UPQ Phone A01を購入したら確認・設定したい7のこと

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UPQ Phone A01を購入したら確認・設定したい7のこと

秋葉原発の家電ブランドUPQ(アップ・キュー)より発売されている同ブランドのSIMフリースマートフォン「UPQ Phone A01」。今回はこのUPQ Phone A01を購入したらはじめに確認・設定しておくとより便利に使えるであろう項目を7つ紹介します。

これから使いはじめる人も、既に使い始めているという人も、ぜひ一度目を通してみてください。

目次:

使用するSIMのAPN情報を設定する

UPQ Phone A01が初めて使うSIMフリー端末という人もいるでしょう。SIMフリー端末では基本的に端末本体とSIMカードを別に準備し、SIMカードを端末に挿した後、自分で「APN設定」と呼ばれる通信を行うための設定をする必要があります。今回はこの手順から説明していきます。

設定画面を開いたらまずは【もっと見る】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順にタップします。

【もっと見る】の項目は設定画面の上から5番目
【もっと見る】の項目は設定画面の上から5番目
【モバイルネットワーク】を選択
【モバイルネットワーク】を選択
【アクセスポイント名】を選択
【アクセスポイント名】を選択

登録されているAPNがリスト形式で並ぶ画面が表示されたら、画面右上にある プラスマーク をタップ。

メニューアイコンと検索アイコンの間にある+マークを選択
メニューアイコンと検索アイコンの間にある+マークを選択

ここに挿して使用するSIMカードのAPN情報を入力します。入力する必要がある項目数は契約している回線業者によって異なりますが、少なくとも最低限入力する必要があるのは【APN】【ユーザー名】【パスワード】【認証方式】の4点。全て入力し終えたら右上のメニューボタン(点が縦に3つ並ぶボタン)をタップします。

APN(アクセスポイント名)情報の設定画面
APN(アクセスポイント名)情報の設定画面

ここでしっかり【保存】を選択することを忘れないようにしましょう。すべて入力したからといってそのまま戻るボタンで戻ってしまうと、せっかく入力した情報がすべて消えてしまいます。

【保存】を忘れずにタップすること
【保存】を忘れずにタップすること

【保存】をタップすると先ほどのAPNがリスト形式で並ぶ画面に戻りますので、最後に今設定したAPN名を選び、名前の右横にチェックが入っていることを確認しましょう。これでAPN情報の設定は完了です。

使用するAPN名を選択することも忘れずに
使用するAPN名を選択することも忘れずに

テザリング情報を設定する

外出先でのスマホの用途として最近多くなってきているもののひとつがテザリング。これも一番最初にテザリングのAPN名と接続に必要なパスワードを自分で覚えられる任意のものに設定しておくと、以後分かりやすく便利に使うことができます。テザリングを使う予定のある人は忘れず設定しておくとよいでしょう。

テザリングの設定も項目自体は前述のAPN情報の設定同様、設定画面の【もっと見る】の項目内に用意されています。【もっと見る】→【テザリングとポータブルアクセスポイント】→【Wi-Fiアクセスポイント】と順にタップしてきます。

【テザリングとポータブルアクセスポイント】→【Wi-Fiアクセスポイント】の順に進む【テザリングとポータブルアクセスポイント】→【Wi-Fiアクセスポイント】の順に進む
【テザリングとポータブルアクセスポイント】→【Wi-Fiアクセスポイント】の順に進む

Wi-Fiアクセスポイントと表示される画面が開いたら【Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ】の項目を選択します。ちなみにテザリングのON/OFFはこのWi-Fiアクセスポイントの画面にて行ないます。

テザリングのON/OFF切り替えもこの画面から行なうので覚えておくと便利
テザリングのON/OFF切り替えもこの画面から行なうので覚えておくと便利

テザリング用のAPN情報のセットアップ画面ではテザリング時に接続先の名前として使用する【ネットワーク名】、接続時に入力する【パスワード】の2点だけ最低限設定しておけばよいでしょう。入力が終わったら右下の【保存】をタップ。

テザリング用APN情報の設定画面
テザリング用APN情報の設定画面

これで設定は完了です。

視覚効果を自分にあったものに調整する

UPQ Phone A01には画面の明るさ以外にも、ユーザーの好みに合わせて画面表示を調整できる「MiraVision」と呼ばれる機能が搭載されています。こちらも実際に画面の見やすさに関係してきますので、確認しておくとよいでしょう。

設定画面より【ディスプレイ】→【MiraVision】の順に選択します。

MiraVisionはディスプレイの項目内で設定するMiraVisionはディスプレイの項目内で設定する
MiraVisionはディスプレイの項目内で設定する

MiraVisionの設定画面が表示されたら、左上のメニューボタンをタップ。すると設定できる項目がいくつか表示されますが、事細かく設定しないのであれば弄るのは【ピクチャーモード】と【ダイナミックコントラスト】の2つ。

MiraVisionの画面でメニューボタンをタップすると設定できる項目が表示されるMiraVisionの画面でメニューボタンをタップすると設定できる項目が表示される
MiraVisionの画面でメニューボタンをタップすると設定できる項目が表示される

【ピクチャーモード】では主に画面に表示される色味を【標準】【鮮やかな】【ユーザーモード】の3つから選択できます。ここで【ユーザーモード】を選択すると、先ほどのメニューでグレーアウト(灰色表示)されていた他の項目も手動で選択可能です。

ピクチャーモードの設定画面
ピクチャーモードの設定画面

一方【ダイナミックコントラスト】では、機能をONにすることで、画面に表示される画像のコントラストをよりはっきりとわかる強調されたものに変更することが可能です。スイッチをON/OFFを切り替えると画面下に表示されている画像の色味が変わるので、好みに合わせて設定するとよいでしょう。

ダイナミックコントラストの設定画面
ダイナミックコントラストの設定画面

ジェスチャー操作を設定する

UPQ Phone A01には「Smart motion」と呼ばれるジェスチャーで端末を操作できる機能が搭載されています。自分の使い方に合えば非常に便利に使うことができる機能ですので、実際に使う・使わないは別にして、はじめにどんな機能がジェスチャーで呼び出せるのかを確認しておくのがよいでしょう。

設定画面のより【Smart motion】をタップします。

Smart motionの表示を探す
Smart motionの表示を探す

Smart motionの画面は残念ながらUPQ Phone A01では日本語可されていません。機能のON/OFFをは右のスイッチをON/OFFはすることで切り替えられます。また各機能が何を意味しているのかの説明は機能名をタップすることでイラスト付きの解説を表示することが出来ます。

Smart motionの設定画面
Smart motionの設定画面

今回は6つあるこの項目でそれぞれ何ができるのかも合わせて説明しておきます。

ひとつ目の「Action unlock」はディスプレイが点灯しロック画面が表示されているで端末本体に手のひらをかざす(手のひらを左右に振る)とロック解除ができる機能。

Action unlock
Action unlock

ふたつ目の「Smart answer」は音声着信時に端末を耳にあてるとそのまま受話(通話開始)ができる機能。

Smart answer
Smart answer

3つ目の「Answer by swing」は音声着信時に端末本体を縦に振ると受話(通話開始)できる機能。

Answer by swing
Answer by swing

4つ目の「Smart switch」はスピーカーフォンモード(話し相手の声がスピーカーで大きく再生されるモード)で通話中に端末本体を耳にあてると、通常の通話モードに切り替えることができる機能。

Smart switch
Smart switch

5つ目の「Smart call」は純正の電話帳アプリで通話したい相手の連作先を表示している状態で端末本体を耳にあてると通話発信が行える機能。

Smart call
Smart call

6つ目の「Turn to silence」は音声着信があった際、着信音を消したい場合に端末本体を伏せておくと着信音の再生を止められる機能です。

Turn to silence
Turn to silence

緊急事態用のメッセージ送信機能を設定する

UPQ Phone A01には「Emergency rescue」と呼ばれる、緊急時に端末の音量アップキーと音量ダウンキーを3秒間同時に長押しすることで予め設定した連絡先に緊急事態用のメッセージを送信できる機能が搭載されています。なるべく使う機会は訪れてほしくないこの機能ですが、必要に応じて事前に設定しておくとよいでしょう。

設定画面より【Emergency rescue】の項目をタップします。

【Emergency rescue】は設定画面の中段やや下あたりにあります
【Emergency rescue】は設定画面の中段やや下あたりにあります

こちらが【Emergency rescue】の設定画面。機能の設定(ON/OFFや各機能の動作内容)は画面下の項目から設定します。

【Emergency rescue】の設定画面
【Emergency rescue】の設定画面

こちらも表記がすべて英語になってしまっているので、各項目で設定できる内容を解説しておきます。

まず一番上の「Emergency rescue」ではそもそもこの機能のON/OFFを設定できます。この機能自体を必要しない場合、誤動作が怖い場合などはここで設定をOFFにしておくのがよいでしょう。

Emargency rescue機能のON/OFFや各機能のを設定Emargency rescue機能のON/OFFや各機能のを設定
Emargency rescue機能のON/OFFや各機能のを設定

「Edit emergency message」では、緊急時に送信するメッセージの内容を自由に設定することができます。

送信するメッセージの内容を設定送信するメッセージの内容を設定
送信するメッセージの内容を設定

「Message interval」では、Emergency rescueを起動した際にメッセージを送信する頻度を設定できます。「Once」は1回、「Every 10 minutes」は10分おき、「Every 20 minutes」は20分おきを意味しています。

メッセージを送る頻度を設定メッセージを送る頻度を設定
メッセージを送る頻度を設定

「Emergency contacts」では、メッセージを送る相手を最大4人まで指定することができます。

メッセージを送る相手を指定メッセージを送る相手を指定
メッセージを送る相手を指定
指定できる相手は最大4人まで。設定するには相手の電話番号が登録されている必要あり
指定できる相手は最大4人まで。設定するには相手の電話番号が登録されている必要あり

Google日本語入力の入力方法を設定する

UPQ Phone A01にプリインストールされているGoogle製の日本語入力アプリ「Google日本語入力」は変換も非常に賢いほか、使う際の設定を細かく設定することも可能です。その中でも日本語文字入力をよりやりやすくするため、最低限トグル入力(ガラケーのようにボタンを押す回数で入力する文字を選ぶ方法)とフリック入力(ボタンをスワイプすることで入力する文字を選ぶ方法)のON/OFFを確認しておくとより便利に使うことができます。

設定画面より【言語と入力】→【Google日本語入力】と進みます。

Google日本語入力の設定は【言語と入力】の項目にてGoogle日本語入力の設定は【言語と入力】の項目にて
Google日本語入力の設定は【言語と入力】の項目にて

Google日本語入力の設定画面が表示されたら【ソフトウェアキーボードの詳細設定】→【入力スタイルの設定】と進みます。

【入力スタイルの設定】を探してタップ【入力スタイルの設定】を探してタップ
【入力スタイルの設定】を探してタップ

ここで入力スタイルを選択できますので、自分が使うものが予め決まっている場合はそれのみを有効に、トグル入力(ケータイ打ち)とフリック入力いずれも使う場合は【ケータイ+フリック入力】を選択しましょう。

自分の使う入力方法を選択
自分の使う入力方法を選択

スケジュールに沿った電源の自動ON/OFFを設定する

就寝中に携帯の着信音などで起こされるのが嫌、といった人はデフォルトで搭載されている【電源ON/OFFのスケジュール設定】機能を使うと寝る前に電源OFF→起床時に電源ONといった操作を手動で行う必要がなくなります。

設定画面から【電源ON/OFFのスケジュール設定】をタップします。

設定画面の下から4番目にある
設定画面の下から4番目にある

あとは目覚ましなどのアラームを設定する要領で電源をONにする時刻、電源をOFFにする時刻を設定すればOKです。ONとOFF、それぞれ片方だけでも設定が可能ですので、必要に応じて使い分けてみるとよいでしょう。

電源ON/OFFや各機能のスケジュール設定画面
電源ON/OFFや各機能のスケジュール設定画面

まとめ

UPQ Phone A01を便利に使うために確認・設定しておきたい機能を7つ紹介しました。端末サイズが小さく片手でも操作ができる可能性が高いため、Google日本語入力だけは自分が使いやすい入力方式に設定しておくだけでも使いやすさはグンっと向上するはずです。使用する日本語入力ソフトにこだわりが無い(Google日本語入力をそのまま使う)という場合は、この設定だけはぜひ事前に確認するようにしてみてください。

またもちろん他の設定に関しても、スマートフォンをより”スマート”に使うために、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。