBANO(アルバーノ) V02」。購入したはいいけど何から手をつけていいか、意外とわからなかったりしませんか?

そこで今回は、「URBANO V02」で設定しておきたい項目を11個にまとめてみました。一通り設定することで、スマホがもっとカンタンで便利なものへと生まれ変わりますよ。

関連記事:

高級感あるデザインとタフネスさを両立。au「URBANO V02」徹底レビュー

顔認証でロック解除

最新のスマホを購入したら、まず初めに設定しておきたいのが「スマホの画面ロック」。「URBANO V02 」ではスマホにユーザーの顔を認証させることで、画面ロックを解除することができます。

顔認証の設定は、【設定】 > 【スタート画面】 > 【Smart Lock】 > 【認識済みの顔】 > 【セットアップ】 > 【次へ】 をタップしていきます。

まず、内側のインカメラで自身の顔を登録します。

顔認証の設定

その後スマホのロック画面へ行くと、右上に鍵のマークが表示されます。インカメラに顔を向けると、1秒足らずでスマホのロックが解除できます。

ロック解除前
ロック解除前
ロック解除後
ロック解除後

なお、顔を近づけすぎるとなかなか認証してくれませんので、少しスマホとの距離をとってインカメラを見つめてください。

3種類の画面ロック

とても便利な顔認証システム。しかしその一方で、他のロック解除システムと比べるとセキュリティレベルが低く、他人にロックを解除されやすいシステムになっています。そのため、利便性の高さよりも高いセキュリティのロックをかけたいという方は、基本のロックをかけましょう。

「URBANO V02」では、“顔認証”以外に、「パターン(セキュリティレベル:中)」「ロックNo.(セキュリティレベル:中~高)」「パスワード(セキュリティレベル:高)」といった3種類の画面ロック方法が用意されています。

最も簡単にロック解除することができるのが「パターン」。好きなパターンを登録し、同じ順序でロック解除をするだけでOK。とても簡単です。

「パターン」式の画面ロック解除「パターン」式の画面ロック解除
「パターン」式の画面ロック解除

「パターン」式のロック解除方法は、他の2つと比べるとセキュリティレベルは高くありません。なお「パターン」を利用するAndroidユーザーの傾向として、左上からなぞるパターンを設定する人が多いとのことです。そのため、なるべく左上からなぞるロック解除パターンは避けたほうが良いですね。

次にご紹介するのは「ロックNo.」。「ロックNo.」は4ケタ以上の数字で設定するロック解除方法です。「パターン」よりもセキュリティレベルは高いですが、あまり安易すぎる数字で設定するのはキケンです。誕生日や銀行の暗証番号とは関係ない数字で設定することをおススメします。

「ロックNo.」式の画面ロック解除「ロックNo.」式の画面ロック解除
「ロックNo.」式の画面ロック解除

最後に紹介するのが「パスワード」。「パスワード」は英字を含む4ケタ以上の数字で設定します。英字と数字を組み合わせた入力を行うのは手間ではありますが、安全性は一番高いといえます。スマホを落とす回数が人より多い方は、ぜひ「パスワード」で設定してみてください。

「パスワード」式の画面ロック解除「パスワード」式の画面ロック解除
「パスワード」式の画面ロック解除

画面ロックの設定は、【設定】 > 【スタート画面】 > 【セキュリティの種類】とタップします。
3種類の中から好きな画面ロック方法を選択してください。

画面ロックの設定画面ロックの設定

電源ボタンで通話を終了

iPhoneやフィーチャーフォン(ガラケー)を利用していた方にとって、電源ボタンで通話を終了するのは当たり前のことかもしれません。しかし、Androidスマホの場合は、電源ボタンではなく、画面内に表示される「通話終了」という文字をタップしないと通話を終えることができないケースが多くあります。「URBANO V02」もその1つです。

そのため、クセで電源ボタンを押して通話を終了した気になってしまうなんてことが起きかねません。無駄に通話料をかけてしまうなんて事態を起こさないためにも、あらかじめ電源ボタンでも通話を終了できるように設定しておきましょう。

【設定】 > 【ユーザー補助】 > 【電源ボタンで通話を終了】をONに

【電源ボタンで通話を終了】をONにするには【電源ボタンで通話を終了】をONにするには

画面が回転しないようにする

「疲れたから少し横になろっと!」。そう思い、ソファやベッドでゴロンとしながらスマホ操作をすることってありますよね。ただ初期設定の場合だと、画面がスマホに合わせて横向きに回転してしまうので、操作がしずらくなってしまいます。

横になった状態でも縦向きで操作ができるように、前もって画面を縦向きに固定しておきましょう。

【設定】 > 【ディスプレイ】 > 【端末が回転したとき】 > 【画面のコンテンツを回転させる】を選択

【画面のコンテンツを回転させる】【画面のコンテンツを回転させる】

バックライトを調節して電池長持ち

スマホのバッテリーの持ちは、ディスプレイの明るさ(バックライト)に大きく左右されることをご存知でしょうか?たとえば、明るさのレベルを最大に設定してしまうと、たいていの場合1日ももたずに電池残量がなくなってしまうのです。

「URBANO V02」の初期設定では、ディスプレイの点灯時間が30分に設定されています。これだと長すぎますよね。使ってて困らない程度の点灯時間に設定しなおしてしまいましょう。

