スマホのアプリで簡単に呼べる「タクシー配車アプリ」を使ってみた!便利すぎてクセになる・・・

書いた人: 藤原達矢

カテゴリ: ライフハック

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホのアプリで簡単に呼べる「タクシー配車アプリ」を使ってみた!便利すぎてクセになる・・・

終電を逃した時や急いで目的地に向かう時など、タクシーを利用するシーンはさまざまですが、配車を依頼する方は少ないのではないでしょうか。
実はタクシーの配車依頼は、今やスマホ1本で可能です。わざわざ電話をして住所などを伝える必要はありません。さらに、ネット決済ができるように設定すれば、降りる際の支払いも不要になります。
今回は、そんなタクシー配車アプリを実際に使ってみましたので、レポートします。

目次:

タクシー配車アプリ「全国タクシー」を使ってみた

全国でサービスを展開する「全国タクシー」を実際に使ってみましたので、使い方を紹介します。

アプリ情報
アプリ名 全国タクシー
全国タクシー
開発 JapanTaxi Co.,Ltd.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

初期登録

アプリをインストールしたら、最初に個人情報やアカウントの作成などを行います。

「個人設定」を行います。「個人設定」を行います。
「個人設定」を行います。
「個人設定」を行います。

右下のマークをタップするとメニュー画面が開くので、「個人設定」をタップして、「氏名」と「連絡先」を入力してください。最後に「同意」をタップします。

「ネット決済/クーポン」から、「新規アカウントの作成」を行います「ネット決済/クーポン」から、「新規アカウントの作成」を行います
「ネット決済/クーポン」から、「新規アカウントの作成」を行います。

続いてアカウントの登録をします。「ネット決済/クーポン」をタップして、「新規アカウントの作成」を行います。

「お客様情報」の各項目を入力します「お客様情報」の各項目を入力します
「お客様情報」の各項目を入力します。

「お客様情報」の各項目を入力して、「次へ」をタップします。

送られてきた認証コードを入力して、「次へ」をタップします送られてきた認証コードを入力して、「次へ」をタップします
送られてきた認証コードを入力して、「次へ」をタップします
送られてきた認証コードを入力して、「次へ」をタップします。

入力した携帯番号にSMSで認証コードが送信されます。確認したら入力して「次へ」をタップしてください。

会員情報を入力します
会員情報を入力します。

会員情報入力のページに移動するので、入力して「次へ」をタップしたら、初期設定は完了です。この状態で、タクシーを利用できます。

ネット決済設定方法

「全国タクシー」は、クレジットカードなどのネット決済機能を備えています。設定すれば、降車時の支払い手続きは不要。目的地に着いてドアが開いたら、そのままタクシーを降りることができるとても便利なサービスです。設定の方法をご紹介します。

ネット決済で必要になる確認番号4桁を入力します
ネット決済で必要になる確認番号4桁を入力します。

ネット決済を利用する場合、本人確認に使用する4桁の番号を求められます。任意の数字を入力してください。

複数の決済方法から選択できます
複数の決済方法から選択できます。

ネット決済の種類は複数あるので、普段使っている情報を入力するとよいでしょう。今回は、クレジットカードを登録します。

クレジットカードの情報を入力します
クレジットカードの情報を入力します。

クレジットカードの各情報を入力して、「登録」をタップします。

「常にネット決済を使う」の項目をオンにします
「常にネット決済を使う」の項目をオンにします。

クレジットカードの欄が「登録済み」になりました。登録が完了したら、「常にネット決済を使う」の項目をオンにしておきましょう。他の決済方法も一緒に登録可能です。

実際に使ってみます

上記までで一通りの設定は完了したので、実際にタクシーを呼んでみようと思います。
今回は、夕方の五反田で利用してみました。なお電話での依頼同様に410円の迎車料金がかかります。

五反田でタクシーを呼んでみます
五反田でタクシーを呼んでみます。

早速アプリで配車依頼をします。

自分の位置情報を確認して「乗車場所を指定」をタップします
自分の位置情報を確認して「乗車場所を指定」をタップします。

ホーム画面を開くと、自分のいる位置が地図上に表示されます。また、周辺を走っているタクシーが約何分で到着するかという情報もでてきます。自分のいる場所を確認して、画面下の「乗車場所を指定」をタップしてください。なお、アプリを利用する際は、位置情報サービスをONにしておく必要があります。

位置を微調整して、「場所を確定」をタップします
位置を微調整して、「場所を確定」をタップします。

迎車場所の微調整が入るので、地図上のピンを動かして詳細な場所を指定したら「場所を確定」をタップしてください。


詳細情報を任意で入力します。

配車内容の詳細設定に移ります。タブが3つあり、「注文詳細」のタブで、迎車時間や車種の指定、決済方法の選択などが行えます。今回は、初期表示のままにしておきます。

乗車場所が入力されています
乗車場所が入力されています。

「お迎え先」のタブには、最初に決定した乗車場所が入力されているので、そのままで構いません。

目的地を指定して「ここへ行く」をタップします
目的地を指定して「ここへ行く」をタップします
「場所を確定」をタップします
「場所を確定」をタップします

「お送り先」のタブでは、目的地の指定ができます。地図をスライドして目的地を指定したら、「ここへ行く」をタップして、乗車場所の設定と同じく「場所を確定」をタップしましょう。なお、右下の検索マークをタップすれば、住所などの詳細情報を入力することもできます。

入力内容を確認して「注文する」をタップします。
入力内容を確認して「注文する」をタップします。

目的地の住所が入力され、同時に料金の目安もわかります。問題なければ、「注文する」をタップしてください。

配車依頼が完了しました配車依頼が完了しました
配車依頼が完了しました。

「注文する」をタップすると、アプリが周辺の空車を検索して、配車手続きを行ってくれます。

到着予定時刻などがわかります
到着予定時刻などがわかります。

配車手続きが完了すると、到着予定時間や迎えに来るタクシーの番号などがわかります。また、ネット決済に必要な4桁の確認番号も表示されます。

果たしてちゃんと来るのでしょうか…
果たしてちゃんと来るのでしょうか…

手続きを終えたら後は待つだけですが、スマホを操作しただけで本当に来てくれるのでしょうか…。若干不安になりながら道路を眺めること数分。

来ました!!
来ました!!

ちゃんと来てくれました!! ディスプレイにはしっかり「迎車」の2文字。車を止める位置も、地図上で指定した場所のほぼ真横で、かなり精度が高いと感じました。人が多いと誰が乗車客かわかりづらいので、こちらから話しかける形になります。名前と確認番号を告げて、車に乗ろうとすると・・・

ドアを開けてくれる...!!
ドアを開けてくれる…!!

運転手さん自らドアを開けてくれました。慣れていないもので少し恐縮して乗り込みます。さらに乗り込む瞬間には、頭をぶつけないよう扉の上部に手を添えてくれます。迎車ならではの丁寧な対応が印象的でした。

車内に入って中を見回すと・・・
車内に入って中を見回すと・・・

配車を依頼した時点で、運転手さんは客の行き先やネット決済を利用するとわかっているので、改めて伝える必要はありません。希望のルートがあるかだけ確認されて、すぐに走り出しました。
車自体は普段利用するタクシーと同じクラウンコンフォートで、座り心地などは特に変わりませんが、周りを見ると・・・

「全国タクシー」の広告が貼られています。
「全国タクシー」の広告が貼られています。
「全国タクシー」の広告が貼られています。

いたるところに「全国タクシー」の広告が貼られています。運転手さんに話を聞くと、配車アプリの利用者は全体の1割にも満たないそうで、まだまだ広まってほしいとのこと。ただ、2度3度と利用するリピーターは多いそうです。その気持ちわかります!
そんな話をしていると、目的地に到着しました。

到着しました。運賃+迎車料金の精算です。
到着しました。運賃+迎車料金の精算です。

料金は、運賃に迎車料金410円が加算されます。目的地までの路地が細かく、少し迷ったため、予想金額を若干オーバーしましたが、これはアプリ利用時に限ったことではありませんね。
降りる時に支払いが不要なのは、やはり楽です。急いでいる時や荷物を持っているときに財布を出さなくて済むのは、特に助かるでしょう。

割高感は感じるものの、とにかく便利!!

スマホで配車を依頼し、行き先を告げなくても運転手さんが把握している。さらにお金を支払わずに降りるなど初めてのことばかりでしたが、総じて便利で楽しい体験でした。今回は近距離だったので若干割高感はありますが、電波が届く場所ならどこでも使えるので、今後もついつい利用してしまいそうです。

その他のメジャーな配車アプリ紹介

タクシー配車アプリは、全国タクシー以外にもいろいろあります。それぞれ特色があるので、自分に合ったアプリを見つけてください。今回は、代表的なアプリを3 本紹介します。

都内最大規模の配車サービス「スマホdeタッくん」

アプリ名 スマホdeタッくん
スマホdeタッくん
開発 Tokyo Hire-Taxi Association
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

変わった名前ですが、東京ハイヤータクシー協会の公式アプリで、都内では最大規模の9社から約11,000台が登録しています。とにかく早くタクシーを拾いたい! という時は「スマホdeタッくん」をオススメします。

9社から約11000台が登録しています。
9社から約11000台が登録しています。
「全国タクシー」と同じく五反田で検索すると、多数のタクシーが出てきます。
「全国タクシー」と同じく五反田で検索すると、多数のタクシーが出てきます。

いつもと違ったタクシー体験ができる「Uber」

アプリ情報
アプリ名 Uber
Uber
開発 Uber Technologies, Inc.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

Uberは、2009年にアメリカで生まれたサービスです。日本では都内の一部エリアのみで運営しています。BMW7シリーズなど、高級な車種を用意しており、タクシーの中にいることを忘れるような時間を過ごせます。また、配車時にドライバーの情報を掲示したり、ドライバー個人の評価システムを設けるなど、透明性に勤めています。

使い慣れたLINEで操作が完結「LINEタクシー」

アプリ情報
アプリ名 LINE
LINE
開発 LINE Corporation
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

「LINE MUSIC」や「LINE Game」などさまざまなサービスを展開するLINEですが、タクシー配車サービスもその一つ。「LINE Pay」でネット決済が行えるので、これまで使っていた方は、他のアプリよりも利用のハードルが低いと思います。また、2015年に入ってから、千葉や静岡、北海道など、対応エリアを順次拡大しています。都内限定のアプリが多いので、地方に住む方は選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

おなじみのLINEが提供するサービスです。
おなじみのLINEが提供するサービスです。
支払いを「LINE Pay」で行えます。
支払いを「LINE Pay」で行えます。

関連記事:

タクシーが捕まりづらいときこそ役に立つ!タクシー配車サービス『LINE TAXI』ガイド

タクシー配車アプリを比較してみた

各配車アプリのサービスを一覧にしました。

対応エリア 登録台数 車種の指定 支払い方法
全国タクシー 全国
(全47都道府県)
約2万台 指定可 現金・ネット決済
スマホdeタッくん 都内のみ 約11000台 不可 現金・ネット決済
LINE TAXI 全国(順次拡大中) 約3340台
順次拡大中
不可 ネット決済(LINE Pay)のみ
Uber 都内のみ 非公開 指定可 ネット決済のみ

どのアプリもネット決済には対応しているので、スムーズな乗り降りが可能です。
「全国タクシー」は、車種の他に台数も指定できるので、大人数で利用するときも、手続きが1回で済みます。なお「Uber」は対応エリアが都内となっていますが、実際アプリで検索すると範囲は狭く、山手線沿いなら拾えそうです。

状況に応じて使いわけよう

4本紹介しましたが、使いやすさは利用するタイミングや場所により異なりそうです。私も自宅で検索をしたところ、「スマホdeタッくん」では、直ぐに検出されましたが、「LINE TAXI」では、ほとんど見つかりませんでした。
皆さんも、自宅やオフィス、行きつけの店など、タクシーをよく使う場所では、予めどのアプリが拾いやすいか確認しておくことをオススメします。また、複数のアプリを入れておいて、臨機応変に使い分けるのも良いでしょう。

タクシー配車アプリの主な利用シーン

タクシー配車アプリを利用してみたいシーンを纏めました。配車やネット決済ならではのいろいろな使い方ができそうです。

・終電を逃したとき
最も多い利用シーンでしょう。オフィスまで迎えに来てくれるので、これからの寒い季節にわざわざ外で待つ必要がないのが、うれしいところです。
・大荷物を持った帰り
荷物を抱えてタクシーを探すのは辛いものがあります。例えばデパートの帰りに配車をお願いすれば、ドアツードアで帰れます。
・接待の見送り
ネット決済ができる利点を活かしましょう。配車依頼をして、相手にタクシーに乗ってもらえば、着いたら降りるだけなのでとても便利です。
・現金の持ち合わせがないとき
現金の持ち合わせがない状況の中、至急タクシーで移動する必要がある時に、ネット決済なら支払いは不要です。
・土地勘のない出張先や旅行先
スマホの地図上で迎えに来て欲しい場所と目的地を指定できるので、土地勘のない場所に行った時も助かりそうです。

最後に

ときどきタクシーを見つけにくいこともありますが、それ以上にメリットが大きいので、今後も機会があれば使いたいと思っています。今回の検証は近距離だったので迎車料金の割合が高くなってしまいましたが、長距離の利用ならそこまで気にならないと思います。
みなさんも記事を見て興味が湧いたら、早速インストールしてみましょう。使い勝手の良さに、やみつきになるかもしれませんよ。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

IT企業勤務を経て、編集プロダクション・アバンギャルドのライターに。最近はスマホ関連の記事を中心に執筆。広角レンズを一眼レフに付けてあちこち旅するのが趣味。今後旅行関連の仕事も増やすべく、現在奔走中。