個人でもビジネスでも!LINEの公開型アカウント「LINE@」の使い方

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
個人でもビジネスでも!LINEの公開型アカウント「LINE@」の使い方

LINEをWebマーケティングに活用できる「LINE@(ライン アット)」をご存知だろうか。該当のアカウントを友だち登録した人に対し、メッセージの自動送信や一斉送信などができる。

飲食店や小売店などの店舗が消費者とコミュニケーションしたり、集客したりするのに役立つツールであるが、実は個人ユーザーでも使うこともできる。そのためブログをよく読んでくれるファンとLINEで繋がって交流するなどの使い方が可能だ。

ここでは「LINE@」でできることやその使い方を説明していこう。

関連記事:

こんなにあったんだ!知られざるLINEの便利なサービスまとめ

目次:

そもそもLINE@では何ができるのか

マーケティングツールと言われても、「LINE@」では何がきるのかいまいちピンと来ない。そこで、まずはLINE@で出来ることを整理しておこう。

  • 豊富なメッセージ送信機能(自動返信や一斉送信など)
  • 友だち登録してくれた人数を時系列で確認
  • クーポンや写真ギャラリーなどの情報提供

「LINE」と比べて、複数の友だち宛てに一斉にメッセージを送ったり、特定のキーワードがメッセージに含まれていたらそのキーワードに対応するメッセージを自動で返信したりできるのが「LINE@」の特徴だ。

ほかには、友だち登録した人数を確認する機能や、オリジナルの写真ギャラリーを作る機能、LINE限定のクーポンを作る機能などがある。アカウントを持っている人がPRのために広く情報発信するときに使える。

LINE@はLINEとは別アプリ

LINE@を使うには、LINEとは別に登録が必要だ。LINE@からLINEへログイン後、LINE@用のアカウント名やプロフィールの設定を行う。

LINE@アプリをインストールしたらLINEアプリに連携して自動ログインLINE@アプリをインストールしたらLINEアプリに連携して自動ログイン
LINE@アプリをインストールしたらLINEアプリに連携して自動ログイン
「LINEログイン」でメールアドレスを使ったログインも可能
「LINEログイン」でメールアドレスを使ったログインも可能
ログイン後、名前や業種を選択。個人で使う場合は主業種に「個人」を選択
ログイン後、名前や業種を選択。個人で使う場合は主業種に「個人」を選択
LINE@の管理画面。ここでメッセージの自動送信機能を設定したり友だち数を調べたりする
LINE@の管理画面。ここでメッセージの自動送信機能を設定したり友だち数を調べたりする
管理画面は複数の人がアクセス可能。「メンバー・アカウント管理」でアクセスできるメンバーを追加できる
管理画面は複数の人がアクセス可能。「メンバー・アカウント管理」でアクセスできるメンバーを追加できる
LINEと同じように友だち登録された人とトークしたり、ホーム画面に画像やメッセージを投稿することも可能LINEと同じように友だち登録された人とトークしたり、ホーム画面に画像やメッセージを投稿することも可能
LINEと同じように友だち登録された人とトークしたり、ホーム画面に画像やメッセージを投稿することも可能
ちなみに、手動でトークするには「1:1トークモード」をオンにして自動応答をオフにする
ちなみに、手動でトークするには「1:1トークモード」をオンにして自動応答をオフにする

複数ユーザーとのコミュニケーションが可能なメッセージ機能

LINE@には、LINEの基本であるトーク画面でのメッセージ機能がたくさんある。主な機能を順に紹介しよう。

  1. 友だち登録してくれた人に自動返信
  2. 特定のキーワードに対して自動返信
  3. 友だちへメッセージを一斉送信
自動応答は、「応答モード」から設定を行う
自動応答は、「応答モード」から設定を行う

1. 友だち登録してくれた人に自動返信

「応答モード」の設定画面で「友だち追加時あいさつ」をタッチしてメッセージを入力する。メッセージはトーク画面と同じように、5メッセージ(フキダシ5個分)まで入力できる。

友だち追加時あいさつの画面。自己紹介などを入力するとよい
友だち追加時あいさつの画面。自己紹介などを入力するとよい

2. 特定のキーワードに対して自動返信

キーワード応答メッセージ」をセットすれば、メッセージに特定のキーワードが含まれているときに限り返信するメッセージがセットできる。キーワードは複数セット可能。

メッセージのセットはトーク画面と同じ。キーワードは主となるキーワードに加えて、追加キーワードをセットしていくメッセージのセットはトーク画面と同じ。キーワードは主となるキーワードに加えて、追加キーワードをセットしていく
メッセージのセットはトーク画面と同じ。キーワードは主となるキーワードに加えて、追加キーワードをセットしていく
キーワード応答の例。「プロフィール」という特定のキーワードに引っかかったので、それに対応するメッセージを自動応答
キーワード応答の例。「プロフィール」という特定のキーワードに引っかかったので、それに対応するメッセージを自動応答

3. 友だちへメッセージを一斉送信

友だち登録してくれた人全員に一斉でメッセージを送れる。一斉に送れるというのがポイントでイベント告知などを1回送信するだけでみんなに教えられて、メッセージ送信操作がラク。

メッセージ送信は管理画面の「メッセージ」→「新規メッセージ作成」の順にタップメッセージ送信は管理画面の「メッセージ」→「新規メッセージ作成」の順にタップ
メッセージ送信は管理画面の「メッセージ」→「新規メッセージ作成」の順にタップ
メッセージは送信時間の指定が可能で、一度に3メッセージまで送れる。1メッセージならホーム画面に同時投稿も可能。メッセージは月1000通まで無料メッセージは送信時間の指定が可能で、一度に3メッセージまで送れる。1メッセージならホーム画面に同時投稿も可能。メッセージは月1000通まで無料
メッセージは送信時間の指定が可能で、一度に3メッセージまで送れる。1メッセージならホーム画面に同時投稿も可能。メッセージは月1000通まで無料

統計情報で友だち数を確認

「統計情報」では友だち登録してくれた人がいま何人いてどのくらい増えたかを調べられる。ブログでアカウントの存在を告知したら何人友だちが増えたとか、ある投稿をしたら解除してしまった友だちが何人いるか、といった情報を調べるのに役立つ。

管理画面で統計情報をタッチするとみられる。推移では指定期間の友だち増減がわかる
管理画面で統計情報をタッチするとみられる。推移では指定期間の友だち増減がわかる

情報提供でさらなる付加価値を付けることも

個人で使う機会は少ないかもしれないが、お得なクーポン情報を提供したり、写真ギャラリーで自分の撮った写真を並べたりできる。もし個人でお店などを持っていたらその店内の写真などを掲載して集客に役立てられる。

管理画面の「メンバー・アカウント管理」をタッチして、情報提供する項目を選ぶ。クーポンを選んだ場合は、タイトルや条件などを入力管理画面の「メンバー・アカウント管理」をタッチして、情報提供する項目を選ぶ。クーポンを選んだ場合は、タイトルや条件などを入力
管理画面の「メンバー・アカウント管理」をタッチして、情報提供する項目を選ぶ。クーポンを選んだ場合は、タイトルや条件などを入力
友だちがこれらの情報を参照するには、アカウントのホーム画面で「詳細情報」をタップ友だちがこれらの情報を参照するには、アカウントのホーム画面で「詳細情報」をタップ
友だちがこれらの情報を参照するには、アカウントのホーム画面で「詳細情報」をタップ

まとめ:一括してメッセージ配信できるのが便利

フリーで活動するデザイナーなどが自分をアピールしたり、個人ブロガーがLINEでのコミュニケーションを効率よくしたりできる「LINE@」。

1,000通以上のメッセージ配信は、50,000通までなら月額5,400円(税込)で使え、それ以上だと5,400円+1通当たり1.08円(税込)の従量課金となる。ブログなどの補助ツールとしてLINE@を使ってみてはいかがだろうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

パソコン、ネット、スマホなどのデジタル関連書を得意分野とする編集プロダクション。スマホはiPhone 3GとIS03、タブレットは初代iPadから手がける。