集英社・文芸担当者が厳選!いま読むべき話題のKindle小説は、この6冊!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
集英社・文芸担当者が厳選!いま読むべき話題のKindle小説は、この6冊!

モバレコのレギュラー企画「スマホでも読めるKindle作品紹介」。
本日のオススメは「小説作品」になります。

今回作品をセレクトいただいたのは、集英社・文芸編集部さんです!

集英社といえば「すばる」「小説すばる」という看板文芸誌がありますよね。
1970年に創刊された「すばる」は純文学を主に発表していて、金原ひとみさんの『蛇にピアス』や田中慎弥さんの『共食い』が掲載され、お二人とも芥川賞を受賞されています。

大衆文学作品を主に発表している「小説すばる」では、過去に浅田次郎さんや北方謙三さん、ほかには若者心情を透明感のある文体で描く人気作家・辻村深月さんなど、文学界の第一線で活躍されている方たちが多く連載されてきました。

数々の作家輩出と歴史を重ねてきた集英社・文芸編集部。
小説の目利きによる珠玉の6作品をご紹介します。

もしかして、まだ「Kindle」アプリをダウンロードされていないんですか?
まずは下の過去記事の「いか文庫」編からダウンロードと本の買い方を確認しましょう!

<過去記事>

正しいマーケティングのための戦略と戦術は「銀河英雄伝説」で学んだ。アナグラム阿部圭司氏がオススメする【Kindle書籍この1冊】
ブックディレクター山口博之・選書!「育児・家族」がテーマのKindleマンガ5作品紹介!

アプリ情報
アプリ名 Kindle
Kindle
開発 AMZN Mobile LLC
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

目次:

集英社から刊行されているKindle小説!珠玉の6作品はこちら!

1)中村文則 『教団X』

中村文則 『教団X』

読書好き芸人たちもイチオシの小説、各方面で紹介され大反響!

中村文則 『教団X』

(作品紹介)
自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

オススメのポイント
気鋭の最新作。電子書籍ならではの持ち運びしやすさ。通勤通学のあいまにも、ぜひめくるめく読書体験をKindleで味わってください。

2)原田マハ 『ジヴェルニーの食卓【電子特別版】』

原田マハ 『ジヴェルニーの食卓【電子特別版】』

小説家であり、キュレーターでもある著者だから表現できる、画家たちの想い

原田マハ 『ジヴェルニーの食卓【電子特別版】』

(作品紹介)
美の巨匠たちは、何と戦い、何を夢見たのか・・・。ドガ、セザンヌ、モネ、マティス。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代の美を果敢に切り拓いた偉大なアーティスト四人の愛と友情、そして格闘の日々を色鮮やかに蘇らせる短編集。語り手は、彼らの人生と交わった女性たち。助手、ライバル、画材屋の娘、義理の娘・・・・・彼女たちが目にした、美と愛を求める闘いとは。
『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、珠玉のアートストーリー四編。

オススメのポイント
紙の本には入っていない、カラーの原画が載っています。
各短編を読み、そのテーマになっている絵画を鑑賞することができます。
【電子特別版】だけの特典ですので、お買い求めの際は「文庫の電子版」とお間違いないように

3)中島らも 『ガダラの豚I~III』

中島らも 『ガダラの豚I~III』

不気味だけど、どこか爽快!鬼才・中島らもの傑作小説、全3巻!

中島らも 『ガダラの豚I~III』

(作品紹介)
アフリカの呪術医研究の第一人者、大生部多一郎は、テレビの人気タレント教授。超能力ブームで彼の著者「呪術パワーで殺す!」はベストセラーになった。しかし、妻の逸美は8年前の娘・志織のアフリカでの気球事故での死以来、神経を病んでいた。そして奇跡が売り物の新興宗教にのめりこんでしまった。逸美の奪還をすべく、大生部は奇術師ミラクルと組んで動き出す。日本推理作家協会賞受賞作。

オススメのポイント
電子化で再ブレークしました。電子書籍で一気読みする快楽に目覚める人が続出。
ロングセラーです。キンドルの入門編に最適!

4)北方謙三 『水滸伝』全19巻

北方謙三 『水滸伝』全19巻

北方謙三のライフワーク!熱い漢たちの生き様が刻まれた革命超大作!

北方謙三 『水滸伝』全19巻

(作品紹介)
十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた・・・。世直しへの強い志を胸に、漢(おとこ)たちは圧倒的な官軍に挑んでいく。地位を捨て、愛する者を失い、そして自らの命を懸けて闘う。彼らの熱き生きざまを刻む壮大な物語が、いま幕を開ける。第九回司馬遼太郎賞を受賞した世紀の傑作。

オススメのポイント
読み始めたら止まらない。ノンストップで北方水滸ワールドにどっぷり漬かってください。
電子版ならではのまとめ買い(大人買い)も出来ます。

5)逢坂剛 『墓標なき街』

逢坂剛 『墓標なき街』

ドラマ化・映画化された「MOZU」のシリーズ最新刊が、もうKindleで読める!

逢坂剛 『墓標なき街』

(作品紹介)
十三年ぶり<百舌シリーズ>完全新作長編。
私立探偵・大杉良太は、新聞社で編集委員をしている残間龍之輔から、商社の違法な武器の輸出について電話で告発してきた男の尾行を依頼された。
同じ頃、残間は元上司で現在はオピニオン誌「ザ・マン」編集長の田丸に呼び出され、かつて百舌と呼ばれた殺し屋に関する事件を雑誌に書いてほしいと頼まれる。
大杉と残間がそれぞれ調査を続けていたある日、警察庁特別監察官の倉木美希が自宅に戻る途中何者に襲われた。運よく大杉が駆けつけ軽傷で済んだが、美希のコートから百舌の羽が出てくる。
トップシークレットである過去の百舌事件と、ある商社の不正武器輸出。全く関係ないと思われたふたつの事象が交差する時、巨悪の存在が明らかになる・・・。驚愕と興奮のシリーズ7作目!

オススメのポイント
映画化が決定し話題沸騰の『MOZU』シリーズの最新刊です。紙の本とほぼ同時電子化予定。
ドラマと映画にどっぷりはまって、「百舌シリーズ」既刊全6冊のまとめ読みもぜひ。

6)湊かなえ 『白ゆき姫殺人事件』

湊かなえ 『白ゆき姫殺人事件』

ネット炎上と報道被害のサスペンス小説!電子版はタップ操作で資料にリンクする

湊かなえ 『白ゆき姫殺人事件』

(作品紹介)
化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

オススメのポイント
ご存じ湊かなえさんの傑作ミステリーです。映画化されて話題になりました。
ネットやSNSの怖さをテーマにした作品なので、電子書籍と相性が良いようで、ロングセラーになっています。紙で読むのもいいですが、ぜひキンドルで読み直ししてみるのも一興かと。

まとめ「電子ならではの小説の読み方がストーリーをより面白くさせる」

今回、Kindle文芸6作品をご紹介させていただきました。
みなさんはこの中の作品を読んだことがありましたか?
私は・・・、一冊もありませんでした!
どれも魅力的な作品ばかりで、どれから読み始めようか迷っているところです。

湊かなえ 『白ゆき姫殺人事件』の電子版は、読書の途中に物語の鍵を握る資料にリンクが飛ぶという紙ではできなかった読み方も楽しめます。これから電子ならではの小説の読み方が、ますます開発されていきそうです。
電子書籍の進化からも今後目が離せません!

<WEB>集英社デジタル出版室

<関連記事>

正しいマーケティングのための戦略と戦術は「銀河英雄伝説」で学んだ。アナグラム阿部圭司氏がオススメする【Kindle書籍この1冊】
ブックディレクター山口博之・選書!「育児・家族」がテーマのKindleマンガ5作品紹介!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp