FREETEL Priori 3 LTEはズバリ買いなのか?ポイントを整理してみた

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: スマホ

LTE対応で12,800円。FREETEL Priori 3がズバリ買いか整理してみた

1/15更新!! 新機種「Priori3S LTE」のレビューはこちら:

この価格なら十分お買い得!進化した「Priori3S LTE」の外観・スペックレビュー(他2機種もチェック)

11/25更新!! Priori 3の実機を使った検証レビューはこちら:

コスパや使い勝手は? FREETEL Priori 3をいちはやく実機レビュー!

2015年10月27日。東京・恵比寿でMVNOであり”SIMフリーキャリア”を謳うFREETELが、新製品とサービス、今後の展望に関しての発表会「FREETEL World 2015」を開催しました。

今回はその発表会にて正式に発売が発表されたFREETELのコスト重視スマホ Priori 3 LTEの特徴やスペックを確認しながら「ズバリ買いなのか?」「どういった人におススメなのか?」を判断してみることにします。

目次:

FREETEL Priori 3 LTEの基礎スペック

まずは現時点で正式に発表されているFREETEL Priori 3 LTEのスペックを整理・確認しておきます。

FREETEL Priori 3 LTEのスペック(参照:FREETEL Priori 3 LTE 製品ページ
サイズ 高さ 132 mm ✕ 幅 65 mm ✕ 厚さ 8.9 mm
重さ 120 g
バッテリー容量 2,100 mAh(取り外し可)
OS Android 5.1 Lollipop
プロセッサ 1.0 GHz Quad-Core
内蔵メモリ RAM:1GB
ROM:8GB
外部メモリ最大対応容量 microSD(最大32GBまで対応)
SIMタイプ 標準SIM x 1/microSIM x 1(デュアルSIM対応)
対応ネットワーク周波数帯 4G(FDD-LTE):Band 1/3/8/19
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):800/900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz
ディスプレイ 4.5インチ FWVGA(854×480)
カメラ リアカメラ:800万画素
フロントカメラ:200万画素
その他 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0 LE、GPS

※その他上記以外の詳細は、メーカーの製品ページから確認できます。

FRETTED Priori 3 LTE 製品ページ

Priori 3 LTEは性能よりも価格をより重視して展開されるモデル。FREETELではSAMURAIシリーズのMIYABI、KIWAMI、KATANAなど多くのモデルを用意していますが、その中でも主力となっていくことが期待されるスマートフォンです。

前作のPirori 2 LTEと比較すると主に、

  • リアカメラの有効画素数(500万画素→800万画素
  • OSバージョン(Android 4.4 KitKat→Android 5.1 Lollipop
  • Wi-Fiの対応周波数(新たに5GHz帯のa規格に対応
  • バッテリー容量(1,700mAh→2,100mAh

といった点が進化。また、3G(WCDMA)において新たに900MHz(ソフトバンクのプラチナバンド)に対応することで、日本国内においてもより利用できる幅の広いSIMフリー端末になっています。

一方プロセッサーの動作周波数(1.2GHz Quad-Core→1.0GHz Quad-Core)はわずかながらスペックダウン。またこちらはスペックダウンとは異なりますが、デュアルSIMのスロット構成が変更(microSIM x 2→標準SIM + microSIM)となっています。

ただしこの違いで価格は安くなっています。Pirori 2 LTEの17,800円(税抜)から、Priori 3 LTEでは12,800円(税抜)と5,000円も安くなっており、スペック表など数値面から見る限りでは、現時点において間違いなくコストパフォーマンスはより向上したといえるでしょう

外観をさっくりフォトレビュー

今回発表会後に行われた端末タッチ&トライで実機に触れることが出来たので、外観を写真でさっくり紹介します。

展示されていたPriori 3 LTE
展示されていたPriori 3 LTE
パッケージと端末本体
パッケージと端末本体
手に持ってみるとサイズはかなりスリム
手に持ってみるとサイズはかなりスリム
ナビゲーションキーはディスプレイ下にハードキーで搭載。各マークはタッチすると赤く光る
ナビゲーションキーはディスプレイ下にハードキーで搭載。各マークはタッチすると赤く光る
上にイヤフォンジャックと並べてmicroUSBコネクタが配置された珍しいデザイン
上にイヤフォンジャックと並べてmicroUSBコネクタが配置された珍しいデザイン
左には特に何もなし
左には特に何もなし
microUSBコネクタがないため下もスッキリ
microUSBコネクタがないため下もスッキリ
右には電源キーと音量キー
右には電源キーと音量キー
手に持ってみると本体はかなり軽さも感じる
手に持ってみると本体はかなり軽さも感じる
リアパネルは取り外すことができ、バッテリーも着脱可能
リアパネルは取り外すことができ、バッテリーも着脱可能
SIMカードスロットは上下に重ねて配置
SIMカードスロットは上下に重ねて配置
筆者のXperia Z3と大きさを比較。サイズはひとまわり小さいといった感じ
筆者のXperia Z3と大きさを比較。サイズはひとまわり小さいといった感じ

本体カラーは全6色で、この日は4色を実際に見ることができました。

マットブラック
マットブラック
ヌーディーベージュ
ヌーディーベージュ
ミントブルー
ミントブルー
ビビットオレンジ
ビビットオレンジ
アプリドロワーで確認できたプリインストールアプリアプリドロワーで確認できたプリインストールアプリ
アプリドロワーで確認できたプリインストールアプリ
設定画面で確認できた項目(その1)設定画面で確認できた項目(その1)
設定画面で確認できた項目(その1)
設定画面で確認できた項目(その2)設定画面で確認できた項目(その2)
設定画面で確認できた項目(その2)

実機を手に持ってみた印象として、最初に感じたのは端末のスリムさと軽さ。特にサイズは旧モデルのPriori 2 LTEとほぼ変わらない中で、本体重量は12gほど軽量化。現行の主流スマートフォンと比べればPriori 2 LTEでも十分軽かったものがさらに軽量化された形となっています。
大きさも片手で十分操作しやすいものになっており、扱いやすさはかなりよさそうな印象です。

一方で、画面のスクロール動作に関してはやや動かしたよりも惰性で大きく動くようなクセも見られました(これはPriori 2 LTEでもあったものです)。このあたりは人によって気になる・気にならないは少し分かれそうな気も。

今回展示されていた本体カラーは、マットブラック、ヌーディーベージュ、ミントブルー、ビビットオレンジの4色。
マットブラックについては名前のとおり、つや消しが施された落ち着きのある質感となっていました。一方、残りの3色は光沢感があり、よくよく見るとラメのようなキラキラとしたものが散りばめられています。おそらく指紋や皮脂汚れが付着した際の目立ちやすさに配慮して質感を使い分けているのでは?と考えられそうです。
なお他にもパールホワイト、ルビーレッドといったカラーが用意されています。

FREETEL Priori 3 LTEはズバリこんな人にオススメ!

12,800円という価格でLTEが利用でき、かつ片手でも非常に扱いやすかったこと、端末本体の質感も変な安っぽさなどを特に感じることがなかったこと、などを踏まえれば、十分買いといえるように思います。

スペックに関しては冒頭でも書いたとおり1.0GHzのQuad-Core、1GBのRAM、8GBのROMとあまり多くのことを期待できる内容ではありませんので、SIMフリースマホデビューをしてみたいライトユーザーの方に、これまで以上にオススメできる機種といえるでしょう。

なお筆者個人としては気になっている前述の動作に関するクセは、Priori 2 LTEなどでも同じ傾向が見られます。Priori 2 LTEに関しては現在家電量販店などで実機が展示されていると思いますので、この点が気になるという人はPriori 2 LTEの実機に触れてみて動作をどう感じるかで確認することも十分可能といえるでしょう。

まとめ

性能の向上が見られる中で本体価格は安くなり、コストパフォーマンスがより高まったFREETEL Priori 3 LTE。

11月16日(月)より予約受付開始で、発売は順次予定(27日時点で日時の発表なし)となっています。気になる人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

なお今後モバレコでも実際の製品を改めてレビューする予定としておりますので、そちらも乞うご期待ください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。




特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン