AndroidからiPhoneにメールデータを移行する方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
AndroidからiPhoneにメールデータを移行する方法

AndroidのスマホからiPhoneへ乗り換えるときに必要なのがデータの移行作業です。機種変更が済んだら、これまで通り使えるようにしておきたいもの。しかし、慣れない操作画面にとまどう方もいらっしゃるのでは。

そこで、この記事では「AndroidからiPhoneへメールデータを移行する方法」についてご説明します。Gmailなどのフリーメール、プロバイダメール、キャリアメールなど移行できるものや操作方法が異なるのでチェックしておきましょう。

なお、2015年9月には「Move to iOS」というアップル社が作成したデータ移行ツールが提供されました。以下の条件を満たせば利用できます。

  • 移行元のAndroid OSがAndroid 4.0以上である
  • 移行元のAndroid、移行先のiPhoneが同じWi-Fi環境下にある
  • 移行先のiPhoneのセットアップが未完了である(セットアップの途中である)

パソコンいらずでカンタンにデータを移すことができますのでぜひ使ってみましょう。

Move to iOSの使い方についてはこちら:

アップル純正の移行ツール 「Move to iOS」の使い方

「Move to iOS」では、メール以外にも連絡先やGoogleのアカウント情報などを引き継ぐことができますが、条件を満たしていない場合は使用できません。そんな方のためにも、この記事では「Move to iOS」を使わずにiPhoneにメールデータを移行するための設定方法をご紹介。注意点とあわせてまとめてみました。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

フリーメールのメールアカウントを設定しよう

まずは、Android標準とも言うべきGmailのアドレスを含むフリーメールアカウントの移行設定を説明していきます。

iPhoneのメールアカウントの設定は、標準のメールアプリで行えるほかに、iPhoneの「設定」アプリにある「メール/連絡先/カレンダー」からも行えます。メールアカウントの設定が終われば、標準のメールアプリでメールの送受信が可能になります。

なお、以下の画像はすべてiPhoneでの操作画面となります。

iPhoneの「設定」アプリを使ってGmailのアカウントを設定する

設定画面の「アカウントを追加」をタップして「Google」を選びます。

「アカウントを追加」の画面で「Google」をタップ
「アカウントを追加」の画面で「Google」をタップ

次にGmailのアドレスとパスワードを入力し、ログインします。もし二段階認証を設定している場合は二段階認証の確認、入力をします。

Googleのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします
Googleのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします

これでメールアプリからGmailの送受信が可能になりました。設定もシンプルで簡単です。

専用アプリをインストールしてGmailを使う

上記の方法のほかに、iPhone向けのGmailアプリを使ってメールを管理する方法もあります。アプリをインストールしてGmailのアドレスとパスワードを入力すれば、iPhoneにアカウントを設定することなくGmailアプリ上でメールの送受信と管理が行えます。

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップ
App StoreからGmaiアプリをインストールして起動。メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします

この方法でもGmailアカウントを引き継ぐことができます。

Gmailアプリのインストールはこちらから:
アプリ名 Gmail
Gmail
開発 Google, Inc.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロード

iPhoneの「設定」アプリを使ってOutlook.comのアカウントを設定する

GmailではなくOutlookを使っている方もいるでしょう。MicrosoftのOutlook.comを設定するには、まず「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「Outlook.com」をタップします。

「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「Outlook.com」をタップ
「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「Outlook.com」をタップします

続いて、Outlookのメールアドレスとパスワードを入力します。

Outlookのメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をタップ
Outlookのメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をタップします

もし二段階認証を設定している場合は、サインインからマイクロソフトアカウントページにサインインしましょう。「アプリパスワード」の項目の「新しいアプリパスワードの作成」をクリックして表示されたアプリパスワードをOutlookのアカウント設定のパスワードに入力します。

Outlookのアカウント設定ページから認証用のパスワードを入手します
Outlookのアカウント設定ページから認証用のパスワードを入手します

認証が完了すればOutlookアカウントのメールやカレンダーがiPhoneで同期されるようになります。

専用アプリをインストールしてOutlookを使う

「Microsoft Outlook」アプリをインストールして、Microsoftアカウントとパスワードを設定すれば、アプリ上でOutlookアカウントのメールを管理できます。

アプリを起動したら「始める」「アカウントの追加」をタップします
アプリを起動したら「始める」→「アカウントの追加」をタップします
「Outlook.com」をタップし、Microsoftアカウントとパスワードを入力完了したら「サインイン」をタップします
「Outlook.com」をタップし、Microsoftアカウントとパスワードを入力。完了したら「サインイン」をタップします

続いて、本人確認のためにセキュリティコードを入力が必要です。入力したメールアドレスにセキュリティコードが送信されるので、同じコードを入力しましょう。

セキュリティコードを受け取ったら入力セキュリティコードを受け取ったら入力
セキュリティコードを受け取ったら入力します
アプリのアクセス権限を確認する画面
アプリのアクセス権限を確認する画面が表示されるので、下までスクロールして「はい」をタップします。これで設定は完了です

なお、「Microsoft Outlook」アプリの「アカウントの追加」画面で「Google」や「Yahoo!メール」を選択してアカウント情報を入力すれば、GmailやYahoo!メールもまとめてこのアプリで管理することが可能です。

Outlookアプリのインストールはこちらから:
アプリ名 Microsoft Outlook
Microsoft Outlook
開発 Microsoft Corporation
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロード

iPhoneの「設定」アプリを使ってYahoo!メールのアカウントを設定する

Yahoo!メールの設定は、まず「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「YAHOO!」をタップします。

「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「YAHOO!」をタップ
「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「YAHOO!」をタップします

設定画面は日本のYahoo!とは違う「yahoo.com」の配色ですが、心配はありません。そのまま、Yahoo!メールのアドレスを入力します。

パスワード欄が「続ける」ボタンに変わるのでタップ
「×××@yahoo.co.jp」とYahoo!JAPANのメールアドレスを入れると、パスワード欄が「続ける」ボタンに変わるのでタップします

すると、Yahoo!JAPANのメール設定画面に切り替わるので、「パスワード」を入力します。

パスワードを入力して「次へ」をタップします
パスワードを入力して「次へ」をタップします

アカウントの検索・認証が終わればYahoo!メールが使えるようになります。

専用アプリをインストールしてYahoo!メールを使う

Yahoo!メールにも、専用アプリは用意されています。「Yahoo!メール」アプリをインストールして起動し、「ログイン」ボタンをタップしてYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップすれば、アプリ上でメールの管理が可能になります。

アプリを起動したら「ログイン」をタップYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします
アプリを起動したら「ログイン」をタップ。Yahoo!JAPAN IDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします
Yahoo!メールアプリのインストールはこちらから:
アプリ名 Yahoo!メール
Yahoo!メール
開発 Yahoo Japan Corp.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロード

インターネットプロバイダや会社のメールの移行にはサーバー名が必要

インターネットプロバイダや会社で利用しているメールアカウントの登録には、メールサーバーの入力が必要です。事前にプロバイダのウェブページや、会社のメールサーバーの担当者などに設定方法を確認しておきましょう。

ここでは例として、インターネットプロバイダ「So-net」のメール設定について説明していきます。インターネットプロバイダのメール設定は、「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「その他」をタップして行います。

「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「その他」をタップします
「設定」アプリの「アカウントを追加」画面で「その他」をタップします

続いて、「メールアカウントを追加」をタップします。

「メールアカウントを追加」をタップします
「メールアカウントを追加」をタップします

インターネットプロバイダのメールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレスとパスワードを入力します
メールアドレスとパスワードを入力します

メールの受信サーバー「POP」を選び「ホスト名」、「ユーザ名」を入力します。
さらに送信メールサーバの項目に「ホスト名」、「ユーザ名」、「パスワード」を入力し、「保存」をタップします。

メールサーバーの設定を入力し、「保存」をタップします
メールサーバーの設定を入力し、「保存」をタップします

メールサーバーの検証が完了すれば、インターネットプロバイダのメールが使えるようになります。

キャリアメールはiPhoneへ引き継げる?

キャリアを変えずにiPhoneへ機種変更した場合は、ドコモやau、ソフトバンクのメールをそのままiPhone標準のメールアプリで利用可能です。それぞれのキャリアが設定を簡単に行うためのプロファイルを用意しており、インストールすることでキャリアごとのアカウント設定をスムーズに行うことができます。設定方法は、キャリアごとに異なるのでサポートページで確認してください。

ドコモの場合:
自動受信設定 | サービス・機能 | NTTドコモ
auの場合:
メール設定 | 初期設定 | iPhone 6s / iPhone 6s Plus | iPhone | au
ソフトバンクの場合:
メッセージの初期設定をする | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

ただし、MNPなどでキャリアを変更した場合はキャリアメールを引き継ぐことができませんのでご注意ください。

まとめ

AndroidからiPhoneへメールを移行する手順は、設定画面でメールアカウントとパスワードなどの入力をするだけで完結します。標準のメールアプリに登録しておけば、ひとつのアプリで全てのアカウントのメールをチェックできるメリットがあります。
また、「App Store」にはGmailやOutlook、Yahoo!など、各サービス専用のアプリもあるので、慣れている人にはこちらも便利です。自分が使いやすいものを選んで、設定するといいでしょう。

こちらも読んでみる:

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp