こんなギフトならセンスいいかも!ワンランク上のBluetooth系ガジェット 10選

書いた人: 藤原達矢

カテゴリ: レポート ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなギフトならセンスいいかも!ワンランク上のBluetooth系ガジェット 10選

スマホとワイヤレスで接続して使えるBluetooth製品には、スピーカーやキーボードなどさまざまな種類があり、毎日の生活が楽しく便利になること請け合いです。

そこで、今回はKDDIが運営するスマートフォンやタブレット関連のアクセサリーを集めたコンセプトショップ「HYPER MARKET」にお邪魔して、オススメ商品をピックアップ。ギフトにもらうと嬉しい、ワンランク上のBluetooth系ガジェットをHYPER MARKETの方に選んでいただきました。

原宿にある「HYPER MARKET」
原宿にある「HYPER MARKET」

案内していただいたのは、サブマネージャの和泉さん。各製品をおススメポイントとともにご紹介してもらいました。

HYPER MARKETサブマネージャー・和泉さん
HYPER MARKETサブマネージャー・和泉さん

なお、「Bluetoothって何だっけ?」という方は、こちらの記事でおさらいしましょう。

関連記事:

知らないと損! スマホを超便利にする『Bluetooth』の使い方完全ガイド

※紹介する製品の金額は、すべて税抜です。

1)頭上から音楽が降ってくる LED電球×スピーカー

まずは、LED電球とスピーカーが一体化した「LED電球スピーカー」を紹介します。外見は普通の電球ですが、実はスピーカーが備わっており、スマホの音楽をBluetoothで転送することができます。

LED電球スピーカー 価格23,880円
LED電球スピーカー 価格23,880円

和泉さん 「電球が取り付けられれば、どこでも使えます。洗面台やキッチンに設置すれば、身支度や料理をしながらスピーカーで音楽が楽しめますよ。さらに、1台のスマホから最大8つの電球で同時に音楽を再生できるので、イベント開催時など広い空間でも大音量で流せます。」

付属のリモコン。ペアリングもワンタッチでできます
付属のリモコン。ペアリングもワンタッチでできます

操作は、付属のリモコン以外にスマホの専用アプリからも可能です。音楽の再生・停止、電球の調光など一通りの操作が行えます。ペアリングは、リモコンからワンタッチで設定できます。

公式サイト:

LSPX-100E26J | アクティブスピーカー | ソニー

2)スキャナー機能を備えた1台2役の卓上ライト

こちらは、卓上ライトにスキャナー機能が備わった変わり種の製品「SnapLite」です。

SnapLite 価格9,800円
SnapLite 価格9,800円

ライトの上にスマホをセットして撮影ボタンを押すと、下に置いた写真などを自動でスキャンして取り込んでくれます。

スマホをセットします
スマホをセットします
スキャン対象を撮影位置において撮影ボタンを押します
スキャン対象を撮影位置において撮影ボタンを押します
自動で傾き補正やトリミングをして取り込んでくれます
自動で傾き補正やトリミングをして取り込んでくれます

どんなときにSnapLiteが役に立つのかも尋ねてみました。

和泉さん 「ネイルの撮影など、スマホを手に持って撮るのが難しい時に重宝します。専用アプリを使えばSNSとの連携も簡単なので、料理やハンドメイド作品をよくアップする人にもオススメです。自分で上から撮影するときに比べて、影ができないのもポイントですね。」

もちろん照明の機能も充実しています。スマホをリモコン替わりにして、色の切り替えや明るさの調整を行うことができます。

公式サイト:

SnapLite – iPhoneを高性能スキャナにする、かしこい照明。

3)小型アクションカメラ GoPro

バラエティ番組でもおなじみのGoPro。頭につければ、スキーやクライミングなど主にスポーツシーンで、プレイヤー目線の迫力ある映像を撮ることができます。

GoPro HERO4 Session: So small. So stoked.(4:43)
GoPro HERO4 SESSION 価格52,000円
GoPro HERO4 SESSION 価格52,000円

紹介してくれたのは、2015年7月に発売されたばかりの最新版、「HERO4 SESSION」。僅か74gで、和泉さん曰く、「つけているのを忘れる程の軽さ」というシリーズ最軽量モデルです。専用のアプリを使ってBluetooth経由でスマホにデータを転送すれば、編集作業や映像の一部を切りとって写真にすることもできます。

公式サイト:

GoPro – HERO4 Session防水カメラ

4)モノから色情報をコピーして描ける Bluetoothスタイラスペン

Mozbii Color Picking Stylus」は、スタイラスペンとして使うだけでなく、身の回りにあるモノから採取した色を使って、絵を描くこともできます。これがなんとも不思議です。

Mozbii Color Picking Stylus 12,800円
Mozbii Color Picking Stylus 12,800円

和泉さん 「スタイラスペンに搭載されたセンサーを身の回りのモノに押しつけると色情報を検知し、さらに専用のアプリを使えば取得した色で絵を描くことができます。描いた絵は、FacebookなどSNSにアップすることもできますよ。」

センサーを押しつけたモノの色を取得できます。
センサーを押しつけたモノの色を取得できます。
専用アプリを利用すれば、取得した色で絵を描いて遊べます。もちろんシェアも簡単
専用アプリを利用すれば、取得した色で絵を描いて遊べます。もちろんシェアも簡単

センサー部分はしなやかに曲がり、球面などあらゆる部分に押しつけることができます。子供はもちろん、大人も夢中になってしまいそうなアイテムです。

5)ワイヤレスで音楽を転送できる Bluetoothスピーカー

店内には、さまざまなデザインのBluetoothスピーカーが並んでいますが、中でも「MU-SO」は、ひときわ目を引きます。筐体のハウジング部分にはアルミニウム、底部の什器にはアクリル樹脂を用いるなど、高級感漂う品です。

MU-SO 価格165,000円
MU-SO 価格165,000円

和泉さん 「紹介するスピーカーの中では高価な商品ですが、元々はライブ会場向けに製造している英メーカー『Naim』が一般家庭用に作った製品。なので、品質は非常に高いです。
CDより高音質なハイレゾ音源に対応し、当店のスピーカーでは唯一、高音・低音のほかに中音域用のミッドレンジドライバーを搭載しています。
低・中・高音域をカバーした3wayスピーカーは珍しく、海外の方からも問い合わせは多いですね。」

操作は、スマホの専用アプリ以外に付属のリモコンや本体上部のタッチパネルからも行えます。また、Bluetooth、Wi-Fi経由での接続や、インターネットラジオを聞くことできるなど、多彩な機能を備えています。
本体底部のアクリル板が光る照明の演出や、スピーカーグリル(前面カバー)の色を交換できるオプションがあり、部屋の雰囲気に合わせてカスタマイズできるのも嬉しいところです。

公式サイト:

mu-so | モダニティ株式会社(MODERNITY)

種類が非常に豊富なBluetoothスピーカー。他にもオススメ製品を紹介してもらいました。

6)UE ROLL Bluetooth ワイヤレススピーカー

UE ROLL Bluetooth ワイヤレススピーカー 価格12880円
UE ROLL Bluetooth ワイヤレススピーカー 価格12880円

和泉さん 「この製品は防水機能が備わっており、水中でも問題なく使えます。また、専用のアプリケーションを使って製品同士で繋げれば、サラウンドを出せるのも特徴です。専用の浮き輪を使えば水に浮かべて音楽を楽しむこともできます。」

単なる模様にも見える「+-」のデザイン、実はここを押すとボリュームの上げ下げができるんです。

公式サイト:

UE ROLL Portable Bluetooth Speaker | Ultimate Ears Bluetooth Speakers | Ultimate Ears

7)JBL CHARGE2+

JBL CHARGE2+ 価格19,880円
JBL CHARGE2+ 価格19,880円

和泉さん 「水中では使用できませんが、ちょっとした雨や水しぶき程度なら問題なく使えるので、キャンプやBBQなどアウトドアでの利用もオススメです。また、最大3台までペアリングできる『ソーシャルモード』が搭載しているので、スマホ間で流す曲の切り替えがスムーズに行えます。」

通信可能距離は10mなので、屋外でもストレスなく使えそうですね。また、モバイルバッテリーとして使える6,000mAhの大容量電池を搭載しているので、緊急で充電が必要な場合も安心です。

USBケーブルを挿せば、モバイルバッテリーで充電もできます。
USBケーブルを挿せば、モバイルバッテリーで充電もできます。

また、「ソーシャルモード」なら同時に3台まで接続できるので、いちいちペアリングする必要もなく、好きな音楽を掛け合うことができます。

8)JBL CLIP+

JBL CLIP+ 価格6,380円
JBL CLIP+ 価格6,380円

和泉さん 「『JBL CHARGE2+』と同じJBL社製品で、ポケットサイズの手ごろなスピーカーです。『CLIP』と名のつく通り、カラビナがついているのでカバンなどに引っ掛けて手軽に持ち運ぶことができます。」

公式サイト:

JBL by HARMAN – スピーカー/ヘッドホン/カーオーディオ/etc…

9)iPhoneと連携するメイドインジャパンのスマートウォッチ

Bluetoothを搭載した時計を使えば、スマホに入る情報を手元で確認できます。

紹介していただいた「VELDT(ヴェルト)」社製の「Moon Ray」は、全面液晶を採用する他のスマートウォッチとは一線を画すアナログ時計を基調としており、ファッションにとけ込みやすいデザインです。

Moon Ray 価格108,000円
Moon Ray 価格108,000円

和泉さん 「文字盤の周りに埋め込まれたLEDと小型ディスプレイが、スケジュールや天気の通知、メールの着信情報など、情報を簡潔に伝えてくれます。価格は高価ですが、職人が一本一本手作業で組み立てを行っており、本革ベルトや文字盤にサファイアガラスを使用するなど、高品質な仕上がりの商品です。」

さらにこのMoon Rayには、便利な特徴があるんだそう。

和泉さん 「機能の特徴としては、日本交通と提携したタクシー配車サービスがあります。ボタン一つで、あらかじめ登録した地点へ迎えに来てくれます。また、バッテリーは待機状態で約一週間持つため、毎日充電する必要はありません。」

公式サイト:

[VELDT Store]VELDT SERENDIPITY Model R Moon Ray – White Belt

10)スマホでもラクラク文字入力 Bluetoothキーボード

スマホで長文を作成する際、フリック入力だとどうしても不便ですが、Bluetoothで接続したキーボードが使えれば、煩わしさから解放されます。

3つ折りオリジナルBluetooth Keyboard 価格5,980円
3つ折りオリジナルBluetooth Keyboard 価格5,980円

和泉さん 「サイズは両手に収まるコンパクトな設計です。使わない時は3つに折りたたんで、さらに小さく持ち運べます。また、付属しているカバーは、スマホやタブレットを立て掛けるスタンドにもなるので、快適な作業をサポートしてくれます。」

3つに折りたたんで持ち運べます。3つに折りたたんで持ち運べます。
3つに折りたたんで持ち運べます。
付属のカバーを使って、タブレットやスマホを立て掛けることもできます。
付属のカバーを使って、タブレットやスマホを立て掛けることもできます。

和泉さん 「連続使用可能時間は52時間なので、ちょっとした小旅行程度なら充電なしで使い続けられますよ。」

スマホでもキーボードが使えれば、外出時に重いノートPCを持ち歩く機会も減りそうですね。

まとめ

HYPER MARKET

店内には見ているだけでワクワクする製品が揃っていて、取材中もあちこち目移りしてしまいました。興味を持った方は、ぜひ足を運んで実際に触ってみてください。

今回紹介しきれなかったHYPER MARKETのオススメ商品はまだまだありますが、いずれ別の記事で取り上げたいと思いますので、そちらもお楽しみに!

ご協力いただいた店舗:HYPER MARKET

今回お邪魔した「HYPER MARKET」は、KDDIが運営するモバイル関連アクセサリーのコンセプトショップです。流行の発信地・原宿に店舗を構え、世界中から厳選された約1500のトレンドアイテムや便利グッズを取り揃えています。

HYPER MARKET
営業時間:10:00-20:00(年中無休)
TEL:03-5766-8630
アクセス:東京都渋谷区神宮前6-5-6 1F

また、今回紹介したアイテムを含め、HYPER MARKETで販売している商品の一部は、8月25日にオープンした「au WALLET Market」でも購入できます。au WALLET Marketは、リアルとネットをシームレスに連携した、新感覚のショッピング体験を提供するサービスです。併せてチェックしてみましょう。

公式サイト:

au WALLET Market

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

IT企業勤務を経て、編集プロダクション・アバンギャルドのライターに。最近はスマホ関連の記事を中心に執筆。広角レンズを一眼レフに付けてあちこち旅するのが趣味。今後旅行関連の仕事も増やすべく、現在奔走中。