本気で国内SIMフリースマホ市場に参入!日本エイサー、Acer Liquid Z530を発表(食べられるスマホも)

書いた人: 甲斐寿憲

カテゴリ: スマホ

本気で国内SIMフリースマホ市場に参入!日本エイサー、Acer Liquid Z530を発表(食べられるスマホも)

日本エイサーが10月21日、同社の日本向けSIMフリースマートフォン「Acer Liquid Z530」を発表しました。発売は11月13日(金)、市場想定価格は25,000円となっています。

日本エイサーは、ブックオフのMVNOサービス「スマOFF」用に「Liquid Z200」を2015年1月から販売していますが、今回のLiquid Z530では販路を大幅に拡大し、通販サイトや大手家電量販店などでも購入できるようにします。

Acer Liquid Z530
Acer Liquid Z530

今回の発表会では、日本エイサーのボブ・セン社長と、台湾Acerのスマートプロダクトビジネスグループ プレジデントのS.T.リュウ氏が登壇。

ボブ・セン社長は、
これからエイサーは、AndroidやWindows Phoneを展開する。日本のマーケットはこれから面白くなる。エイサーは今後、より熱くしていきたい。

S.T.リュウ氏も
日本(のSIMフリースマートフォン市場)にとってエキサイティングなタイミングの時期に、新製品を投入する。

と、Liquid Z530にかける同社の並々ならぬ決意を語りました。

日本エイサーのボブ・セン社長
日本エイサーのボブ・セン社長
台湾Acerのスマートプロダクトビジネスグループ プレジデントのS.T.リュウ氏
台湾Acerのスマートプロダクトビジネスグループ プレジデントのS.T.リュウ氏

「遊べるスマートフォン」Liquid Z530

Liquid Z530は、5インチのミッドレンジ・Androidスマートフォン。

日本限定のLiquid Z530・ホワイトカラー
日本限定のLiquid Z530・ホワイトカラー

スペックはご覧のとおり。

「Liquid Z530」の主な仕様
機種名 Liquid Z530
OS Android 5.1
プロセッサ MediaTek MT6735(4コア、最大1.3GHz駆動)
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約5型HD IPS液晶
解像度 720×1280ピクセル
通信方式 LTE:Band 1/3/19/21/28
W-CDMA:Band 1/6/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
メインカメラ 有効810万画素CMOS
インカメラ 有効810万画素CMOS
ボディカラー Black、White(日本限定)
サイズ 約70.3(幅)×144(高さ)×8.9(厚さ)ミリ
重量 約145グラム
発売日 2015年11月13日
価格 25,000円(市場想定価格)

CPUにはMediaTek MT6735 クアッドコア(1.3GHz)を搭載、システムメモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBとなっています。
プリインストールされているAndroid OSのバージョンは5.1です。LTEの対応バンドは、B1(2.1GHz)、B3(1.8GHz)、B19(800MHz)、B21(1.5GHz)、B28(700MHz)。

ヘアライン加工が施されている
ヘアライン加工が施されている

デザインは、台湾のデザインスタジオで製品の策定しており、ヘアライン加工と金属のような質感の背面パネルなどで、エンターテイメント性と心地良さを兼ね備えるデザインに仕上がっています。
なお、ホワイトカラーのモデルは日本限定カラーとのこと。

ユーザーインターフェイスも、スタンダードなホーム画面、アイコンの大きな「イージーモード」、子供向けの「キッズセンター」といったホームランチャーが用意されています。

その他、製品発表会では、日本エイサーのプロダクトマネージャーである宇佐美慶基氏が以下のような4つのポイントを紹介しています。

Acer Extend

Windowsパソコンと連携する「AcerEXTEND(エイサーエクステンド)」で、シームレスなユーザー体験ができるのもLiquid Z530の特徴の1つとなっています。

AcerEXTENDは、QRコードを使って手元のパソコンと連携、Liquid Z530側で専用アプリを起動するだけで、パソコン上にスマートフォンの画面が表示されます。さらに操作も可能で、パソコン上でLiquid Z530側の画面のコピーアンドペーストなどの操作も可能ということです。

AcerEXTENDでは、パソコンの画面上にスマホの画面を表示させ、操作を可能にする
AcerEXTENDでは、パソコンの画面上にスマホの画面を表示させ、操作を可能にする
スマホで写す映像を同時にパソコン上に表示。パソコンからシャッターを切ることも可能だ
スマホで写す映像を同時にパソコン上に表示。パソコンからシャッターを切ることも可能だ

優れたデザイン

Liquid Z530はデザインにおいても手を抜いてはいません。カーブを貴重としたスリムデザイン。持ちやすく落としにくい。ヘアライン加工で飽きのこない高級感を演出しています。

音へのこだわり

携帯で音楽を聴く機能は、日常で不可欠な用途の1つとなっています。そこで、Liquid 530ではハイレゾへの対応、DTSスタジオサウンドにも対応しています。スピーカーでも大音量で良い音に対応しているのも大きな特徴です。

ハイレゾ音源に対応
ハイレゾ音源に対応

800万画素のフロントカメラ

フロント、リアともに800万画素カメラを装備し、さらに視野角も広いのでフロントカメラでも撮りやすくなりました。「セルフィー」と発するとフロントカメラに切り替わるという面白い機能を搭載しています。
また、暗い場所でも鮮やかな撮影が可能という「ばっちりモード」も搭載され、ミドルスペックながらセルフィーに強いスマホに仕上がっています。

「セルフィー」と発するとインカメラに切り替わる。高画素・広角レンズも特徴だ
「セルフィー」と発するとインカメラに切り替わる。高画素・広角レンズも特徴だ

簡単に紹介をしていきましたが、AcerのSIMフリースマートフォン市場への本格参入第1弾機種として本気を見せたといっても過言ではないでしょう。

また今後、日本エイサーは第2弾、第3弾と市場に新商品を投入していくという趣旨の発言もあり、第2弾としてWindows Phoneを投入する予定だということも発表されました。

また多くのガジェットファンが期待をしているゲーミングデバイス「Predator 8」、「Predator 6」についても、S.T.リュウ氏が、

日本で展開していくか固まっていないが、グローバルでの発表以降、日本でも高い関心があるとフィードバックを得ている。Predetorシリーズはスマートフォンを含めて、日本でローンチしていきたいと考えている

と前向きな発言をしています。

「参入のタイミングが遅かった」と言うガジェットファンも多い日本エイサーの日本市場本格参入ですが、その分、スピードを上げて続々と新製品を投入していくようです。今後の日本エイサーの動向に注目したいと思います。

編集部追記:【速報】エイサー、食べられるスマホを発表!?

なお、記者発表会参加者には、ハロウィンにちなんだ素敵なプレゼントが配られました。実物とまったく同じ大きさの、Liquid Z530を模したオリジナルアイシングクッキーです。

パッと見は本物そっくり!
パッと見は本物そっくり!
アイコンも1つ1つ作られている丁寧さ
アイコンも1つ1つ作られている丁寧さ
時刻も発表会スタートの時間だ!
時刻も発表会スタートの時間だ!
クッキーらしさが伺えます
クッキーらしさが伺えます

作ったのはスウィーツアーティストのHAZUKIさんで、彼女のブログでもこのアイシングクッキーが紹介されています。(ブログ→hazukiのスイーツアートブログ/Instagram:@hazukiyone

Liquid Z530の発売が11月なので、それまではこのスペシャルクッキーを眺めておきたいと思います(なんとクッキーの賞味期限はZ530の発売日である11月13日!芸が細かい・・・)。

日本エイサーさん、そしてスウィーツアーティスト・HAZUKIさん、素敵なプレゼントをありがとうございました!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

甲斐寿憲

甲斐寿憲

九州在住のITライター。宮崎県延岡市出身。週刊アスキーやITmediaなど他媒体でも執筆中。台湾メーカーに精通し、HTCやASUSの記事執筆を得意とする。趣味はエレキギターとDJ。




特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン