iOS 9で精度向上! Siriの最新コマンド集

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iOS 9で精度向上! Siriの最新コマンド集

音声コマンド機能「Siri」の精度は、iOS 9でさらに向上しました。そこでこの記事では、Siriの基本的な設定方法と、知っておくと便利なコマンドを紹介していきます。

目次:

「Siri」ってなに? まずは基本設定を確認しよう

iPhoneでは、特別な設定をせずともSiriを使うことができます。使い方はとても簡単で、ホームボタンを長押ししてSiriが起動したら、iPhoneに向かって話しかければOKです。

ホームボタンを長押しすると、Siriが起動します
ホームボタンを長押しすると、Siriが起動します

これまでのiPhoneでは、本体を充電しているときに限り、ホームボタンを押さずとも「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriを起動することができました。
しかし、先日発売されたiPhone 6sでは、この「Hey Siri」機能を充電時以外も使えるようになっています。

初期設定時にユーザーの声をSiriに記憶させるため、ほかのユーザーに勝手に使われるリスクは低いものの、現OS(iOS 9.1)では、稀に持ち主以外の呼びかけでもSiriが起動してしまうケースが確認されています。

この場合、ロックを解除せずとも連絡先などにアクセスできてしまいます。セキュリティー面が不安な人は、OSのアップデートがかかるまで「設定」の「Touch IDとパスコード」でSiriへのロック中のアクセスをオフにしておくといいでしょう。

「Touch IDとパスコード」で「Siri」をオフにすると、ロック時に「Hey Siri」機能が使えなくなります
「Touch IDとパスコード」で「Siri」をオフにすると、ロック時に「Hey Siri」機能が使えなくなります

また、その他のSiriの設定は「設定」→「一般」→「Siri」と進むと確認できます。ここでは、Siriの声の性別や言語を変更できるほか、自分の情報も設定できるので、初めにチェックしておくといいでしょう。

「Siri」の項目では、Siriの各種設定を行えます
「Siri」の項目では、Siriの各種設定を行えます

Siriの実用的なコマンド集

Siriの基本的な設定を確認したら、実際に使ってみましょう。ここでは、実用的なコマンドをひととおり紹介していきます。

「◯◯に電話をかけて」

siri:「◯◯に電話をかけて」

Siriで最も使用頻度が多いのが、こちらの電話を発信するコマンドかもしれません。連絡先に登録している相手であれば、すばやく電話をかけられるので、使ってみましょう。

「◯◯(アプリ名)を起動」

siri:「◯◯(アプリ名)を起動」siri:「◯◯(アプリ名)を起動」

Siriを使えば、アプリを瞬時に起動することができます。

「◯◯時に起こして」

siri:「◯◯時に起こして」siri:「◯◯時に起こして」

アラームも簡単に設定できます。「◯◯分後に起こして」と言えば、指定した時間が過ぎた後にアラームが鳴るので仮眠の際にも役立ちます。

「◯◯に××と伝えて」

siri:「◯◯に××と伝えて」

送りたい内容と相手の名前を言えば、いちいちアプリを起動せずにメッセージを送ることができます。

「メールを読む」

siri:「メールを読む」

Siriに「メールを読む」と話しかけると、最新のメールから順に件名と相手の名前を読み上げてくれます。

「明日の13時に会議を設定」

siri:「明日の13時に会議を設定」

Siriに日時と予定を話せば、カレンダーに登録できます。「明日の予定は?」と話しかければ、カレンダーに登録されている予定をすぐに確認することも可能です。

「◯◯へ行く」

siri:「◯◯へ行く」siri:「◯◯へ行く」

目的地と交通手段をSiriに伝えれば、「マップ」アプリでの経路検索はスムーズにできます。

「◯◯(月日)に××(場所)で撮った写真を見せて」

siri:「◯◯(月日)に××(場所)で撮った写真を見せて」siri:「◯◯(月日)に××(場所)で撮った写真を見せて」

iOS 9のSiriでは、日時と時間から写真を検索して表示する機能が加わりました。過去に撮影した写真をチェックしたいときに便利です。

「◯◯年のヒット曲を聞かせて」

siri:「◯◯年のヒット曲を聞かせて」siri:「◯◯年のヒット曲を聞かせて」

Siriを使えば、年代を指定して曲をかけることもできます。Apple Musicと組み合わせて使うと曲の選択肢が広がりますね。

「◯◯に着いたらこれについて思い出させて」

siri:「◯◯に着いたらこれについて思い出させて」siri:「◯◯に着いたらこれについて思い出させて」

「連絡先」やSafari、メール作成画面を開いた状態でSiriに「◯◯に着いたらこれについて思い出させて」と話しかけると、指定の場所に着いたタイミングでリマインドしてくれます。事前にマップに「自宅」や「会社」などを登録しておくと便利です。

「◯◯の連絡先」

siri:「◯◯の連絡先」

連絡先に登録している人や店の名前を呼び出せば、Siriの画面からダイレクトに電話をかけたりメッセージを送ることができます。

[番外編]Siriのオモシロコマンド集

Siriには隠しコマンド的に面白い問答も数多く用意されています。話のタネにいくつか覚えておきましょう。

「早口言葉」

「早口言葉」

「早口言葉」と話しかけると、Siriが早口言葉をしゃべってくれることがあります。ときどき早送りでズルします。

「恋人はいますか?」

「恋人はいますか?」

どうやらSiriに恋人はいない模様! 返答は何パターンか用意されているので何度も聞いてみても楽しいですよ。

このほかにも、オモシロ系のコマンドは以下のものがあります。

  • 「付き合ってください」
  • 「何歳ですか」
  • 「踊って」
  • 「歌って」
  • 「好きな動物は?」

どんな返答が返ってくるか興味がある方は自分のiPhoneで試してはいかがでしょうか。

まとめ

実用系のコマンドから面白いネタ系のコマンドまで、Siriの問答はまだまだ用意されています。自分で使いながら、便利な機能を探してみましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!