BlackBerry Passportを購入したら設定したい14のこと

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackBerry Passportを購入したら設定したい14のこと

日本国内においても正規販売が始まったBlackBerryのハイエンドモデル「 BlackBerry Passport」。このBlackBerry Passportを使いはじめる際に確認・設定しておくとより便利に使えるであろう項目を14個紹介します。

これからBlackBerry Passportを購入する予定の人も、既に使い始めている人も、ぜひ一度確認してみてください。

目次:

BlackBerry Passport

BlackBerry Passport
ブラックベリー/パスポート
[ブラック]

販売価格 53,784円(税込)

1. システム設定画面を開く

今回紹介する設定のほとんどは設定画面より行ないます。初めてBlackBerry機を使うという人もいるかもしれませんので、まずはシステム設定画面への入り方から確認しておきましょう。

システム設定画面はホーム画面上にある【設定】のアイコンから入ることができます。

設定のアイコンからシステム設定画面へ
設定のアイコンからシステム設定画面へ

2. APN情報を設定する

BlackBerry Passportを購入したらまず一番はじめに済ませておきたいのがSIMカードのAPN情報の設定。これを済ませておかないと、モバイル回線を使っての通信ができません。

システム設定画面から【ネットワークおよび接続】→【モバイルネットワーク】→【APN】と進みます。

APN情報の設定は【ネットワークおよび接続】の項目から
APN情報の設定は【ネットワークおよび接続】の項目から
APN情報の設定は【ネットワークおよび接続】の項目から
画面下の【APN】を選択
画面下の【APN】を選択

するとAPN情報の設定画面が表示されますので、ここに使用するSIMのアクセスポイント名、ユーザー名、パスワード、認証の種類を入力します。すべて入力を終えたら、最後に画面右上の【保存】を忘れずに押しましょう。

APN情報の設定画面
APN情報の設定画面

3. テザリング情報を設定する

外出先でよく使うテザリング。BlackBerry Passportではモバイルホットスポットという名称になっています。テザリングを使用する際に必要となるアクセスポイント名とパスワードも自分が使いたいものに変更しておきましょう。

こちらは【ネットワークおよび接続】内にある【モバイルホットスポット】の項目から設定します。

【ネットワークおよび接続】の下のほうにある【モバイルホットスポット】
【ネットワークおよび接続】の下のほうにある【モバイルホットスポット】
続いて画面下の【設定】を選択
続いて画面下の【設定】を選択

ここでモバイルホットスポット名(テザリングのアクセスポイント名)、パスワード、周波数の種類(2.4GHz/5GHz)、通信タイマーなどが設定可能です。

アクセスポイント名やパスワード以外にも設定可能が項目がある
アクセスポイント名やパスワード以外にも設定可能が項目がある
アクセスポイント名やパスワード以外にも設定可能が項目がある

よくわからなければ、最低限モバイルホットスポット名とパスワードだけ、自分が使いたい内容に変更しておけばよいでしょう。こちらも入力や選択が終わったら、最後に忘れず画面右上の【保存】を押しましょう。

4. クイック設定パネルの表示項目を選択する

ディスプレイの上端から下にスワイプすると表示されるクイック設定画面(Wi-FiやBluetoothのON/OFFを切り替えられる画面)。ここに表示される項目も自分の好みに合わせてカスタマイズが可能です。

クイック設定画面
クイック設定画面
クイック設定画面

カスタマイズは設定画面の【クイック設定】より行ないます。

【クイック設定】はシステム設定画面の比較的上のほうにある
【クイック設定】はシステム設定画面の比較的上のほうにある

表示できる項目は17個と非常に多いので、自分がよく使うものだけにチェックを付けておくとより便利に使えるかと思います。

クイック設定画面に表示できる項目
クイック設定画面に表示できる項目
クイック設定画面に表示できる項目
クイック設定画面に表示できる項目

5. ショートカットキーを設定する

ディスプレイ下に物理キーボードを搭載するBlackBerry Passportでは、それらのキーにアプリなどを簡単に呼び出せるショートカット機能を割り当てることができます。よく使う機能などは必要に応じてショートカットを設定して、より便利に使ってみましょう。

設定は【ショートカットと短縮ダイヤル】より行ないます。

システム設定画面上の【ショートカットと短縮ダイヤル】を探す
システム設定画面上の【ショートカットと短縮ダイヤル】を探す

ショートカットの割当はスペースキーを除く他のすべてのキーに対して可能で、アプリの起動や短縮ダイヤル(指定した相手への通話発信)などを指定することができます。

ショートカットキーの設定画面
ショートカットキーの設定画面
ショートカットキーの設定画面
アプリ、短縮ダイヤル、特定の機能を割り当て可能
アプリ、短縮ダイヤル、特定の機能を割り当て可能
アプリ、短縮ダイヤル、特定の機能を割り当て可能
アプリ、短縮ダイヤル、特定の機能を割り当て可能

6. データ使用量を設定する

モバイルデータ通信を行う上で毎月気にして使用するのがデータ通信量。このカウントと、現在の使用量に応じて通知を出すといったことも設定できます。

システム設定画面より【データ管理】を選択します。

【データ管理】の項目を探す
【データ管理】の項目を探す

表示された画面の上のほうでは現在のデータ使用量が確認できます。通知の設定はその下の青文字を選択して行ないます。

青文字をタップする
青文字をタップする

ここで設定できるのはデータ通信の上限、通知を出す使用量、カウントのリセット日(リセットのサイクル)。

データ使用量の通知設定画面
データ使用量の通知設定画面

なお先程の【データ管理】の画面の下の方ではメールに画像を添付する際にサイズ変更の確認メッセージを出す、メールで送られてきた画像を自動でダウンロードする、といった機能のON/OFFも切り替え可能です。

下の方でメール関連の設定も可能
下の方でメール関連の設定も可能

7. フォントサイズと画面表示色を調整する

ディスプレイに表示するフォントのサイズと画面表示色(色味)を調整して、より自分が見やすいようにすることもできます。

システム設定画面より【表示】の項目を選択します。

システム設定画面の中段あたりにある【表示】の項目
システム設定画面の中段あたりにある【表示】の項目

表示の設定画面ではフォントサイズを選択すると1〜2刻みで細かくサイズの変更が可能です。

フォントの変更
フォントの変更
フォントの変更

またその下の【表示色設定】を選択すると画面の色味も変更することができます。

表示色の変更
表示色の変更
表示色の変更

他にも【表示】の画面ではスワイプでスリープ解除などの設定も変更が可能。自分の使いやすいよう、必要に応じてこれらも変更しておくとよいでしょう。

スワイプでスリープ解除などの設定も変更が可能
スワイプでスリープ解除などの設定も変更が可能

8. バッテリー節約モードをカスタマイズする

BlackBerry Passportはスマートフォンの中でもバッテリー持ちはかなりよいですが、それでもあると安心なのがバッテリー節約モード。この起動のタイミングなどもカスタマイズすることが可能です。

システム設定画面の【バッテリー節約モード】を選択
システム設定画面の【バッテリー節約モード】を選択

ここでは節約モードの起動条件や、節約モードON時の動作内容をカスタマイズすることができます。

バッテリー節約モードの設定画面
バッテリー節約モードの設定画面
バッテリー節約モードの設定画面

9. キーボードのタッチ操作ON/OFFを切り替える

BlackBerry Passportの物理キーボードはキーをぽちぽち押す他、タッチ操作にも対応しています。しかし人によってはこのタッチ操作は不要な場合もあるでしょう。このON/OFFも変更することができます。

システム設定画面より【言語および入力方式】→【タッチ式キーボード】と進みます。

キーボードのタッチ操作ON/OFFもシステム設定画面から変更可能
キーボードのタッチ操作ON/OFFもシステム設定画面から変更可能
キーボードのタッチ操作ON/OFFもシステム設定画面から変更可能

タッチ操作をOFFにしたい場合はスイッチをOFFすればOKです。

スイッチをON/OFFするだけで切り替えができる
スイッチをON/OFFするだけで切り替えができる

10. BlackBerry Protectを設定する

BlackBerry機には万が一盗難されてしまった場合などに不正利用されないよう、BlackBerry Protectと呼ばれる不正利用防止機能が搭載されています。この機能をONにしておくと、万が一端末を初期化されても初期化前に設定されていたBlackBerry IDとパスワードで認証を行わないかぎり、その端末を別のIDなどで使用することができなくなります。
あくまで盗難に対しての抑止力ですが、念のため設定しておくほうがよいかもしれません。

システム設定画面の【BlackBerry Protect】を選択
システム設定画面の【BlackBerry Protect】を選択
変更はスイッチのON/OFFを切り替えるだけ。OFFにする際はパスワードの入力が必要
変更はスイッチのON/OFFを切り替えるだけ。OFFにする際はパスワードの入力が必要

11. データとファイルを暗号化する

もともとセキュリティの強さに定評があるBlackBerry機。その強さを生かすために設定するとよい項目のひとつがデータとファイルの暗号化です。これをONにしておくと、端末を初期化した後にデータを復元することができなくなります。

設定は【セキュリティとプライバシー】→【暗号化】から。

鍵マークのイラストを探す
鍵マークのイラストを探す
鍵マークのイラストを探す

暗号化はデバイス(内部ストレージ)とメディアカード(SDカード)それぞれ個別に可能なので、取り扱うデータやファイルの性質によって保存場所を決めておく、なんて使い方もよいかもしれませんね。

暗号化の設定画面
暗号化の設定画面

12. apkファイルを使ってAndroidアプリをインストールできるようにする

BlackBerry 10以降のOSを搭載したBlackBerry機では、BlackBerry用アプリの他に一部のAndroid用アプリもインストールして使用することができます。公式で使用できるアプリストアはAmazon App Storeですが、Google Playに比べると取り扱いアプリの数は少なくなっています。もしそこにないものをインストールしたい場合はapkファイルを使って直接インストールすることも可能ですが、この場合は予めapkファイルを使ってアプリをインストールできるように設定をしておく必要があります。使用するかどうかは別にして、ここで説明することも覚えておきましょう。

システム設定画面より【アプリマネージャー】→【アプリをインストール】の順に進みます。

apkファイルを使ってアプリをインストールする場合は事前設定が必要
apkファイルを使ってアプリをインストールする場合は事前設定が必要
apkファイルを使ってアプリをインストールする場合は事前設定が必要

ここで【他のソースからのアプリのインストールを許可】をONにすると、apkファイルを使ってのアプリインストールが可能となります。

インストール前のアプリ検査も設定できる
インストール前のアプリ検査も設定できる

ただしアプリ検査機能も利用はできるものの、少なからずこの他ソースからのインストール許可をONにすると端末自体のセキュリティ性は下がってしまいます。BlackBerry用のアプリ+Amazon App Storeでダウンロードできるアプリだけで用が足りるのであれば、この機能はOFFにしておくほうがオススメです。

13. ジェスチャー操作を設定する

前述したキーボードショートカットの他に、BlackBerry Passportでは端末に対してのジェスチャーでいくつか操作を行える機能も搭載されています。

システム設定画面の【高度な設定】から設定できる
システム設定画面の【高度な設定】から設定できる

設定できる機能は全部で4つ。自分の使いやすさに合わせてONにするものを選びましょう。

設定できる機能は4つ
設定できる機能は4つ
設定できる機能は4つ

14. キーボードタッチ操作の使い方を確認する

キーボード上でもタッチ操作が可能という変わった機能を搭載するBlackBerry Passport。しかしそもそもこの使い方がわからないと元も子もありませんね。プリインストールされているチュートリアル機能を使うと、このタッチ操作の使い方も確認することができます。設定と併せて、チェックしておきましょう。

チュートリアル機能はホーム画面上のチュートリアルのアイコンから起動できます。

ホーム画面上のチュートリアルを探す
ホーム画面上のチュートリアルを探す

キーボードのタッチ操作については、この中の【入力のヒント】の項目で確認することができます。

説明の後、実際に操作して学べるチュートリアル
説明の後、実際に操作して学べるチュートリアル
説明の後、実際に操作して学べるチュートリアル

まとめ

特徴的なデザイン、正方形のディスプレイ、タッチ操作対応の物理キーボードと非常に興味深い仕様となっているBlackBerry Passport。今回紹介した内容を参考に、ぜひ自分でより使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

BlackBerry Passport

BlackBerry Passport
ブラックベリー/パスポート
[ブラック]

販売価格 53,784円(税込)

外観やスペックなどの基本レビューはこちら:

BlackBerry Passportレビュー!正方形ディスプレイに物理キーボード搭載のハイエンド機

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。