レアなSIMフリースマホも間単に手に入る!マニアに人気の個人輸入サイト「エクスパンシス」の使い方

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: スマホ

レアなSIMフリースマホも間単に手に入る!マニアに人気の個人輸入サイト「エクスパンシス」の使い方

最近では端末メーカーのオンラインストアや家電量販店を利用すると、日本国内でもSIMフリースマホを購入できるようになってきました。しかしまだ取り扱われている機種は少なく、人と違った珍しい機種を買ってみたい、使ってみたい、という人もいるのではないでしょうか。

そういった人向けに、SIMフリースマホを入手する方法のひとつとして挙げられるのが海外で販売されているSIMフリースマホの個人輸入。具体的にはスマートフォンなどのガジェットを取り扱う海外のオンラインストア、あるいは他国のAmazonを利用して購入する、という方法になります。

”個人輸入”という単語だけ聞くと難しそうに思えるかもしれませんが、中には日本語での問い合わせに対応してくれるお店なども存在しており、実際には思っていたよりも簡単に利用できた、と感じる方も多いと思います。今回は比較的初心者向けといわれるところにスポットをあてて紹介していきますので、ぜひひとつの参考として読んでみてください。

目次:

比較的利用しやすいお店はエクスパンシスや海外のAmazon

まず個人輸入をする際に比較的利用しやすいサイトを2つほど紹介します。

エクスパンシス

一つ目に紹介するのは主にスマホやタブレット、スマートウォッチなどのガジェット類を中心に取り扱うオンラインストア「Expansys(エクスパンシス)」。日本からの最寄りの拠点はを香港、また本社をイギリスに構える企業です。

SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品 – EXPANSYS (日本向けサイト)

他の海外のオンラインストアと比較した際にエクスパンシスの大きな特徴といえるのはほぼ日本語のみで利用できるということ。エクスパンシス自体は様々な国向けにガジェットの販売を行っていますが、それぞれに地域別に言語が最適化されたサイトページが用意されています。例えば日本向けのサイトを覗けば商品の紹介はもちろん、代金の支払いなどもすべて日本円で行うことが可能です。また支払い方法をクレジットカードや現金(銀行振込、代金引換)から選ぶこともできます。

取り扱う商品は基本的に香港や台湾といったアジア圏で販売されているモデルが多く、日本向けのページで取り扱われいている商品はそのほとんどが”物理的には”日本国内で使用できるモデルとなっており、初心者でも比較的安心して利用できるといえるでしょう。

海外のAmazon

日本国内での買い物に日本のAmazon(Amazon.co.jp)を利用したことがある、という人は比較的多いかと思いますが、あえて海外のAmazonを利用するというのもひとつの方法です。

Amazon.com

品揃えについては各国のAmazonがその国向けに管理しているため、日本のAmazonで売っていないものでも購入できるという点がひとつメリットといえるでしょう。

ただし先に書いた”各国のAmazonはその国向けに管理されている”のとおり、例えばアメリカのAmazon(Amazon.com)は英語表記、ドイツのAmazon(Amazon.de)はドイツ語表記となっています。サイトの大まかな構造は日本のAmazonと同じなので、日本のAmazonに慣れている人であればなんとなく何が書かれているのかわかる可能性もありますが、何かあった際の問い合わせなどもその国の言語で、となるため、ある程度自分で書いてある内容の意味がわかる場合でないと利用するのは厳しいといえるかもしれません。

また海外のAmazonを利用する場合には日本のAmazonで使っているAmazonのアカウントは利用できないため、別個にひとつアカウントを作成する必要があります。もちろんこのアカウント作成もその国の言語で作成することが基本となります。そういった意味ではエクスパンシスと比べるとやや利用する際の障壁は高いといえるかもしれません。

余談:日本のAmazonでも買える可能性がある

余談として触れますが、そこまでマニアックな端末でなければ、日本のAmazonで商品検索をしてみると取り扱いがされている場合もあります。こういったもののほとんどはAmazon自体ではなく、Amazonのサイトを利用して商品を出品・販売しているAmazonマーケットプレイスの出品者が取り扱うものとなります。

上記で説明したエクスパンシスを筆頭とした海外のオンラインストア、および海外のAmazonで自分で注文・購入した場合と比べると価格は高めに設定されていることが多いものの、その分、より手間もかけずに購入できるといったことが最大のメリットとなります。

なお基本的にAmazonマーケットプレイスで(輸入品のSIMフリースマホを)購入をする場合、価格が割高なのは当たり前と考えておきましょう。個人で海外のサイトに注文するといった手間を代行する分の人件費がかかっていること、出品した商品が売れた場合にマーケットプレイス出品者からAmazonへ支払う手数料も加味した価格設定となっていること、の2つがその主な理由です。

極々まれに見かける明らかに割高な価格で販売している出品者は別として、お金と手間、自分が何を重要視するかで購入先を検討してみてください。

実際にやってみよう

さて、続いてここからは実際に海外のオンラインストアを利用してスマホを購入する手順を実際に説明していきます。今回はパソコンを使って、エクスパンシスにて BlackBerry Classic を購入してみます。

購入の流れ

まずはエクスパンシスのサイトにアクセスします。

エクスパンシスのトップページ
エクスパンシスのトップページ

今回は予め探す機種が決まっているので、サイト上の検索バーに機種名を入力し、右横の検索ボタンをクリックします。

ページ上の検索バーに機種名を入力して検索
ページ上の検索バーに機種名を入力して検索

検索結果に探している商品を見つけることができたので、その商品をクリックします。

気になる商品を見つけたらクリック
気になる商品を見つけたらクリック

これがエクスパンシスの一般的な商品ページとなります。商品を購入する場合は カゴにいれる をクリックします。

商品ページには在庫数量やスペックが記載されている
商品ページには在庫数量やスペックが記載されている

今回購入するのはBlackBerry Classic 1台のため、このまま注文手続きを進めていきます。買物かごを見る をクリックします。

他にも購入するものがなければ買物かごを見るをクリック
他にも購入するものがなければ買物かごを見るをクリック

すると現在カゴの中に入っている商品の本体価格、個数が表示されます。もし個数や購入する商品に変更がある(カゴから削除したい)場合は個数を変更する、あるいは価格の右横にある✕マークをクリックすれば変更することができます。

数量の変更、削除が可能
数量の変更、削除が可能

またエクスパンシスでは商品購入時やキャンペーンなどで、買い物する際に使用できるクーポンを配布している場合があります。もし手持ちにクーポンを持っている場合は、商品説明の下にある欄へクーポンコードを入力すれば割引を適用することが可能です。

クーポンコードはここで入力可能
クーポンコードはここで入力可能

次に配送方法を指定します。配送方法によって到着までにかかる時間、配送料、および輸入時に課せられる消費税の支払い方法が変わってきます(詳細は後述)。自分の希望にあったものを選びましょう。

配送業者はヤマト運輸とFedExの2社
配送業者はヤマト運輸とFedExの2社

今後は画面右にある選択欄より支払い方法を選択。先に利用規約/ご利用ガイドを確認し、 内容に同意します にチェックを入れます。そしてクレジットカード、銀行振込、代金引換のいずれかの場合は利用する支払い方法にチェックを付けて チェックアウト をクリック。PayPalで支払う場合はチェックを入れずに PayPalでチェックアウト をクリックします。

支払い方法は4つから選択可能
支払い方法は4つから選択可能

続いて配送先および請求先情報の入力を行います。エクスパンシスを利用する上で唯一日本語以外(英語)が必要なのがここの住所入力です。

住所の入力は英語で
住所の入力は英語で

基本的な入力方法は入力欄の下のほうに表示される例に従えばよいですが、ここでは例をひとつ記載しておきます。

【日本語で表記した住所例】
〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33号 タワーモバレコ 321号室
モバレコ 太郎
TEL : 03-1234-5678
【英語表記にした住所】
名:TARO
姓:MOBARECO
メールアドレス:連絡のつくEメールアドレス
電話番号:+81312345678
会社名:空欄
郵便番号:1410022
国:Japan
市または郡:Shinagawa-ku
都道府県:Tokyo
丁番地(1行目):#321 Tower Mobareco
丁番地(2行目):1-2-33, Higashi-Gotanda

電話番号は市外局番の頭の0(ゼロ)の代わりに+81(国際電話における日本の国番号)をつけます。連絡先の電話番号が携帯電話の場合も同様に”080”や”090”の頭の0の代わりに+81をつけます。

また日本語の住所を英語表記になおすときは、住所を後ろから書いていくことになります。ですので、特に丁番地の部分は配送先が集合住宅であれば部屋番号と集合住宅名から入力していくことになります。一軒家の場合は、丁番地(1行目)のみを用いて入力すればOKです。

最後にひとつ英語で住所を記載する際のコツですが、英語での書き方や単語のつづりが分からないという場合はローマ字表記にしてみましょう。

エクスパンシスの人はここで入力されたとおりの住所を荷物の伝票に指定しますが、海外の配送業者が注意してみているのは”どこの国に送る荷物か”ということ。そしてそれ以降の詳しい住所を実際に確認して利用するのは、日本国内でこの荷物を配達する宅配ドライバーさんとなります。ですので、日本語住所は最低限のポイントを抑えつつ、詳細な部分は日本の人が読んだ時に内容が理解できることを意識してあげることをおすすめします。

住所の入力を終えたら次は支払い情報を入力します。今回はクレジットカード払いとしていますので、カードに記載されている名義、番号、有効期限、セキュリティーコードを入力します。

クレジットカード情報は一般的なネットショッピングと同様に
クレジットカード情報は一般的なネットショッピングと同様に

最後に 利用規約/ご利用ガイドの内容に同意します。 にチェックを入れて、再度内容に間違いがないことを確認したら 注文する をクリックすれば注文手続きは完了です。

注文するをクリックすれば手続きは完了
注文するをクリックすれば手続きは完了

注文内容が改めて画面に表示されるとともに、入力したメールアドレス宛にも注文内容が記載されたメールが届きます。

注文完了後に表示される画面
注文完了後に表示される画面
注文内容が記載されたメール
注文内容が記載されたメール

また商品の発送手続きが完了すると、改めてエクスパンシスから荷物の追跡情報などが記載されたメールが届きます。

荷物の追跡情報が書かれたメール
荷物の追跡情報が書かれたメール

あとは荷物が配達されるのを待つだけです。

ちなみにエクスパンシスで商品を購入する際に支払う(発生する)費用は大きく3つ。購入した商品の本体代金、海外から日本および日本国内の指定住所まで配送するための配送料、そして日本到着してから通関時に発生する輸入消費税(およびその他の手数料)です。配送業者にヤマト運輸を指定した場合は、商品の通関が済んだ後で輸入消費税額に関するメールが送られてきます。

ヤマト運輸の場合は配達前に消費税額が記載されたメールが届く
ヤマト運輸の場合は配達前に消費税額が記載されたメールが届く

輸入消費税額の算出方法はここでは省きますが、日本国内での消費税率が8%である現在においては、本体代金+送料のおおよそ8%がかかると思っておけば大丈夫です。支払いは配送業者にヤマト運輸を指定した場合は商品宅配時に宅配ドライバーさんへ現金で支払い、FedExを指定した場合は商品配達後に別途郵送される払込書を使ってコンビニなどで支払うことになります。

中身はしっかり梱包されている
中身はしっかり梱包されている
商品の他、注文明細が入っている
商品の他、注文明細が入っている

なお輸入というと「関税は?」と思う人もいるかもしれませんが、当記事を書いている2015年9月18日時点においてはスマホなどの関税は無税扱いとなっており、費用は発生しません。

こんなところに気をつけよう

対応している周波数により日本では物理的に使えないスマホもある

まず最も気をつけたいことは対応している周波数。SIMカードを挿せばどんなスマホでも使えるわけではなく、使用する機種が日本のキャリアが使用している周波数と互換性を持っている(日本国内のキャリアで利用できる周波数に対応している)必要があります。そうしないと、そもそも物理的に使えない(電波を掴めない)といった状況になりかねません。

前述のとおりエクスパンシス(日本向けページ)であれば日本で使えない端末の取り扱いはほぼないといえますが、この点は事前によく確認する必要があります。

ちなみに2015年9月18日現在で日本国内の3キャリアが使用している周波数は以下のとおり。

NTTドコモ
FDD-LTE:Band 1/3/19/21/28
TD-LTE:なし
3G:Band Ⅰ(2100MHz)/Ⅵ(800MHz)/ⅩⅨ(800MHz)
ソフトバンク
FDD-LTE:Band 1/3/8/28
TD-LTE:Band 41
3G:Band Ⅰ(2100MHz)/Ⅷ(900MHz)
au
FDD-LTE:Band 1/11/18/26/28
TD-LTE:Band 41

auも現在まだ3Gでの通信サービスは提供していますが、NTTドコモやソフトバンクとは通信方式が異なることから、エクスパンシスで取り扱われているほとんどの端末では利用できないと考えたほうがよいでしょう(なのでここでも省略しています)。

また3キャリアに記載しているFDD-LTEのBand28は2015年中にサービス提供開始予定となっていますが、実際に現時点でサービス提供が始まっているかどうか詳しい確認はとれていません。

あとはこれを各商品ページに記載されている対応している周波数と見比べて判断していきましょう。

エクスパンシス商品ページ上の対応周波数の記載例
エクスパンシス商品ページ上の対応周波数の記載例

技適マークがついていない端末もある

対応している周波数が合わない場合は”物理的に使用できない”と説明しましたが、それとは別に日本国内で使用することに対しての認証を受けておらず”法律上使用できない”端末、すなわち技適マークがついていないものもある、ということも注意が必要です。

この技適が通っているかどうかの詳しい調べた方については以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:

あなたのスマホは大丈夫?SIMフリースマホ選ぶときには「技適マーク」をチェックしましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。実際に初めて利用する際は勝手もわからず難しそうに思えますが、利用するお店を選べばそこまで難しくもなく、個人輸入で海外のSIMフリースマホを入手することも可能です。

特にこれまでSIMフリースマホの個人輸入には興味があったがなかなか手が出せなかった、という人はぜひ参考にしてみてください。

編集追記:

※技適マークのない端末は日本国内で通信をすることはできません。この記事は技適マークのない端末の使用を推奨するものではありません。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。




特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン