目の不自由な方もApple Store銀座で学べる!「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
目の不自由な方もApple Store銀座で学べる!「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」

目の不自由な方にとってiPhoneは、日常生活をサポートしてくれる端末だということをご存知でしたか?

点字データを読めるアプリ、声でナビしてくれる地図、音声で読み上げてくれるKindle書籍やネットラジオが気軽に聴けるradikoなど役立つツールはまだ他にもたくさんあります。

しかし、目が不自由な方がひとりで操作ができるのでしょうか・・・?

そんな心配を解決してくれるのが「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」という練習アプリ

このアプリを企画・開発をしたソフトバンクの工藤景司さんがみずから、レクチャーしてくれるイベントがApple Store銀座で行なわれました。

ゲストにはアプリの監修をされ、ご自身も小学校3年生から視覚障がいをお持ちの企業経営者・荒川明宏さんと、眼科医の三宅琢さんも登場。
アプリ開発の想いや経緯、そして実際にアプリを使った練習方法が紹介された模様をレポートしていきます。

目次:

視覚障がい者も、iPhoneのスタートラインに立たせたい

ソフトバンクの工藤さんは、もともとケータイ開発の仕事を他社でされていたそうです。
いわばiPhoneはライバル端末。ライバルでありながらもiPhoneが登場してきたとき、ずば抜けた製品クオリティに感動したようです。いちばん感動した部分は、さまざまな会社がアプリを開発して、iPhoneという土台のなかで活躍できるスペースを作ったことだといいます。

ソフトバンクの工藤景司さん
ソフトバンクの工藤景司さん

そして工藤さんはソフトバンクに転職します。その転職理由はソフトバンクが「情報革命で人々を幸せにする」というスローガンを謳っていたから。それと同時に「ソフトバンクのハートフルアシスト」というサイトが立ち上がり、障がいのある方や高齢者のためのコミュニケーション・アシストサービスが展開され自身もそういった仕事をしたいと思い、このアプリの開発をスタートさせます。

そのアプリ開発において監修されたのが全盲の経営者・荒川さんと眼科医の三宅さん。目の不自由な方にとってどういうものが便利で不便なのか意見を取り入れながらアプリの利便性をあげていかれたそうです。

株式会社ラビット・荒川明宏さん(左)・眼科医の三宅琢さん(右)
株式会社ラビット・荒川明宏さん(左)・眼科医の三宅琢さん(右)

荒川さんは、iPhoneが発売されたとき使ってみたいと思い端末を触りに行ったけど、視覚に障がいある人が使いこなせる代物ではないとがっかりしたと話します。
しかし三宅さんは反対に、iPhoneやiPadは視覚に障がい者にはとても役立つツールになると思ったそうです。ただ操作方法が晴眼者といっしょでは、利用することは難しい。だからこの「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」というアプリが開発されたときは本当に嬉しかった。みなさんがiPhoneのスタートラインに立つことができると、ありがたい気持ちでいっぱいになったと言います。

海外ではiPhone発売当初から視覚障がい者にとって役立つ端末として広まりはじめていたそうです。日本には「らくらくホン」という年配者向けのシンプルで使いやすいケータイ端末がありましたが、目の不自由な方も「みんなが使っているかっこいい端末」を持ちたいと思っている。だから工藤さんは、みんなが使っているiPhoneをもっと使いやすくしたいと思ったそうです。同じものを使っていると操作などに困ったとき、周囲の人が教えることができるのもiPhoneの利点でもありますね。

視覚障がい者のスマホに対するアンケート回答
視覚障がい者のスマホに対するアンケート回答

会場の皆さんと実際に、アプリで練習をしてみましょう!

つづいて、実際にアプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」をダウンロードして、使い方を習ってきました!

実際に使ってみる

このアプリをはじめるときは、iPhone操作が慣れている家族や友人と一緒に練習を開始していくか、Apple Store銀座で定期的に行なわれている視覚障がい者向けiPhone教室にご参加されるのをオススメします。銀座店までは遠くて行けないという方は、お近くのソフトバンクショップやApple Storeのスタッフの方に教えていただくのがよいかと思います。

アプリ情報
アプリ名 視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone
視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone
開発 SoftBank Corp.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロード

まずはじめにホームボタンを長押しをしてSiriを起動。
「ボイスオーバーをオン」と話しかけてください。

1.ホームボタンを長押しSireを起動。「ボイスオーバーをON」と話しかける1.ホームボタンを長押しSireを起動。「ボイスオーバーをON」と話しかける
1.ホームボタンを長押しSireを起動。「ボイスオーバーをON」と話しかける

「Voice Over(ボイスオーバー)」をONにすると、いつもの操作方法とは異なります。
指が触れたアイコン名などを音声で読み上げてくれます。(マナーモードをOFFにしていると音声がでないのでご注意を!)
開きたいアプリに指がたどり着いたら、画面をタップではなくダブルタップ(素早く2回叩く)してください。

2.ダウンロードしたアプリを立ち上げる
2.ダウンロードしたアプリを立ち上げる
3.「レッスン1」をダブルタップ
3.「レッスン1」をダブルタップ
4.サポートの人と一緒に端末のボタンを把握。覚えたら右下の「次へ」をダブルタップ
4.サポートの人と一緒に端末のボタンを把握。覚えたら右下の「次へ」をダブルタップ

下へスクロールして説明の続きを読むには、3本指で上へスワイプして読むことができます。
「次へ」をダブルタップしていくと、操作の説明が進みます。

5.「レッスン3」は基本ジェスチャーの練習。「ダブルタップの練習」を選択5.「レッスン3」は基本ジェスチャーの練習。「ダブルタップの練習」を選択
5.「レッスン3」は基本ジェスチャーの練習。「ダブルタップの練習」を選択
6.ジェスチャーの説明を聴きながら実践。5回成功で一区切りになります6.ジェスチャーの説明を聴きながら実践。5回成功で一区切りになります
6.ジェスチャーの説明を聴きながら実践。5回成功で一区切りになります

3本指でスワイプをしたりするのが、コツを掴むまで苦戦されている方が会場に多くいらっしゃいました。しかし皆さん、iPhone操作の練習をとても楽しそうにゲーム感覚でされているのがとても印象的。iPhoneが使えるようになったらどんなアプリを入れたりするのでしょうか? 気になるところです!

まとめ「慈善というよりニーズがあるからサービスを普及させたい」

なごやかな雰囲気のなかiPhone操作の練習される参加者
なごやかな雰囲気のなかiPhone操作の練習される参加者

講座イベントの最後に、ソフトバンクの工藤さんはこうおっしゃいました。
「私は慈善事業として開発している訳ではなく、こういったサービスを求めている方がいるので制作し広めています」
iPhoneの便利な機能を、操作がしづらいということで目の不自由な方が活用できないのはとてももったいないこと。iPhoneが使える可能性が0からまず1にするのがこの練習アプリです。1になれば自然とユーザーが2、3・・・10へとさまざまな機能を使いこなせるようになるでしょう。
荒川さんは、最初の10日間くらいは電話に出るのも慣れずiPhoneに機種変更したことを後悔したと、笑いながら告白。しかし10日を過ぎるくらいにはiPhoneを使う楽しみと喜びを実感できるようになったと語りました。
聴覚障がいの方用には「手話辞典」というアプリもあります。今後さらに障がいのある方向けのコミュニケーションアプリも出てくるかと思います。また実際に私が使ってみて思ったことは、この練習アプリは障がいのある方だけでなく、スマホ操作に抵抗を感じている高齢者の方が練習するのも良いと思いました。
あなたの近くで障がいのある方がいらっしゃったら、ぜひこのサービスや講座を教えてあげてください。

(取材・文/勝俣利彦)

店舗情報

<Apple Store銀座>

住所:〒104-0061東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
TEL:03-5159-8200
営業時間 月曜日〜日曜日 10:00 〜 21:00

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp