カテゴリ: アプリ

Googleのメモアプリ「Google Keep」の使い方・できることを徹底解説

世にメモ帳アプリは数あれど、複雑すぎたりシンプルすぎたりでなかなか自分にあった良いものに巡り会えない。

そんな思いをしている方には灯台下暗しかもしれないメモアプリ「Google Keep」がオススメです。Google Keepなら短文も長文も写真も声も、手間なくメモをとることができるのです!今回はGoogle Keepの便利な使い方やできることを順に解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

目次:

Google Keep でできること

Google KeepのPR動画。できることをざっくり知るにはこの動画をご覧ください

Google keep はGoogle純正のメモアプリです。できることをざっと挙げてみると

  • 「テキスト」「リスト」「ボイス(音声)」「画像」の4種類のメモがとれる
  • 時間または場所を指定してのリマインダー(通知)が送れる機能がある
  • Googleアカウントと同期させて、ブラウザからでもメモが追加できる。OSが異なるパソコン、スマホ、タブレットでも同じメモが使える
  • アプリからアカウントを切り替えれるので、仕事用、プライベート用などのメモがとれる
  • LINEやTwitterなど、他のサービスへの共有が可能
  • 画像の中にある文字を検出してテキストデータにしてくれるOCR機能を備えている
  • Chrome拡張を入れておけばオフラインでもメモがとれる
  • メモごとに色分けできるので優先度などがわかりやすい

などなど。

さっと使えるメモアプリですが、そのシンプルなデザインの中に実は多くの便利機能を備えているのです。

リマインダー機能を搭載しているので、「せっかくメモとったけど、やらなくちゃいけない時間(場所)が過ぎちゃった。。」みたいなメモ忘れを防ぐことができます。また、異なるデバイス・OS間での同期機能もあるのでいつでもどこでもメモをとることができますので、「メモを取ることを忘れた」ということも避けられますね。

4種類のメモを使いこなす

それではまずは基本機能である「メモをとる」方法について解説していきます。

テキストメモ

Google Keep を起動して、画面下にある「メモを入力…」をタップすると、文章をメモするテキストメモが立ち上がります。

画面下の「メモを入力をタップ」
画面下の「メモを入力をタップ」
タイトルと本文を入力する画面が立ち上がります
タイトルと本文を入力する画面が立ち上がります
文書を入力して、保存するには画面左上の「←」をタップしてください
文書を入力して、保存するには画面左上の「←」をタップしてください
入力した文章が保存されました
入力した文章が保存されました

基本的には他のメモも上記のような流れで入力と保存を行います。

リストメモ

リスト(箇条書き)でメモをとるには画面下にある、下の画像のアイコンをタップしてリストメモを立ち上げます。

リストメモのアイコンをタップ
リストメモのアイコンをタップ
箇条書きでメモを取れる
箇条書きでメモを取れる

ボイス(音声)メモ

そのほか、音声をテキストに自動変換してくれる機能も搭載しています。

ボイスメモのアイコン(マイクマーク)をタップ
ボイスメモのアイコン(マイクマーク)をタップ
上のような画面になるので、スマホで話しかけることでメモを入力できます
上のような画面になるので、スマホで話しかけることでメモを入力できます

画像メモ

文章を書き起こすのが手間と思う方は画像でメモをとりましょう。

画像メモのアイコン(カメラマーク)をタップ
画像メモのアイコン(カメラマーク)をタップ
カメラが立ち上がるので、撮影するだけでGoogle Keepに自動的に貼り付けてくれます
カメラが立ち上がるので、撮影するだけでGoogle Keepに自動的に貼り付けてくれます

実はこの画像メモ、カメラに写した文字を読み取るOCR機能を搭載。保存した画像の中にある文字を抽出してメモをとれるようになっています。

画像を撮影したら右上のアイコンをタップ
画像を撮影したら右上のアイコンをタップ
「画像のテキストを抽出」をタップ
「画像のテキストを抽出」をタップ
画像内にある文字を自動的に抽出してくれます
画像内にある文字を自動的に抽出してくれます

ただ、Google Keepのヘルプに記載があるのですが、この機能は現在は英語のみ対応となっており、画像内の日本語を検索・抽出することはできません。対応が待ちきれない便利機能です。

時間と場所を指定できるリマインダー機能

Google Keepには「時間」と「場所」、2種類のリマインダーを作る機能があります。

ちなみに、ここで作ったリマインダーは「Google Now」と同期され、Google Nowのカードとスマホの通知領域に通知されます。入力が簡単なので手間もかからず、さらにGoogle Nowのリマインダーと同じく位置情報をトリガーとしたリマインダーを作ることも可能です。

時間でのリマインダー設定方法

まずは時間で通知が来るリマインダーの設定方法を紹介します。

テキスト入力の下にある「リマインダーの設定を」タップ
テキスト入力の下にある「リマインダーの設定を」タップ
上の図の場所をタップすればリマインダー通知がくる時間を指定できます
上の図の場所をタップすればリマインダー通知がくる時間を指定できます
大まかな時間はデフォルトでありますが細かい時間を選択することもできます
大まかな時間はデフォルトでありますが細かい時間を選択することもできます
指定された時間が表示されました
指定された時間が表示されました

