Twitterで勝手に回るスパムから友だちを守るために必要な、「アプリ連携」の仕組みと対策方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter

今回は、青い鳥でおなじみの短文投稿サービス「Twitter(ツイッター)」のアプリ連携に関するお話です。

Twitterのアプリ連携スパムに関する話題はずいぶん長いこと続いているように思えます。

全く興味のないスパムツイートが繰り返しタイムラインに流されてしまうと、いくら仲良しといえども嫌な気持ちになるものです。即リム(フォロー解除)やブロックはないにしても、相手を疲れさせてしまった結果友だちがTwitterから去ってしまったり(引退・休止)、知らないうちにミュートされてて会話についていけなくなっていたりするのはとても悲しい結末です。

そうならないためにも、知らないアプリに「ツイートする」「新しくフォローする」権限は渡さないほうが良いです。今回はその方法について書いてみます。

友だちにも教えてあげよう!スマホからTwitterのアプリ連携を確認する方法

残念ながらTwitterはモバイルアプリから連携を確認する方法はないようです。

なので、ウェブサイトに接続します。パソコンがない場合はスマホでもいいのでブラウザアプリを起動してください。

ウェブ版Twitterトップ

スマホなど画面の小さな端末からTwitterのウェブサイトに接続すると、モバイルレイアウトのページ(https://mobile.twitter.com)が表示されます。

PC版を表示する

Chromeを使っている場合は「PC版サイトを見る」にチェックを入れる、もしくはURLから「mobile」を消してください(https://tiwtter.com にする)。

もしかすると横画面にしないとPC版を表示できない端末もあるかもしれません。今の方法でうまくいかなかったら試してみてください。

横画面なら確実

続いて、画面の右上のほうにある自分のアイコンをタップします。
するとメニューが開くので、「設定」をタップします。

アプリ連携

左側にズラリと並んだ設定メニューから「アプリ連携」を選びます。

連携解除

連携済みのアプリ一覧が出てくるので、名前と詳細を確認します。もう使っていないもの、連携した覚えのないものを解除します。これで完了です。

※アプリ連携を解除しても対象のサービスを「退会」したことにはならないので、完全に情報を引き上げたい時は退会手続きを先に行ってください。

アプリ連携の仕組み

Twitterにログインするために使用しているアカウントを使って他のサービスにログインする行為、つまり「アプリ連携」には、大きく2つのパターンがあると思います。

連携確認画面

1つ目はリンクをタップしたら即連携するパターンです。タイムラインで、あるいはメンションやDMで送られてきた「URL」を押した時に連携を求められるパターンです。いかにも興味を引きそうな謳い文句につられてクリックしてしまうとこのようなページに飛ばされます。

このパターンでは、ユーザー(あなた)は既にTwitterにログイン済みとなるため、連携時にログイン操作を行うことがありません。このためボタンをひと目見ればわかるようになっていますが、何も考えずに押してしまうと即連携されます。

どれだけ興味があっても、はやる気持ちを抑えてよく確認してください。たとえばここでパスワードが見れる権限を持ったアプリと連携してしまうとアカウントを乗っ取られることもあります

連携確認画面

2つ目はログインと一緒に連携するパターンです。特にTwitterに多いサードパーティ(=公式以外の)クライアントアプリをはじめて使用する時など、そのアプリに自分のTwitterアカウントを認識させるために連携するケースが多いかと思われます。

ログインと一緒に連携する場合、「Twitterに接続する」「Twitterにログインする」というボタンを自分で押して連携するため、どのアプリと連携したかを把握しやすい一面があります。

クライアントアプリの場合はTwitterのあらゆる操作を行う必要があるため、渡す権限も多くなります。Twitterアカウントと連携させるゲームアプリのようなものの場合、不要なはずの権限(たとえば誰かをフォローする権限やパスワードを見る権限)を渡していないかチェックする必要があります。

アプリとTwitterアカウントを連携した時には、ストアからアプリをインストールした時と同じく「権限(=そのアプリの中で、相手に操作を許す範囲)」を渡す契約が成立します。「このサービスはタイムラインを見る必要があるよ」「このアプリは多機能だからダイレクトメッセージも使うよ」という具合に、いくつか種類がある権限を求められ、ユーザーが許可した時に「ログイン」が成立します。

まとめ:アプリ連携とはルームシェアのようなもの

アカウントを家に例えると、その中の行動を許可する「権限」は各部屋の鍵のようなものです。

家の場合、共同で使っても良い部屋(リビング等)とプライベートルーム(寝室等)って分かれてますよね。

アカウントに対する権限もこれと一緒です。金庫を置いている部屋の鍵(決済に使える情報を扱う権限)プライベートを覗き込める鍵(Twitterの場合DMを見たり送ったりする権限など)を渡している相手がいないか、全ての部屋に入れる鍵(アカウント全体にアクセスできる権限、例としてパスワードの読み取り等)を相手に渡している可能性がないか、一度確認してみてください。

ただ、万が一渡していたとしてもうろたえることはありません。今回紹介した方法で「鍵」はいつでもあなたの意思で取り上げられますし、また、渡す相手が信用できるなら渡しっぱなしでも構いません。双方向に通信・コミュニケーションを行うインターネットを安全快適に利用する時は「信用」が最も重要な判断基準となることを覚えておいてください。

「知らなかった」じゃ済まされない。プライバシーと友だちとお金を守るために必要な「アプリ連携」に関する知識- モバレコ

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp