ドコモ Galaxy Active neoは本当にタフ? 思いあまって食洗機で洗ってみた!

書いた人: 矢口和則

カテゴリ: おもしろ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ Galaxy Active neoは本当にタフ? 思いあまって食洗機で洗ってみた!

Galaxy Activeに新製品が登場した。その名も「Galaxy Active neo」(ギャラクシー・アクティブ・ネオ)。もちろん、入手しましたよ! デザインが洗練され、スタイリッシュになった印象。Camo Whiteというカラーリングもいい。

前機種は落としたりキノコと一緒に育てたり凍らせたりとさんざんな目に遭わせた。今度は大切に使おうと考えている……たぶん。

目次:

新しいGalaxy Activeをゲット!

耐衝撃機能や防水・防塵機能を備えたスマホ、Galaxy Active。その新製品、Galaxy Active neoが登場した。スペックをみると、頑丈さにいっそうの磨きがかかっているようだ。前機種の場合は、米国国防省の軍用規格(MIL-STD 810G)18項目に準拠! だったが、今度のGalaxy Active neoは21項目に準拠!! となっている。3つも項目が増えているのだ。

より洗練されたデザインとなったGalaxy Active neoの本体
より洗練されたデザインとなったGalaxy Active neoの本体

そういったスペック上の特徴もさることながら、個人的に一番グッときた改善点は、キャップレス防水への対応。そう、USBポートの部分のフタがないのに防水なんですよ!

フタがなくても防水! 充電もすぐに行えるのが便利
フタがなくても防水! 充電もすぐに行えるのが便利

前機種の場合、このフタの部分が少々心もとない仕様になっており、タフネススマホなのにここだけ弱そうという、いわばアキレスのかかとだった。
その点Galaxy Active neoはそもそもフタがないので、「外れるのでは?」といった余計な心配がない。ほかにも「裏ブタが外れにくくなっている」「ストラップホールを搭載」など、細かい部分で改良が施されている。

さまざまな点で進化しているneoだが、実はディスプレイサイズは5.1インチ→4.5インチと小さくなっている。とはいえ、片手で操作するには、このくらいのサイズ感がピッタリ! 本体重量も20g近く軽くなっている。よりアクティブに使える端末に仕上がったという印象だ。

片手でスマホを操作したい、そんなユーザーにバッチリの大きさ
片手でスマホを操作したい、そんなユーザーにバッチリの大きさ

誕生日! しかし悲劇が起こってしまった

突然ですが、実は今日は誕生日なんです。もう、うれしいという年齢でもないが、何人かの仲間で祝うことになった。誕生日にはつきものの、ケーキも用意してもらった。

おいしそうな、誕生日のケーキ。ろうそくの数は適当です
おいしそうな、誕生日のケーキ。ろうそくの数は適当です

私はGalaxy Active neoを胸ポケットに入れて、いいシーンがあったら写真を撮ろうと待ち構える。Galaxy Active neoのカメラアプリには「スポーツモード」が追加されており、動きの速い被写体の撮影でも、ブレにくくなっている。ここでは使わないが。

さて、いよいよ、ケーキのろうそくの炎を吹き消す瞬間がやってきた。どうでもいいことだが、こう見えて、炎を一気に吹き消すのが得意なんですよ。ということで、勢いをつけてろうそくを吹き消す…

あっ!

Galaxy Active neoをケーキの上に落としちゃった!!

スマホがクリームまみれに……。

胸ポケットは危ないとわかっているんですが、案の定落としました
胸ポケットは危ないとわかっているんですが、案の定落としました
ケーキの上にneoが刺さっている。思いの外、違和感がないような気もするが、それどころではない!
ケーキの上にneoが刺さっている。思いの外、違和感がないような気もするが、それどころではない!

べたべたする……、これはもう、食洗機で洗っちゃえ

Galaxy Active neoをクリームまみれにしちゃった。ショック! 引き上げてみると、けっこうしっかり汚れている

クリームでべたべた。コレは困った……
クリームでべたべた。コレは困った……

急いでティッシュで拭くものの、なかなかきれいにならない。きれいさっぱりにするには……、

そうだ、洗っちゃおう、しかも食洗機で!

そのほうがピカピカになるはず。

念のためスペックを確認してみると

◇深さ約1mの水中に30分間浸漬させる試験をクリア
◇風速18m/sの環境下で30分の降雨試験をクリア
◇3方向で各1時間20~2,000Hzの振動を与える試験をクリア

となっている。食洗機の場合、洗うための水だけでなく、振動も気になるところ。ただし、このスペックを見る限り大丈夫ではないでしょうか、きっと。

そういえば、前々から食洗機って、洗っているときの中の状態が気になって仕方がなかった。本当にちゃんと洗っているんですかね? そこで洗っている最中にneoの動画撮影機能でムービーを撮ってみることにした。スマホはきれいになるし、常々抱えていた疑問が解消されるし、これは一石二鳥!

さっそく、食洗機に入れてみた。使用したのはリンナイ製のビルトインタイプ。

食洗機の中にスマホをこっそり入れます。家族には内緒です
食洗機の中にスマホをこっそり入れます。家族には内緒です

ただ、Galaxy Active neoだけを入れるのは、暗いしちょっとかわいそうだ。何かを一緒に入れたいところ。そこで、たまたま近くにあったドロイド君に道連れになってもらうことに。これでneoもさみしくないでしょう。さて、撮れた動画は次のようなものだった。※騒音注意です!

噴き出す水に、ドロイド君が翻弄されている

結構な振動と音。ひどい台風の真っ只中という感じだろうか。必至に耐えているドロイド君がけなげです。で、肝心のGalaxy Active neoはというと、すっかりきれいになっていた! いちおう防水のカメラで、洗われているGalaxy Active neoの方の様子も撮影してみた。

ちょっと見づらいが、Galaxy Active neoの表面の汚れが取れていく

あとは、取り出してさっと拭くだけ。すごいぞGalaxy Active neo! 新製品もやっぱり頑丈だ。

360度、きれいになった。これでひと安心。もちろん動作も問題ありません
360度、きれいになった。これでひと安心。もちろん動作も問題ありません

まとめ

食洗機の中にスマホを入れて洗うという、過酷な検証を行った。しかしGalaxy Active neoはまったく無事という結果だった。

あまり真似をする人はいないと思うが、念のための注意点。長時間食洗機で洗うと熱も加わるため、本体に隙間ができて水が浸入する恐れがある。食洗機でGalaxy Active neoを洗うときは、短時間で済ますようにしよう。

矢口さん

「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の限界を試す!シリーズ:

第1回「耐衝撃機能は本当か?GALAXYをうっかり落としてみた!」
第2回「防塵性能は本当か?GALAXYをうっかり地面に埋めてしまった!」
第3回「防湿性能は本当か?GALAXYをうっかりキノコと一緒に育ててしまった!」
最終回「耐氷結性能は本当か?暑いのでついうっかりGALAXYを凍らせてしまった!」

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

エディトル所属の編集者。AndroidやiOSデバイス、そしてMacに関する雑誌の編集、執筆を中心に活動中。根っからのMacユーザーではあるが、スマホはAndroidが好き。