iCloud Driveでビジネスが捗る! 対応アプリ連携のススメ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iCloud Driveでビジネスが捗る! 対応アプリ連携のススメ

アップルが提供するオンラインストレージサービス「iCloud Drive」は、iOS9でさらに便利になりました。このサービスは専用のアプリから利用できるほか、ウェブブラウザ経由でも使えます。無料で5GBまでの容量を利用でき、さらに大容量の有料メニューも用意。iOS9およびOS X El Capitanを搭載している製品であれば、自動的にiCloud Driveが有効になり、すぐに利用できます。

利用方法として、例えばアルバムを作成して友達と写真を共有するといった活用法がありますが、iCloud Driveが真価を発揮するのはやはりビジネスシーンでしょう。

iCloud Driveでは、テキストファイルや画像ファイル、PDFファイルをそのまま開けるほか、マイクロソフトの「Office」と互換性のあるアップル製アプリも利用できます。

ここでは、ビジネスシーンで役立つiCloud Driveの賢い使い方を紹介していきます。

【サービス情報】
サービス名 iCloud Drive
開発 Apple
対応OS OS X、iOS、Windows
価格 5GBまで無料(50GB/130円)
URL http://www.apple.com/jp/icloud/icloud-drive/

目次:

まずはiOSのホーム画面に「iCloud Drive」アイコンを追加する

iOSデバイスには、これまでiCloud Driveがアプリとして用意されていませんでした。現在でもApp Storeからアプリを入手することはできませんが、iOS9になって、iOSデバイスのホーム画面にアイコンを設置できるようになりました。これにより、iPhoneやiPadからiCloud Driveへのアクセスがスムーズに行えるようになっています。

iCloud Driveアイコンを追加する手順

iOSデバイスのホーム画面にiCloud Driveのアイコンを追加するには、まず「設定」を開きます。「iCloud」の項目をタップすると、iCloudの詳細設定画面が表示されます。ここで「iCloud Drive」の項目をタップして詳細画面を開くと、「ホーム画面に表示」という項目があるので、タップして有効にします。これでホーム画面にiCloud Driveのアイコンが表示されます。

ホーム画面に追加された「iCloud Drive」のアイコンをタップすると、iCloud Driveに保存されたファイルを一覧表示できます。

「設定」から「iCloud」をタップします
「設定」から「iCloud」をタップします
さらに、「iCloud Drive」をタップします
さらに、「iCloud Drive」をタップします
「iCloud Drive」の詳細設定画面が開くので、「ホーム画面に表示」をタップして有効にします
「iCloud Drive」の詳細設定画面が開くので、「ホーム画面に表示」をタップして有効にします
ホーム画面に「iCloud Drive」アイコンが表示されるようになります
ホーム画面に「iCloud Drive」アイコンが表示されるようになります
「iCloud Drive」アイコンをタップすると、保存されたファイルが表示されます
「iCloud Drive」アイコンをタップすると、保存されたファイルが表示されます

ビジネスシーンで役立つ対応アプリから「iCloud Drive」を利用する

iCloud Driveを使用することで、MacやiPhone、iPad、Windowsパソコンなどでファイルを共有できます。ビジネスシーンにおいては、

  • パソコンで作成した資料をiCloud Driveに保存しておけば、外出先でiPhoneやiPadからファイルにアクセスし、内容の修正を行うといった使い方ができる
  • 移動中に思い付いたアイデアなどをiPhoneの「Pages」に書き留めておき、Windowsパソコンの「Word」で開いてドキュメントに仕上げるといったことも可能

などといった活用方法があります。

ここからは、最近ビジネスシーンで活用されることが多くなってきたiPadを使って、対応アプリの活用方法を見ていきましょう。iPhoneでも使用方法は基本的に同じになります。

iPadで「iCloud Drive」にアクセスした画面
iPadで「iCloud Drive」にアクセスした画面

アップルのアプリ「Pages」「Numbers」「Keynote」で作成したファイルをiCloud Driveに保存したいときには、画面上部にある「共有」ボタンをタップします。その後、表示されるメニューから「コピーを送信」をタップすると、フォーマットの選択画面が表示されます。ここで「Pages」や「Word」「PDF」などのフォーマットを選ぶことができます。

フォーマットを選択すると、アクションの選択画面が表示されるので、「送信…」をタップします。すると「iCloud Drive」が表示されるので、場所を選んで「完了」をタップします。これでiCloud Driveにファイルが保存されます。

画面上部の「共有」アイコンをタップし、メニューから「コピーを送信」をタップ
「Pages」「Numbers」「Keynote」のファイルをiCloud Driveに保存するときは、画面上部の「共有」アイコンをタップし、メニューから「コピーを送信」をタップします
ファイルのフォーマットを選択します
ファイルのフォーマットを選択します
アクションの選択画面で「送信...」をタップします
アクションの選択画面で「送信…」をタップします
iCloud Driveが表示されるので、場所を選んで「完了」をタップします
iCloud Driveが表示されるので、場所を選んで「完了」をタップします

iPadなどの「Pages」「Numbers」「Keynote」でiCloud Driveにあるファイルを開きたいときには、画面の上部左側にある「+」をタップします。プルダウンメニューに「iCloud Drive」があるので、これをタップすることでiCloud Driveにアクセスし、ファイルを開くことができます。

画面上部左側にある「+」をタップし、「iCloud Drive」をタップ
「Pages」「Numbers」「Keynote」からiCloud Driveのファイルを開くときは、画面上部左側にある「+」をタップし、「iCloud Drive」をタップします
iCloud Driveが表示されるので、開きたいファイルを選んで「完了」をタップします
iCloud Driveが表示されるので、開きたいファイルを選んで「完了」をタップします

アップル製だけではなく、対応するサードパーティー製のiOSアプリでもiCloud Driveを利用可能です。人気のドキュメントビューワー「GoodReader」や、メモを取りながら録音ができる「AudioNote」といったビジネスで活躍するアプリも対応しており、アプリからiCloud Driveに直接データをやり取りすることができます。

iCloud Drive
アプリ情報
アプリ名 GoodReader
GoodReader
開発 Good.iWare
価格 600円
URL https://itunes.apple.com/jp/app/goodreader/id777310222?mt=8
アプリ情報
アプリ名 AudioNote
AudioNote
開発 Luminant Software, Inc
価格 600円
URL https://itunes.apple.com/jp/app/audionote-notepad-voice-recorder/id369820957?mt=8

Windowsパソコンで「iCloud Drive」を使う

Windowsパソコンでは、ウェブブラウザからiCloudにアクセスして自分のアカウントでログインし、iCloud Driveにアクセスすることで利用できます。ファイルのアップロードはアイコンメニューから行えるほか、ブラウザの画面にファイルをドラッグ&ドロップすることでも行えます。

さらに、Windows用のiCloudソフトも用意されているので、これをインストールすることでDropboxのようにエクスプローラー画面からiCloudにアクセスできるようになります。

ウェブブラウザからiCloudにログインし、「iCloud Drive」をクリックします
ウェブブラウザからiCloudにログインし、「iCloud Drive」をクリックします
保存したファイルが表示されます
保存したファイルが表示されます
Windows用の「iCloud Drive」ソフトは、アップルのiCloudページからダウンロードできます
Windows用の「iCloud Drive」ソフトは、アップルのiCloudページからダウンロードできます

iCloud
iCloud Drive

まとめ

iOSで「iCloud Drive」のアイコンをホーム画面に置けるようになったことで、利便性が大幅に向上しました。機能的には必要最小限というイメージですが、今後さらに機能強化される可能性もあるので、まずは大いに活用してみましょう。使用アプリ次第でより魅力的な使い方が見つかるかもしれません。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!