iPhoneの削除データを高精度で復元!FonePaw 「iPhoneデータ復元」を検証してみた

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの削除データを高精度で復元!FonePaw 「iPhoneデータ復元」を検証してみた

iPhoneは新機種が出るたびにメモリの容量も増えてきています。
しかし、カメラの高性能化やアプリの大容量化などによって、扱うデータ量も増加しているのが現状……。メモリを節約するには、写真やメールなど不要と思われるデータをこまめに消すことが重要ですが、そんな作業をしているうちに、うっかり大切なファイルまで消してしまうこともあるでしょう。

今回は、FonePawのiPhone向けの復元ソフト「iPhoneデータ復元」を使って実際に復元の検証をしてみました。

【ソフト情報】
ソフト名 iPhoneデータ復元
開発 FonePaw
復元できる内容 連絡先 / メッセージ / WhatsApp / 通話履歴 / メモ / リマインダー / カレンダー / Safariブックマーク / カメラロール / フォトライブラリー / フォトストリーム / ボイスメモ / メッセージ添付ファイル / ボイスメール / Whatsapp添付ファイル / アプリ写真 / アプリ動画 / アプリオーディオ / Safari履歴
対応デバイス iPhone 6s/6s Plus / iPhone 6/6 Plus / iPhone 5s/5c/5 / iPhone 4S、iPhone 4/3GS / iPad Pro、iPad Air 2 / iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイ / iPad 4、iPad mini 2/ iPad mini / iPad 3 / iPad 2 / iPad / iPod touch 5 / iPod touch 4
動作環境 Windows版:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
Mac OS版:Mac OS 10.11 / 10.10 / 10.9 / 10.8 / 10.7
価格 Windows版 4,980円、Mac版 5,980円(ともに「iOS転送」がバンドル) / 無料体験版あり(スキャンおよびプレビューのみ)
URL http://www.fonepaw.jp/iphone-data-recovery/

目次:

FonePawの「iPhoneデータ復元」とは?

iPhoneやiPad、iPodのデータはiTunesやiCloudにバックアップを取れます。しかし、すでに削除してしまったファイルはバックアップされません。うっかり削除してしまったファイルを復元したいときには、データ復元ソフトを使うしかありません。

Fonepawが提供する「iPhoneデータ復元」は、WindowsとMacに対応する復元ソフトです。本ソフトでは直接iOSデバイスをパソコンやMacに接続してデータを復元できるほか、iTunesやiCloudに保存されたバックアップデータからスキャンを行うことも可能です。

価格はやや高めの印象ですが、本ソフトには「iOS転送」というソフトがバンドルされています。このソフトは、CSV/VCF形式で復元された連絡先と写真をiOSデバイスにインポートしたり、iPhoneのメッセージと連絡先をバックアップ、復元することができます。

「iPhoneデータ復元」の使い方

今回検証した「iPhoneデータ復元」は、動作環境がWindows XP、Vista、7、8、8.1、10、あるいはMac OS X 10.7、10.8、10.9、Yosemiteと、ほぼすべてのWindowsおよびMacユーザーに対応します。ここでは、筆者の利用環境であるWindowsを使った場合の手順を説明しますが、基本的にMac OSでも使い方は変わりません。

「iPhoneデータ復元」をパソコンにインストールする

「iPhoneデータ復元」のサイトで、Windows版あるいはMac版の「ダウンロード」をクリックし、ソフトをダウンロードします。ダウンロードしたらファイルをダブルクリックし、インストールしましょう。

「ダウンロード」をクリックして、ソフトをダウンロードします
「ダウンロード」をクリックして、ソフトをダウンロードします
インストーラーが起動し、セットアップが始まります。ウィザード形式になっているのでつまづくことはないでしょう
インストーラーが起動し、セットアップが始まります。ウィザード形式になっているのでつまづくことはないでしょう
「追加タスクの選択」は、初期設定のままで問題ないでしょう
「追加タスクの選択」は、初期設定のままで問題ないでしょう
インストールが完了するとウェブブラウザが開き「WELCOME」画面が表示されます
インストールが完了するとウェブブラウザが開き「WELCOME」画面が表示されます
最初の起動時には、未登録の製品であることを示す画面が表示されます。今回は製品版で検証を行うので、「登録コード」にシリアルコードを入力します
最初の起動時には、未登録の製品であることを示す画面が表示されます。今回は製品版で検証を行うので、「登録コード」にシリアルコードを入力します

iPhoneをパソコンに接続する

「iPhoneデータ復元」には、

  • iOSデバイスから復元
  • iTunesバックアップから復元
  • iCloudバックアップから復元

の3つのメニューが用意されています。
今回は削除したファイルを復元するので、より確実な「iOSからの復元」を選び、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。この際、「iTunes」は起動しないようにします。iPhoneを接続すると、画面上にユーザー名とiOSデバイスの名前が表示されます。

「iOSデバイスから復元」が選択されていることを確認し、iPhoneを接続します
「iOSデバイスから復元」が選択されていることを確認し、iPhoneを接続します
iPhoneを接続すると、画面上にユーザー名とiOSデバイスの名前が表示されます
iPhoneを接続すると、画面上にユーザー名とiOSデバイスの名前が表示されます

iPhoneをスキャンする

「スキャン開始」をクリックすると、iOSデバイスのスキャンが開始されます。スキャンは非常に高速で、1分ほど待てば画面が結果表示に変わります。

「スキャン開始」をクリックしてしばらく待つと、結果画面が表示されます
「スキャン開始」をクリックしてしばらく待つと、結果画面が表示されます

データを確認する

スキャン結果の画面では、左側に内容と検出されたファイル数が表示されます。項目をクリックすると、それぞれの検出結果が表示され、画面上部のボタンを「ON」にすることで削除されたファイルのみの表示に切り替わります。

削除されたファイルが表示されたら、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。すると保存場所を確認するダイアログが表示されるので、保存場所を指定しましょう。

今回は検証のため、連絡先50件の名前を連続した数字に変更し、その後削除しました。また、写真も10枚撮影し、その後削除しています。スキャンの結果、これらすべてを復元することができました。

あらかじめiPhoneで連絡先の名前を変更した上で削除しました
あらかじめiPhoneで連絡先の名前を変更した上で削除しました
写真についても、10枚撮影した後に削除しました
写真についても、10枚撮影した後に削除しました
検索結果から連絡先を確認すると、数字に変更した連絡先がすべて表示されました
検索結果から連絡先を確認すると、数字に変更した連絡先がすべて表示されました
写真についても、削除した10枚がすべて検出されています
写真についても、削除した10枚がすべて検出されています
復元したいファイルにチェックを入れて「復元」をクリックすると、保存先を指定するダイアログが表示されます
復元したいファイルにチェックを入れて「復元」をクリックすると、保存先を指定するダイアログが表示されます
無事に写真を復元できました
無事に写真を復元できました

高い復元精度の「iPhoneデータ復元」まとめ

今回検証した「iPhoneデータ復元」は、とにかくスキャンの速さが印象に残りました。また、検出されたファイルはサムネイルや詳細情報を確認できるので、復元したいファイルを確実に選ぶことができます。なお、最初は機種変更して使わなくなった「iPhone 5」で試したのですが、一度すべての設定とコンテンツをリセットしているせいかスキャンができませんでした。

そこで、音楽プレイヤーとして使用している「iPhone 4S」で試したところ、問題なくスキャンを行い、ファイルが復元されました。iPhoneの場合は、リセットをすると以前のファイルは読み込めなくなるようです。とは言え、これはセキュリティ上当然の仕様でしょう。

「iPhoneデータ復元」はやや高価ですが、データの復元だけでなくiPhone内のファイルをパソコンに転送したいときにも活用できるので、非常時以外でも有用なソフトであると言えます。

「iPhoneデータ復元」の評価

オススメ度:★★★★☆
 復元精度:★★★★☆

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp