ミニマリストはもう使っている!? 生活が劇的にシンプルになるおサイフケータイの使い方

書いた人: 藤原達矢

カテゴリ: スマホの基礎知識, ライフハック

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニマリストはもう使っている! 生活が劇的にシンプルになるおサイフケータイの使い方

突然ですが、「ミニマリズム」という言葉をご存知でしょうか?1960年代から主に音楽や美術などの分野に用いられている概念で、派手な装飾や色彩を最小限に抑える表現技法を指します。最小限主義とも。

物が溢れる現代では、そんなミニマリズムを日常生活に当てはめる動きが広まりつつあります。本当に必要なモノ以外は手放して、シンプルなライフスタイルを目指す人が増えてきているのだそう。その生き方が「ミニマリスト」と表現されています。

そうやって考えてみると、スマホはミニマリズムを手助けしてくれるツールと言えるかも知れませんね。本は電子書籍に代わったり、手帳はスケジュールアプリに代わったりと、部屋やカバンの中でスペースを取っていた物は、今やスマホ1台に収まってしまいます。

一方、普段の買い物での支払いを現金やカードで済ませている方も多いのではないでしょうか。しかし、今はスマホで電子マネーが使える時代。ミニマリストの考えに則れば使わない手はありません。
駅やコンビニ、スーパーでも利用できるので、うまく使いこなせばさまざまなメリットがあります。

そこで今回は、スマホで電子マネーが使える「おサイフケータイ」に注目しました。Suicaやnanacoなどのカード類もスマホに集約できれば、支払いだけでなくお金の管理もよりスマートに行えるでしょう。

概要や利用シーン、使うメリットなどをまとめたのでご紹介します。

目次:

もう財布を持つ必要なし? おサイフケータイを改めておさらい

すでに一般的にも広まった「おサイフケータイ」を、今一度おさらいしてみましょう。

おサイフケータイとは、非接触型ICチップ「FeliCa(フェリカ)」を内蔵した携帯電話の総称のこと。みなさんが普段使っているカード型の「Suica」や「PASMO」などにもFeliCaが埋め込まれおり、これが搭載されているスマホは電子決済サービスが使えます。決済の仕組みは同じで、「かざす」だけでOK。

おサイフケータイがあれば、例えばちょっとコンビニに行く際も、財布を持ち出す必要はありません。それだけでなく、これまでは自動券売機などで確認するしかなかった面倒な残高確認や出金明細もスマホでチェックできて、非常に便利です。

対応している主なサービスは以下の通りです。

楽天Edy

楽天Edy

楽天が運営する電子マネーサービスです。加盟店は国内最大級で、コンビニやスーパー、家電量販店など全国40万店以上の加盟店で利用できます。

Androidアプリ:Google Playダウンロード
対応店舗:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyが使えるお店を探す

モバイルSuica

モバイルSuica

JR東日本の交通系ICカード「Suica」のモバイルサービスです。電車に乗るときはカード同様、スマホを自動改札機にタッチするだけで入出場できます。改札を通るたびに財布を出さなくていいので、とてもラクですね。

Androidアプリ:Google Playダウンロード
対応店舗:JR東日本:Suica電子マネーライフ > 使えるお店 > 駅ナカショップ一覧

nanacoモバイル

nanacoモバイル

セブン&アイホールディングスが運営する「nanaco」カードもおサイフケータイで利用できます。グループのセブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、レジャー施設の「ROUND1」や「ヤマト運輸」などで使えます。

Androidアプリ:Google Playダウンロード
対応店舗:電子マネー nanaco 【公式サイト】 : nanacoが使えるお店

モバイルWAON

モバイルWAON

イオンが運営する電子マネー「WAON」のモバイルサービス。全国のイオングループ店舗で利用できるほか、ファミリーマートなどのコンビニやドラッグストアでも利用可能です。支払完了時には「ワオン!」と犬の鳴き声が響きます。

Androidアプリ:Google Playダウンロード
対応店舗:使えるお店を探す|WAONを知りたい|電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

iD

iD

NTTドコモが発行する電子マネーです。クレジットカードに搭載されており、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。スーパーやコンビニはもちろん、タクシーやレンタカーなど、幅広いサービスで利用できます。

Androidアプリ:Google Playダウンロード
対応店舗:「iD」が使える主なお店 – 「iD」ってどこで使えるの?|ドコモの「iD」

おサイフケータイがあれば、電車に乗って、コンビニやスーパーで買い物する程度なら、財布を出さずに1日過ごせてしまいます。気づいたら、現金で支払う機会がどんどん減っていきそうですね。

購入前に確認しよう おサイフケータイ対応機種

対応機種の確認方法

おサイフケータイを利用するには、FeliCaが内蔵されているスマホを選ぶ必要があります。対応機種は、各キャリアとも一覧で提示しているので、購入前に確認しましょう。それ以外の、たとえば格安スマホを購入する際も、ショップなどで店員さんに聞けば確実です。

iPhoneで使うには

iPhoneでおサイフケータイが使える

上記の対応機種を確認してみても、iPhoneが見当たりません。じつはiPhoneにはFeliCaが内蔵されておらず、単体では使えません
しかし、2014年10月にdocomoから発表された、スマホカバー型の「おサイフケータイジャケット」が機能を代替してくれます。カバー型のため、auやSoftbankで購入した端末でも利用可能です。

おサイフケータイジャケット

FeliCaのICチップを搭載したスマホカバーとiPhoneをBluetoothで接続し、専用アプリ「おサイフリンク」で電子マネーを登録して使用します。ただし、対応機種はiPhone5s以降となっています。また、対応する電子マネーは以下の通りです。

  • 楽天Edy
  • ID
  • QUICPay
  • ANA スキップサービス
  • ヨドバシカメラ ゴールドポイントカード
  • ローソンモバイル Ponta ※今後提供予定(時期未定)

交通系のSuicaが非対応なのは残念ですが今後に期待しましょう。

購入ページ:

おサイフケータイ ジャケット|ドコモオンラインショップ

こんな使い方ならカッコイイかも!おサイフケータイはこんな場面で使えます

コンビニのレジにスマホをかざして「シャリ〜ン♪」と電子音を響かせている人を見たことがあると思います。おサイフケータイならワンタッチで支払いが完了するので、小銭の準備で時間がかかっている人に比べて、スマートでカッコイイですよね。

そんな、スマートでカッコイイ利用シーンをご紹介したいと思います!

定期券をスマホに入れて自動改札機をスマートに通過

定期券をスマホに入れて自動改札機をスマートに通過

電子マネーでもっとも使う機会が多いのは、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードではないでしょうか。通勤など普段の利用はもちろん、新幹線のチケットもスマホで購入してそのまま入場できるので、みどりの窓口に並ぶ必要はありません。旅行でも大活躍ですよ。

ワンタッチで完了!タクシーの支払いもスマートに

ワンタッチで完了!タクシーの支払いもスマートに

タクシーは現金の支払いに時間がかかりますよね。狭い空間でレジもないため仕方ありませんが、同乗者がいるときは、なるべく早く済ませたいところ。特にタクシーを利用するときは急いでいる場合も多いので、サッと会計を済ませられるおサイフケータイは重宝します。

デートや接待での支払いもスマートに。現金払いで手間取る心配なし

デートや接待での支払いもスマートに。現金払いで手間取る心配なし

デートや接待などでは、お店の支払いもスマートにこなしたいところです。おサイフケータイに対応している飲食店も増えてきているので、積極的に利用しましょう。支払いがスムーズになるのはもちろん、現金の用意を忘れた場合も安心です。

いつも利用するコンビニの支払いをよりスムーズに

いつも利用するコンビニの支払いをよりスムーズに

おサイフケータイならスマホをかざすだけで、支払いが完了します。小銭を数える、支払う、お釣りを受け取る、というプロセスが省かれると、思ったよりスピーディです。特にレジが混雑しているときは、スムーズに支払いを済ませて颯爽と店を出ていく姿がスマートに映るでしょう。

チケットレスで飛行機へ!搭乗もスマートに

JAL国内線 - JALタッチ&ゴーサービス
JAL国内線 – JALタッチ&ゴーサービスより

飛行機に乗る際もチェックインの手続きや搭乗口をスマホで1台で通過できます。電子マネーの機能はないため、支払いはクレジットカード等で行いますが、紙のチケットも印字する必要はなく便利ですね。おサイフケータイで搭乗する人はまだまだ少ないので、使うだけで注目を集められますよ。

紹介した通り、おサイフケータイは、さまざまなシーンで使えます。多額の現金やカードを持ち歩く必要もないので、ミニマリズムの考えにも当てはまりますね。

まとめ おサイフケータイを使うとこんなに便利! しかし注意点も…

おサイフケータイについてのおさらい、対応機種、主な利用シーンをご紹介してきました。
しかし、気をつけておきたい「おサイフケータイの注意点・デメリット」も存在します。

おサイフケータイは端末をかざせば誰でも使えるため、スマホを落とした場合は、買い物などで悪用される危険性が高まります。悪用を防ぐには各サービス会社に連絡して利用停止の措置を取る必要があり、非常に面倒です。
「画面ロック」を設定したり、あわせて「画面の自動点灯オフ」を短めに設定しておくだけでも、少なくとも効果はあります。電子マネーの機能を集約しているぶん失くした場合のリスクは大きいので、おサイフケータイを利用する方は今まで以上にスマホを厳重管理しましょう。

以上の点さえ気をつけておけば、おサイフケータイはとても便利な機能になるはず。いつも支払いに時間がかかってしまう方や財布がカード類でパンパンになっている方は、一度体験すると病みつきになるでしょう。

スマホの紛失にはより注意しなくてはいけませんが、ちょっとでも興味を持った方はぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

IT企業勤務を経て、編集プロダクション・アバンギャルドのライターに。最近はスマホ関連の記事を中心に執筆。広角レンズを一眼レフに付けてあちこち旅するのが趣味。今後旅行関連の仕事も増やすべく、現在奔走中。