スマホ写真でスニーカーが作れるアプリ!? 「mi ZX Flux Photo Print」でデザインするコツをアートディレクター千原徹也氏に聞く!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ写真でスニーカーが作れるアプリ! 「mi ZX Flux Photo Print」でデザインするコツをアートディレクター千原徹也氏に聞く!

以前、ヌンチャク系iPhoneケース「トリックカバー」の取材をさせていただいたアートディレクター、「株式会社れもんらいふ」代表の千原徹也さん。

彼のインスタグラムに、気になる投稿を発見しました!

写真をスニーカーにプリントできるアプリ・・・!?
写真をスニーカーにプリントできるアプリ・・・!?

この「スマホで撮った写真で作ったオリジナルスニーカー」は、今年の2月からスタートしたアディダスのスニーカーカスタマイズサービス「mi ZX Flux Photo Print(マイ ゼットエックス フラックス フォトプリント)」によるもの。

専用の無料アプリをダウンロードして、スマホで撮影した写真を選び、そして型紙に合わせて場所を調整するだけで、自分だけのスニーカーを注文することができるという画期的なサービスなんです。

「mi ZX Flux Photo Print」 公式動画(約1分)
スニーカーの価格は16,000円(税別)。およそ3~4週間で届きます!
スニーカーの価格は16,000円(税別)。およそ3~4週間で届きます!

千原さんの「カンタン」というコメントにも食いつき、早速アプリをダウンロードして触ってみたところ、本当にカンタンで、尚かつおもしろい!
そして、作りはじめるとなんとも奥が深いではありませんか!

というわけで、今回モバレコ編集部は、千原さんご自身が「mi ZX Flux Photo Print」を利用した中で学んだ失敗しないコツをはじめ、クリエイターの千原さんらしい斬新なアイデアなどインタビューしていきます!

デザイン会社「れもんらいふ」代表の千原徹也さん

<プロフィール>
千原徹也(ちはら・てつや)/アートディレクター、グラフィックデザイナー。

1975年京都府生まれ。大手広告会社やファッション関係のデザイン事務所を経て、11年にデザインオフィス「株式会社れもんらいふ」を設立。
主なアートディレクションは、舞台「100万回生きたねこ」、Zoff CLASSIC、菊地凛子web、レスリーキー写真集、装苑の表紙、きゃりーぱみゅぱみゅの振袖デザインなど。また近年はアーティストのMVやCMの監督などその活動は多岐にわたる。オンラインショップ「れもんらいふしょっぷ」では、自身がデザインしたさまざまなグッズも販売。

<WEB>株式会社れもんらいふ

<関連記事>

ヌンチャクみたいなiPhoneケース!? 話題の「トリックカバー」をデザイン、れもんらいふ・千原徹也氏をインタビュー

目次:

最も重要なのは「写真のセンス」

――今年の夏に「mi ZX Flux Photo Print」を使ったワークショップをされたんですよね?

原宿の「アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ」で開催した「mi ZX Flux Photo Print」のプロモーションイベントですね。
「mi ZX Flux Photo Print」って、写真を撮ればどんなものでも柄にできてしまうし、切りとり方によってまったく違うものが出来あがる。そのおもしろさを体験してほしくて、イラストレーターのエド・ツワキさんに描いてもらった絵に、僕がつくったステンシルをお客さん自身で自由に吹き付けてもらって、それを好きなように写真で切りとってもらうっていう手法のワークショップにしたんです。
人によって切りとり方がいろいろで、みなさんおもしろいのを作ってましたよ。

ワークショップの様子(千原さんのTwitterより引用)
ワークショップの様子(千原さんのTwitterより引用)
ワークショップでつくられたグラフィックビジュアルから、スニーカーが作れる
ワークショップでつくられたグラフィックビジュアルから、スニーカーが作れる

――千原さんのオリジナルのZXもこの時に?

そうですね。ワークショップの時に、エドさんと「壁に絵を描こう!」みたいな突発的な流れになって、僕も急遽、絵を描かせてもらったんです。その絵を写真で撮って自分用に注文したのがこのスニーカーですね。絵のモチーフ自体は、最初からスニーカーにすることを意識して描いたわけじゃないんですけど、黒いフレームが付くのがわかっていたので、白と黒の世界にしようっていうのはありました。

千原さんが自分の絵を撮影して作ったスニーカー! オシャレ!
千原さんが自分の絵を撮影して作ったスニーカー! オシャレ!

――実際に、やってみた感想はいかがでしたか?

作り方はすっごくカンタンなんですけど、「撮影のセンス」がものすごく重要だな……と。
普通の写真だと、ブレとか逆光とか影がひとつの「味」なんですけど、スニーカーに当て込む場合は、残念ながらブレとかは「味」にならないんですよね。
ちょっとでも暗いと、真っ暗でよくわからないスニーカーになっちゃうし。絵を写真に撮る時も、自分の影が入らないように注意しました。やってみてわかったんですけど、写真がいかにも失敗しているのは素材としてオススメできませんね

――デザインセンスというより、写真のセンスなんですね。実際、手元に現物が届いて、どう思いました?

アプリ内のプレビューではクリアに見えているんですけど、解像度とか質感とか、実際のところどんな感じなんだろうって思ってたんです。でも、手元に届いたら、思ったよりもいいのができた! っていう満足感がありましたね。柄もきれいに出てますし!

道で「そのスニーカーどこで売ってますか?」と聞かれることもあるらしい
道で「そのスニーカーどこで売ってますか?」と聞かれることもあるらしい

――ちなみにこれは、この世にひとつだけのスニーカーじゃないですか。こういうのって、普段から履いてます? それとも保管用ですか?

場所を選んで履いてますよ。パーティとか、人がたくさん集まるような場所に履いていくことが多いかなぁ。
ほら、「え!なにこれ~!」って興味持ってもらえたら嬉しいし、「あ、僕、こんな絵、描いてるんですよ~」って話題にも繋がるし。「どこで買えるんですか?」って聞かれることも多いです。その度に「売ってないんです」っていうの、最近はちょっと申し訳なくなってきました(笑)

――確かに、売ってたら欲しいです!

注文する時に、最大15個まではまったく同じものを量産できるんですけど、サイズを変えられないので、僕と同じサイズじゃないと売れないんですよね。画像を共有して自分で作ってもらえば同じようなものはできますけど、完全に同じものは難しいですね~。

――2足目を作るとしたら、今度はどんなものを作りたいですか?

1足目はモノクロのイラストで作ったので、2足目はカラーの写真を素材にしたものを作ってみたいです。東京の街並とかビルと青空とか、風景写真でもかっこよくなりそう。このスニーカーのために、モデル撮影してみたいですけどね。

――モデル! それは贅沢な作り方!

スニーカーのこの辺にモデルを立たせてみようとか、細かいところまで考えて撮影できたらおもしろそうだな。「たまたま」っていう偶然性じゃなくて、このスニーカー用に完全にディレクションして作ってみたいですね~。ま~そんなお金も時間もなさそうですけど……(笑)

こんなにカンタン!? シューズのオーダー方法

それでは、ここで「mi ZX Flux Photo Print」の使い方を説明いたします!
アプリは、下記の公式サイトよりダウンロード・リンクへ飛べます!

<公式サイトはこちら>
mi ZX Flus Photo Print 公式サイト

1.ダウンロードしたアプリを起動する
1.ダウンロードしたアプリを起動する
2.写真を撮影、または過去のお気に入り写真を選択
2.写真を撮影、または過去のお気に入り写真を選択
3.シューズの形に合わせて、写真の大きさや角度を調整
3.シューズの形に合わせて、写真の大きさや角度を調整
4.デザインが決まったらオーダーを! 自分だけのシューズが届く!
4.デザインが決まったらオーダーを! 自分だけのシューズが届く!

デザインのコツは「正面からはっきり」&「たくさん撮る」

――プロセスがシンプルなだけに、これから作ってみよう!という人も多いと思います。ぜひ、失敗なくかっこいいZXをつくるコツを伝授いただきたく!

まず、スニーカーっていう立体物に転写されるから、斜めから撮った写真だと歪んで気持ちわるーい感じになっちゃうんです。だから、角度的にオススメなのは、「ど正面」ですね。

――ど正面……メモします!

あと、ピントが合ってないと終わり! ぼんやりして何がなんだかわからなくなっちゃいますから。普通にスマホで撮って画面でみると、「いいの撮れたな~」なんて思うんですけど、アプリではめてみると全然だめっていうの、あるんです。「はっきり、明るく、引きで撮る!」っていうのがいいと思いますよ。

――なるほど! はっきり、明るく、引きで撮る!

たくさん撮って、アプリ内でシミュレーションしてみるのがいいんじゃないかな。ほら、プロでもたくさん撮るわけだし。僕も作る時いっぱい撮りましたよ! とにかく、失敗しないために必要なのは「写真の勉強」です。

――そこでお願いなのですが、実際にこの部屋にあるものを素材にして千原さんに試し撮りしていただけないでしょうか?

じゃ、やってみましょうか。この部屋全体を撮ってみようかな。
(カシャ、カシャ、カシャ、カシャ、カシャ、カシャ、カシャ……)

試しに、事務所の窓枠を撮影する千原さん
試しに、事務所の窓枠を撮影する千原さん

――本当にいっぱい撮るんですね!

うーん、いいのかどうか、ちょっとわからないなぁ(笑)
あ、でも部屋を撮ったとは思えない、「なにこれ?」って感じがいいよね。ちょっとシミュレーションしてみよう。写真を選んで、アプリ内のスニーカーの型に合わせて場所を調整して……プレビュー!

プレビューで確認! 窓枠の直線が大胆なラインになっています!
プレビューで確認! 窓枠の直線が大胆なラインになっています!

――この部屋がこんな感じに! かっこいいです!

キノコのオブジェあたりもいいかもね。(カシャ、カシャ、カシャ、カシャ……)
違うと思えば、何度でも撮り直せばいいですからね。(カシャ、カシャ、カシャ、カシャ……)

事務所にあるキノコのオブジェで試し撮り
事務所にあるキノコのオブジェで試し撮り
キノコが個性的なアクセントになっています!
キノコが個性的なアクセントになっています!

この鹿もいってみますか!

鹿の剥製を、スニーカー・デザインに!?
鹿の剥製を、スニーカー・デザインに!?
足元から鹿の視線を感じる斬新なデザイン!
足元から鹿の視線を感じる斬新なデザイン!

――鹿顔のスニーカー、斬新です……!

毛皮とか、テクスチャーがおもしろものってネタとしてはいいですよね。
あ、この感じで愛犬スニーカーとかもいいんじゃないかな!

プレゼント用にもいい!アイデア次第で可能性は無限大

――実演していただいてわかりましたけど、撮影する素材がひとつの「肝」になりますよね!

そうですね。何を撮るかって大事だと思います。ピッチの写真で作ったサッカーの香川真司選手のZXもいいですよね。これ履いてピッチに立ったら、スニーカーと地面が一体化しておもしろそう!
芝生柄で芝生に立つとか、そういうカモフラージュ的な柄もいいかもね。

香川真司選手がサッカーグラウンドの写真で作ったZX
香川真司選手がサッカーグラウンドの写真で作ったZX

――いいですね! 何に隠れたいんだって感じですけど!(笑)

新幹線とか乗り物系もかっこよさそうじゃない?

――ドクターイエローとかどうですかね? 見ると幸せになるってジンクスもあるらしいですし!

ドクターイエローいいね~! 全方向から写真を撮っておいて、それをフォトショップで展開図にしたやつを、撮る!(笑)
やー、それができたら感動だな~。あ、でも著作権が怪しいかー。どうにかタイアップできないかなぁ~。絶対いいと思うんだけどな~。人の顔とかはいけるんですかね?


――アニメのキャラクターとかタレントはNGですね。基本、著作権フリーの素材じゃないと……。でも、家族とか友達とか、了承を得られる範囲ならOKじゃないかと。

そしたら、奥さんとかこどもの写真もよくない?
靴ひもを結ぶ度に目が合う……。悪いことできないね~(笑)

――面白いです!(笑) でもプレゼント需要はありそうです

学校でクラス全員の顔写真入れたZXを担任の先生にあげるとか、よくない? カップルでお互いの顔を入れて作って、片っぽ交換するとかもいいかも!

――「mi ZX Flux Photo Print」ひとつで広がる千原さんのイマジネーション、すごいですね……! もはや、スニーカーとしての用途を越えちゃってるし!

いっそのこと、「mi ZX Flux Photo Print」の新しい使い方、募集してもいいかも。「あーーーそういう使い方あったかー」っていうの欲しいね~!

――この妄想、楽しすぎてどこまでもいけますね!(笑) 千原さんの2足目、3足目のZXも楽しみです。本日はお忙しいところ、ありがとうございました!


(取材・文/内海織加)
(インタビュー撮影/天田輔)

アプリ情報
アプリ名 mi ZX Flux
mi ZX Flux
開発 adidas AG
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

【告知】千原徹也さん・初個展を大阪で開催!12/20まで!

れもんらいふ展

千原徹也さんが11月26日から12月20日まで、初となる展示会「『TOKYO FRIENDS』れもんらいふ展」を大阪・梅田のE-MA 1階のイベントスペースにて開催します。

会期中は秋元梢や遠山正道、レスリー・キーらによるトークショーに加えて、ミュージシャン坂本美雨のライブや、放送作家の倉本美津留とお笑いコンビのジャルジャルによるコント会議、「ヌメロ・トーキョー(Numero TOKYO)」の田中杏子や軍地彩弓によるファッショントークなど、さまざまなイベントが実施されるとのこと。

れもんらいふ・千原さんの変遷をたどることができる貴重な機会、みなさんもぜひ足をお運びください!

【イベント情報】

「『TOKYO FRIENDS』れもんらいふ展」
会場:E-MA 1階 イベントスペース
住所:大阪府大阪市北区梅田1-12-6 E-MA 1階
会期:2015年11月26日~12月20日
時間:11:00~21:00

<WEB> れもんらいふ展 TOKYO FRIENDS 開催

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp