Xperia Z5 比較!《Z5 Premium》《Z5》《Z5 Compact》3機種のおススメポイントを比べてみた!

書いた人: 君国泰将

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Xperia Z5 比較!《Z5 Premium》《Z5》《Z5 Compact》3機種のおススメポイントを比べてみた!

この冬、ソニー製のスマートフォンとして、「Xperia Z5 Premium」「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」が新しく登場しました。
Xperiaフリークの中には全機種買い!なんて方もいるかもしれませんが、これからスマートフォンを買いたいけど、ソニーのXperiaは3機種のうち一体どれが自分にあっているの?という悩みを抱えている人も多いはず。そんな悩みを解決すべく、それぞれの特徴とオススメポイントを比較したいと思います。

目次:

Xperia比較1 シリーズの王道といえばこれ!「Xperia Z5」

歴代続くXperiaシリーズの6代目
歴代続くXperiaシリーズの6代目

まずは、Xperiaの王道とも言える「Xperia Z5」から。

「Xperia Z5」はメインモデルということもあり、NTT docomoの「Xperia Z5 (SO-01H)」、auの「Xperia Z5 (SOV32)」、SoftBankの「Xperia Z5」、と国内の主要キャリア3社から発売されている事もあり、お気に入りの通信会社から購入することができます。

5.2インチフルHDディスプレイを搭載
5.2インチフルHDディスプレイを搭載

「Xperia Z5」の本体サイズは、長さ約146 mm×幅約72 mm×厚さ約7.3 mm、質量は、約154g。

画面の大きさは、5.2インチ(解像度1920x1080)と大きく、文字もアイコンも見やすく操作しやすいのが特徴です。

ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色展開
ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色展開

フラットなデザインに、背面は”フロストガラス”を採用しているので、サラサラとした手触りと質感で、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色のカラーリングはどれも落ち着いた雰囲気がなかなかおしゃれです。

横からみてもとても薄く、サイドにはXPERIAというロゴが刻印されているあたりも、全体が一つのカラーで統一されている中でもアクセントになっています。

指紋センサーでロック解除
指紋センサーでロック解除

電源ボタンには、指紋認証センサーが備わっているので、スリープになっている状態から使いたいと思った時には、指紋認証をさせてサっとロックを解除して使い出せるというのもなかなか便利です。

しかも、本体はIP65/IP68相当の防水性能と防塵性能を持っているので、濡れた手で触っても、突然の雨が振っても、うっかり飲み物をこぼしたとしても壊れる事はないので、とても安心感もあり気楽に使えます。

キャップレスで、IP65/IP68相当の防水性能と防塵性能
キャップレスで、IP65/IP68相当の防水性能と防塵性能
キャップレスで、IP65/IP68相当の防水性能と防塵性能

microUSB端子や、ステレオイヤホンジャックにはカバーがありませんが、ちゃんと”キャップレス防水”になっているので心配ありません。

おサイフケータイや、フルセグ・ワンセグも使えるというのも、以前からケータイで慣れ親しんでいた人にとっては嬉しい機能とも言えますね。

Xperia比較2 片手で扱えるコンパクトボディに高性能を閉じ込めた「Xperia Z5 Compact」

しっかり握れるコンパクトボディ
しっかり握れるコンパクトボディ

一方で、「Xperia Z5」の大きさくらいになると、片手で使うにはさすがに大きすぎるという場合があります。そんな場合には、NTT docomoから発売されている「Xperia Z5 Compact (SO-02H)」がオススメです。

4.6インチ(解像度1280 x 720)のディスプレイサイス
4.6インチ(解像度1280 x 720)のディスプレイサイス

「Xperia Z5 Compact」は、画面が4.6インチ(解像度1280 x 720)と小さくはなりますが、本体サイズは、長さ約127 mm×幅約65 mm×厚さ約8.9 mm、質量は、約138gと、随分とコンパクトになり片手で持ったまま操作もしやすく、厚みが増している分、しっかりとつかめる安心感があります。

タテヨコサイズが小さくなったこともあり、上着の内ポケットや小さなカバンに入れても省スペースでかさばらないというメリットがあります。

ホワイト、グラファイトブラック、イエロー、コーラルの4色展開
ホワイト、グラファイトブラック、イエロー、コーラルの4色展開

背面は、「Xperia Z5」と同じくフロストガラスになっていますが、選べるカラーには、ホワイトとグラファイトブラックは「Xperia Z5」と共通で、その他2色が、イエローとコーラルというかなり明るめの色を採用しているので、随分と違うイメージになります。

コンパクトでポップなカラー、これだけでも選びたくなる人もいるはずです。

素早いオートフォーカスと綺麗な5倍ズームが便利
素早いオートフォーカスと綺麗な5倍ズームが便利

小さくなると性能が落ちるのかも?というところも気になりますが、基本プロセッサー(Qualcomm Snapdragon 810 (MSM8994))やストレージ(32GB)は同じで、カメラ機能やオーディオ機能も全て共通して使えます。

メモリーが「Xperia Z5」では3GBあるところ、「Xperia Z5 Compact」では2GBになることや、テレビ試聴にフルセグが使えないといったところがありますが、よほどこだわらなければ、大きな違いにはならないので、コンパクトで高性能をという方にとっては「Xperia Z5 Compact」はかなり魅力的です。

Xperia比較3 5.5インチ4Kディスプレイと輝くボディの「Xperia Z5 Premium」

鏡のように反射するXperia Z5 Premiumの本体
鏡のように反射するXperia Z5 Premiumの本体

そして、Xperiaの一番イイヤツ!といったらNTT docomoから発売された「Xperia Z5 Premium (SO-03H)」の一択になります。

「Xperia Z5 Premium」は、今回初めて登場したモデルになるため、既存Xperiaユーザーである自分も含め、やはり一番気になります。

Xperia Z5 Premiumは、ブラックとクロームの2色展開
Xperia Z5 Premiumは、ブラックとクロームの2色展開

同じデザインにもかかわらず、唯一ボディが背面もサイドもツルツルピカピカで、周りの景色が反射するほどの光沢のインパクトがなかなか凄く、特にクロームカラーは、まるで鏡のようです。

さすがにこれだけ光沢になると、お約束で指紋がたくさん付いてしまうので、こまめに拭くか、もしくは保護シートやケースを積極的に利用したほうが良いかと思われます。

5.5インチディスプレイでも「Xperia Z5」と変わらない持ちやすさ
5.5インチディスプレイでも「Xperia Z5」と変わらない持ちやすさ

「Xperia Z5 Premium」は、画面が5.5インチと一番大きく、本体サイズは、長さ約154 mm×幅約76 mm×厚さ約7.8 mm、質量は、約181gとなります。
ですが、実際に手に持ってみると、確かに「Xperia Z5」よりは大きくはなっているのですが、横幅は4mmほどしか変わらない事もあり、あまり違和感を感じる事もなく、本体の大きさに対しての印象からか随分と軽く感じる事もあり、いたって普通に扱えます。

高画質なムービーを見ることのできる4Kディスプレイ
高画質なムービーを見ることのできる4Kディスプレイ

そして、画面が少し大きくなったというだけではなくて、解像度が3,840×2,160という非常に決めの細かい4Kディスプレイとなっているのが、最大の特徴となっています。

いくら高精細とはいえ、このサイズで必要があるの?と言われると正直答えに困ってしまいますが、本体内蔵カメラで4K動画を撮影できるようになり、カメラも高画素で撮影できるようになった今、その高画質をすぐに味わえるのは、まさに4K解像度をもった「Xperia Z5 Premium」だけの贅沢とも言えます。

Xperia Z5 PremiumとXperia Z5との大きさ比較
Xperia Z5 PremiumとXperia Z5との大きさ比較

普段の使い勝手やバッテリーの持ちを考慮して、普段は「Xperia Z5」と同じフルHD解像度で使う事となりますが、それを理解しておくと、いつも使う時は大きくゆったりした画面で操作する事ができて、写真や動画を見るここぞという時には、他のスマートフォンにはないとても綺麗な画像を見ることができるという事になります。

「Xperia Z5」と比べて、サイズ感や質量の体感差は少なく、画面の大きさと綺麗さ、そして光り輝く鏡のようなピッカピカの光沢感をもつプレミアム感こそ欲しいという人には、スバリ「Xperia Z5 Premium」しかありません。

Xperia比較 まとめ

Xperia Premium/Z5/Z5 Compact

最後に、知っておいていただきたいのは、3機種ともに、とても優秀なカメラ機能とオーティオ機能を共通して持っているという点です。

1/2.3型の約2,300万画素の イメージセンサーExmor RS for mobileを搭載したカメラは、ただ画素が多いというだけではなくて、撮りたいと思ったときに瞬時(最速0.03秒)にピントがあうオートフォーカスの速さや、綺麗なままアップにできる5倍ズーム、おまかせでも調整して綺麗な写真にしてくれる機能がたっぷり入っているので、スマートフォンで納得のいく写真が撮れます。

ハイレゾ音源にも対応しているXperiaシリーズ

今まさに盛り上がりをみせつつあるハイレゾ音源にも対応して、周りのガヤガヤとした音を最大約98.0%低減するデジタルノイズキャンセリング機能、ワイヤレスでも綺麗な音で再生してくれる「LDAC」と、音楽プレーヤーとしても非常に優秀です。

Xperia Z5シリーズは、コンパクトデジタルカメラや、オーディオプレーヤーとしての価値を持っているので、あとは持ち運びたいときの本体サイズや納得のいく画面サイズ、そして惹かれるカラーリングから絞り込んで、お気に入りのXPERIAを見つけて見て下さいね。

日本の携帯キャリアからから販売されていますが、技適認証されているXperiaもありますので日本でも安心して使用することができます。SIMフリーのXperia Z5 シリーズ をお探しの方はAmazonなどのオンラインショップでご購入ください。

● Xperia Z5の購入はこちら

● Xperia Z5 compactの購入はこちら

● Xperia Z5 Premiumの購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

「ソニーが基本的に好き」と「ガンダムが基本的に好き」ってBlog書いてます。頭の中身がソニーとガンダムで埋まってます。「VAIOが基本的に好き」も立ち上げたほうがいいのか? ツイッターは刹那(・F・セイエイではない)に呟きまくりblogには情報のアーカイブとして。ほぼ毎週土曜日22時から、Ustream生配信してます。