タクシーが捕まりづらいときこそ役に立つ!タクシー配車サービス『LINE TAXI』ガイド

書いた人: 川村Hachibei

カテゴリ: LINEの使い方, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシーが捕まりづらいときこそ役に立つ!タクシー配車サービス『LINE TAXI』ガイド

LINEと言えば、友だちや知り合いと会話ができる便利なコミュニケーションアプリ。関連サービスも様々だ。友だちとスタンプや画像を送りあって楽しんでいる人も多いだろうし、いまや仲間との連絡に欠かせないものとなっている。

そんなLINEだが、アプリ内からタクシーを呼べるのをご存じだろうか?その名も『LINE TAXI』。これがあれば、なかなかタクシーが捕まらないというときにものすごく重宝する、便利なサービスだ。

今回はそんな『LINE TAXI』について、詳しく解説していこう!

目次:

地図上でタクシーの場所を確認。配車も簡単にできる

使い方は、まず『LINE』のメニュー「その他」の項目内にある「LINE TAXI」を選ぶ。ここから、配車可能なエリアであればタクシーを呼ぶことができるぞ。

「LINE TAXI」をタップすると地図の画面に切り替わり、現在地とその周辺を走っているタクシーが表示される(周辺を走っているタクシーは、一部のエリアでは表示されません)。あとは詳細な乗車位置を指定すればOK。依頼ボタンをタップすれば完了だ。

依頼するとタクシーの到着予定時間が表示されるほか、配車したタクシーの現在位置も地図上に表示されひと目でわかるようになっている(一部のエリアでは表示されません)。あとどのくらいでタクシーが到着するのかを把握できるので、無駄に待つ必要もないぞ。

アプリ側には配車したタクシーの無線番号が表示されるので、その数字が書かれたタクシーを探すといいだろう。

タクシーが到着したら運転手さんに、

  • 名前
  • 登録した電話番号の下4桁
  • 目的地

を伝えればOKだ。

「LINE TAXI」を選ぶだけで、タクシーが呼べる。「LINE TAXI」を選ぶだけで、タクシーが呼べる。
「LINE TAXI」を選ぶだけで、タクシーが呼べる。
注釈:タクシーを配車する位置はタクシー運転手に送信される。道路の反対側になってしまわないように正確に行おう
注釈:タクシーを配車する位置はタクシー運転手に送信される。道路の反対側になってしまわないように正確に行おう
配車したタクシーの位置や到着予想時間が表示される。あとどれくらいで到着するのかがわかり安心できる配車したタクシーの位置や到着予想時間が表示される。あとどれくらいで到着するのかがわかり安心できる
配車したタクシーの位置や到着予想時間が表示される。あとどれくらいで到着するのかがわかり安心できる

お財布いらず。料金の支払いは『LINE Pay』で

『LINE TAXI』の利用にあたっては、『LINE Pay』での登録が必要となり、タクシー代金の支払いも『LINE Pay』で行われる。

なお、『LINE Pay』を利用するには、クレジットカードの登録が必要となる。少々手間がかかるものの、タクシーを降りるときの支払は『LINE Pay』で済むので、いちいち財布からお金を出すこと無くスムーズに行えるのも嬉しいところ。

もちろん精算時に領収書を運転手から受けとることもできるぞ。

決済は『LINE Pay』で行われる。初めて使う時は登録が必要だ決済は『LINE Pay』で行われる。初めて使う時は登録が必要だ
決済は『LINE Pay』で行われる。初めて使う時は登録が必要だ

利用時には乗車料金のほかに配車料金が必要

なお、このサービスは乗車料金のほかに各タクシー会社の定める配車料金がかかる。そのため簡単にタクシーが捕まえられるときには向いていない。

表参道の交差点など、タクシーが捕まりやすいところで利用しても、空車のタクシーが目の前を何台も過ぎてしまうので意味がない。実際、その辺のタクシーを捕まえた方が早いだろう。

このサービスが効果を発揮するのは、宴会シーズンや雨の時、トラブルで電車が止まっているとき等、タクシーが捕まえにくい時だ。指定した場所にタクシーを呼べる上、待ち時間も表示されて無駄に長時間待つことが無いがとても便利だ。

支払いにはクーポンを使うこともできるぞ
支払いにはクーポンを使うこともできるぞ

履歴やよく乗車する場所の登録が可能

『LINE TAXI』内では、これまでに利用した履歴の表示も可能で、いつどこから乗ったのか把握できる。このおかげで会社で領収書を精算するときなどに重宝するぞ。
また、よく乗車する場所の登録もできるので、タクシーを頻繁に利用する人には嬉しい機能だ。

メニュー画面で利用履歴の閲覧やよく乗車する場所の登録などが可能だメニュー画面で利用履歴の閲覧やよく乗車する場所の登録などが可能だ
メニュー画面で利用履歴の閲覧やよく乗車する場所の登録などが可能だ

タクシーが捕まらないときにこそ重宝しそうだ!!

『LINE TAXI』が利用できるエリアは限られているが、東京はもちろん、神奈川・大阪・福岡などを含む合計33の都道府県で利用できる(2015年10月時点)。
現在もエリアが拡大しており、最新の対応エリアは「LINE TAXI」内のホーム画面下部の「対応会社一覧」からチェックできるぞ。

実際に何度も利用したが、交通量が多くてタクシーが簡単に捕まるようなところでは、迎車料金や時間が余分にかかってしまうだけにもったいない。
しかし、タクシーが捕まりにくい場所や捕まりづらい状況ではとても重宝する。たまに電車のトラブルが発生して、駅前にタクシー待ちの行列ができているときなど、『LINE TAXI』を利用すれば、長時間待つこと無くタクシーに乗れそうだ。

場所や状況に応じて、便利に使いこなすといいだろう!!

『LINE TAXI』を頻繁に使う人にはオススメのサービスだ。
『LINE TAXI』を頻繁に使う人にはオススメのサービスだ。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

iPhoneやゲーム関連の記事をWebや紙媒体で執筆しているフリーの編集ライター。元ゲーム誌の編集者でファミコン版『ドラクエ』シリーズの攻略記事なども手がけた。新しモノ好きで最近は、ドローンやYouTuber関連の仕事もしている。