iPhone、なくしました ── 「iPhoneを探す」の現実的な使い方

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone、なくしました

iPhoneの強力なセキュリティのひとつに「iPhoneを探す」という機能があります。これはGPSなどの位置情報を基にiPhoneの所在を確認したり、iCloud経由でロックをかけたりアラームを鳴らしたりできるすぐれものです。

実は私、先日自分のiPhoneを紛失しました。「iPhoneを探す」のおかげで無事取り戻すことができたのですが、思っていたような使い勝手とは少々異なり、意外と不便だったことにびっくりしました

どうも「iPhoneを探す」は、紛失してからあわてて使うものではなく、日頃から準備を整え、紛失した際にどう行動するかを前もって決めておかないと、いざという時に十分に機能を使いこなせないようです。

ここでは自分自身の反省も踏まえ、どのように準備しておくといいかをまとめておきたいと思います。

目次:

iPhoneで準備しておくこと

iPhoneの「設定」-「iCloud」-「iPhoneを探す」から、「iPhoneを探す」がオンになっていることを確認しておきましょう。

「iPhoneを探す」をオンに
「iPhoneを探す」をオンにする

デフォルトではオンですが、ここをオフにするとiPhoneの所在を探せなくなります。この場合は、傘や財布など一般的な紛失物と同じ探し方になります。

「iPhoneを探す」をオフに
「iPhoneを探す」をオフにしている場合

「位置情報サービス」はオフにしていても大丈夫です。「iPhoneを探す」でiPhoneを「紛失モード」にすると、強制的に「位置情報サービス」をオンにできます。

「位置情報サービス」はオフにしていても大丈夫
「位置情報サービス」はオフにしていても大丈夫

探すためのモバイルデバイスを用意しておく

モバイルデバイスを用意

「iPhoneを探す」を十分に活用するには、電話を受けることができて持ち歩けるモバイルデバイスがあるとベストです。例えば、

  • iPhone
  • キャリア通信の使えるiPad
  • Androidスマートフォン

などですね。

Androidスマートフォンのブラウザからは、原則としてiCloudサイトを閲覧できません。

iCloudサイトを閲覧できません
iCloudサイトを閲覧できません

しかし、「Find My iPhone free via icloud」や「Find iPhone Android Phone: xFi」など、非公式ながらAndroid版「iPhoneを探す」が公開されており、iOSアプリ「iPhoneを探す」とほぼ同様に利用できます。

Android版「iPhoneを探す」
Android版「iPhoneを探す」

「iPhoneを探す」はWebサイトにせよアプリにせよ、マップの表示にネット通信を利用します。移動しながらネット通信を行うには、Wi-Fiではやはり不便です。Wi-Fi通信のみのiPadで探すなら、別途モバイルルーターなどがあった方がいいでしょう。

「紛失モード」に切り替えて画面ロックをかけると、紛失したiPhoneに「連絡をお願いする画面」が表示されます。この画面にはタップで発呼できる電話番号も表示されますので、拾った人から電話がかかってくる可能性があります。ですから、iPadやモバイルパソコンで「iPhoneを探す」を使うなら、ガラケーなどすぐに出られる電話を持っておいた方が便利です。

連絡をお願いする画面
連絡をお願いする画面

一人で2台以上のモバイルデバイスを持っていることはあまりないと思いますので、スマートフォンを持っている家族や友人に協力してもらうのが一般的な対処となるでしょう。
アプリをインストールし、ロック画面に電話番号を表示し、スマートフォンを借りるか紛失場所まで同行してもらうことになりますので、紛失してからあわててお願いしてもすぐに協力してもらえるとは限りません。

日頃からお願いしておき、いざというときにすぐに行動できるような状況を作っておくといいでしょう。

iPhoneを探す練習をする

iPhoneを探す練習をする

実際にiPhoneを紛失すると、思っているより大きな精神的ダメージを受けます。私も「たいした情報は入っていないしなくてもいいかな」などと軽く考えていたのですが、いざ紛失すると「もう一度買うと高価だし、万が一盗まれるととても悔しい」と、自分でも意外なほどに動揺しました。

このような精神状態でiPhoneを探すのは、なかなか冷静になれずむずかしいように思います。

iPhoneが手元にあるうちに、一度探し出す練習をして、手順を理解しておくといいでしょう。協力者がいるなら、ロールプレイ気分で練習しておくと、いざというときにスムーズに協力してもらえて一石二鳥です。

最初にiPhoneをロックする

紛失したことに気づいたら、最初にするのは「紛失モードの実行」です。画面をロックしておけば、中を見られたり勝手に電話をかけられたりする可能性を大幅に下げられます。

「紛失モード」の実行は、「iPhoneを探す」アプリがインストールされているモバイルデバイスか、ネットに接続されているパソコンのブラウザから操作が可能です。自宅でもネットカフェでも構いませんので、最寄りのネット環境からiCloudに接続しましょう

パソコンブラウザを使うのであれば、まずはiCloudサイトにアクセスし、紛失したiPhoneと同じApple IDでサインインします。メニューが表示されたら「iPhoneを探す」アイコンをクリックします。

マップが表示されたら、「すべてのデバイス」をクリックして表示されるデバイスの一覧から、紛失したiPhoneを選択します。

紛失したiPhoneを選択
紛失したiPhoneを選択

デバイスが表示されると操作メニューが表示されますので、「紛失モード」アイコンをクリックします。

「紛失モード」アイコンをクリック
「紛失モード」アイコンをクリック

ロック画面に表示する電話番号とメッセージの文章をそれぞれ入力して「完了」をクリックすれば、「紛失モード」が開始されます。

電話番号を入力
電話番号を入力
メッセージを編集
メッセージを編集
「紛失モード」が開始
「紛失モード」が開始

紛失モードにすると、iPhoneのロック画面に連絡先の電話番号とメッセージが表示されるようになります。また、位置情報サービスがオフであっても強制的にオンになり、マップ上にiPhoneの所在が表示されるようになります。

これは、iOSアプリ「iPnoneを探す」でも、同じ操作が行えます。

iOSアプリでも同じ操作
iOSアプリでも同じ操作

iPhoneを追いかける

あとは、マップ上の所在に従って、紛失したiPhoneの場所まで行くだけです。

所在が刻々と移動しているような場合には、ときどきリロードして位置情報を最新に更新するといいでしょう。アプリなら画面右上のアイコンをタップ、パソコンブラウザであればF5キーを押すことで最新の位置情報に更新されます。

ときどきリロード
ときどきリロード

刻々と位置が移動しているような場合は、電車やバス、タクシーなどの交通機関内に置き忘れた可能性があります。紛失するまでの自分の足取りから推測し、可能性のある交通機関に探してもらいたいと連絡を取った方がいいでしょう。

位置情報がうまくつかめられない場合は、地下にある店舗や古い建物など、GPSやモバイル通信の電波が届きにくい場所にある可能性があります。この場合は「iPhoneを探す」機能はほぼ無力になりますが、紛失するまでの自分の足取りの中から電波の届きにくい施設などにあたりをつけて問い合わせることができます。

数時間探しても見つからなければ、契約している携帯電話会社に連絡して回線を一時的に停止してもらいましょう。通話やアプリその他の購入、課金サービスの無断使用などの悪用を防ぐことができます。ただしこの対処を行うと「iPhoneを探す」機能も使えなくなりますので、探すのをあきらめてからの方がいいでしょう。

最後に:無事に見つかったらしておくべきこと

無事に見つかったら

「iPhoneを探す」は本当に強力で、紛失した当日であればかなりの確率で見つけることができるように思います。

無事に見つかったら、最初に行うべきは「再発の防止」です。なぜ紛失してしまったかの原因を考え、同じような理由で再び紛失しないように防止策を考えましょう。

私の場合はポケットに穴が空いており、するりとバスの中に落としてしまっていました。
それに気づかず、せっかく取り戻したiPhoneを、帰宅するまでに再度落として大慌てするはめになりました。

「なぜ紛失したか」を落ち着いて考える重要性が身に染みました……。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

パソコン、ネット、スマホなどのデジタル関連書を得意分野とする編集プロダクション。スマホはiPhone 3GとIS03、タブレットは初代iPadから手がける。