なんてイジワルなんだ!大人を悩ませるなぞなぞアプリ「Answer 謎解きの時間」

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ, ガイド, ゲームアプリ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
なんてイジワルなんだ!大人を悩ませるなぞなぞアプリ「Answer 謎解きの時間」

大人になってから、何回『なぞなぞ』を解いたことがありますか?

もちろん覚えてないとは思いますが、大人になってから挑戦してみると意外と面白かったりするんです。

そこで今回は最近私が見つけたスマホアプリ「Answer 謎解きの時間」をご紹介いたします。

「Answer 謎解きの時間」は、皆さんが子どもの頃に解いたなぞなぞと比べると、かなりやりがいのある内容となっています。テレビ番組でよく見かける雑学クイズとは一味ちがう面白さがありますよ。

引越し中のトラックが、急カーブで落とすもの

Answer 謎解きの時間:START画面

それでは早速、「はじめる」をタップし、ゲームを始めていきます。

ゲーム難易度の選択画面が現れました。どうやら、「かんたん」「ふつう」「てごわい」「むずかしい」「解けたら天才」のレベルごとに20問ずつ計100問の問題がラインナップされているようです。

まずは「かんたん」からはじめて行きます。

Answer 謎解きの時間:難易度がある

Q.001

重いのに逆立ちすると、軽くなる生き物は?

Answer 謎解きの時間:第一問

これは確かにかんたんですね!答えを入力すると

Answer 謎解きの時間:第一問の答え

「正解」の文字が。解説も付いてくるようです。この位のレベルのなぞなぞであれば、小学生でも楽しんで問題を解けそうです。

しかし第3問目に突入すると、さっそく答えがわからなくなってしまいました。。。

Q.003

引越し中のトラックが、急カーブで落としたものは?

Answer 謎解きの時間:第三問

なんでしょう、ベッドでしょうか。検討がつきません。とりあえず「ベッド」と入力してみます。

すると、

Answer 謎解きの時間:第三問・不正解

もちろん不正解でした。ちなみに、不正解となると堂々と広告を見させられる羽目に。これはなかなかの屈辱です…!

ファンタズマゴシック!

ファンタズマゴシック!

ここはヒントがほしい。しかし問題に戻り、「ヒント」ボタンをタップすると、さらに今度は動画広告を見ることを要求されます。

Answer 謎解きの時間:動画を見ることでヒントがもらえる

これは維持でも自力で問題を解きたいですね。ヤル気がみなぎって来ましたよ!

ちなみにクイズ内の画面に「助けてもらう」というボタンがあります。ここでもヒントがもらえるのかなと思いタップしてみると、メールやSNSなどの共有画面が現れました。

Answer 謎解きの時間:助けてもらうボタン

これはナイスな発想です、座布団をあげたいですね。でもやはりイジワルです。何が何でも自分で解いてやろうと思います。

そして、20分ほど考えに考え、見事答えを導き出すことができました。

Answer 謎解きの時間:第三問の答え

正解はスピードでした。

私は正解がわかったときに、「え、引越しのトラックと関係ないじゃん!」とも思ったのですが、このイジワル具合がなぞなぞっぽくて好きです。

結局悔しがりつつも、問題に次から次へと挑戦してしまいました。

おわりに

今回私が苦戦したなぞなぞは、最もかんたんなステージの3問目。まさに出鼻をくじかれるという結果になってしまったわけです。これより先にそびえるステージにはいったいどんななぞなぞが待ち受けているのでしょうか。

ちなみに最も苦戦したなぞなぞはこちらでした。

Q.007

ソファの下には何がある?

Answer 謎解きの時間:第七問

いかがでしょうか。皆さんは解けましたか?自信のある方はぜひぜひ挑戦してみてください。

アプリ情報
アプリ名 Answer 謎解きの時間
Answer 謎解きの時間
開発 Happygamer K.K.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

出逢いと別れ、咲いたり散ったり。そんな季節になりましたね。物事にはキッカケがありますが、「スマホ」が素敵な出逢いのキッカケになったと言う人もいるのではないでしょうか? 【モバレコ】がそんな風に「大切な出来事」の小さなキッカケになれたら嬉しいなと思いながら記事を作ってます。。。まぁスマホが別れのキッカケになる事もあるのですが(笑