今から始めても遅くない!LINE【タイムライン】の使い方完全ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
今から始めても遅くない!LINE【タイムライン】の使い方完全ガイド

タイムラインって何?ホーム画面とは違うの?

タイムラインは「LINE」アプリ中のひとつの機能である。別アプリをインストールする必要はなく、LINEユーザーであればだれでも使える。

「タイムライン」は友だち登録した人がコメントを入力したり、写真を投稿したり、居場所を投稿したりする。今リアルタイムで起こっていることが時間順に並んでいる掲示板のようなもの。もちろん、みずから投稿することも可能だ。

また、「ホーム画面」という画面がありこちらは自分のタイムライン投稿のみが表示されるようになっている。

タイムラインは友だちの投稿が時間順に表示
タイムラインは友だちの投稿が時間順に表示
ホーム画面は自分の投稿が時間順に表示
ホーム画面は自分の投稿が時間順に表示

1-1. タイムラインへの投稿方法

タイムラインへの投稿は、タイムライン画面またはホーム画面から「投稿」を選択し、メッセージや、スタンプ、写真、位置情報などを入力すればOKだ。

投稿できる内容を以下に整理しておく。

  • テキストメッセージ
  • スタンプ
  • 写真
  • 動画
  • リンク
  • 位置情報
  • 音楽(LINE MUSIC)

●テキストメッセージ

「ホーム」 - 「投稿」とタップするか画面下のタイムラインボタンから「投稿」をタップ「ホーム」 - 「投稿」とタップするか画面下のタイムラインボタンから「投稿」をタップ
「ホーム」 – 「投稿」とタップするか画面下のタイムラインボタンから「投稿」をタップ
投稿するメッセージを入力し、「完了」をタップ
投稿するメッセージを入力し、「完了」をタップ

●スタンプ

スタンプを一緒に付けることも可能。複数つけられるスタンプを一緒に付けることも可能。複数つけられる
スタンプを一緒に付けることも可能。複数つけられる
タイムラインに投稿された。選んだスタンプやメッセージが表示
タイムラインに投稿された。選んだスタンプやメッセージが表示

●写真

写真の投稿も同じように行う。投稿画面でカメラアイコンをタップして写真を選択写真の投稿も同じように行う。投稿画面でカメラアイコンをタップして写真を選択
写真の投稿も同じように行う。投稿画面でカメラアイコンをタップして写真を選択
写真が投稿されるとこのような表示になる
写真が投稿されるとこのような表示になる

●位置情報

位置情報の共有では住所が表示される位置情報の共有では住所が表示される
位置情報の共有では住所が表示される

●リンク

リンクの投稿ではURLを入力する
リンクの投稿ではURLを入力する

1-2. タイムラインの投稿をシェアして情報を拡散する

公式アカウントやLINE@と呼ばれているアカウントのからのタイムライン投稿に限り「シェア」ができる。

「シェア」とはタイムラインの投稿を自分のタイムラインへ転送・投稿することである。シェアするにはタイムラインの「共有」ボタンをタップしてメッセージを入力すればよい。

シェア可能な投稿には「共有」ボタンがある。タップしたらシェアする先を選ぶシェア可能な投稿には「共有」ボタンがある。タップしたらシェアする先を選ぶ
シェア可能な投稿には「共有」ボタンがある。タップしたらシェアする先を選ぶ
トークを選んだ場合は送信先の友だちを選択して「送信」をタップ。トーク画面に投稿されるトークを選んだ場合は送信先の友だちを選択して「送信」をタップ。トーク画面に投稿される
トークを選んだ場合は送信先の友だちを選択して「送信」をタップ。トーク画面に投稿される
タイムラインにシェアする場合、メッセージを入力して投稿することができるタイムラインにシェアする場合、メッセージを入力して投稿することができる
タイムラインにシェアする場合、メッセージを入力して投稿することができる

1-3. 友だちの投稿にコメントする

タイムライン投稿にはコメントが付けられる。基本は友だちのタイムラインにあれこれコメントして使うが、友だちからもらったコメントへの返信などのために、自分のタイムライン投稿にコメントを入力することもできる。

タイムライン投稿下の「コメントする」をタップし、コメントを入力後「送信」をタップ
タイムライン投稿下の「コメントする」をタップし、コメントを入力後「送信」をタップ
「いいね」をタップすると表情アイコンを投稿できる
「いいね」をタップすると表情アイコンを投稿できる
投稿されるとLINEから通知が届く。またタイムライン左上の通知ボタンからコメントの入力状況がわかる投稿されるとLINEから通知が届く。またタイムライン左上の通知ボタンからコメントの入力状況がわかる
投稿されるとLINEから通知が届く。またタイムライン左上の通知ボタンからコメントの入力状況がわかる

公開範囲の設定をして投稿を見られる人を制限する

自分のタイムライン投稿は初期設定のままだと、友だち全員に見られてしまう。ところが、仕事の都合で仕方なく友だち登録している人にプライベートを覗かれたくないと思うかもしれない。

そんなときのために、タイムラインを見れる人を限定することができる。設定は、タイムライン自体を見せないようにする設定と、投稿ごとに見られる人を選択する設定ができる。

2-1. タイムラインが見られる人を制限する

タイムラインの表示制限設定は、2段階で行う。まずタイムラインすべてに対して表示を制限する友だちを設定する。その後タイムライン投稿ごとに表示する友だちを都度設定する。

「設定」 - 「タイムライン」 - 「公開範囲設定」の順にタップ。見せたくない友だちをタップして「非公開」にする「設定」 - 「タイムライン」 - 「公開範囲設定」の順にタップ。見せたくない友だちをタップして「非公開」にする
「設定」 – 「タイムライン」 – 「公開範囲設定」の順にタップ。見せたくない友だちをタップして「非公開」にする
新しく追加された友だちにタイムラインを自動で見せないように「新しい友だちに自動公開」をオフにしておくとよい
新しく追加された友だちにタイムラインを自動で見せないように「新しい友だちに自動公開」をオフにしておくとよい

2-2. 投稿のごとに見られる友だちを制限する

タイムライン投稿ごとに見られる人を制限するには、投稿画面で表示する人を選択すればよい。表示する友だちのリストを都度作成することも可能だ。

タイムラインの投稿画面で「To:」をタップする。投稿の公開設定で、公開リストの「+追加」をタップタイムラインの投稿画面で「To:」をタップする。投稿の公開設定で、公開リストの「+追加」をタップ
タイムラインの投稿画面で「To:」をタップする。投稿の公開設定で、公開リストの「+追加」をタップ
リストに追加する友だちを選択し、リスト名を入力するリストに追加する友だちを選択し、リスト名を入力する
リストに追加する友だちを選択し、リスト名を入力する
リストを作成し、そのリストを追加すれば投稿を見られる友だちを制限できる
リストを作成し、そのリストを追加すれば投稿を見られる友だちを制限できる
タイムライン投稿を見られる友だちを確認するには、投稿時間の右にある人型のアイコンをタップするタイムライン投稿を見られる友だちを確認するには、投稿時間の右にある人型のアイコンをタップする
タイムライン投稿を見られる友だちを確認するには、投稿時間の右にある人型のアイコンをタップする

タイムラインの投稿を修正・削除する

タイムラインに投稿した内容はコメントと表示可能な人の設定に限り修正できる。写真や居場所の投稿は削除しかできない。

3-1. タイムラインの投稿を修正する

タイムラインの投稿を修正するには、修正したい投稿のテキスト部分をタップする。写真やスタンプ、位置情報などの差し替えはできない。

修正したい投稿のテキストをタップし、「投稿を修正」をタップ修正したい投稿のテキストをタップし、「投稿を修正」をタップ
修正したい投稿のテキストをタップし、「投稿を修正」をタップ
テキストを修正し、「完了」をタップすればテキストが修正されるテキストを修正し、「完了」をタップすればテキストが修正される
テキストを修正し、「完了」をタップすればテキストが修正される

3-2. タイムラインの投稿を削除する

タイムラインの投稿を削除するには、修正するときと同じで削除したい投稿のテキスト部分をタップする。

削除したい投稿のテキストをタップし、「投稿を削除」をタップ削除したい投稿のテキストをタップし、「投稿を削除」をタップ
削除したい投稿のテキストをタップし、「投稿を削除」をタップ
削除の確認画面になるので「OK」をタップするとその投稿が削除される削除の確認画面になるので「OK」をタップするとその投稿が削除される
削除の確認画面になるので「OK」をタップするとその投稿が削除される

3-3. タイムラインの投稿を非表示に

苦手な友だちや不快に感じる投稿をした友だちは非表示にできる。投稿ごとの非表示はできず、友だちごとの非表示しかできない。

タイムライン投稿を右にスワイプして「非表示」をタップし確認画面で「OK」をタップタイムライン投稿を右にスワイプして「非表示」をタップし確認画面で「OK」をタップ
タイムライン投稿を右にスワイプして「非表示」をタップし確認画面で「OK」をタップ

おまけ「スタンプ押したらやります」とは?

主に学生の間で流行っているタイムラインでの遊びが「スタンプ押したらやります」だ。スタンプを集めるために、スタンプをくれた人に対してお礼の意味もこめて、あれこれ質問に回答したりなどの対応を行う。

もとは「バトン」という10個くらいの質問をタイムラインで回していく遊びがあり、それの応用としての遊びが「スタンプ押したらやります」である。

タイムラインに「スタンプくれたらやります!」と投稿
タイムラインに「スタンプくれたらやります!」と投稿する。ネタは恋愛ネタの質問だったり、面白い写真を投稿するなどさまざま

まとめ:タイムラインでは友だちや自分の行動がわかる

タイムラインは、トーク画面のメッセージと違って既読マークが付かないので無理に返信する必要がない。また自分の毎日の行動などの記録にも使えるので、トーク画面で特定の友だちとやり取りするのとは違った使い方ができる。ミニブログのような感じで楽しめる。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

パソコン、ネット、スマホなどのデジタル関連書を得意分野とする編集プロダクション。スマホはiPhone 3GとIS03、タブレットは初代iPadから手がける。