京セラ「LUCE」を存分に使いこなす9個の設定

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
京セラ「LUCE」を存分に使いこなす9個の設定

以前、こちらの記事で京セラの「LUCE」についてレビュー書きました。

関連記事:

格安なのにタフネスの稀有な存在。京セラ「LUCE」レビュー

なかなか独自のポジションを保持している、面白い端末で、触っていてなかなか面白かったんだけれど、この記事では、そのLUCEをさらに使いこなすための9個の設定をご紹介いたします。

LUCEは親切設計なので、そのままでも十分利用できますが、自分好みの設定にすることにより、さらに快適に使いこなすことができます。
普段から自分の相棒となるスマートフォン、ぜひこの記事を読んでいただき、貴方のスマホライフが少しでも良くなるきっかけになればと思います。

1. 設定メニューへの入り方

まずは、コレを知らないと始まりません。基本中の基本。設定メニューへの入り方を解説します。

最初のホーム画面、下に【アプリ一覧】があるのでこちらをタッチします。

ホーム画面のアプリ一覧をタッチ
ホーム画面のアプリ一覧をタッチ

そうすると、アイコンが並んだ画面が表示されます。これが、この端末にインストールされているアプリの一覧になります。

設定ボタンをタッチ
設定ボタンをタッチ

そして、この【設定】ボタンを押すと、設定画面に移動します。

設定画面が表示されました!!
設定画面が表示されました!!

基本的に、LUCE端末の設定は必ずここから実施します。ここ以降の設定内容は、基本的にこの設定画面から始まりますので、設定画面への入り方を良く覚えておいてもらえればと思います。

2. タッチ操作音、タッチ操作バイブをオフ

LUCEの端末は、タッチキーとなっています。初期状態では、このタッチキーに触れるとタッチ操作音と合わせてバイブとなって、端末が振動します。

これはこれで、フィードバックがあり、押していることがわかいりやすいので良いのですが、慣れてくると、逆に煩わしく感じます。また、毎回バイブ振動するのは電池持ちにも良く有りませんので、これをオフにすることにします。

設定画面から【音/バイブ/LED】をタッチし、設定画面を表示します。

音/バイブ/LEDの設定画面音/バイブ/LEDの設定画面
音/バイブ/LEDの設定画面

この画面で、【タッチ操作音】【タッチ操作バイブ】のチェックをオフにします。

タッチ操作音、タッチ操作バイブのチェックを外す
タッチ操作音、タッチ操作バイブのチェックを外す

これで、タッチキー操作時の音と振動が無くなります。最初はちょっと淋しいかもしれませんが、すぐ慣れますw

3. スリープまでの秒数設定

この項目も、端末の使いこなしには非常に重要な基本中の基本の設定です。
端末スリープ時間の設定方法ですが、スリープして画面が消えるまでの時間が短いと、ちょっと目を離した隙に画面が消えるので使い勝手があまり良くないです。
逆に、スリープ時間が長くなると、電池を一番消耗するディスプレイの表示時間がながくなり、スマートフォンの電池持ちが悪くなります。

まずは、設定画面を紹介します。

設定画面から、【ディスプレイ】をタッチし、ディスプレイ設定画面を表示した後、【スリープ】をタッチし、スリープするまでの時間を設定します。

スリープまでの設定時間スリープまでの設定時間
スリープまでの設定時間
スリープまでの設定時間

初期状態では、30秒に設定されていますが、自分は2分に設定しています。普段使っていると、30秒はどうしても短く感じてしまうんですね。自分が設定している2分でも、そこまで電池持ちがわるくならなかったので、これぐらいが、おススメです。

4. セキュリティの設定

個人情報満載のスマートフォン。初期状態では、まったくセキュリティがなく、誰でも端末を操作できてしまうので、セキュリティ設定は必ず実施しておきましょう。

設定画面から、【セキュリティ】をタッチし、セキュリティ設定画面を表示します。

セキュリティ設定画面セキュリティ設定画面
セキュリティ設定画面

このなかから、お好みのセキュリティ設定を選択します。初期状態は【スライド】ですが、自分としては、【パターン】をオススメします。ロック解除にそれほど時間がかからないし、セキュリティ強度も「中」とそれなりに高いのでおススメです。

5. フォントの変更

LUCEには元から、端末のフォントを何種類かから、選択する機能があります。画面の見た目がガラッと変わるので、好みのフォントに変えてあげると、より愛着がわくと思います。

設定画面から、【ディスプレイ】をタッチし、ディスプレイ設定画面を表示します。

ディスプレイ設定画面ディスプレイ設定画面
ディスプレイ設定画面

こちらの画面で、【フォント】をタッチして、フォント設定画面が表示されます。ここから、お好みのフォントを選択できます。

フォント切替画面。5種類のフォントからお好みを選択できますフォント切替画面。5種類のフォントからお好みを選択できます
フォント切替画面。5種類のフォントからお好みを選択できます

また、先ほどのディプレイ設定画面からは、こちらのフォントサイズの変更設定もできます。フォント切替と合わせて設定すると、ググッと自分ごのみの端末の近づきます。

フォントサイズ設定画面
フォントサイズ設定画面

6. 通知パネルのON/OFF設定をカスタマイズ

これも、端末を使いこなすためには最重要の設定項目です。普通の設定画面では出来ませんが、是非カスタマイズすることをおススメします。

通知パネルって?

ホーム画面で、上部の縁の部分を下にスライドすると、通知画面を表示することができます。

初期状態の通知パネル
初期状態の通知パネル

ここには、各種端末の設定ボタンと、通知が表示されています。Wi-Fiを切り替えたり、マナーモードを切り替えたり、いろんなスイッチ系は全てここにあります。

通知パネルのスイッチを自分ごのみに設定

このスイッチをカスタマイズするには、通知パネルを表示した状態で、右上の設定ボタンをタッチします。

右上の設定ボタンをタッチ
右上の設定ボタンをタッチ

そうすると、このような、通知パネルスチッチのON/OFF設定項目の並び替え画面が表示されます。

ON/OFF設定並び替え画面
ON/OFF設定並び替え画面

あとはここで、各スイッチの表示/非表示や、並べ替えができます。

7. 通知パネルに表示する内容をカスタマイズ

実は、こちらの通知パネルには、上で説明したON/OFF設定以外にもさらなる情報を表示することができます。

いろんなものを追加した通知パネル
いろんなものを追加した通知パネル

設定画面から、【通知パネル】をタッチし、表示項目をタッチすると、通知パネルに表示する項目を設定できます。

通知パネルに表示する項目を設定通知パネルに表示する項目を設定
通知パネルに表示する項目を設定

なんと!!アプリショートカットには、自分が端末にインストールしているアプリのショートカットを好きに置くことができます。

なんでも好きなアプリのショートカットを置くことができる
なんでも好きなアプリのショートカットを置くことができる

なので、普段から自分がよく使うアプリは、ここに登録しておくと、画面のどこからでもアクセスできるので、便利で良いかもしれませんね。

8. データ使用量の上限設定

LUCEはMVNOのmineoから販売されているだけに、mineoのSIMを利用している人が多いと思います。その場合、月の通信容量の上限が決められている場合が殆どだと思います。

なので、月で利用するデータ使用量の上限を設定しておくと、「知らないうちに、今月使いすぎてしまった・・・」なんてことが起こらず、安心できるので、是非設定しておくことをおススメします。

設定画面から、【データ使用量】をタッチし、データ使用量画面を表示します。

データ使用量画面データ使用量画面
データ使用量画面
この画面で、データ通信制限設定をチェックすると、以下のように警告文が出た後、「〜GBに制限」という赤線が表示されます。この画面で、データ通信制限設定をチェックすると、以下のように警告文が出た後、「〜GBに制限」という赤線が表示されます。
この画面で、データ通信制限設定をチェックすると、以下のように警告文が出た後、「〜GBに制限」という赤線が表示されます。

後は、この赤線を上下に動かすことにより、任意のデータ使用量で制限をかけることが出来ます。自分の場合は、5Gに設定しています。

9. 電池の長持ちのため、エコモード設定

普段使っていて、どうしても電池の持ちが悪いなぁという場合、エコモードというものを設定して、端末のいろんな部分の設定を一括して見直し、電池を長持ちさせることができます。

エコモードに入るには、アプリケーション一覧から、エコモードのアイコンをタッチすると、エコモード設定画面が表示されます。初期状態では、エコモードはOFFになっています。

エコモード設定画面エコモード設定画面
エコモード設定画面

ここでエコモードを設定するには、下の【お好み】や【長持ち】をタップします。すると、それぞれで設定されたエコモードが動作します。

お好みモードで動作したところ
お好みモードで動作したところ

お好みモードの場合、各項目をオンにするかオフにするか、自由に設定することができます。

お好みモードでの、各設定項目例
お好みモードでの、各設定項目例

(番外編)困ったときには、スタートガイド

操作がどうしてもわからなくなった時、端末の中にスタートガイドが同梱されているので、いつでも参照できます。

アプリ一覧の中にある、スタートガイドアプリ一覧の中にある、スタートガイド
アプリ一覧の中にある、スタートガイド

インターネットで検索してもよいですが、いつでも操作を確認できるこういった説明書が、端末の中に入っているのも心強いですね。

以上、LUCEをさらに使いこなすための設定項目を9個紹介してみました。以上を参考に、皆さんなりにLUCEを使いこなしていただければと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

auのIS03に衝撃を受けたあと、Androidの魅力にとりつかれました。ガジェットを使う先にある未来や、実現できること、便利なこと、素晴らしいことなどをわかりやすく伝えられるよう、記事を書く日々です。hamako9999.netの中の人でもあります。