ソフトバンク「AQUOS Xx2 mini」の独自機能や便利な各種設定をチェックしよう!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「AQUOS Xx2 mini」の独自機能や便利な各種設定をチェックしよう!

小ぶりながら高性能。カジュアルに使えるソフトバンク「AQUOS Xx2 mini」(アクオス・ダブルエックス・ミニ)の魅力をお伝えしましたが、今回はその設定編。AndroidスマホはOSの仕様をある程度メーカーが変更できるので、本機も例に漏れずシャープ独自の機能が搭載されています。それらの中から注目すべきアプリケーションや、本体機能などをチェックしていきましょう。最初に言いますと、この端末の良い所はきっと「いつでも一緒」な感覚です。

関連記事:

小さいってことは便利だね♪片手でスムーズに使える「AQUOS Xx2 mini」レビュー

目次:

旧スマホからデータを引き継ぐには?

本機でスマホデビューという方も、これまで別のスマホを使っていたという方もまずは設定の引き継ぎが必要です。端末ごとに方法が異なるので、かなり面倒な初期設定でもあるのですが、「AQUOS Xx2 mini」ではなるべく(重要)簡単に引き継ぎできるような工夫があります。

【設定】→【データ引き継ぎ】から引き継ぎが可能
【設定】→【データ引き継ぎ】から引き継ぎが可能

【設定】アイコンをタップ。設定メニューの下にある【データ引き継ぎ】設定を実行します。こちらでは、他の端末からデータを取り込む事が可能です。【データ取り込み】をタップしたら、取り込み元端末を指定。画面の指示にしたがって進めていきましょう。

自然と便利になるモーション設定

シャープ製品は、「人の暮らしの中における製品の役割」というところをちゃんと見ているのが良い所。無論スマホにもその概念は活かされており、日常の中でどんな機能があると人は楽しくなるか? 快適になるか? というアプローチが詰め込まれています。まず、【グリップマジック】を見てみましょう。

【設定】→【便利機能】→【グリップマジック】
【設定】→【便利機能】→【グリップマジック】

端末の側面にセンサーが搭載されており、「握る」という動作を検知します。これにより、端末を握ると画面が自動点灯。わざわざスリープを解除するという一手間をスキップできるのです。また、着信音量を下げたり、画面回転を抑止したりもできます。便利なので、自分の用途に合わせて設定しておきましょう。

【設定】→【便利機能】→【モーションでON/OFF】
【設定】→【便利機能】→【モーションでON/OFF】

【モーションでON/OFF】もまた、毎日の利用シーンを快適にする上での設定です。端末を水平に置くと自動的に消灯したり、ポケットに入れて消灯したり、画面消灯時に画面をなぞると点灯させたり。日常の中のほんの1動作ですが、それをよりスムーズに快適にするための設定です。こちらも自分の用途に合わせて見なおしておきましょう。

ポケットに入れて消灯は地味に便利です
ポケットに入れて消灯は地味に便利です

ちょっとしたメモに活用できる「Clip Now」

画面をそのまま画像として保存するスクリーンショット。最近のスマホならどの機種にも備わっているベーシックな機能です。最近のAndroidであれば、電源ボタン+ボリュームダウンキーで撮影できますが、これをジェスチャーで可能としたのが「Clip Now」です。

【設定】→【便利機能】→【Clip Now】
【設定】→【便利機能】→【Clip Now】

【Clip Now ON/OFF設定】から有効無効を切り替えます。有効にすることで、画面の上の縁をなぞるとスクリーンショットを撮影。さらに横の縁を下になぞることで、画面を一時的にメモすることができるのです。Android標準のスクリーンショットは片手で撮れませんが、これなら片手での操作で画面を収めておくことができるわけですね。活用シーンとしては……、

乗換案内の結果をすばやく保存
乗換案内の結果をすばやく保存

電車移動中に乗換案内アプリの検索結果を保存しておく。といったのはどうでしょう? 片手でスクリーンショットを撮れるって、すごく便利だと思うんですよね。

アプリの履歴表示を変更する

Androidの標準機能では、画面右下のボタンをタップするとアプリ履歴が表示されます。アプリを瞬時に切り替えたり、アプリを終了するためのタスク管理ボタンですが、「AQUOS Xx2 mini」では「クイックランチャー」機能に割り当てられています。

好みに応じて、こちらもAndroid標準のアプリ使用履歴へと変更できるので覚えておきましょう。

【設定】→【便利機能】→【アプリ使用履歴キー】です
【設定】→【便利機能】→【アプリ使用履歴キー】です

【アプリ使用履歴キー】の設定から、【クイックランチャー】と【アプリ使用履歴】を切り替えることができます。標準では【クイックランチャー】ですが、【アプリ使用履歴】に切り替えると……、

Android標準のアプリ切り替え画面に戻せます
Android標準のアプリ切り替え画面に戻せます

ロングライフを実現する節電設定

最近のスマホには、ほぼ標準機能となりました。節電機能もちゃんと備わっています。【設定】メニューの【省エネ】では便利な節電機能【エコ技設定】を変更できます。「AQUOS Xx2 mini」は電池残量に応じて「エコ技」が働きます。こちらの設定ではエナジーセーブモードに入るまでのバッテリー残量を変更することが可能です。

【設定】→【省エネ】から
【設定】→【省エネ】から

【詳細設定】では省エネ時の各種設定を突き詰めることができます。利用シーンや用途に応じて設定していきましょう。また、タイマー設定も利用でき、深夜だけ省エネ設定にするといった使い方も可能です。

エモさを入魂する「エモパー」

最近のシャープ端末、いや。シャープの製品全体の方向として「人との共存」というテーマがあるように思えます。先日も誕生日を設定できる炊飯器なんてのも話題になったりしました。そういった試みが「AQUOS Xx2 mini」にも搭載されています。人工知能「エモパー」です。

こいつ…エモいぞ!
こいつ…エモいぞ!

「エモパー」とは何なのか? というと、若干ポンコツなヴァーチャルアシスタントといったところでしょうか。ドコモの「しゃべってコンシェル」、iPhone搭載の「Siri」、Windows搭載の「Cortana」などと比べると、そこまで賢くはありません。

言ってねえ!僕そんなこと言ってねぇよ!
言ってねえ!僕そんなこと言ってねぇよ!

機能として声でスケジュールを入力できたりといった【エモパーメモ】機能がありますが、認識精度がイマイチで、上手に伝えるにはかなりのコツが必要で、あまり実用的ではないかもしれません。しかし、エモパーの良い所はそこではないのです。

エモパーを設定することで、「AQUOS Xx2 mini」は意思を持ったかのように、オーナーに話しかけたり雑談したりするのです。一般的なヴァーチャルアシスタントが、受け身なのに対して、エモパーはその逆。積極的にコミュニケーションを図ろうと努力してくれます。

そのアプローチが良いか悪いかはわかりません。

事あるごとに話しかけてきたりと、若干のイラッと感も感じることもありますが、いよいよ機械は人類とのコミュニケーションへと到達したのだ。と思うと、ドラえもんのようなSF感を味わえるのではないでしょうか。というわけで、こちらもぜひ設定しておきましょう。

【設定】→【便利機能】→【エモパー】から
【設定】→【便利機能】→【エモパー】から

エモパーを有効化するには、【便利機能】の【エモパー】から。エモパーとは?というガイダンスを含めて、エモパー機能を有効化することができます。

お話してくれるエリアや趣味趣向も設定できます
お話してくれるエリアや趣味趣向も設定できます

エモパーは、ひっきりなしに喋ってくるわけではありません。ちゃんとお話できるエリアを設定できて、そこ以外では喋らないようにもできます。初期設定でキチンと設定しておきましょう。また、「気になるキーワード」では好きなジャンルや話題、テレビ番組を設定して起きます。こうすると、その話題をピックアップしてくれるようになりますよ。

まとめ:使うかどうかはさておき、独自機能は必ず試そう!

国産スマホは独自仕様が多い! そんな機能要らないよ! という意見があるのもわかるのですが、すべてのユーザーがシンプルで飾り気のないピュアAndroidを欲しているか?といったらそんなことはありません。国産スマホの独自機能というのは、そのスマホのスペックやデザイン、用途を想定して、使いやすいように。そして、そのスマホを選ぶ価値があるようにと盛り込まれているものです。

色とりどりに光る「ヒカリエモーション」機能も美しい…
色とりどりに光る「ヒカリエモーション」機能も美しい…

それが自分にとって必要か不要かは、使っていくうちにジャッジを下すとして、ソフトバンク「AQUOS Xx2 mini」を手にしたら、まずはそれらを体感してみましょう。

片手で使えてフットワークも軽くなる、シャープの最新AQUOSスマホ「AQUOS Xx2 mini」。上手くハマれば、あなたの毎日はより色鮮やかになるはずです。

外観やスペックなどの基本レビューはこちら:

小さいってことは便利だね♪片手でスムーズに使えるソフトバンク「AQUOS Xx2 mini」レビュー

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。