「続報中」や「要約」が便利!【ひとめでわかる】ニュースアプリ「LINE NEWS」の使い方

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「続報中」や「要約」が便利!【ひとめでわかる】ニュースアプリ「LINE NEWS」の使い方

無料チャットや無料通話だけでなく、いまや様々なサービスを提供するLINE。「LINE NEWS」は、政治、経済、エンタメ、スポーツなど幅広いジャンルの情報を簡単にチェックできる。

ただ、世間にはこうしたニュースアプリが多く存在するが「LINE NEWS」は何が違うのか。ダウンロード数とLINEアカウントからの利用者数をあわせて、2,200万を超えるユーザー数(※)がいるとも言われる人気アプリの機能に迫っていこう。※2016年1月発表時点

関連記事:

こんなにあったんだ!知られざるLINEの便利なサービスまとめ

目次:

豊富なカテゴリーで世の中の動きを一気にチェック

ひとめで最新の話題やニュースがわかる「やさしいニュース」が売りの「LINE NEWS」。押さえておくべき情報を編集部が厳選し、トピックをリストアップ。これを見ればまず、大まかな世の中の動きがつかめる。

この種のキュレーションサービスは、人によっては掲載される記事のチョイスが好みに合わないこともあるかもしれないが、「LINE NEWS」は話題になっているものをまんべんなく集めている感じなので、あまり当たり外れはなさそう。ただし裏を返せば、何かのジャンルに強いといった、特徴的な要素がないともいえる。

左右にフリックすると、幅広いニュースカテゴリーが用意されている左右にフリックすると、幅広いニュースカテゴリーが用意されている
左右にフリックすると、幅広いニュースカテゴリーが用意されている
表示カテゴリーは設定でカスタマイズできる
表示カテゴリーは設定でカスタマイズできる

画面をみればニュースがわかる

ニュースのキュレーションサービス自体は他のニュースアプリにも存在するので珍しいというわけではないが、「LINE NEWS」がこれらと異なるのは、気になる記事をタップするとまず要約が読める点。要約は1画面内に上手くまとめられているため、一目でニュースの中身まで知ることができる

もっと詳しい情報が知りたい、という人は、リンク先のニュース提携サイトをみれば良い。また、下にスクロールしていけば、次の記事の要約が表示されるので、どんどんニュースが頭に入ってくる気分になっていく。広告掲載もないので、無駄なく読み進められるのもいいところ。

すべての記事に要約がついているので、流し読みするだけでもニュースがわかる
すべての記事に要約がついているので、流し読みするだけでもニュースがわかる

ニュースの流れまでわかる

もうひとつ、特徴的な機能が「続報中」。ニュースの第一報から最新の記事までを時系列で確認できる。最新情報を提供するのがニュースだが、過去の経緯がわからなければ理解できない記事もある。そんなとき、「続報中」で過去にさかのぼってみることで、ニュースが持つ意味をより深く知ることができるのだ。

例えば、執筆当時話題だったマンション傾斜問題も、発生の第一報から次々明るみに出る事実など、順を追って見直すことで、事の重大さが改めてわかる。

続報されている記事数で、ニュースの注目度の高さもわかる続報されている記事数で、ニュースの注目度の高さもわかる
続報されている記事数で、ニュースの注目度の高さもわかる

「続報中」で一度見た記事については、新着情報が出たときにプッシュ通知させることも可能。気になる話題の続きをすぐに知ることができる。

通知させるニュースは、設定でカスタマイズできる
通知させるニュースは、設定でカスタマイズできる

通知が教えてくれる「◯◯時のニュースです」

「LINE NEWS」では、朝、昼、夕方、夜の4回、設定した時刻になるとニュースの更新をプッシュ通知で知らせてくれる。テレビで決まった時刻にニュース番組を見るような感覚だ。

休憩時間など自分の生活サイクルにあわせて時間を設定しよう休憩時間など自分の生活サイクルにあわせて時間を設定しよう
休憩時間など自分の生活サイクルにあわせて時間を設定しよう

ニュースだけでなく、あらかじめ登録しておいた路線の運行情報もプッシュ通知で受け取ることができる。交通系アプリで同様の機能があるが、「LINE NEWS」に一本化しておけば、複数のアプリから情報がくる煩わしさから解放される。

プッシュ通知の設定については、アプリの「設定」を使う。続報するニュースの選択、カテゴリ、定時配信の時間、路線の登録など、すべてここで設定できる。「設定」ではそのほかにも、天気予報を表示する地域を選択可能。ここで設定した地域の天気は、トップページに表示される。

設定はトップ画面右上のアイコンをタップ設定はトップ画面右上のアイコンをタップ
設定はトップ画面右上のアイコンをタップ

LINEアカウントと連携すればもっと便利に

「LINE NEWS」の利用方法には、アプリケーションをダウンロードするのともうひとつ、LINEからアクセスする方法がある。LINEのサービス一覧から「LINE NEWS」をタップすると、その時間帯のニュースのダイジェストが写真付きで表示される。

「LINE NEWS」の公式アカウントを友だちに追加しておくと、8時、12時、20時の1日3回、トークにダイジェストが送られてくるので、最新ニュースを見逃すことなくチェックできる。

ダイジェストはその時間帯の目玉となるニュースがピックアップされる
ダイジェストはその時間帯の目玉となるニュースがピックアップされる

「LINE NEWS」を友だちに追加することのもうひとつのポイントが、LINE NEWSマガジンを購読できること。LINEサービス一覧の「LINE NEWS」の画面で、ダイジェストの下にマガジンのタイトルが並んでいて、ここから購読を開始できる。

「野郎メシ」、「動物萌え」などの思わず惹きつけられてしまうタイトルばかりなので、ついつい色々と追加してしまいそうになる。ここで購読を開始したマガジンは、週1回、トークに配信される。

記事の見出し一覧が、魅力的な画像とともに「LINE NEWSマガジン」として送られてくる
記事の見出し一覧が、魅力的な画像とともに「LINE NEWSマガジン」として送られてくる

そのほか、「LINE NEWS」とアカウントを連携することで、記事を「お気に入り」に追加できるようになる。やり方は記事の下にある星型のアイコンをタップするだけ。

初めて追加するときは、アカウントへのアクセスに関する手続きがあるが、特に問題はないだろう。「お気に入り」に追加した記事は、左上のメニューからアクセスできる。

記事はお気に入りに追加のほか、SNSで共有することもできる
記事はお気に入りに追加のほか、SNSで共有することもできる

まとめ:「続報中」や「要約」を活用しよう

多くのニュースアプリが存在するが、「LINE NEWS」には「続報中」や「要約」といった、他にはない機能がある。

ニュースを見る側の視点に立った作りとなっており、まさに3分あれば世の中の動きをつかむことができる。ニュースアプリをどれにしようか迷っているひとは、まずこれを使ってみてはいかが?

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

パソコン、ネット、スマホなどのデジタル関連書を得意分野とする編集プロダクション。スマホはiPhone 3GとIS03、タブレットは初代iPadから手がける。