iPhoneからAndroidへカレンダーを移行する方法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneからAndroidへカレンダーを移行する方法【機種変更ガイド】

スマホを機種変更したら必要になってくるのが、重要なデータの移行作業です。iPhone同士であれば簡単にデータを引き継ぐことができますが、、iPhoneからAndroidへ移行した場合にデータはどうなるのでしょうか? この記事では「カレンダー」の移行について説明していきます。

もともとiPhoneのカレンダーは本体に保存されており、Apple IDで「iCloud」にログインすることでクラウド(ネット上の記録場所)にバックアップされる仕組み。つまり、iCloudにバックアップしておけば、いつでもiPhone上でカレンダーを復元することができるのです。

今回はiPhone本体とiCloudにあるカレンダーのデータをAndroidへ移行する方法を紹介します。

目次:

iPhoneのカレンダーや連絡先などをまとめてAndroidへ移行する方法

もし手元にiPhoneとAndroidのスマホがある場合、「JSバックアップ」というバックアップアプリを使うとカンタンです。連絡先データやカレンダーデータを専用サーバーにコピーし、移行したいスマートフォン側で復元することができます。

iPhone版とAndroid版がそれぞれ用意されているので、まずはiPhoneとAndroidにインストールしておきましょう。なお、Wi-Fiを利用すれば機種変更前のスマートフォンでもインストールが可能です。

「JSバックアップ」のインストールはコチラ:
アプリ名 JSバックアップ
JSバックアップ
開発 JOHOSPACE
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

1. 移行元のiPhoneでの操作手順

実際の移行手順を確認していきましょう。初めに、移行元となるiPhoneで「JSバックアップ」アプリを起動し、「かんたんデータ移行」をタップして「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします。

移行元のiPhoneで「JSバックアップ」アプリを起動し「かんたんデータ移行」をタップします
移行元のiPhoneで「JSバックアップ」アプリを起動し「かんたんデータ移行」をタップします
ピンク色の「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします
ピンク色の「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします

今回は画像・動画のデータではないため、「無料プラン」を選びます。

「無料プラン」をタップします
「無料プラン」をタップします

データを取り込む際に使うパスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップするとデータの取り出しが進みます。パスワードを入力したら、忘れないようにメモを取っておきましょう。

パスワードを入力し「データ取り出しスタート」
パスワードを入力し「データ取り出しスタート」

データの取り出しが完了すると、データを取り込む際に必要となる「QRコード」が表示されます。iPhoneの画面はこのままにしておいて、続いてAndroidの操作を始めます。

QRコードが表示されました(画像のQRコードにはモザイク加工を施しています)
QRコードが表示されました(画像のQRコードにはモザイク加工を施しています)

2. 移行先のAndroidでの操作手順

Android版の「JSバックアップ」アプリを起動し「かんたんデータ移行」をタップします。

「かんたんデータ移行」をタップします
「かんたんデータ移行」をタップします

今回、Androidはデータを取り込む側なので「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします。

「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします
「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします

続いて「QRコード読み取り」をタップして、iPhoneの画面に表示されているQRコードをAndroidで読み取ります。

「QRコード読み取り」をタップしてiPhoneの画面に表示されたQRコードを読み取ります
「QRコード読み取り」をタップしてiPhoneの画面に表示されたQRコードを読み取ります

QRコードの読み取りが完了したら、先ほど設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップします。

パスワードを入力し「このパスワードで実行」をタップします
パスワードを入力し「このパスワードで実行」をタップします

画面には先ほどバックアップした時刻が表示されます。確認して問題なければ「データ取り込みスタート」をタップして取り込みが完了するのを待ちます。

「データ取り込みスタート」をタップします
「データ取り込みスタート」をタップします

データの取り込みが完了したら、カレンダーの移行も完了です。ただ、バックアップデータは残ったままなので削除が必要です。「JSバックアップTOPに戻る」をタップしましょう。

データの取り込みが完了したら、「JSバックアップTOPに戻る」をタップします
データの取り込みが完了したら、「JSバックアップTOPに戻る」をタップします

トップ画面の左上のメニューアイコンをタップして「バックアップデータの削除」を実行します。これでサーバーから連絡先やカレンダーのデータが削除されました。

メニューアイコンをタップしてメニューの中から「バックアップデータの削除」を選択します
メニューアイコンをタップしてメニューの中から「バックアップデータの削除」を選択します

このように、「JSバックアップ」を使えば、パソコンやなにか特別なアカウントも必要なく、スマホだけで簡単にカレンダーを移行することができます。

パソコンを使ってiCloudのカレンダーデータを移行する方法

もしも手元にiPhoneがない場合でも、iCloudで同期されていればパソコンを使ってカレンダーデータを移行することができます。機種変更をする前に行っておけば、よりスムーズに移行できます。

パソコンを使ってカレンダーを移行するポイントは2つ

  • iCloudからカレンダーデータを取り出す
  • Googleアカウントのカレンダーデータを取り込む(インポート)

このとき、Googleアカウントをまだ持っていなければ作っておきましょう。

1. iCloudからカレンダーのデータを取り出す手順

それでは、移行の手順を確認していきましょう。まずはWindowsのパソコンで「Internet Explorer」や「Edge」、Macのパソコンで「Safari」などのブラウザを起動し、Web版のiCloudへログインします。

iCloudのログイン画面が表示されるので、Apple IDとパスワードを入力します。画面にはiPhoneでおなじみのアイコン画面が表示されるので「カレンダー」をクリックします。

iCloudの「カレンダー」をクリックします
iCloudの「カレンダー」をクリックします

左のカラムにカレンダーの一覧が表示されました。移行したいデータが入っている項目のアイコンをクリックし、カレンダーの共有を表示させます。パブリックカレンダーの中に長い文字列があるので、マウスで選択してコピーします。

パブリックカレンダーの中のアドレスをコピーします
パブリックカレンダーの中のアドレスをコピーします

このコピーした文字列をブラウザのアドレスバーにペーストし、行頭の「webcal」の部分を「http」に書き換えて「Enter」キーを押します。打ち間違いなどがなければデータダウンロードのダイアログが表示されるので、デスクトップなどに保存します(形式は「.ics」)。これでiCloudからデータの取り出しが完了しました。

2. 取り出したデータをGoogleのカレンダーに取り込む手順

次はこのデータをGoogleアカウントのカレンダーにインポートします。GoogleアカウントでChromeにログインし、Googleのトップページを表示します。

右上に並ぶアプリアイコンをクリックして「カレンダー」を選びます。

画面はパソコンでChromeを開いたところ。「カレンダー」をタップします
画面はパソコンでChromeを開いたところ。「カレンダー」をタップします

画面右上の歯車のアイコンをクリックして「設定」を選びます。カレンダー設定画面の左上には「全般」「カレンダー」「Labs」とタブが並んでいるので「カレンダー」を選びます。

「カレンダー」タブの「カレンダーをインポート」を選びます
「カレンダー」タブの「カレンダーをインポート」を選びます

画面の下の方にある「カレンダーをインポート」をクリックして、「ファイルを選択」から先ほどデスクトップに保存した長いファイル名の「.ics」ファイルを指定し「インポート」をクリックします。

.icsデータをインポートします
.icsデータをインポートします

これでiPhoneのカレンダーがGoogleアカウントのカレンダーに取り込まれました。AndroidのスマホでこのGoogleアカウントにログインすれば、iPhoneで使っていたカレンダーが表示されるようになります。

サードパーティーのカレンダー/スケジュールアプリを使いたい場合は?

iPhone標準以外のカレンダーアプリを使っていた場合は、Android版に同じアプリがあればクラウド経由でカレンダーの移行・同期が可能となります。

たとえば、OutlookなどのMicrosoftアカウントでカレンダーを管理している場合、Android用の「Outlook」アプリをインストールして同じアカウントでログインすればカレンダーが利用できるようになります。

まとめ

iPhoneやiPadなどアップルの製品同士だと、iCloudを利用してデータを共有することができました。一方、Androidにデータを移行するには、一度データを取り出してからAndroidに取り込む必要があります。その際、「JSバックアップ」アプリや、パソコンでiCloudを利用してみましょう。

もし、機種変更前のiPhoneも手元に残すのであれば、Androidとデータの共有が可能です。その場合、Androidと同じGoogleアカウントをiPhoneの「メール/連絡先/カレンダー」に追加しておけばOKです。ぜひお試しを。

こちらも読んでみる:

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

春真っ盛りの4月。入学・就職など環境が大きく変化したという方も多いのではないでしょうか? 新生活のスタートと共に、モバレコをチェックしてスマホ本体やスマホアクセサリーも新しくしてみるのもアリですよぉ! これから新しい端末情報もどんどん出てきそうなので楽しみですね♪