BlackBerry Classicを購入したら設定したい11+1のこと

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackBerry Classicを購入したら設定したい11+1のこと

日本国内でも大手家電量販店のビックカメラや株式会社FOXにて正式に発売されたカナダ・BlackBerryのミッドレンジモデルBlackBerry Classic。今回はこのBlackBerry Classicを使う上で初めに確認しておきたい設定項目を11+1つ紹介します。

これから使い始める人も、すでに使っている人も、ぜひ一度確認してみてください。

目次:

設定画面を表示する

このBlackBerry ClassicでBlackBerry OS自体初めて触るという方もいるかと思いますので、まずは基礎の基礎となる設定画面の開き方から。設定画面を開く場合はホーム画面上にある設定アイコン(歯車アイコン)を探してタップします。

青のバックに歯車のアイコンが設定画面への入り口
青のバックに歯車のアイコンが設定画面への入り口

今回触れていく設定項目はすべてこの設定より入っていきますので、まずはこちらをしっかりと覚えましょう。

APN情報を設定する

SIMカードを挿したら一番初めに行なうべきAPN情報の設定は【設定画面】→【ネットワークおよび接続】より行ないます。

ネットワークおよび接続の項目は上から2番目
ネットワークおよび接続の項目は上から2番目
続いてモバイルネットワークを選択
続いてモバイルネットワークを選択
画面下のAPNを選択
画面下のAPNを選択

APN設定情報として入力する必要があるのはアクセスポイント名、ユーザー名、パスワード、認証方式の4つ。各キャリア(MNOまたはMVNO)から契約時に提供されている情報を元に入力したら、画面右上の保存を選択して設定は完了です。

入力する情報は自分の契約している回線業者から提供された情報を元に
入力する情報は自分の契約している回線業者から提供された情報を元に

APN情報を設定後、うまくネットワークにつながらない(特にLTE通信が使えるはずなのにアンテナピクトの表示が3Gのままである)といった場合は、一度モバイルデータ通信をON/OFFしてみる、あるいは端末自体を再起動してみるといった方法を試してみましょう。これでうまくいかない場合は再度APN情報を入力しなおしたほうがよいかもしれません。

BlackBerry IDを取得・設定する

BlackBerryのスマートフォンを有効に活用する上で欠かせないのがBlackBerry ID。初期設定の際に取得・設定していない人もいるかもしれませんので、後から取得・設定する方法も紹介しておきます。

BlackBerryIDの項目を探して選択
BlackBerryIDの項目を探して選択
画面を下に進むと新規作成とあるので選択画面を下に進むと新規作成とあるので選択
画面を下に進むと新規作成とあるので選択

ID作成時に入力する情報は氏名(姓・名)、ユーザーIDとして使うEメールアドレス、パスワード、パスワードを忘れた際の秘密の質問と答えの計5つ。氏名などは日本語でも大丈夫です。

氏名、ユーザー名などを入力氏名、ユーザー名などを入力
氏名、ユーザー名などを入力

全て入力を終えたら画面下の新規作成を選択すれば、それでIDの作成が仮完了となり、IDに登録された情報が表示されます。この状態ではメール確認ステータスが未確認となっているはずですので、画面を下に進み、メール確認を行なう旨のボタンを選択します。

確認ステータスが”未確認”になっている
確認ステータスが”未確認”になっている

するとIDとして先ほど指定したEメールアドレス宛に確認メールが送信されますので、あとはメールの文中にあるメールアドレスを確認を選択すれば作業は作成が完了します。

IDとして入力したEメールアドレスに確認メールが送られる
IDとして入力したEメールアドレスに確認メールが送られる
文中のリンクを開く
文中のリンクを開く
確認ステータスが”確認済み”となれば取得・設定は完了
確認ステータスが”確認済み”となれば取得・設定は完了

テザリング情報(モバイルホットスポット)を設定する

外出先でのスマートフォンの用途のひとつとして使用頻度の高いテザリングも設定しておきましょう。テザリングはBlackBerry Classic内ではモバイルホットスポットとして扱われており、【設定画面】→【ネットワークおよび接続】→【モバイルホットスポット】より設定を行ないます。

