楽天モバイル「Liquid Z330」を購入したらはじめに設定しておきたい8つのこと

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天モバイル「Liquid Z330」を購入したらはじめに設定しておきたい8つのこと

昨年12月に楽天モバイル独占販売されているエイサー製スマートフォン「Liquid Z330(以降、Z330)」。価格が約1万円のエントリーモデルということもあり、気軽にスマートフォンを楽しみたい方やフィーチャーフォンとの2台持ちしたい方におすすめな1台です。

Liquid Z330のレビュー記事はコチラ:

コスパ重視に”アリ”な1台。楽天モバイル「Liquid Z330」のスペックをレビュー

Z330のレビューは上記記事をご覧いただくとして、ここではZ330を購入した方に向けてはじめ設定しておきたいポイントを8つ、ご紹介していきます。

目次:

1. データ通信量を制限して使いすぎるのを抑える

楽天モバイルの料金プランは、

  • ベーシックプラン(通信速度最大200kbps)
  • 3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン(いずれも下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)

の計4種類が用意されています。(※2016年1月時点)

エントリーモデルということもあって、LINEなどのコミュニケーションアプリが主用途になるとは思いますが、写真などの送受信を考えるとベーシックプラン以外のプランを選択しておきたいところです。

そうすると気を付けないといけないのがデータ通信量です。MVNOの売りは安さでもあるため、できるだけ安く各プランのデータ通信量内で済ませたいところです。

そのために重要なのが「ある一定のデータ通信量を超えると警告を表示出す」ようにすることです。

まず「設定>データ使用量」と移動していきます。

設定>データ使用量設定>データ使用量
設定>データ使用量

次に画面下半分のグラフを見てみましょう。
黒色の横線が引いてあり、「2.0GB 警告」と表示されています。これはデータ通信量が2.0GBを超過した際に警告を表示するという意味です。
もちろん、これは横線を上下に移動させて警告を表示するデータ通信量を変えることができます。

一定のデータ通信量を超過すると警告が表示される一定のデータ通信量を超過すると警告が表示される
一定のデータ通信量を超過すると警告が表示される

また、「Googleアカウントで同期する項目」も見直しておくことが大切です。
同じく「設定>アカウント>Google」と移動していき、対象のアカウントを選択します。

設定>アカウント設定>アカウント
設定>アカウント
対象のアカウントを選択する
対象のアカウントを選択する

すると、Googleアカウントに関係する各サービスが表示されます。右端のスイッチがONになっているのが同期中のサービスです。
データ通信量もですが電池消費も抑えることができるため、不要なサービスは思い切って同期をOFFにしてしまいましょう。特にGoogleフォトのような写真の同期はかなりデータ通信量を消費するためOFFにしておくことをおすすめします。

各サービスの右端のスイッチでON/OFFを切り替える
各サービスの右端のスイッチでON/OFFを切り替える

また、そもそも「自動同期は不要」という方はアカウントの選択画面で「データの自動同期」をOFFにしておくのもいいでしょう。

自動同期自体をOFFにすることも可能
自動同期自体をOFFにすることも可能

2. 通知エリアのショートカットを変更する

画面を上から下にスワイプすると出てくるのが、「通知エリア」。Z330は通知エリアのショートカットからWi-Fiなどさまざまな項目のON/OFFができます。
通知エリアに8つ並んだアイコンのうち右下のその他を選択します。ショートカットがすべて展開されるので、右上の鉛筆アイコンを選択します。

通知エリアのショートカット通知エリアのショートカット
通知エリアのショートカット

編集画面が表示されるので、不要なショートカットは、各アイコンの左上のバツ印を押して削除、追加する場合はプラスマークをタップして追加したいものにチェックを入れます。

必要に応じてショートカットの追加・削除が可能必要に応じてショートカットの追加・削除が可能
必要に応じてショートカットの追加・削除が可能

並び替えを行うには並び替えたいショートカットを長押ししてそのまま移動先に持っていくことで可能です。

ショートカットは並び替えも可能ショートカットは並び替えも可能
ショートカットは並び替えも可能

3. 画面の自動回転を無効にする

初期状態では、Z330を横向きにすると画面も横向きになる自動回転が有効になっています。動画を見るときなどはうれしい機能ですが、普段必要ないという方は無効にしておきましょう。

「設定>ディスプレイ」と移動していき、「端末が回転したとき」を選択します。次に、「現在の向きを維持する」を選択すれば完了です。

設定>ディスプレイ設定>ディスプレイ
設定>ディスプレイ
「画面の向きを維持する」で画面の自動回転が無効化
「画面の向きを維持する」で画面の自動回転が無効化

前述の通知エリアのショートカットからも「自動回転の有効・無効」を切り替えられるため、必要に応じて切り替えましょう。

自動回転の有効・無効の切り替えは通知エリアのショートカットからも可能
自動回転の有効・無効の切り替えは通知エリアのショートカットからも可能

4. 不要なプリインアプリを削除する

Z330には楽天のサービスのアプリやゲームがあらかじめインストールされています(これらをプリインストールアプリといいます)。これらのアプリはほとんど削除可能になっているため、不要な場合は削除しておくのがベストです。

「クーポン」や「スクリーン」など楽天独自のアプリがプリインストールされている
「クーポン」や「スクリーン」など楽天独自のアプリがプリインストールされている

「設定>アプリ>ダウンロード済」と移動していきます。一覧に表示されたアプリから削除したいアプリを選択します。

設定>アプリ>ダウンロード済み設定>アプリ>ダウンロード済み
設定>アプリ>ダウンロード済み

アンインストールボタンを押すと、確認のダイアログが表示されるので、OKボタンを押します。これで削除完了です。

アンインストールボタンを押して、OKボタンを押すだけで簡単に削除できるアンインストールボタンを押して、OKボタンを押すだけで簡単に削除できる
アンインストールボタンを押して、OKボタンを押すだけで簡単に削除できる

プリンストールアプリ以外のアプリ、例えばGoogle Playからインストールしたアプリも削除方法は同じです。

5. 音声でカメラを操作できるようにする

Z330は「チーズ!」と発声するとシャッターを切ってくれるように、音声でカメラを操作することができます。ただし購入時点では無効になっているため、まずはカメラアプリを起動し、左上の設定ボタン(歯車)を押します。

カメラアプリの左上の設定ボタンを押す
カメラアプリの左上の設定ボタンを押す

カメラの設定画面で「音声コントロール」を選択します。音声コントロールの説明が表示されるので、右上のON/OFFのスイッチをONにし、OKボタンを押します。

音声コントロールをONにする音声コントロールをONにする
音声コントロールをONにする

6. DTS Studioサウンドの設定を変更する

上位版のZ530と異なりZ330はハイレゾには非対応ですが、DTS Studioサウンドには対応しています。
「設定>音>DTS Studio サウンド」と移動していきます。既に購入時点で「DTS Studioサウンド」はONになっているため、イコライザなどの設定を変更するだけでOKです。

設定>音>DTS Studioサウンド設定>音>DTS Studioサウンド
設定>音>DTS Studioサウンド
購入時点でDTS StudioサウンドはONになっている
購入時点でDTS StudioサウンドはONになっている

イコライザで高音、低音をあげたりさげたりできますが、音楽、ビデオのジャンルに応じて簡単に設定を変更することもできます。

音楽とビデオはジャンルに応じて簡単に設定可能音楽とビデオはジャンルに応じて簡単に設定可能
音楽とビデオはジャンルに応じて簡単に設定可能

7. 「Liquidウィザード」で壁紙、着信音、通知音、フォントサイズを変更する

スマートフォンが初めてな方はもちろん、これまで違うメーカーのスマートフォンを使用していた方は、設定画面から壁紙や着信、フォントの設定を探し出すのはなかなか困難です。
Z330ではその悩みを解決すべく、それらを簡単に設定できる「Liquidウィザード」アプリが用意されています。

アプリ一覧からLiquidウィザードを起動します。Liquidウィザードに用意されている設定項目は「ホーム」、「テーマ」、「壁紙」などです。

アプリ一覧>Liquidウィザードアプリ一覧>Liquidウィザード
アプリ一覧>Liquidウィザード
「Liquidウィザード」に用意されている設定項目一覧
「Liquidウィザード」に用意されている設定項目一覧

ホームとテーマは1つしか選択できませんが、壁紙、着信音、通知音、フォントサイズはそれぞれ表示されているものから選択が可能です。

「壁紙」と「着信音」の設定「壁紙」と「着信音」の設定
「壁紙」と「着信音」の設定
「通知音」と「フォントサイズ」の設定「通知音」と「フォントサイズ」の設定
「通知音」と「フォントサイズ」の設定

8. シンプルなUI「クイックモード」を利用する

Z330には「らくらくスマホ」のようなシンプルなユーザーインターフェースで使用可能な「クイックモード」が搭載されています。

まず、アプリ一覧からクイックモードアプリを起動します。すると「スタンダードモード」、「簡単」、「基本」の3種類から選択するように促されます。

アプリ一覧>クイックモードアプリアプリ一覧>クイックモードアプリ
アプリ一覧>クイックモードアプリ

スタンダードモードはシンプルながらもまだ一般的なホームアプリケーションに近い形です。右下のボタンを押すとアプリが一覧表示されます。

「スタンダードモード」はシンプルながらもまだ一般的なホームアプリに近い「スタンダードモード」はシンプルながらもまだ一般的なホームアプリに近い
「スタンダードモード」はシンプルながらもまだ一般的なホームアプリに近い

簡単モードは、スタンダードモードのアイコンを大きくしたようなモードでアイコン1つ1つが押しやすくなります。

「簡単モード」はアイコンが大きくて押しやすい
「簡単モード」はアイコンが大きくて押しやすい

基本モードは、必要なアプリだけを縦に並べただけのモードです。アプリを一覧に追加するには画面下部のプラスマークを押します。

使うアプリだけを並べておく「基本モード」
使うアプリだけを並べておく「基本モード」

まとめ

基本的な項目からZ330固有(Liquidシリーズ固有)の項目まで設定しておきたいポイントを紹介させていただきました。
特にLiquidウィザードは初心者には嬉しい機能なのではないでしょうか。

また、チュートリアルアプリやクイックスタートガイドアプリがプリインストールされているのもポイントです。気になることがありましたら参考にしてみてはいかがでしょうか。

Liquid Z330のレビュー記事はコチラ:

コスパ重視に”アリ”な1台。楽天モバイル「Liquid Z330」のスペックをレビュー

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

鹿児島在住のシステムエンジニア。福岡勤務の際、タブレットに魅せられ、タブレットを毎年20〜30台購入するほどのタブレットマニアに成長。最近はSIMフリースマートフォンやMVNOについて勉強中。