【設定】 > 【ディスプレイ】 > 【スリープ】とタップ

スリープ設定スリープ設定

30秒だと短すぎるので、1分以上を目安に設定しておくことをおススメします。

スリープするまでの時間設定

バッテリー残量が少ないときはエコモード

「あと1回だけ電話したい!」。電池残量が少ないときは、電話一本かけることさえ困難になります。そんなときに試していただきたいのが「エコモード」。
「エコモード」をONにすると、スリープ時間や画面の明るさを下げたり、Wi-Fi・BluetoothをOFFにするなど、電池の消耗を最小限に抑えることができます。

「エコモード」

エコモードを設定するには、【設定】 > 【エコモード】とタップしていきます。

「エコモード」

試しに「エコモード」をOFFからONにしてみると、利用可能時間が約11時間から約1日まで伸びました。

利用可能時間が11時間から約1日に利用可能時間が11時間から約1日に
利用可能時間が11時間から約1日に

ただ電池がたっぷりある状態でエコモードを活用するのは、スマホが不便になるだけですので、バッテリー残量が少ないときにだけ使うことをおススメします。

いつでもエコモードへを活用できるように、事前に設定しておきましょう。

初めてスマホを使う人は「ケータイ入力」

「スマホのキーボードに馴染めない!」そんな方にぜひ活用していただきたいのが「ケータイ入力」。ガラケーのようにボタンを連続でタップして文字入力することが可能になります。

ケータイ入力の設定は、【設定】 > 【言語と入力】 > 【現在のキーボード】 > 【ケータイ入力】とタップします。

【現在のキーボード】から入力方法を選択【現在のキーボード】から入力方法を選択

利き手に合わせて、キーボードを左右に寄せることもできますよ。

キーボードを左寄せで表示
キーボードを左寄せで表示
キーボードを右寄せで表示
キーボードを右寄せで表示

使いやすいホーム画面をチョイス

新しいスマホを使い慣れるまでにとくに苦労するのが、アプリの位置の把握。「どのアプリがどこにあるの?」という風にイライラしてしまうのは、スマホ乗り換え時のあるあるであったりしますよね。

その“イライラ”を解決してくれるのが「ホーム切替」です。

【設定】 > 【ホーム切替】 とタップ

【設定】 > 【ホーム切替】

初期段階では「標準ホーム」が設定されています。「標準ホーム」はスマホからスマホへ機種変更した向けのホームです。

「標準ホーム」を設定した場合
「標準ホーム」を設定した場合

「エントリーホーム」はスマホ初心者向けのホーム画面です。よく利用するアプリをホーム画面の真ん中に設定できるため、画面をONにすれば、すぐにアプリを開くことができます。他にも、ケータイ式の入力方法を選べたり、フォントサイズを大きくすることも可能です。

以前もauのスマートフォンを利用していた方であれば、「auベーシックホーム」がおすすめ。利用する頻度が高いアプリや、auのオリジナルサービスをスグに始めることができる仕様になっています。

「エントリーホーム」を設定した場合
「エントリーホーム」を設定した場合
「auベーシックホーム」を設定した場合
「auベーシックホーム」を設定した場合

通話中に感じる不快な音を軽減させる

耳をつく「甲高い音」、聞き取りづらい「こもった音」、うるさく感じる「大きな音」。通話時に耳に届くこれらの不快な音を抑えられる機能があったら嬉しいですよね。「URBANO V02」にはそんな便利なシステムも備わっています。

【設定】 > 【通話】 > 【通話音質設定】 > 【聞こえ調整】

【通話】 > 【通話音質設定】【通話】 > 【通話音質設定】

選べるのは「やわらかく」「はっきりと」「おさえめに」の3タイプ。苦手な音を軽減できるので前もって設定しておきましょう。

 【聞こえ調整】から音質を選ぶ

マナーモードを自動で設定

公共の場ではマナーモード、家に着いたらマナーモードを解除。そんな毎日かかさず行う操作も、「URBANO V02」ユーザーであればする必要がなくなります。なんと時間を指定してマナーモードのON・OFFを設定することができるのです。

【設定】 > 【オートアシスト】 > 【自動マナーモード】

【オートアシスト】 > 【自動マナーモード】【オートアシスト】 > 【自動マナーモード】

平日の7時からはマナーモード、20時からマナーモードを解除というふうに、通勤中のみマナーモードを設定するなんてことも可能です。また曜日ごとにマナーモードのON・OFFを設定することができるので、平日出勤がある会社員の方も、固定シフトで働く主婦さんも便利につかえる機能となっています。

時間帯でマナーモードを設定できる時間帯でマナーモードを設定できる

「お知らせ2次通知」をオフに

「お知らせ2次通知」とは、気付いていない着信や受信を気付きやすいタイミングで再度通知してくれるという機能です。よく利用するアプリの通知だけであれば便利なのですが、それ以外のアプリからも通知が2度ずつ通知がくるのは少しうっとうしく感じてしまいます。あらかじめ設定をオフにしておきましょう。

【設定】 > 【オートアシスト】 > 【お知らせ2次通知】をOFFに

【設定】 > 【オートアシスト】

まとめ

「URBANO V02」は、ユーザー自身が使いやすいホーム画面をチョイスできたり、通話中の不快な音を軽減することができるなど、ユーザーの“困った”を解決してくれるスマートフォンです。

しかし、それらの親切設計を利用せずに使い続けてしまうのは非常にもったいないですよね。

もちろんすべての設定を変える必要はありません。設定画面内を色々と触れてみることで、より使い勝手のいい1台へと変身させてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン