iPhoneのLive Photos(ライブフォト)の使い方とSNSへの投稿方法 使えないときの対処方法も!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 6s カメラの新機能「Live Photos」の使い方とSNSへの投稿方法

みなさんは、iPhone 6sから搭載された新機能「Live Photos」をご存じでしょうか? この機能を使えば、シャッターを切る前後1.5秒の動画を静止画と合わせて記録することができます。

動きのある被写体を撮影したい場合に効果的なこの機能ですが、面白い写真を撮影するには少しコツが必要です。また、撮影した動画は、アプリを使って汎用フォーマットに変換しないとSNS上で再生することができません。そこで今回は、Live Photosの基本的な使い方と、SNSへの投稿方法を紹介していきます。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

Live Photosの基本的な使い方

Live PhotosはiPhone 6sシリーズ以降の「カメラ」アプリに標準で搭載された機能です。シャッターボタンを押す前後1.5秒ずつの映像と音声が短い動画して記録できます

特別な設定は必要なく、「カメラ」アプリを起動し、写真の撮影画面上部にある「Live Photos」をアイコンをタップすれば撮影が可能になります。

LivePhotosで撮影しておくと、合計3秒間の中からベストの静止画を選ぶことが出来ます。大人数で撮った写真の中で目をつぶってしまったり、赤ちゃんや動物が撮る瞬間に動いてしまった場合でも、3秒の間にベストな瞬間があれば、後から選択できるのは嬉しいですね。

Live Photosの基本的な使い方

「Live Photos」を使うには「カメラ」アプリを起動します。

写真の撮影画面上部にある「Live Photos」をアイコンをタップすれば撮影ができます。

「カメラ」アプリを起動し、 写真の撮影画面にします
「カメラ」アプリを起動し、 写真の撮影画面にします
画面上部にある「Live Photos」アイコンをタップすると、Live Photosの撮影モードになります
画面上部にある「Live Photos」アイコンをタップすると、Live Photosの撮影モードになります

Live Photosモードになったら、シャッターを押して撮影してみましょう。画面に「LIVE」のマークが表示されている間は、音声と映像が記録されます。

シャッターを押すと、画面上部に「LIVE」のマークが表示されます
シャッターを押すと、画面上部に「LIVE」のマークが表示されます

Live Photosで撮影した写真は、iPhoneの「写真」アプリに保存されます。写真を選択してプレスすると、動画と音声を再生することも可能です。

Live Photos(ライブフォト)をオフにする

Live Photosをオフにするには、オンにするときと同じく、写真の撮影画面上部にある「Live Photos」をアイコンをタップしてオフにすると静止画のみの撮影ができます。

通常、「カメラ」アプリを起動すると、Live Photosは自動的に「オン」になりますが、「設定」アプリからオフにすると、自動的のオンの状態にならずに、Live Photosをずっとオフの状態に保持することができます

「設定」アプリをスクロールし「カメラ」を選択します。

「設定」⇒「カメラ」をタップ
「設定」⇒「カメラ」をタップ

1番上の「設定を保持」を選択し、「Live Photos」をオンに切り替えます。

「設定を保持」をタップ
「設定を保持」をタップ
「Live Photos」をオン
「Live Photos」をオン

Live Photosは使わないかな、という人は設定しておくと楽かもしれません。

Live Photosで撮影するコツ

Live Photosのメリットは、決定的瞬間や思い出の1シーンを短い動画として記録できる点です。そのため、動きの少ない風景よりは、人物や動物など動きのあるものを撮影した方が面白い画になります。

たとえば、子どもやペットは静止画で撮影しても十分にかわいい写真になりますが、ちょっとした動きが加わるとさらに魅力が増します。日常の何気ない場面を撮影するだけでも面白い映像になりやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

ペットの撮影例。特別な芸をさせなくても、ちょっとした仕草が入るだけで魅力が増します
子どもの撮影例。Live Photosには音声も入るので、写真以上にその場のライブ感が伝わります

そのほか、野球でバッターが球を打つ瞬間や、サッカーで選手がシュートをする瞬間など、スポーツをしている人の決定的瞬間を撮影してみるのもいいでしょう。

撮影時には、シャッターを切る前後にiPhoneをあまり動かさないようにしっかりとホールドしておくことがポイントです。通常の写真を撮るような感覚でiPhoneをすぐに動かしてしまうと、動画がぶれてしまいます。

Live Photosの写真をSNSで共有する方法

Live PhotosはFacebookやTwitterなどのSNS上での再生に対応していません。しかし、撮影した素材を汎用の動画ファイルとして書き出せば、SNS上でも再生可能になります。

Live Photosを変換するアプリはいくつかリリースされていますが、中でもオススメなのが「Lively – Export Live Photo to GIF and Movie」という無料アプリです。このアプリを使えば、3回までは無料で動画変換を行うことができます(4回目以降の変換は 有料)。

使い方はとても簡単。アプリを起動して変換したい素材を指定した後、変換フォーマットを選択すればOKです。

iPhoneで撮影したLive Photosの素材一覧
iPhoneで撮影したLive Photosの素材が一覧で表示されます。変換したい素材をタップしましょう
「Movie」を選択し、「Export as Video」をタップします
「Movie」を選択し、「Export as Video」をタップします
「Save Video」をタップして変換した動画をiPhoneに保存
「Save Video」をタップして変換した動画をiPhoneに保存

あとは、保存した動画をFacebookやTwitterに投稿すれば、SNS上で再生できます。

Live Photos(ライブフォト)が使えないときの対処方法

ストレージに余裕があるか確認する

Live Photosが使えない要因のひとつとして、ストレージ容量に余裕がないことがあげられます。

Live Photosで撮ったデータは、静止画ではなく短い動画になるので、通常の静止画でもいいものをLive Photosで撮っていると、データはいっぱいになりやすいのです。

iPhoneのストレージの確認
「設定」アプリの「一般」⇒「iPhoneストレージ」

データを整理したうえで撮影してみてください。

視差効果がオフになっていないか確認する

Live Photosで撮った写真は、「写真」アプリで確認すると動画が再生されるようになっています。

しかし、iPhoneの視差効果がオフになっていると再生されません。Live Photosのデータとして残ってはいるものの、動きの確認ができなくなると撮れてないのでは?と思う人もいるかもしれません。

「iPhoneの節電のためにオフに設定していた!」ということもあるかと思うので、一度設定の確認をしましょう。

視差効果機能の確認方法
「設定」アプリの「アクセシビリティ」⇒「動作」⇒「視差効果を減らす」

まとめ

iPhoneの容量に余裕がある方は、普段からすべての写真をLive Photosモードで撮影しておけば、思わぬ決定的瞬間を押さえることができるかもしれません。ぜひ試してみましょう。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp