AndroidからiPhoneへカレンダーを移行する方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
AndroidからiPhoneへカレンダーを移行する方法【機種変更ガイド】

スマホのカレンダーアプリで仕事やプライベートのスケジュールを管理している人にとって、機種変更時のデータの引き継ぎは必須事項です。そこで今回は、AndroidからiPhoneへカレンダーを移行する方法を紹介していきます。

なお、2015年9月から「Move to iOS」というアップル社が作成したデータ移行ツールが提供されています。移行元のアンドロイドがAndroid 4.0以上、移行先のiPhoneのセットアップが完了していないなどの条件を満たせばカンタンに移行できるため、こちらを利用しましょう。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

使い方はこちらを参照:

Move to iOSの使い方ガイド

目次:

Androidのカレンダーは簡単にクラウド連携ができる!

Androidのカレンダーアプリは、端末のメーカーや携帯キャリアなどによって多少の違いがあります。しかし根本的な仕組みは同じで、Androidに設定されているユーザーアカウントのカレンダーとクラウド上で同期するというものです。

通常、その際に利用するユーザーアカウントは、Googleアカウントとなります。つまり、AndroidからiPhoneへ機種変更した場合、Googleアカウントを設定すればそれまで使っていたカレンダーのデータをクラウド経由で同期できるわけです。

それでは実際に、iPhoneでもカレンダーが使えるようGoogleアカウントを設定してみましょう。まずはiPhoneの「設定」アプリで「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「Google」とタップしていきます。

iPhoneの「設定」アプリで「メール/連絡先/カレンダー」をタップします
iPhoneの「設定」アプリで「メール/連絡先/カレンダー」をタップします
「アカウントを追加」をタップします
「アカウントを追加」をタップします
「Google」をタップします
「Google」をタップします

続いて、Googleアカウント用の「メール」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップすると、「iOSが次の許可をリクエストしています」という確認画面が表示されるので、「許可」をタップします。

Googleのメールアドレスとパスワードを入力します
Googleのメールアドレスとパスワードを入力します

Googleアカウントで同期する項目が表示されるので、「カレンダー」がオン(スイッチが右)になっていることを確認してから画面右上の「保存」をタップします。

カレンダーが同期の対象になっていることを確認します
カレンダーが同期の対象になっていることを確認します

これでGoogleアカウントのカレンダーのデータがiPhoneのカレンダーに同期され、閲覧・編集が可能となります。

Googleアカウントを使いたくないor持っていない場合は?

Googleアカウントを使えば、前項で紹介した手順で簡単にカレンダーのデータを移行することができますが、中には何らかの理由でGoogleアカウントを使いたくない、あるいは持っていないという方もいるかもしれません。Googleアカウントを使わずにカレンダーのデータを移行する方法はいくつかありますが、ここではその中でも比較的簡単な方法を紹介しましょう。

Googleアカウントを使わない場合、クラウドを利用したバックアップアプリ「JSバックアップ」での移行がカンタンです。このアプリを使えば、Androidの連絡先、およびカレンダーのデータをクラウドに保存し、iPhoneでデータを取り込むことができます。

まずはAndroidとiPhoneの両方に「JSバックアップ」をインストールしましょう。

「JSバックアップ」のインストールはコチラ:
アプリ名 JSバックアップ
JSバックアップ
開発 JOHOSPACE
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

移行元のAndroidでの操作手順

インストールが完了したら、データを取り出す側のAndroidで「JSバックアップ」を起動し、「かんたんデータ移行」をタップします。

移行元のAndroidで「JSバックアップ」を起動し、「かんたんデータ移行」をタップします
移行元のAndroidで「JSバックアップ」を起動し、「かんたんデータ移行」をタップします

続いて「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします。

「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします
「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします

データをクラウドに保存するための設定画面になります。画像や動画の移行は有料プランの加入が必要ですが、今回は連絡先とカレンダーのデータだけのバックアップなので「無料プラン」をタップします。

「無料プラン」をタップします
「無料プラン」をタップします

8文字以上のクラウドパスワードを設定し「データ取り出しスタート」をタップします。設定したパスワードは忘れないように、どこかにメモを残しておきましょう。

パスワードを入力し「データ取り出しスタート」をタップします
パスワードを入力し「データ取り出しスタート」をタップします

データの保存が完了するとクラウドサーバーからデータを取り出すための「QRコード」が表示されます。このQRコードをiPhoneで読み取って、データを取り込みます。

QRコードが表示されました(画像のQRコードにはモザイク加工を施しています)
QRコードが表示されました(画像のQRコードにはモザイク加工を施しています)

移行先のiPhoneでの操作手順

ここまでの手順が完了したら、移行先のiPhoneで「JSバックアップ」を起動しましょう。iPhoneでも同様に「かんたんデータ移行」をタップします

iPhoneで「JSバックアップ」を起動し、「かんたデータ移行」をタップします
iPhoneで「JSバックアップ」を起動し、「かんたデータ移行」をタップします

iPhoneはデータを取り込む側なので「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします。

「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします
「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします

次に、先ほどAndroidで表示したQRコードを読み取るために「QRコード読み取り」をタップします。

「QRコード読み取り」をタップします
「QRコード読み取り」をタップします

Androidの画面に表示されたQRコードを読み取るとパスワード入力画面となるので、先ほどのクラウドを見るために設定したパスワードを入力し「このパスワードで実行」をタップします。

パスワードを入力し「このパスワードで実行」をタップします
パスワードを入力し「このパスワードで実行」をタップします

画面には先ほどクラウドに保存した日時が表示されるので、間違いがないか確認して「データを取り込みスタート」をタップします。

「データを取り込みスタート」をタップします
「データを取り込みスタート」をタップします

「このスマホのデータの取り込みが完了しました」と表示されれば、データのバックアップが完了です。もうひとつだけ作業があるため、画面上部の「TOP」をタップして「JSバックアップ」のトップ画面に戻ります。

「TOP」をタップします
「TOP」をタップします

最後にクラウドに保存したデータを削除しておきましょう。「JSバックアップ」のトップ画面左上のメニューボタンをタップし、メニュー下の方にある「バックアップデータの削除」をタップしてファイルを削除します。

「バックアップデータの削除」をタップします
「バックアップデータの削除」をタップします

以上で、「JSバックアップ」アプリを使ったカレンダーのデータ移行は完了です。移行先のiPhoneを開いて、カレンダーが移行されているか確認しておきましょう。

サードパーティーのカレンダーアプリを使っていた場合は?

Android標準のカレンダーアプリ以外を利用していた場合、移行先のiPhoneに同じアプリがあり、かつクラウド機能を持っているアプリであればカレンダーデータを移行することができます。例えば「ジョルテ」などのアプリがそうです。

「ジョルテ」のインストールはコチラ:
アプリ名 icon
ジョルテ – カレンダー&システム手帳、日記
開発 Jorte Inc.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

そのほか、Microsoftの「Outlook」でカレンダーをパソコンと同期して利用している場合などは、iPhone用の「Outlook」アプリをインストールすることで移行することができます。また、iPhoneの「メール/連絡先/カレンダー」にMicrosoftアカウント(メールアドレス)を設定して、iPhoneのカレンダーで同期する方法もあります。

まとめ

AndroidからiPhoneへのカレンダーの移行方法として、GoogleアカウントをiPhoneに設定する方法と、「JSバックアップ」アプリでデータをiPhoneに取り込む方法をご紹介しました。

サードパーティーのカレンダーアプリを利用している場合は、機種変更前に自分が使っているアプリがデータの移行に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらも読んでみる:

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp