ゲオ・エイベックスが提携、月額590円の映像見放題サービス「ゲオチャンネル」とは?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ

ゲオ・エイベックスが提携、月額590円の映像見放題サービス「ゲオチャンネル」とは?

ゲオホールディングス株式会社は15日、表参道ヒルズにてエイベックスと提携する新サービスの提供開始を発表した。その名も「ゲオチャンネル」。

ゲオのこれまでの店舗レンタル・宅配レンタルに加え、スマホなどのマルチデバイスで動画を視聴できるVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを展開。提供開始は2016年2月で、見放題サービスは月額590円〜で利用できる。

ゲオホールディングス代表取締役社長 遠藤結三氏
ゲオホールディングス代表取締役社長 遠藤結三氏
エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役副社長 CSO 千葉龍平氏
エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役副社長 CSO 千葉龍平氏

「ゲオチャンネル」の特徴は”ハイブリッド”

REAL × DIGITAL
REAL × DIGITALのハイブリッド映像体験

ゲオとエイベックスが提携する「ゲオチャンネル」。これまでのオンデマンドサービスとは一味ちがう、ハイブリッド型VODサービスというのが特徴だ。

ハイブリッドVOD
ハイブリッドVOD

リアルショップ、宅配レンタル、そしてマルチデバイスに対応した映像配信(ビデオオンデマンド)による三位一体のサービス展開となり、「最新作はオンデマンドで」「店舗に行けないときには宅配で」といったようにそれぞれが補完しあう形で観たい作品を選ぶことができる。

リアル店舗、宅配、オンデマンドの”三位一体”
リアル店舗、宅配、オンデマンドの”三位一体”

また、映像配信としてゲオチャンネルで扱うコンテンツは12ジャンル・80,000作品以上と国内最大級のラインナップ。
海外・国内ドラマの他、洋画・邦画、アニメ、ミュージックビデオ、さらにはPRESTIGE(プレステージ)と提携し、アダルトコンテンツもそのラインナップに加わる。

80,000タイトルの豊富なラインナップ
80,000タイトルの豊富なラインナップ

ゲオチャンネルは料金プランも魅力的だ。

まずは、スマホなどで映像サービスが見放題となる「ベーシックプラン」が月額590円(税抜・以下同)。ゲオ自身も”かなりギリギリの価格設定”というほど、非常に安い料金プランだ。

これに加え、「店舗パック」「宅配パック」(各590円)をそれぞれ追加することが可能だ。
「店舗パック」であれば月に旧作20本のレンタル、「宅配パック」であれば旧作8枚(映像DVDのみ)を14泊15日でレンタルすることが可能になり、ベーシックプランに追加するオプションプランとなる。

料金プラン
プランは組み合わせることが可能だ

さらに特徴的なのは、エイベックスと提携することで実現した、ハイブリッドレコメンドシステムだ。

ユーザーの視聴履歴をもとにオススメの作品をレコメンド(推奨)するサービスはすでにお馴染みのサービス。エイベックスもこの分野には長年力を入れてきている。

しかしここに、「店舗利用によるレンタル視聴履歴」を加えることができるのがゲオの強み。リアル店舗と映像配信それぞれで取得した視聴履歴を元に、視聴者にとってよりオススメなコンテンツをレコメンドできるのが、ゲオチャンネルの大きな特徴といえるだろう。

「この作品であればオンデマンドでも視聴できますよ」などと、対面での接客にもそのデータを活かすことができる。

リアル店舗とオンデマンドの”ハイブリッド”レコメンドを実現 (エイベックス・デジタル 常務取締役 村本理恵子氏)
リアル店舗とオンデマンドの”ハイブリッド”レコメンドを実現
(エイベックス・デジタル 常務取締役 村本理恵子氏)

ゲオによれば、すでに1,600万人いるゲオ会員を無料会員にするとのこと。2016年2月のサービス開始時点から実施し、国内でも最大級の無料会員数となることだろう。

サービス開始とともにゲオ会員は無料会員に
サービス開始とともにゲオ会員は無料会員に

トークセッションでは、天野ひろゆきさん、千秋さん、境治さんが登壇

14日行われた発表会では、ゲストとしてキャイ~ン・天野ひろゆきさん、千秋さん、メディアコンサルタントの境治さんが登壇した。

左から政井マヤアナ、天野ひろゆきさん、千秋さん、境治さん
左から政井マヤアナ、天野ひろゆきさん、千秋さん、境治さん

過去に映画監督の経験もある天野さん、発表会の様子を受けて「ゲオチャンネルでオリジナルの作品を撮りたい」と発言。

『映画感想ノート』の執筆など、映画好きと知られている千秋さんは、すかさず「天野くんの作品にでたい」と出演の希望を明らかにした。ゲオによればオリジナル作品の提供も検討しているとのことで、今後の展開にも期待したい。

オリジナル作品を撮りたいと語るキャイ~ン・天野さん
オリジナル作品を撮りたいと語るキャイ~ン・天野さん

千秋さんは自身の娘と2人で「映画ブ」を作り、子育ての一環として自分が見せたい映画作品を見せて一緒に楽しんでいるそう。ゲオチャンネルを利用すれば、ディスクが無い分スペースを取らないし、視聴履歴により「うっかり同じ作品を借りることもなくていい」と、サービスへの期待を示した。

娘と「映画ブ」を作り映画を楽しむ千秋さん
娘と「映画ブ」を作り映画を楽しむ千秋さん

メディアコンサルタントである境さんも、今後は映像配信の”戦国時代”だと語る。放送と配信がごちゃごちゃになっていく一方、放送局とゲオのような事業者がどんどん組んでいけば新たな価値でコンテンツが出来上がっていく、テレビやスマートフォンなど視聴できる環境が多様化し”より自由になっていく”と、映像配信の今後について語った。

“戦国時代”と語るメディアコンサルタント・境治さん
“戦国時代”と語るメディアコンサルタント・境治さん

サービス提供は2016年2月から。戦国時代に一石を投じられるか

ゲオチャンネルはスマートフォン、タブレット、PC、テレビとマルチデバイスの視聴に対応。80,000タイトルをいつでもどこでも見放題となる。

今後はゲオチャンネル専用のアプリが登場するとのことで、アプリから映像を楽しむことになる。映像配信サービスが見放題の「ベーシックプラン」は月額590円で利用でき、オプションプランとして「店舗パック」「配達パック」をそれぞれ月額590円で追加が可能。合計1,770円となるが、セット割引のような料金プランは今後検討とのことだ。

課金についてはクレジットカード払いや携帯代と合算したキャリア決済などに対応する予定。

2016年2月にサービスが開始され、現時点で1,600万人いるゲオ会員は無料会員となる。

まさに映像サービス”戦国時代”の中、ゲオチャンネルはどのような発展を遂げるだろうか。ぜひモバレコ編集部も注目していきたい。

14日行われたGEOの発表会

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン