「NifMo」のAndroidスマートフォン・iPhone(iOS)を使ったAPNの設定方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: 格安SIM

「NifMo」のAndroidを使ったAPNの設定方法

老舗インターネットプロバイダのniftyが運営する格安SIM「NifMo」。

この記事ではNifMoの初期設定(APN設定)方法をAndroidスマートフォン・iPhone(iOS)ごとに解説します。

目次:

AndroidスマートフォンのAPN設定

AndroidスマートフォンのNifMoのAPN設定を解説します。OSのバージョンが異なる場合でも、ほぼ同様の手順で行うことができますのでご安心ください。

1. AndroidスマートフォンにSIMカードを挿入する

まずは、NifMoのSIMカードと使用するスマートフォンを用意し、SIMカードを挿入しましょう。

SIMカードの挿入位置はスマートフォンによって異なります。端末によっては「SIMピン」を使ってSIMトレイを引き出す必要があるので忘れずに準備しましょう。

SIMカードとスマートフォンを用意します
SIMカードとスマートフォンを用意します
SIMカードを挿入します。向きやオモテ・ウラに注意しましょう
SIMカードを挿入します。向きやオモテ・ウラに注意しましょう
きっちりと挿しこみます
きっちりと挿しこみます

スマートフォンによっては「SIMカードが挿入されました」と表示されます。

2. AndroidスマホでNifMoのAPN設定を行う

続いて、スマートフォンでのAPN(アクセスポイントネーム)設定を行います。Androidの場合、設定画面の表示項目は端末によって異なります。本記事では「Xperia Z3 Compact」を用いて説明します。

まずは、APN設定の編集画面を開いてください。
[設定]→[その他の設定]→[モバイルネットワーク]→[アクセスポイント名]の順に進みましょう。

「設定」→「その他の設定」をタップ
「設定」→「その他の設定」をタップ
[モバイルネットワーク]をタップ
[モバイルネットワーク]をタップ

[モバイルデータ通信]のチェックをオンにし、[アクセスポイント名]をタップします。

「アクセスポイント名」をタップ
「アクセスポイント名」をタップ

すると、登録しているAPN(アクセスポイント名)の一覧が表示されます。
NifMoのスマホセットで購入した場合は既に登録されていますが、ご自身でスマホを用意される場合は「新しいAPN」を選択。または「+マーク」をタップして新たに登録しましょう。

“+マーク”で新たにAPNを追加する
“+マーク”で新たにAPNを追加する

すると、アクセスポイントの編集画面になります。
ここでは以下の入力してください。

NifMoの接続情報
名前:「nifty(LTE)」 など任意の名前を入力
APN:mda.nifty.com
ユーザー名:mda@nifty
パスワード:nifty
認証タイプ:PAPまたはCHAP

入力が完了したら右上のマークから、[保存]をタップします。

接続情報の入力を終えたら、必ず「保存」をタップしましょう接続情報の入力を終えたら、必ず「保存」をタップしましょう
接続情報の入力を終えたら、必ず「保存」をタップしましょう

これで先ほどのAPN一覧に「nifty(LTE)」が表示されました。ラジオボタンをタップして選択すれば完了です。

ラジオボタンをタップして選択しましょう
ラジオボタンをタップして選択しましょう

その後、「4G」や「LTE」などの表示がされていればOKです。webサイトにアクセスしてみるなど、接続できているか確認しましょう。

iPhone(iOS)のAPN設定

記事執筆時に使用した端末は、SIMフリー版のiPhone 6 Plus(iOS 9.2)です。最新の機種・OSでもほぼ同様の手順で行うことができますので、ご安心ください。

iPhoneにSIMカードを挿入する手順

1. まず、SIMカードが入っていないと「SIMなし」と表記されます。

左上に「SIMなし」と表示されてしまいます
左上に「SIMなし」と表示されてしまいます

2. そこでSIMカードを挿入します。今回はNifMoの格安SIMを用意。

NifMo

3. iPhoneに同梱されているSIMトレイ取り出しツールで、本体右側の穴に差込むとカチっという音と共にトレイが飛び出します。

カチッと音とともにSIMトレイが飛び出す

4. SIMトレイにSIMカードをしっかりとはめ込みます。カードの向きや表裏に注意してください。

カードに向きや裏表に注意してSIMトレイにカードをはめ込む

5. そのままトレイを差し込むと、写真のとおり、「SIMなし」の表示から、docomoの表示になりました。

docomo

しかし、これだけではまだネットはつながりません。
格安SIMカードを利用するには、APNの設定が必要となります。

iPhoneでNifMoのAPN設定を行う

ここからはAPNの設定を行っていきます。APNとは、Access Point Nameの略で、インターネットの接続先の名前のことです。

キャリアの場合はあらかじめ接続先の名前が指定されていますが、格安SIMを使う場合はこちらから指定する必要があります。その設定がないとインターネットを使うことができません。

※なおスマートフォンと格安SIMの「スマホセット」を契約した場合は、ユーザーが操作をしなくともあらかじめAPNが既に設定されていることがあります。

APN設定をしていない場合。「PDP認証に失敗しました」と表示され、docomoの表示はされるもののネットはつながらない
APN設定をしていない場合。「PDP認証に失敗しました」と表示され、docomoの表示はされるもののネットはつながらない

1.まずは[設定]をタップします。

設定

2. 続いて[一般]をタップし、一番下の[リセット]をタップします。

一般リセット

3. 「すべての設定をリセット」をタップして、続いて「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

すべての設定をリセットネットワーク設定をリセット

4. そこでいったん再起動になります。

再起動

5. 続いて、BIGLOBEのAPNを探します。

まだネットがつながっていないため、Wi-Fi接続でAPN構成ファイルをダウンロードします。このときは、[Safari]を使うようにしてください。Safari以外のブラウザで開くとエラーが生じる可能性があります。

今すぐWi-Fiの環境がない方はこんな方法も

  • ネットができるパソコン等でAPN構成プロファイルをダウンロード
  • iPhoneに設定しているメールアドレス宛にプロファイルを添付して送信
  • Wi-Fiがつながったときにメールを開き、プロファイルを開く

6. プロファイルのインストール画面になるので、右上の[インストール]をタップします。

インストール

7.「承諾」の画面に移ったら「次へ」をタップ。

次へをタップ

8. 「警告」の画面になるので順番に「インストール」をタップします。

警告画面から順番にインストールをタップ警告画面から順番にインストールをタップ

9. 「インストール完了」の画面で「完了」をタップします。

完了

これで、設定完了!
意外と簡単で、APN設定が初心者の私でも5分もかからないくらいで出来ました。

接続確認

「4G」や「LTE」などの表示がされていればOKです。ウェブサイトにアクセスするなどして、接続を確認しましょう。

もし上記の行程を踏んでもネットに接続できない場合は、いちど再起動するとLTE回線に接続されることがありますので、ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン