手書き機能が超便利! iPhoneのメモアプリ使いこなし術

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
手書き機能が超便利! iPhoneのメモアプリ使いこなし術

iOS 9で大幅に進化した標準アプリ「メモ」。手描き入力に対応し、写真や地図の貼り付け、ToDoリストの作成も可能になりました。これらの機能は、タスク管理などのビジネスシーンのほか、買い物などの普段使いにも便利です。

ここでは、注目の新機能の使い方を紹介していきます。

目次:

メモの基本的な使い方を確認しよう

「メモ」アプリは、iOS 9がインストールされた端末のホーム画面に配置されています。まずは、アプリを起動して新規でメモを作成してみましょう。

ホーム画面で「メモ」アプリのアイコンをタップします
ホーム画面で「メモ」アプリのアイコンをタップします
初回起動時には主な機能の解説が表示されます。画面下部の「続ける」をタップしましょう
初回起動時には主な機能の解説が表示されます。画面下部の「続ける」をタップしましょう
フォルダが表示されます。ここでは新たにフォルダを作ることも可能です。ここでは、「メモ」をタップしてみましょう
フォルダが表示されます。ここでは新たにフォルダを作ることも可能です。ここでは、「メモ」をタップしてみましょう
画面右下の新規作成アイコンをタップすると、メモを作成できます
画面右下の新規作成アイコンをタップすると、メモを作成できます

メモの作成画面が開いたら、 実際に文字を入力してみましょう。キーボードの上にある「+」アイコンをタップすると、各種入力メニューが開きます。

「+」アイコンをタップします
「+」アイコンをタップします
キーボードの上に各種入力メニューが表示されました
キーボードの上に各種入力メニューが表示されました

各種入力メニューは、左から「ToDoリストの作成」「フォントの変更」「写真と動画の挿入」「手描き入力」となっています。これらの機能の使い方に関しては次項で紹介します。

なお、作成したメモを保存したい場合は、画面右上の「完了」をタップしましょう。

タスク管理に便利な「ToDoリスト」を作成してみよう

iOS 9の「メモ」アプリでは、キーボードの上にある「+」アイコンをタップすると表示される各種入力メニューから、ToDoリストを作成することができるようになりました。

仕事や家事などで、やるべき作業をたくさん抱えているときに使うと便利なので、ぜひ活用してみましょう。

ToDoリストを作成するには、キーボード右上の「+」アイコンをタップして各種入力メニューを表示し、一番左のチェックマークをタップします
ToDoリストを作成するには、キーボード右上の「+」アイコンをタップして各種入力メニューを表示し、一番左のチェックマークをタップします
項目を入力し、改行すると自動で文頭にチェックマークが付くようになります。チェックマークの部分をタップすれば、その項目に印を付けられるので、タスク管理などで活躍します
項目を入力し、改行すると自動で文頭にチェックマークが付くようになります。チェックマークの部分をタップすれば、その項目に印を付けられるので、タスク管理などで活躍します

ToDoリストも、通常のメモと同様に右上の完了をタップして保存することができます。

見出し設定や箇条書き入力にも対応したフォントを使いこなそう

iOS 9の「メモ」アプリでは、入力した文字のフォントを変更することもできるようになりました。フォントを変更したい部分を選択し、各種入力メニューでフォント設定を選択してみましょう。

フォントを変更したい部分を選択し、キーボード右上の「+」アイコンをタップします
フォントを変更したい部分を選択し、キーボード右上の「+」アイコンをタップします
各種入力メニューの左から二番目にある「Aa」をタップします
各種入力メニューの左から二番目にある「Aa」をタップします
使用したいフォントを選択します。ここでは「タイトル」を選びます
使用したいフォントを選択します。ここでは「タイトル」を選びます

「フォーマット」では「見出し」や「タイトル」の設定のほかにも、「箇条書きリスト」や「番号付きリスト」の設定も使用できます。箇条書きの書類を簡単に作れる機能です。

試しに「フォーマット」で「番号付きリスト」を選択してみましょう
試しに「フォーマット」で「番号付きリスト」を選択してみましょう
改行のたびに文頭に番号が振られるようになりました
改行のたびに文頭に番号が振られるようになりました

メモに写真や動画を挿入してみよう

メモにはiPhoneで撮影した写真やビデオ、図版を貼り付けることもできます。各種入力メニューを開き、左から三番目のカメラのマークをタップして挿入してみましょう。

写真を挿入したい個所を選択し、各種入力メニューを開いて、カメラのマークをタップします
写真を挿入したい個所を選択し、各種入力メニューを開いて、カメラのマークをタップします
すでに撮影した写真を貼り付ける場合は「フォトライブラリ」を選びます。「写真またはビデオを撮る」をタップするとカメラが起動して撮影できます
すでに撮影した写真を貼り付ける場合は「フォトライブラリ」を選びます。「写真またはビデオを撮る」をタップするとカメラが起動して撮影できます
フォトライブラリで貼り付けたい写真を選択します
フォトライブラリで貼り付けたい写真を選択します
写真が挿入されました。写真の下部にはテキストのメモを付け足すことも可能です
写真が挿入されました。写真の下部にはテキストのメモを付け足すことも可能です

手描き入力をしてみよう

「フリック入力よりも手描き入力の方が早くメモを取れる!」という人は、スタイラスペンなどを使って手描きでメモを取るのもいいでしょう。各種入力メニューの一番右側にあるマークをタップすると、手描き入力に切り替えられます。

各種入力メニューの一番右側にあるマークをタップして手描きモードに切り替えましょう
各種入力メニューの一番右側にあるマークをタップして手描きモードに切り替えましょう
画面下部のペンをタップするとペンの太さを変えられます
画面下部のペンをタップするとペンの太さを変えられます
真っすぐな線を引きたいときは、定規をタップしましょう
真っすぐな線を引きたいときは、定規をタップしましょう
手描き画面の下部の右下に表示されている黒丸のマークをタップすると、ペンの色を変更できます
手描き画面の下部の右下に表示されている黒丸のマークをタップすると、ペンの色を変更できます

メモをプリントしてみよう

Wi-Fiに接続されたプリンターが近くにあれば、画面右上の共有アイコンからメモを印刷することができます。ただしコンビニなど、店頭にあるプリンターを使用する場合は、専用のアプリが必要になる場合もあります。

メモを印刷するには、iPhoneがWi-Fiにつながっていることを確認し、画面右上の共有アイコンをタップします
メモを印刷するには、iPhoneがWi-Fiにつながっていることを確認し、画面右上の共有アイコンをタップします
「プリンタ」の項目で印刷に使用するプリンターを選択し、部数や印刷形式を確認したら右上の「プリント」をタップしましょう。これでメモが印刷されます
「プリンタ」の項目で印刷に使用するプリンターを選択し、部数や印刷形式を確認したら右上の「プリント」をタップしましょう。これでメモが印刷されます

なお、共有アイコンからは、保存したメモをメールやメッセージで送信することも可能です。

保存したメモをパソコンで確認しよう

iPhoneやiPad、Macで同じiCloudアカウントを設定している場合、「メモ」アプリの「フォルダ」の「ICLOUD」内に保存したメモはiCloudを介して各デバイスに共有されます。

Macの「システム環境設定」で「iCloud」をクリックし、「メモ」にチェックを入れると、同じiCloudアカウントでログインしているデバイスに保存されたメモがMacにも共有されます
Macの「システム環境設定」で「iCloud」をクリックし、「メモ」にチェックを入れると、同じiCloudアカウントでログインしているデバイスに保存されたメモがMacにも共有されます

また、iPhoneにGmailアカウントを登録し、共有項目の「メモ」をオンにしておくと、「メモ」アプリのカテゴリに「GMAIL」という項目が表示されます。ここに保存したメモは、Gmailの「Notes」の項目に自動で共有されるので、Windowsパソコンでメモを確認したい場合には活用してみましょう。

Gmailにメモを共有するには、まずiPhoneの「設定」で「メール/連絡先/カレンダー」を開き、「アカウントを追加」でGmailアカウントを登録しておきましょう
Gmailにメモを共有するには、まずiPhoneの「設定」で「メール/連絡先/カレンダー」を開き、「アカウントを追加」でGmailアカウントを登録しておきましょう
アカウントの登録が完了したら、「Gmail」の項目で「メモ」をオンにします
アカウントの登録が完了したら、「Gmail」の項目で「メモ」をオンにします
「メモ」アプリを起動すると、「フォルダ」の項目に「GMAIL」というフォルダができているのが確認できます。このフォルダに保存したメモは、Gmailの「Notes」に自動で共有されます
「メモ」アプリを起動すると、「フォルダ」の項目に「GMAIL」というフォルダができているのが確認できます。このフォルダに保存したメモは、Gmailの「Notes」に自動で共有されます
パソコンでGmailを起動し、「Notes」をクリックすると、iPhoneから共有されたメモを確認できます
パソコンでGmailを起動し、「Notes」をクリックすると、iPhoneから共有されたメモを確認できます

Safariやマップの情報をメモに保存しよう

「Safari」や「マップ」アプリを起動しているときに共有アイコンをタップして「メモ」を選択すると、開いているサイトや住所の情報を「メモ」アプリに保存できます。

サイトを開いている状態で共有アイコンをタップし、「メモ」をタップします
サイトを開いている状態で共有アイコンをタップし、「メモ」をタップします
サイトの情報がメモに貼り付けられました。フォルダを選択し、「保存」をタップすれば、「メモ」アプリにURLやサイトの情報が保存されます
サイトの情報がメモに貼り付けられました。フォルダを選択し、「保存」をタップすれば、「メモ」アプリにURLやサイトの情報が保存されます

ここではSafariを例に保存方法を紹介しましたが、「マップ」アプリからメモを作成した場合は、現在地情報のリンクが貼り付けられるので、そこをタップすればすぐに「マップ」を起動できて便利です。

まとめ

今回は「メモ」アプリの便利な最新機能と基本的な使い方を紹介していきました。
Siriを起動して「メモ」と話しかければ、音声入力だけでメモを取ることも可能なので、料理中など両手がふさがっているときには活用してみるといいでしょう。あなたもiOS 9でさらに便利になった「メモ」アプリを使いこなして、快適なiPhoneライフを過ごしましょう!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!