設定画面の上から2番目のネットワークおよび接続より
設定画面の上から2番目のネットワークおよび接続より
モバイルホットスポットを選択
モバイルホットスポットを選択

なおここでは設定にあたり、BlackBerry Classicでテザリングを使用する際に知っておくべきことがはじめに表示されますので、しっかりと読んでおくことをおすすめします。

BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明
BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明
BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明
BlackBerryでテザリングを使用するにあたっての説明

BlackBerry Classicのテザリング設定画面では一般的な端末名(モバイルホットスポット名)、パスワードの他、アクセスポイント名も入力が必要となります。このアクセスポイント名は前述のAPN設定の項目でも入力した回線(SIMカード)に割り当てられたアクセスポイント名を入力すればOKです。すべて入力を終えたら画面右上の保存を選択することを忘れずに。

アクセスポイント名はSIMカードに割り当てられたものをそのまま入力
アクセスポイント名はSIMカードに割り当てられたものをそのまま入力
一定時間通信が行われなかった時に自動的にテザリングをOFFにする設定なども可能
一定時間通信が行われなかった時に自動的にテザリングをOFFにする設定なども可能

クイック設定を編集する

ホーム画面で画面上端から下に向かってスワイプすると表示されるクイック設定。ここに表示される項目も自分でカスタマイズすることが可能です。

クイック設定画面
クイック設定画面

【設定画面】→【クイック設定】を進むと表示項目の設定画面が表示されますので、あとは自分がよく使うものを選択しておくだけです。

設定画面の上から5番目
設定画面の上から5番目
表示項目として選択できるのは全部で16個表示項目として選択できるのは全部で16個表示項目として選択できるのは全部で16個
表示項目として選択できるのは全部で16個

ショートカットと短縮ダイヤルを設定する

BlackBerry Classicにはディスプレイ下に搭載された物理キーボードのうち、アルファベッドが割り当てられた27個のキーそれぞれを長押しすることで機能を呼び出したり通話を発信できる機能が搭載されています。

上から7番目
上から7番目
アルファベッドが割り当てられた全27個のキーに割り当てが可能
アルファベッドが割り当てられた全27個のキーに割り当てが可能

割り当てられる数(キーの数)が多いのが他のスマートフォンとは異なる点であり、特徴ともいえます。こちらも必要に応じて設定して使いましょう。

フォントサイズを変更する

物理キーボードを搭載していることなどからも、BlackBerry Classicの向いている使い方のひとつとして文章入力が挙げられますが、画面サイズはそれほど大きくありません。そのためフォントサイズも変更しておくこともオススメします。設定は【設定画面】→【表示】から行えます。

フォントサイズの変更は表示の項目から
フォントサイズの変更は表示の項目から
サイズは結構細かく指定が可能サイズは結構細かく指定が可能
サイズは結構細かく指定が可能

フォントサイズは5〜18までほぼ2刻みで細かく設定できます。自分の好みや使いやすさに併せて選択してみてください。

トラックパッドの感度を調整する

BlackBerry Classicの画面はタッチ操作に対応していますが、この機種では画面下に物理トラックパッドと呼ばれるパソコンのマウスのようにカーソル操作ができる機器が配備されています。慣れると便利なこのトラックパッドですが、どうせなら慣れるまでに動作感度を設定しておきましょう。

言語および入力方式の項目内にあるトラックパッドの感度を選択言語および入力方式の項目内にあるトラックパッドの感度を選択
言語および入力方式の項目内にあるトラックパッドの感度を選択
感度は水平方向、垂直方向それぞれ個別に設定可能
感度は水平方向、垂直方向それぞれ個別に設定可能

なお感度は自分が使いやすいように調整するのが一番ですが、筆者個人的には水平方向、垂直方向いずれも最大感度に設定して、その感度に慣れるという使い方をオススメします。おそらく普段からあまり使い慣れていない機器かと思いますので、”設定したものに慣れる”という使い方もひとつの賢い方法かと思います。

アプリインストールの設定を見直す

OSバージョンがBlackBerry 10 以降のスマートフォンではAmazonのAppStoreを利用したり、直接apkファイルを送り込むことで一部のAndroidアプリも動作させることが可能です。このうちapkファイルを用いてアプリをインストールする際には、予めに端末側でアプリストア以外からのインストールを許可しておく必要があります。

設定画面よりアプリマネージャー→アプリをインストールと進む設定画面よりアプリマネージャー→アプリをインストールと進む
設定画面よりアプリマネージャー→アプリをインストールと進む
スイッチをONにするとapkファイルを用いてのアプリインストールも可能に
スイッチをONにするとapkファイルを用いてのアプリインストールも可能に

BlackBerryの公式アプリストア(BlackBerry World)およびAmazon AppStoreだけで用が足りるという方は必ずしも設定をしておく必要はありませんが、少なくともこういった項目があるということだけは知っておくとよいかと思います。

ジェスチャーによる操作を設定する

BlackBerry Classicでは高度な操作と呼ばれる、端末のボタンを押す、画面をタッチするといった以外にジェスチャーでも特定の操作ができる機能が搭載されています。

設定画面→高度な設定の順に選択
設定画面→高度な設定の順に選択
設定できる機能は4つ。画面一番上の詳細を確認より、より詳しい説明も見れる設定できる機能は4つ。画面一番上の詳細を確認より、より詳しい説明も見れる設定できる機能は4つ。画面一番上の詳細を確認より、より詳しい説明も見れる
設定できる機能は4つ。画面一番上の詳細を確認より、より詳しい説明も見れる

設定できる操作の数は比較的多いので、自分がよく使うものだけでもONにしておくと、日常での使いやすさが大きく変わってくるのではないでしょうか。

BlackBerry Protect(盗難&不正使用防止機能)を設定する

BlackBerryのスマートフォンには盗難による不正利用を防止するためのBlackBerry Protectと呼ばれる機能が搭載されています。この機能をONにしておくと、(端末にロックがきちんと設定されている前提であれば)盗難された場合でも中身を不正に見られることがなく、また初期化されたとしても別途プロテクトを解除しないかぎり別IDにて使用されるといった危険がなくなります。

あくまでプライバシーの保護と盗難への抑止力がメインとなりますが、気になる方はこちらも設定しておきましょう。

設定画面→BlackBerry Protectの順に選択
設定画面→BlackBerry Protectの順に選択
スイッチをONにするとProtect機能が有効に
スイッチをONにするとProtect機能が有効に
スイッチをONにする際にはBlackBerry IDとパスワードの入力を求められる
スイッチをONにする際にはBlackBerry IDとパスワードの入力を求められる

なお使い終わった端末を人に譲渡する場合などは、初期化する前にこの機能をOFFにしておかないと譲渡された人が自分のIDで使用することができません。そういった点も併せて覚えておきましょう。

プラスワン:アプリケーション単位で権限を設定する

最後はひとつ、プラスワン(おまけ)として機能の紹介を。BlackBerry OSではインストールしたアプリ毎に、動作に関する権限を設定することが可能です。これにより、バックグラウンドでの動作をコントロールし、不要なデータ通信やバッテリーの消費を抑えることが可能です。この設定方法も紹介しておきます。

設定画面→セキュリティとプライバシー→アプリケーションの権限の順に選択設定画面→セキュリティとプライバシー→アプリケーションの権限の順に選択
設定画面→セキュリティとプライバシー→アプリケーションの権限の順に選択
各アプリごとに動作権限を設定可能各アプリごとに動作権限を設定可能
各アプリごとに動作権限を設定可能

普段使っている上であまり意識しない点かもしれませんが、あまり詳しくないアプリを初めてインストールしてみる際などは、場合によってこの機能を有効に活用してみるとよいかもしれません。

まとめ

BlackBerry OS自体、日本国内においてはまだまだ珍しいため、使い方に慣れるのにも時間がかかる場合が多いと思います。特に設定を行わずに慣れてしまい、また後から設定→慣れ直すといったことにならないよう、できればはじめのうちにある程度の設定をきちんと済ませておきたいところですね。ぜひ参考にしてみてください。

外観やスペックなどの基本レビューはこちら:

国内で今注目を浴びるスマホ!BlackBerry Classicを限定カラーでレビュー

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。