これならガラケーから乗り換えもアリ!富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」をレビュー

書いた人: ナックル末吉

カテゴリ: arrows

これならガラケーから乗り換えもアリ!富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」をレビュー

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」がついにベールを脱ぎました。ケイ・オプティコム社のmineoや、UQコミュニケーションズのUQ mobileなどから発売です。
前モデルであるM01から約8カ月ぶりのモデルチェンジ。新しいarrowsはどのような進化を遂げたのか、そしてハードウェアのクオリティや使いやすさはどのようなものなのか、レビューしていきたいと思います。

目次:

arrows M02ってどんなスマホ?

arrows M02

arrowsのMシリーズは富士通のSIMフリースマホとしてラインナップされているシリーズになります。前モデルであるM01は2015年3月に発売され、4.4インチの有機ELディスプレイやクアッドコアCPU、1GBのRAMなど、ミドルクラスのスペックを有していました。そして、今回のM02はミドルクラスの位置づけながらも随所にスペック向上が図られています

なお、本モデルより、従来のシリーズ表記である「ARROWS」から、全て小文字の「arrows」に変更されました。

まずはarrows M02のスペック表から見てみましょう。

arrows M02のスペック
サイズ 高さ 約141mm ✕ 幅 約68.9mm ✕ 厚さ 約8.9mm
重さ 約 149g
CPU MSM8916 1.2GHz クアッドコア
ROM 16GB
RAM 2GB
バッテリー容量 2,330mAh
ディスプレイ 約5.0インチ (720×1280) 有機EL
通信規格 LTE,3G,GSM
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
OS Android 5.1
対応SIM nano
カメラ メイン 約810万画素 サブ240万画素
その他 microSD/microSDHC、GPC、NFC、FeliCa、Bluetooth 4.1、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、VoLTE、テザリング

前モデルに比べて、Android 5.1の搭載や画面の大型化や処理性能が向上しています。他にも防水・防塵、SIMフリースマホながらおサイフケータイなどにも対応しています。

独自の省電力技術でバッテリーは3日持つとされており、利用できる回線もドコモ・auに対応した、いわゆるマルチキャリア対応スマートフォンとなっています。

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・ピンク(mineo専用カラー)。今回はブラックをレビューしていきます。

端末のディティールをチェック!

前モデルに比べると、角ばったスクエアなデザインに仕上がっています。また、峡額縁の採用によって、画面が大型化されても本体のサイズはさほど大きくない印象です。

ARROWS M01(左)とarrows M02(右)
ARROWS M01(左)とarrows M02(右)

本体のサイドスイッチは、右側にボリュームボタン、左側に電源ボタンが配置されており、よくありがちな電源ボタンとボリュームボタンの押し間違いが軽減されるレイアウトとなっている点は高評価です。

本体右に配置されたボリュームボタン
本体右に配置されたボリュームボタン
左側には電源ボタンがレイアウト
左側には電源ボタンがレイアウト

電源ボタンの横には、SIMカードスロットとmicroSDスロットが配置されています。SIMカードサイズはnanoSIMが採用されています。防水仕様のため、樹脂製のキャップがついていますが、頻繁に開閉するものではないので、特に問題無いと思います。SIMカードを挿入するには少々注意点がありますが、それはコチラをご覧下さい

SIMカードスロットとmicroSDスロットがキャップ付きで配置
SIMカードスロットとmicroSDスロットがキャップ付きで配置

本体下部にはmicroUSBが配置されています。防水仕様でありながらキャップレスにはなっていない残念な仕様と言えますが、背面に充電端子があるため卓上ホルダにて充電が可能です。
よって、パソコンとデータの送受信をしない限りは、頻繁にキャップの開閉をしなくてもよい配慮がされています。

キャップ付きのmicroUSB端子
キャップ付きのmicroUSB端子
背面に配置された充電端子。付属の卓上ホルダにて充電が可能
背面に配置された充電端子。付属の卓上ホルダにて充電が可能

本体上部には240万画素のインカメラが配置されています。自撮り全盛の近年では、少々物足りない画素数ですがミドルクラスと言うこともあり、妥協点かと思います。

240万画素のインカメラ
240万画素のインカメラ

背面はサラサラとしたマット調になっています。中央には、富士通のシンボルでもある「∞」マークがメッキ仕上げであしらわれています。このあたりは、ビジネス用途にも十分通用するシックなデザインと言えます。

また、810万画素のメインカメラのレンズは凹凸がなく、あくまでも背面とフラットになるようにデザインされています。

鈍く光るマット仕上げの背面。中央のマークがキラリと光る
鈍く光るマット仕上げの背面。中央のマークがキラリと光る
810万画素のリアカメラ。凹凸がないため、背面を下に置いても浮いたりすることはありません
810万画素のリアカメラ。凹凸がないため、背面を下に置いても浮いたりすることはありません

スマートフォンにしては珍しく、ストラップホールが本体に設置されています。ガラケーユーザーとしては、ストラップをつけて落下を防止したいところ。また、ビジネスシーンではネックストラップにぶら下げて使用することも考慮されています。

加えて、通知LEDも搭載されているので、電話の着信やメール、LINEなどのメッセンジャーの通知を、画面をみなくても知ることができます。

この2つの点は、ガラケーユーザーとしてはかなり使いやすい仕様となっています。

ストラップホールを背面から見た画像。本体を正面から見た場合に、右下に配置されています
ストラップホールを背面から見た画像。本体を正面から見た場合に、右下に配置されています
発色のカスタマイズが可能で、ガラケーユーザーには極めて使いやすい仕様といえます
発色のカスタマイズが可能で、ガラケーユーザーには極めて使いやすい仕様といえます

本体サイズは男性ならラクラク片手持ちが可能の大きさ。女性でも無理なく持つことが可能でしょう。5インチのディスプレイを搭載してもこのサイズ感なのは両サイドのベゼルの細さに起因しています。また、背面の角がわずかに丸まっている点も持ちやすさの理由の1つでしょう。

男性である筆者でこのサイズ感。片手持ちはもちろんのこと、片手操作も可能
男性である筆者でこのサイズ感。片手持ちはもちろんのこと、片手操作も可能

選べるホーム画面

ホーム画面はデフォルトで2種類から選択可能です。
LeafUI」はアプリのアイコンが名前やダウンロード順にまとめられているインターフェースで、「NX!ホーム」は一般的なAndroidのホーム画面に近い仕様となっています。いつでも切換が可能なので、双方を試した上で使いやすい方を選択すると良いです。

どちらも、動作は軽快でもたつくようなことはなく、ストレスフリーと言えます。

最初に表示されるホーム切換画面
最初に表示されるホーム切換画面
「Leaf UI」のホーム画面とアプリアイコン群。アプリの名前やダウンロード順、履歴などでまとめられている「Leaf UI」のホーム画面とアプリアイコン群。アプリの名前やダウンロード順、履歴などでまとめられている
「Leaf UI」のホーム画面とアプリアイコン群。アプリの名前やダウンロード順、履歴などでまとめられている
「NX!ホーム」のホーム画面。一般的なAndroidと同様の使用感。筆者としてはコチラが使いやすく感じました
「NX!ホーム」のホーム画面。一般的なAndroidと同様の使用感。筆者としてはコチラが使いやすく感じました

カメラで作例を撮影してみた

本機のカメラは、動作が非常に軽快で、特に細かく設定しなくてもデフォルトのままで気軽に撮影できる点が優れています。動物の撮影も問題無く、発色も及第点と言えるでしょう。タッチフォーカスが採用されているので、画面をタッチしてフォーカスをあてることが可能です。また、タッチしなくても自動認識でフォーカスが移動する点も撮影の難易度を低減している理由の1つです。

タッチフォーカスと自動認識の両方に対応。気軽にシャッターを切ってもOKです
タッチフォーカスと自動認識の両方に対応。気軽にシャッターを切ってもOKです
余程速く動かない限りは動物の撮影もラクラク可能です。モデルは筆者宅に居候しているネコの「十兵衛」
余程速く動かない限りは動物の撮影もラクラク可能です。モデルは筆者宅に居候しているネコの「十兵衛」
特に設定を変更することなく花を撮影して、このクオリティが出せます
特に設定を変更することなく花を撮影して、このクオリティが出せます

1つ残念な点として、設定の変更やアウト・インの切換にはメニューを呼び出す必要があり、画面を覆ってしまうのが難点です。自撮りに切り替える際に、iPhoneのようにアイコンを1タップして切換という軽快さがありません。

撮影モードや設定を切り替える際に、画面を覆ってしまう設定画面。アウト・インの切換は「カメラ切換」をタップする必要があります
撮影モードや設定を切り替える際に、画面を覆ってしまう設定画面。アウト・インの切換は「カメラ切換」をタップする必要があります

まとめ)コスパ良し!これからSIMフリースマホを持つ人にはおすすめ

arrows M02の購入方法ですが、格安SIMとのセット販売もしくは家電量販店で購入することができます。取り扱う格安SIM会社は「mineo」「BIGLOBE」「NifMo」、10月29日からは「IIJ」「DMM mobile」が取り扱いを開始しています。
家電量販店は、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、コジマ、ソフマップ、ピーシーデポコーポレーションなど。

本体価格は一括払いでNifMoでは33,334円、IIJでは29,800円、mineoでは32,400円(いずれも税抜/11月初旬時点)となっていて、手の出しやすい価格帯と言えます。※11月4日更新

また、分割払いも可能となっており、これから格安SIMとスマホを同時に契約するという人にはオススメできます。スペック的にも価格に見合っているので、コスパとしては及第点以上と評価します。

気になるのは本体単体の販売価格ですが、執筆時点では明らかにされておらず、既に格安SIMを所有している人や、大手キャリアのSIMで運用したい人にとっては不透明な点が多い端末です。また、最新のハイスペックスマホが欲しい人にとっては、少々不満があるスペックと言えます。

ストラップホールや通知LED搭載など、ガラケーから乗り換えるユーザーにとってもおすすめ。これから格安SIMを始める人で、なるべく安く、そこそこのスマホが欲しい人向けという位置づけの端末です。

「arrows M02」の設定ガイドはこちら:

「arrows M02」を買ったらまずはこれ!初期設定ガイド

最新スマホ情報はココでチェック!

最新スマホ情報

最新スマホレビュー&設定ガイド特集
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリースマートフォンの「最新スマホレビュー」を随時更新中! スマホを購入したらまずやっておきたい「設定ガイド」も合わせてどうぞ。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。また、それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイクなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。 Twitter:@nacklesueyoshi




特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン