iOS9になってセキュリティが強化された! iPhoneのパスコード変更方法とオススメアプリ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iOS9になってセキュリティが強化された! iPhoneのパスコード変更方法とオススメアプリ

連絡先やスケジュールなど、さまざまなデータが保存されているiPhone。漏洩すると困ったことになる情報ばかり。そこで重要になるのが、セキュリティ機能です。

iOSには標準でパスコードによるセキュリティ機能が搭載されていますが、最新バージョンのiOS 9からは、機能がさらに強化されています。ここではiOS 8からアップデートした場合のパスコードの変更の仕方や二要素認証の使い方、そしてオススメのセキュリティアプリについて説明します。

目次:

iOS 9にアップデートした後のパスコードの変更方法

まず「設定」を開き「Touch IDとパスコード」をタップします。すると、まず古い(現在の)パスコードが要求されるので、入力しましょう。すると「Touch IDとパスコード」の画面が開きます。続けて「パスコードを変更」を選択します。

「設定」の「Touch IDとパスコード」をタップします
「設定」の「Touch IDとパスコード」をタップします
古いパスコードを入力しましょう。iOS 8からアップデートした場合、4ケタのままです
古いパスコードを入力しましょう。iOS 8からアップデートした場合、4ケタのままです
Touch IDやパスコードを設定する画面が表示されます
Touch IDやパスコードを設定する画面が表示されます

再び古いパスコードの入力が求められるので入力します。すると新しいパスコードを入力する画面が現れます。

ここで注目したいのは、パスコードが6ケタになった点です。iOS 9からの新しい仕様で、6ケタのパスコードが推奨となっています。4ケタの数字の組み合わせは1万通りですが、6ケタになると100万通りになり、安全性が100倍になります。ここで6ケタの数字を確認を含めて2回入力すれば、パスコードの設定は終了です。

ただし、今までのように4ケタのパスコードを設定することも可能です。
新しいパスコードを入力する画面で「パスコードオプション」をタップしましょう。すると①カスタムの英数字コード、②カスタムの数字コード、③4ケタの数字コードという3つのメニューが表示されます。

①はアルファベットや数字などを組み合わせたパスコード、②が6ケタ以上の数字のパスコードを設定できます。そして③を選べば、従来どおりの4ケタのパスコードにすることが可能です。

再び古いパスコードを入力します
再び古いパスコードを入力します
新しいパスコードを入力する画面が表示されます。6ケタになっている点に注目です
新しいパスコードを入力する画面が表示されます。6ケタになっている点に注目です
「パスコードオプション」をタップするとカスタムメニューが表示されます
「パスコードオプション」をタップするとカスタムメニューが表示されます

二要素認証とは?

2つの要素を組み合わせて信頼性を高めた認証方式、それが二要素認証です。
二要素認証ならば、万が一パスコードが知られてしまった場合でも、他人がデータなどにアクセスすることが難しくなります。iOSでは、iCloudキーチェーンなどで二要素認証が採用されています。

実際の手順は次のようになります。最初に「設定」の「iCloud」を開きます。次の下のほうにある「キーチェーン」タップし、オンにします。続いて表示される画面で「セキュリティコードで承認」を選びます。

表示された画面でセキュリティコードを入力すると、確認コードを入力する画面に変わります。この確認コードは、Apple IDに紐付けられた端末にSMSで届きます。なおSMSを受け取る端末はiPhoneでなくても構いません。

「設定」の「iCloud」をタップします
「設定」の「iCloud」をタップします
下にスクロールし、「キーチェーン」を選択します
下にスクロールし、「キーチェーン」を選択します
キーチェーンをオンにし、表示された画面で「セキュリティコードで承認」を選びます
キーチェーンをオンにし、表示された画面で「セキュリティコードで承認」を選びます
セキュリティコードを入力すると「確認コード」の画面が表示されます。この状態でしばらく待ちます
セキュリティコードを入力すると「確認コード」の画面が表示されます。この状態でしばらく待ちます
メッセージで確認コードが届きます。このコードを入力することで、キーチェーンをオンにできます
メッセージで確認コードが届きます。このコードを入力することで、キーチェーンをオンにできます

iPhoneにオススメのセキュリティアプリ

最後にiPhoneのデータを守るためのアプリを、3つ紹介します。あらかじめインストールしておき、いざという時に備えましょう。

Vault

アプリ情報
アプリ名 Vault
Vault
価格 無料
開発 NQ Mobile Inc.
ダウンロード appStoreでダウンロード

Vaulは、指定した画像や動画を独自のパスワードで保護するアプリ。指定したファイルは、通常の「写真」などからはアクセスできないようになります。また有料の機能ですが、保護されたファイルにアクセスしようとした人物をインカメラで撮影する、といったことも可能です。

画像などのほか、Facebookのチャットなども保護してくれる
画像などのほか、Facebookのチャットなども保護してくれる

Spy Calc Free

アプリ情報
アプリ名 Spy Calc Free
Spy Calc Free
価格 無料
開発 Agilitech LLC
ダウンロード appStoreでダウンロード

プライベートな写真や動画を保護するアプリ。アイコンもインターフェイスも普通の計算機なのですが、設定した数字を入力すると、隠しておいたデータにアクセスできます。なお、普通に計算機として使用することも可能です。

一見、何の変哲もない計算機アプリ。しかしパスワードを入力することで隠しデータにアクセスできます
一見、何の変哲もない計算機アプリ。しかしパスワードを入力することで隠しデータにアクセスできます

iPhoneを探す

アプリ情報
アプリ名 iPhoneを探す
iPhoneを探す
価格 無料
開発 Apple
ダウンロード appStoreでダウンロード

さまざまなセキュリティ対策を講じても、iPhoneを紛失してしまってたら元も子もありませんよね。そんなときに備えて、「iPhoneを探す」はオンにしておきましょう。そして、例えば家族のiPhoneにこのアプリをインストールしておきます。端末の場所がわかるほか、ロックしたり連絡先を表示させることもできます。なお、PCのウェブブラウザで調べることも可能です。

iPhoneのほか、MacやiPadなども探すことが可能。なくした端末で、音を鳴らすこともできます
iPhoneのほか、MacやiPadなども探すことが可能。なくした端末で、音を鳴らすこともできます

まとめ

iOS 9で強化されたiPhoneのセキュリティ機能。重要な機能ですので、ひととおりチェックしておきましょう。特に仕事でiPhoneを使っている人は、きちんとしたセキュリティ対策が必須ですね。そして、くれぐれもパスコードは忘れないようにしましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?