場所でのリマインダー設定方法

場所を入力することで、「その場所に近づいたら通知する」というタイプのリマインダーとなります。

[リマインダーの設定を]をタップして、次に時計のアイコンをタップします
[リマインダーの設定を]をタップして、次に時計のアイコンをタップします
「場所に基づくリマインダー」をタップ
「場所に基づくリマインダー」をタップ
住所や建物名を入力します
住所や建物名を入力します
地図が表示されるので、指定場所が間違いなければ住所をタップしてリマインダーを設定
地図が表示されるので、指定場所が間違いなければ住所をタップしてリマインダーを設定

場所のリマインダーを設定することで、例えば「深夜番組の録画予約を忘れたので帰宅次第すぐに操作したいんだけど、帰宅が何時になるかわからない。早めに通知されて消しちゃったり、遅すぎて寝ちゃったりしてては元も子もない。」 そんな現象も解消してくれます。

Googleアカウントと自動で同期されるので、スマホだけじゃなくタブレットやパソコンでもすぐ使える

スマホだけじゃなくタブレットやパソコンでもすぐ使える

Google Keepにメモしたものは自分の「Google ドライブ」に保存されるため、Googleアカウントさえあればスマホはもちろん、どんなタブレットでもパソコンでも見たり書き込んだりすることができます。

保存場所は「drive.google.com/keep」となり、「マイドライブ」とは階層が異なるためドライブ側からKeepのメモを見ることはできません。ブラウザからKeepにアクセスするにはkeep.google.com に接続すればOKです。

スマホアプリはAndroid版のみでしたが、iOS版のGoogle Keepもリリースされましたので、ますます幅広く便利に使えるようになりました。

Google Keepをデスクトップで使うには

Chrome拡張をインストールすればデスクトップ常駐のメモにもなる

パソコンで使うには専用のChrome拡張をインストールしましょう。デスクトップ常駐のメモ帳として使えるようになり、いつでも思い立った時にメモを記入して、スマホでもかくk人することができるようになります。インストールは下記のリンクからどうぞ。

Chrome拡張(Google Keep – メモとリスト)

GmailやTwitterへメモの内容を共有することもできる

Google Keepは様々なサービスとの「共有」にも対応しているため、次のような使い方もできます。

画面右上のメニューから「送信」をタップ
画面右上のメニューから「送信」をタップ

たとえばこれは、Google Keepで作った文章を「送信」からGmailに飛ばしたものです。

送信先をTwitterにした場合
送信先をTwitterにした場合

同じように、Keepの文章をTwitterに共有することもできます。画像もKeep側で付け足しておけるので、バックアップにもなります。

こうした使い方をするメリットは、作成した文章がGoogle Keep側に保存される点です。
たとえばメールとSMSとハングアウトで複数人に同じメッセージを送りたい場合、毎回同じ文章を打つ手間はなくなります。さらに、間違えてメール等を削除してしまったり、あるいは時間が経ちすぎて埋もれてしまった時にもKeepから共有していれば文章を見つけやすくなります。

画面上部のアイコンをタップすれば、相手のKeepに共有することもできる
画面上部のアイコンをタップすれば、相手のKeepに共有することもできる

ちなみに、わざわざ共有で送信しなくても、相手もKeepを使っていればメモをそのまま共有できます。

メモを色分けできるので優先度がわかりやすい

Google Keepのメモは色分けすることができます。ライフハック的な使い方として、重要度の高いものは赤、プライベートな用事は緑、恋人との用事は水色など、優先度やタスクの内容を色分けしておくことで直感的に管理することができます。

画面上部にあるカラーパレットアイコンをタップ
画面上部にあるカラーパレットアイコンをタップ
メモの色を選択することができます
メモの色を選択することができます

まとめ : Evernoteとは一味ちがうメモアプリ

その他、一見地味ながら便利な機能もたくさん備わっています。

  • メモを一覧画面から表示にするけど削除するわけではない「アーカイブ」操作が可能
  • 複数のアカウントを切り替えて使える
  • Keepに保存したメモはすべて自分のGoogleドライブに保存されているため、Googleアカウントでログインすればどこでも見れる、書ける
  • スマホの画面上にウィジェットを設置することでいつでも確認できる
画面上にウィジェットを設置してすぐにメモを確認できる
画面上にウィジェットを設置してすぐにメモを確認できる

などなど。

スマホ・タブレットで使うメモ帳、とりわけウェブと連携してスマートに扱えるメモ帳となると「Evernote」が真っ先に思い浮かぶかと思います。Google Keepも基本的にはEvernoteと同じようにメモをウェブ上に保存できますが、どちらかというと「メモ帳」のようなしっかりしたものではなく「付箋」のようにお手軽なサービスです。

ウェブ上にメモを保存できるところまではEvernoteと一緒ですが、その使い勝手や用途はまったくの別物です。Windowsのデスクトップに置ける「付箋」をクラウド保存できるような感じで、手軽に、簡単に使え、そしてどこからでもアクセスできます。

それほど急ぎでもなく、大した内容でもないんだけど忘れたくない、そんなときにピッタリのアプリです。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン