iPhone 6s が届いたゾ!初日からさっそく「開封の儀」&「外観レビュー」

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 6s が届いたゾ!初日からさっそく「開封の儀」&「外観レビュー

本日2015年9月25日より、au・docomo・SoftBankの3キャリアとAppleから発売が開始された「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」。あらかじめ予約していたため、販売初日から本体を入手することができました!

ということで、さっそくではありますが「開封の儀」と「外観レビュー」をお届けしていきたいと思います。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

いざ、「開封の儀」

それでは開封の儀を始めていきます。

箱は例のごとく白のケース。「iPhone 6sの絵」と「製品ロゴ」がプリントしてあるだけなのに、スタイリッシュです。

iPhone 6s 箱

箱を開けると「iPhone 6s」が登場しました。両端からほんのりローズゴールドカラーがのぞいています。

iPhone 6s あけました

iPhone 6sを取り出すと見慣れた光景が。左から説明書、イヤホン、充電アダプタ、ライトニングUSBケーブルが同封されています。

iPhone 6s 箱の中はこんな感じ

iPhone 6sの外観をレビュー

次に、外観レビューを始めていきます。

まずはiPhone 6sの正面から。

上部中央には近接センサー・環境光センサー。その下にはインカメラと前面側マイクが並んでいます。

iPhone 6s 上画面

前面下部にはホームボタン。ホームボタンの外側金属部分にも、きちんとローズゴールドカラーがあしらわれているようです。

iPhone 6s 下画面 ボタン部分

続いて背面を見ていきましょう。

左上にはメインカメラと背面側マイク、LEDライトが。そして中央にはお馴染みのリンゴマーク。

iPhone 6s Appleロゴ

そして背面下部。iPhone 6にはなかった「s」の文字がプリントされています。素材は引き続き、アルミニウムが採用されています。

iPhone 6s 「s」のマーク

次は上面を確認。ボタンが何もなくまっさらです。

iPhone 6s 上面

対して底面はイヤホンジャック、底面側マイク、Lightningコネクタとスピーカーがズラリ。

iPhone 6s 下面

続いて側面。ディスプレイ向かって左側には、サイレンとスイッチとボリュームボタンを装備。

iPhone 6s 左側面

右側には電源ボタンとSIMの差込口が並んでいますね。

iPhone 6s 右側面

iPhone 6/6 Plusユーザーの方であればすでにお気づきかもしれませんが、見た目はほぼ違いがありません。背面にプリントされている「s」の文字くらいのようです。

いまいち違いがわからないので、次はサイズや重さを比べていきます。

「iPhone 6」とサイズ・重さを比べてみる

まずは本体の大きさをiPhone 6と比べてみます。

iPhone 6s と iPhone 6を比べる

ピッタリです。ちがいがわかりません。

次は背面で比べてみます。

iPhone 6s と iPhone 6を比べる

ハイ、ピッタリですね。「カチッ」という音が聞こえてくるんじゃないかというくらい、ピッタリなサイズで並んでおります。

一応数値で比べてみるとiPhone 6が67×138.1×6.9mmであるのに対し、iPhone 6sは67.1×138.3×7.1mm。若干、iPhone 6sの方が大きいようですが、目視で違いを見分けるのはなかなか難しいようです。

次に、手に持って比べてみます。

iPhone 6s 手に持つ具合

おっ、若干iPhone 6sの方がズッシリ来ます。実際に14gほどの差があるようです。iPhone 6ユーザーであればはっきりと重さの違いを感じられると思います。

中身をちょこっとだけご紹介

次は中身を見ていきます。

ホーム画面はこんな感じ。パッと見た感じでは大きな差はないようです。

ホーム画面

ちなみに左にスワイプするとSpotlight検索が。

Spotlight検索

この機能を利用できるということは、iOS9がはじめから実装されていることの証。あらためてiOS9にアップデートする必要はないようです。

カメラ機能はどう変わった?

最後にカメラで撮影をしてみます。後のレビュー記事でも撮り比べてみると思いますが、iPhone 6/6 Plusまでは、メインカメラの画素数は800万画素でした。

しかしiPhone 6s/6s Plusより、1,200万画素まで上がったのこと。その違いがこちらです。

iPhone 6で撮影した写真
iPhone 6で撮影した写真
iPhone 6sで撮影した写真
iPhone 6sで撮影した写真
iPhone 6で撮影した写真
iPhone 6で撮影した写真
iPhone 6sで撮影した写真
iPhone 6sで撮影した写真

うん、画素数が向上している!…のかな?

iPhoneは元々写りが良いので、画素数が上がっているとしても、差を見つけるのはなかなか難しいようです。ただ今回は近くにあったものを撮っただけなので、彩りあるものや遠くのものを撮影の対象とすれば、ハッキリとした違いが出てくるかもしれません。

まとめ

iPhone 6/6 Plusと比べてみると、見た目に関しては大きな差はないということがわかりました。

ただiPhone 6s/6 PlusはCPU・RAM・カメラ性能など、いくつかの点でパワーアップしています。よくいえばデザインをそのままに、スペックを上げてくれたというわけです。素晴らしいですね。

また「ローズゴールド」カラーはやはり良いです。実際に実物を目でみると可愛らしいです。性能が良くてスタイリッシュというiPhoneのイメージを壊すことなく、親しみやすさがプラスされたという感じでしょうか。

そんなわけで、私としては「ローズゴールド」カラーがお勧めです。ぜひ選択肢として考慮してみてはいかがでしょうか。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp