AQUOS SH-M02を購入したら設定しておきたい7つのこと

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: AQUOS

AQUOS SH-M02を購入したら設定しておきたい7つのこと

国内メーカー製のSIMフリースマホはまだ数が多くありませんが、数少ないうちの1機種がこちら、AQUOS SH-M02(シャープ製)
防水・おサイフケータイ・赤外線通信といった安心な機能が付いた、かゆいところに手が届く仕様のスマホとなっています。

この記事では、SH-M02を購入したらまず設定しておきたい項目を7つに絞り、使い方をまとめました。

関連記事:

「3日持つ電池」におサイフケータイがうれしい!シャープSH-M02レビュー
ポイントはズバリ国産ならではの機能! g04がどんな人にオススメか検討してみた

目次:

1)SIMカードを挿入しよう

SIMスロットの場所やSIMカード挿入方法は端末によってそれぞれ。SH-M02の場合は本体上面部に挿入部分がありますので、こちらから挿入します。中にグレーのトレイがあるので引き出しましょう。

本体上部にキャップを開けるとトレイが取り出せる
本体上部にキャップを開けるとトレイが取り出せる

本機でも、電源を入れて数ステップ目にはSIMを挿入してくださいという指示が出ます。最初からSIMカードを挿入しておく方が楽でしょう。

格安SIMの端子部分を上に向けてトレイの上に載せます。SIMカードは切り欠きがあり、向きを間違えないようになっています。

SIMカードのウラオモテ、向きに注意
SIMカードのウラオモテ、向きに注意

トレイを押し込みましょう。カチッと入るわけではありませんが大丈夫です。

2)APNを設定しよう

格安SIMを挿入しただけではデータ通信はできません。というのは、初めて格安SIMを購入した方にはビックリすることかもしれませんね。端末起動後の「設定」アプリから通信をできるように設定が必要です。

設定アイコンをタップして設定アプリを起動し、「無線とネットワーク」の「もっと見る」をタップ。

設定アプリから「もっと見る」と進む設定アプリから「もっと見る」と進む
設定アプリから「もっと見る」と進む

「モバイルネットワーク」から「アクセスポイント名」をタップします。

「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」
「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」

右上の追加ボタンをタップしてAPNを設定します。

右上の追加ボタンをタップ
右上の追加ボタンをタップ

アクセスポイントの編集 画面が出てきます。こちらに必要事項を記入しましょう。

NTTドコモ系の格安SIMなら、

  • 名前
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

の5か所を正しく設定すれば利用できます。

たとえばIIJmioの場合、このように設定します。

  • 名前:任意の名前(例:IIJmio)
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザー名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:「PAPまたはCHAP」を選択
たくさん項目があるが、入力が必要なのは5ヶ所たくさん項目があるが、入力が必要なのは5ヶ所
たくさん項目があるが、入力が必要なのは5ヶ所

APNの設定が終わればデータ通信ができるようになります。

そのほかの格安SIMでも、購入時のパッケージやユーザー登録メール、Webサイトなどに設定項目が記されています。よく確認して入力しましょう。

3)画面のロックを設定しよう

安易に他の人に画面や重要な情報を覗かれないようにするために、スマホに保護をかけるのはとても大切です。

設定アプリから「ユーザー設定」の「ロックとセキュリティ」を選択しましょう。

設定アプリ→「ロックとセキュリティ」
設定アプリ→「ロックとセキュリティ」

詳細の設定画面が出てきます。本機では画面ロックに「スワイプまたはタッチ」「パターン」「ロックNo.」「パスワード」を設定することができます。

画面ロックの方法は4種類
画面ロックの方法は4種類

「スワイプまたはタッチ」はロック画面で南京錠のアイコンをスライドするだけでロックが解除できます。誰でも解除できますがいきなり操作画面にはならず誤操作を防げます。

「パターン」は、4つ以上の点を結ぶ一筆書きを設定します。複雑にもできますし、視覚的にもとらえやすいですね。

パターンを設定したら、以降同じパターンで解除しようパターンを設定したら、以降同じパターンで解除しよう
パターンを設定したら、以降同じパターンで解除しよう

「ロックNo.」は4桁から16桁の数字をパスワードにするものです。数字だけのため覚えやすいですが、パスワードよりは組み合わせの数が少なくなります。

「パスワード」は英字1文字以上を含んだ4桁から16桁の英数記号を指定するものです。英数字を設定できるため複雑にすることができます。

より複雑にしたいなら「ロックNo.」よりも「パスワード」
より複雑にしたいなら「ロックNo.」よりも「パスワード」

パスワードやパターンは忘れないように気を付けてください。

4)エコ機能を設定しよう

設定アプリから「省エネ&バッテリー」を選択し、さらに「エコ技設定」を選択すると様々なバッテリー節約設定画面が現れます。

設定アプリの「省エネ&バッテリー」→「エコ技設定」設定アプリの「省エネ&バッテリー」→「エコ技設定」
設定アプリの「省エネ&バッテリー」→「エコ技設定」

「詳細設定」のボタンをタップすることで、画面の明るさやアニメーション設定、バックライトの点灯などを制御することができます。

各項目の設定や制御が可能
各項目の設定や制御が可能

バッテリー残量が一定の残容量になったときに設定した「エコ技」を発動させるような設定も可能です。20%、40%、60%、80%の4タイミングを指定できます。

電池残量に応じて「エコ技」を発動できる電池残量に応じて「エコ技」を発動できる
電池残量に応じて「エコ技」を発動できる

また、「省エネ待受設定」では待受けで画面が暗くなっているときに裏で動作するアプリを制限することができます。

スマホを操作しているときにだけ確認できれば良いようなアプリは動作をOFFにしてバッテリーの持ちを良くしましょう。

OFFにすることでバッテリーの節約に
OFFにすることでバッテリーの節約に

「電池」ではどのアプリがどれだけバッテリーを使用したか、全体のバッテリーの利用具合がどのようなものかが分かります。

バッテリーの消費についてはこの画面から確認できる
バッテリーの消費についてはこの画面から確認できる

5)SHツールでスマホを便利に使う

かゆい所に手が届く機能が「SHツール」に含まれています。SHツールでどのようなことができるか確認してみましょう。

ホーム画面の「SHツール」のアイコンをタップします。すると基本の画面が出てきます。

「SHツール」を起動「SHツール」を起動
「SHツール」を起動
  • 会議の録音などに便利なボイスレコーダー
  • 画像や動画のデータにスムーズにアクセスできるコンテンツマネージャー
  • 健康管理に大切な歩数・消費カロリー計

それぞれタップすると、最初はアプリのインストールを求められたり、機能のONを要求されます。二回目以降はスムーズに機能にアクセスすることができるでしょう。

画面を横にスライドさせると

  • 名刺スキャン
  • QRコードスキャン
  • お店情報スキャン
  • 文字読み取り

の機能が現れます。

SHツールの「読み取り」機能
SHツールの「読み取り」機能

こちらは「SH読取カメラ」というアプリを利用し、初回はインストールを求められますが、2回目以降は自動的にアプリが起動されて利用できるようになります。

「SH読取カメラ」のインストール画面
「SH読取カメラ」のインストール画面

更に横にスライドさせると、辞書関連の画面が出てきます。こちらは内蔵の国語辞典・英和辞典・和英辞典から検索ができるのと、「ネット辞書 百科事典」でネットの百科事典から検索することもできます。

試しに内蔵の国語辞典で「携帯電話」を検索してみると、このような感じです。

「携帯電話」と検索してみた「携帯電話」と検索してみた
「携帯電話」と検索してみた

6)フィーチャーフォンなどと赤外線通信でデータをやり取りする

SIMフリースマートフォンでは珍しい赤外線通信ができる本機は、例えばフィーチャーフォン(ガラケー)から電話帳データを移行してくることができます
フィーチャーフォン同士で赤外線通信を行うのと同様に、端末の赤外線ポート同士を20センチ程度に近づけ、送信側・受信側で決めた認証コードを入力するだけです。

「赤外線送受信」でガラケーとデータのやりとりができる「赤外線送受信」でガラケーとデータのやりとりができる
「赤外線送受信」でガラケーとデータのやりとりができる
端末の赤外線ポート同士を20センチ程度に近づける
端末の赤外線ポート同士を20センチ程度に近づける

7)おサイフケータイを使う

海外製のSIMフリースマホではお目にかかれないおサイフケータイも本機ならではの特徴です。

おサイフケータイアプリを起動します。

あらかじめ「おサイフケータイアプリ」がはいっている
あらかじめ「おサイフケータイアプリ」がはいっている

イオンのポイントを利用できるWAON、コンビニなどの支払いが楽になる楽天Edy、スターバックスコーヒーのカードのおサイフケータイ版などが利用できますね。

利用できるサービスもアプリで確認できる利用できるサービスもアプリで確認できる
利用できるサービスもアプリで確認できる

8)まとめ

本機の特徴はおサイフケータイや赤外線通信ができることです。これらをSIMフリー機で利用したいというニーズがあるのであれば、本機を使用する意味があるといえるでしょう。SIMの挿入やAPNの設定などで苦労するかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

奥野大児

奥野大児

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。




特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン