実はこっそり進化した。iOS 9新機能をフルに使える「iPad mini 4」は小型タブレットの名機だ!

書いた人: 川村Hachibei

カテゴリ: タブレット

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
実はこっそり進化した。iOS 9新機能をフルに使える「iPad mini 4」は小型タブレットの名機だ!

2015年9月9日に行われたAppleの新製品発表会では、なんといっても『iPhone 6s/6s Plus』が注目を浴びた。それだけでなく、『iPad Pro』や『Apple TV』など注目の新商品がてんこ盛りだった。

その中に混じって、発売することとその価格だけが発表されただけの『iPad mini 4』。実は密かに性能面から本体サイズまで大幅な進化を遂げていたのをご存知だろうか?

片手でがっしりと掴めるのが魅力の1つでもあるコンパクトな『iPad mini』。最新機種の『iPad mini 4』では薄型&軽量化されたことによって、さらに持ち運びやすくなっている!
片手でがっしりと掴めるのが魅力の1つでもあるコンパクトな『iPad mini』。最新機種の『iPad mini 4』では薄型&軽量化されたことによって、さらに持ち運びやすくなっている!

iOS 9の新機能をフルに使えるのはもちろん、薄型軽量化がなされている。これまで4種類の『iPad mini』シリーズが発売されているが、違いがわかりやすいようにスペックや機能などを表にまとめて比べてみた。

色が変わっている部分はほかの機種と比較して変化のあった部分だ(クリック/タップで拡大)

これを見ると、『iPad mini 4』は3年前に登場した初代『iPad mini』と比べると当然ながらあらゆる面で進化している。他にもCPUやメインメモリ、背面カメラの画素数などがパワーアップしていることがわかるぞ。

これまでの機種と比較して具体的にどこがどう進化したのか、詳しく紹介していこう。

目次:

シリーズ最薄・最軽量のボディに。なにが良くてなにがイマイチ?

iPad mini 4の良かったポイント

本体の形はあまり変わらないものの、歴代iPad miniシリーズの中では一番薄くなり軽量化されている
本体の厚さは『iPad mini 3』や『iPad mini 2』と比べると1.4mm薄くなっている。長年『iPad mini』シリーズを愛用していると薄くなったことを実感できると言った感じだ。

本体が薄くなったことで、前機種よりバッテリー容量は減ってしまっているが、駆動時間は最大10時間と維持できている。もともとバッテリー不足で困ることは少なかったが、実際1ヵ月使ってバッテリー容量が減っていることを実感することも無かった。

外見で違う点といえば、『iPad mini 4』のディスプレイにはフルラミネーション加工が施され、反射防止コーティングもされている。これによって黒色の表示が引き締まり、画像がディスプレイから飛びだしているような印象になった。
光の反射も軽減されて見やすくなっているので、屋外で利用する人にとっては嬉しいポイントだ。

ほかにもWi-Fiが802.11acに対応して最大866Mbpsの超高速ダウンロードができるようになったり、Bluetoothが4.2になり、気圧センサーまで搭載されたのだ。ひっそりといろいろな面でパワーアップを遂げている。

iPad mini 4の残念だったポイント

本体サイズの変化で残念だったのが、本体のケースとSmartCoverを買い換える必要が出てきたことだ。
一見すると似たようなサイズだが、本体にピッタリ入るケースに場合だと入れることができない。SmartCoverも磁石の位置などが変更になったようだ。『iPad mini 4』専用のものが出ているので、購入するときは間違わないように注意しよう。
なお、本体の四隅をゴムバンドでホールドするようなタイプの手帳型カバーにおいては使えるものもあるようだ。

また、変更になっているのが本体横のスイッチだ。『iPad mini 4』は無くなってしまっていて、とっさにミュートに切り替えられたり、画面の回転を制御できたりと便利なものだっただけに残念ではある。今後、そのような場合には、コントロールセンターを開いてオン/オフを切り替える必要がある

mini 4(左)とmini 3(右)。一見、本体サイズに違いが無いように思える。
mini 4(左)とmini 3(右)。一見、本体サイズに違いが無いように思える。
厚さを比較。わずか、1.4mmの差だが写真で見比べても違いがハッキリとわかる。
厚さを比較。わずか、1.4mmの差だが写真で見比べても違いがハッキリとわかる。
本体横のスイッチ部分。mini 4(上)』の方には、ミュート・画面回転スイッチが廃止されている。
本体横のスイッチ部分。mini 4(上)』の方には、ミュート・画面回転スイッチが廃止されている。
スピーカー部分。mini 4(上)は薄型の影響か穴が1列に変更されたが、ボリュームが大きくなり良くなった印象だ。
スピーカー部分。mini 4(上)は薄型の影響か穴が1列に変更されたが、ボリュームが大きくなり良くなった印象だ。

歴代機種でもバツグンのパフォーマンス。iOS 9新機能をフルに使おう

『iPad mini 4』は、外見だけじゃ無く中身も大幅に進化している。

CPUは第2世代のA8チップを搭載。『iPad mini 3』搭載のA7チップに比べて、CPUパフォーマンスが最大30パーセント、グラフィックパフォーマンスは60パーセント向上。歴代の性能を比較したグラフでも性能が良くなっていることがわかる。

『iPad mini 3』と比較しても『iPad mini 4』の性能は、格段にパワーアップしている。
『iPad mini 3』と比較しても『iPad mini 4』の性能は、格段にパワーアップしている。

さらにメインメモリの容量も2倍にアップ。このおかげで『iPad mini 4』は、iOS 9に追加されたマルチタスキングの新機能をフルに使うことができる

実際にベンチマークを計測するアプリで比較したところ『iPad mini 4(左)』と『iPad mini 3(右)』の性能の差は、こんなにもあったのだ。
実際にベンチマークを計測するアプリで比較したところ『iPad mini 4(左)』と『iPad mini 3(右)』の性能の差は、こんなにもあったのだ。

新たなマルチタスキングには、

  • ピクチャ・イン・ピクチャ
  • Slide Over
  • Split View

の3種類が用意されていて、この機能に対応しているアプリなら利用できる。

ながら動画視聴も可能な「ピクチャ・イン・ピクチャ」

「ピクチャ・イン・ピクチャ」は、ほかのアプリ上に動画やFaceTimeの映像を小さい画面で表示させる機能で、ほかのアプリを使いながら動画を視聴できる。

小画面で動画を再生できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」。画面の四隅の好きな位置に動かせるぞ。
小画面で動画を再生できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」。画面の四隅の好きな位置に動かせるぞ。

擬似的に2画面を表示する「Slide Over」

「Slide Over」は、アプリを擬似的に2画面で表示できる機能で、画面右横からもうひとつの対応アプリをスライドして、狭い幅の状態で表示させる形となる。
スライド表示したアプリは画面右横で動かせるのだが、最初から使っているアプリの画面は縮小して止まる仕組みだ。とはいえ2つのアプリを同時に見ながら利用できるので便利だぞ。

画面右端から左にスライドさせて対応アプリを簡易表示して動かせる「Slide Over」
画面右端から左にスライドさせて対応アプリを簡易表示して動かせる「Slide Over」
右画面の上端から下にスライドさせると、アプリの切替が可能だ。
右画面の上端から下にスライドさせると、アプリの切替が可能だ。

2つのアプリを同時に操作「Split View」

そして「Split View」は、画面を2分割して2つの対応アプリを同時に操作できるものだ。完全なマルチタスクで利用できるのは『iPad mini』シリーズでは『iPad mini 4』のみ。
同時に2つのアプリを同時に動かせるのは使い勝手が非常に良く、この機能を利用するためにも『iPad mini 4』にして良かったと思うほどだぞ。

画面を2分割して同時に使える「Split View」。分割幅もスライドで調整することが可能
画面を2分割して同時に使える「Split View」。分割幅もスライドで調整することが可能

『iPad mini 4』以外だと、『iPad Air 2』や『iPad Pro』でも同機能は使えるぞ。

カメラも800万画素へ進化。可能になった新機能も

『iPad mini』シリーズのカメラは、初代『iPad mini』前面カメラ120万画素・背面カメラは500万画素だったが、『iPad mini 4』の背面カメラはiPhone 6並の800万画素に進化

それに伴って、写真撮影時にはバーストモード、動画撮影時にはスローモーション撮影手ぶれ補正が効いたタイムラプス撮影が可能となった。

背面カメラで撮影したものをそのままの解像度で比較。『iPad mini 4(左)』は800万画素(2,448 × 3,264Pixel(72ppi))、『iPad mini 3(右)』は500万画素(1,936 × 2,592Pixel(72ppi))になる。

クリック/タップで拡大

続いて、背面カメラで撮影したものほぼ同じ大きさにして比較。そんなに大差は見られないが、画像を拡大してみると『iPad mini 3(右)』よりも『iPad mini 4(左)』の方がくっきりとしている印象だ。

クリック/タップで拡大

まとめ:『iPad mini』愛用者なら買い換え時!

『iPad mini 4』の性能についていろいろとお届けしてきたが、『iPad mini 3』以前と比べると大幅な進化を遂げている。特に、メインメモリが2GBにアップしたことでiOS 9のiPadならではの新機能もフルに利用できるのは嬉しいところ。パフォーマンスの面でも申し分ないので、いま買っても長く使い続けることができるだろう。

逆に『iPad mini 3』以前のものを使っている愛用者なら、買い換えるタイミングでもある!!

「ピクチャ・イン・ピクチャ」で動画を再生しながら、「Split View」で画面を2分割して2つのアプリを動かすと言ったマルチタスクな使い方ができる。
「ピクチャ・イン・ピクチャ」で動画を再生しながら、「Split View」で画面を2分割して2つのアプリを動かすと言ったマルチタスクな使い方ができる。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

川村Hachibei

川村Hachibei

iPhoneやゲーム関連の記事をWebや紙媒体で執筆しているフリーの編集ライター。元ゲーム誌の編集者でファミコン版『ドラクエ』シリーズの攻略記事なども手がけた。新しモノ好きで最近は、ドローンやYouTuber関連の仕事もしている。