コンパクトでもスペックに妥協なし!ハイスピードIGZOであらゆる動作が滑らかに動く「au AQUOS SERIE mini SHV33」レビュー

書いた人: とくめい

カテゴリ: auスマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
コンパクトでもスペックに妥協なし!ハイスピードIGZOであらゆる動作が滑らかに動く「au AQUOS SERIE mini SHV33」レビュー

auの2016年春モデル「AQUOS SERIE mini(アクオス セリエ ミニ) SHV33」の発売日が1月23日に決定しました。発表当時は1月下旬とされており、コンパクトでハイスペックな機種を待ちわびていた方も多くいるのではないでしょうか。

今回はSHV33を一足先にレビューしていこうと思います。

目次:

手のひらに収まるサイズのスマートフォン

まずは外観を見ていきましょう。

3辺狭額縁設計でコンパクトでも大画面に

AQUOS SERIE mini

AQUOS SERIE miniはSHARPお得意のEDGEST(エッジスト)を採用。3辺のベゼルを狭くしたことにより、本体サイズはコンパクトのまま画面サイズを大型化することに成功しました。

iPhone5sとの比較。ベゼルが狭いのでサイズは殆ど同じ
iPhone5sとの比較。ベゼルが狭いのでサイズは殆ど同じ

参考までに小型端末代表のiPhone5sとサイズ比較をしてみました。横幅はAQUOS SERIEが少しだけ大きく、高さはほとんど同じくらいです。画面サイズが一回り大きくなっている点に注目。

シャツの胸ポケットに収まるサイズ

シャツのポケットにもスッポリ。
シャツのポケットにもスッポリ。

左右のベゼルを削ったモデルは多くありますが、上部のベゼルも細くなった機種は珍しいです。これによって本体の長さが抑えられるので、Yシャツのポケットにもスッポリと収まります。シャツのポケットから頭が飛び出していたらかっこ悪いですよね。

片手で画面の端まで届く
片手で画面の端まで届く

近年のスマートフォンは大画面化に伴って本体も大きくなってきており、片手操作が難しくなりました。AQUOS SERIE miniは幅66mmのコンパクトなサイズで片手でサッと扱えます。画面の隅々まで届くサイズなので手が小さめの男性や女性でも無理なく扱えます。

落ち着きのある上品な質感

AQUOS SERIE mini

今回お借りしたスカーレットは、色鮮やかな背面ガラスとアルミフレームで上品な仕上がりです。Xperia Zシリーズの「オムニバランス」を彷彿とさせる背面ガラスは、光の当たり方によって色味が変化します。

スカーレッドのガラス面は光沢のある仕上がりなので少し指紋が目立ちます。気になる方は保護フィルムやケースを付けたほうが良さそうです。

AQUOS SERIE mini

カメラ周りのリングが1~2mm程出っ張っているので、背面を下に置いた時でもレンズが直接触れないようになっています。出っ張りと言ってもほんの僅かなので、机に置いた状態で操作してもガタつくことはありません。

AQUOS SERIE mini

右側面には電源/スリープキー、音量調整キー。キー同士が近いので、左手で持って操作していた時に何度か押し間違いが発生しました。

AQUOS SERIE mini

左側面の蓋を開けるとSIMカードとmicro SD挿入口が出現。2つの挿入口を1つに集約しています。

AQUOS SERIE mini
AQUOS SERIE mini

microUSBコネクタ、3.5mmイヤホンマイク端子は上部に集約。どちらもキャップレス防水/防塵対応(IPX5 / IPX8、IP6X)で、開け閉めによるパッキンが劣化する心配がありません。

AQUOS SERIE mini
本体下部に搭載されている「ヒカリエモーション」
本体下部に搭載されている「ヒカリエモーション」

下部にはストラップホールとスピーカー。裏面ではなく側面にスピーカーが付いているので、音が篭もらずクリアに聞こえます。着信やロック解除、アプリの通知が来た時に優しく光ります。

手帳型の純正ケースは小窓+スタンド機能付き

AQUOS SERIE mini
AQUOS SERIE mini

AQUOS SERIE miniのカラーに合わせた純正ケースも発売されます。ステッチ加工で本物の手帳のようなサイズの可愛らしいケースです。

AQUOS SERIE mini
AQUOS SERIE mini

フリップ中央には小窓が付いており、現在時刻や通知の確認、カメラの起動まで行えます。カバーに付いたマグネットで、フリップを開くと自動でスリープ解除されます。

AQUOS SERIE mini

ディスプレイに触れるフリップの内側はしっとりした手触りの素材で画面を傷つけません。AQUOSロゴも主張しすぎることなくお洒落にまとまっています。

AQUOS SERIE mini

動画視聴に快適なスタンド機能付き。そのまま操作しても滑りにくい。

AQUOS SERIE mini

このケースの唯一の弱点は、充電するときにフリップを閉じられないこと。コネクタの位置が左側面に来ているのでコネクタと干渉してしまいます。

コンパクトモデルでもスペックに妥協なし!

AQUOS SERIE miniは、コンパクトで軽量なボディに約4.7インチのディスプレイを搭載。
コンパクトモデルではHD(1,280 x 720ドット)液晶を採用することが多いですが、当機種ではフルHD(1,920×1,080ドット)液晶を搭載し、画面が鮮明で色鮮やかに表示されます。

Snapdragon 808 ヘキサコアCPUとRAM 3GBと余裕のあるスペックに、後述するハイスピードIGZOも相まって非常に気持ちのいい動きを見せてくれます。バッテリー容量も2,810mAhと余裕があるので、思う存分コンテンツを楽しめるでしょう。

惜しい点としてはROMが16GBになっている点。SDカードにデータを避難させるか、クラウドストレージを利用して本体ストレージを節約しながら利用することになりそうです。

AQUOS SERIE mini SHV33のスペック
本体サイズ(高さ×幅×厚み) 約126 × 66 × 8.9 mm
重量 約120g
本体カラー スカーレット、サファイア、ホワイト、ブラック
OS Android™ 5.1 Lollipop
ディスプレイ 約4.7インチ フルHD(1,920×1,080) 120HzハイスピードIGZO
CPU Snapdragon 808 ヘキサコア
1.8GHzデュアルコア+1.4GHzクアッドコア
RAM 3GB
ROM 16GB
バッテリー容量 2,810mAh
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大通信速度 下り225Mbps / 上り25Mbps
カメラ メイン:約1,310万画素 / サブ:約500万画素
テレビ視聴 / 録画 ワンセグのみ対応
防水 IPX5/8
防塵 IP6X
SIMカード au Nano IC Card(VoLTE)

ハイスピードIGZOであらゆる動作が滑らかに

本機種を語る上で外せないのが、SHARPの最先端技術「ハイスピードIGZO」です。従来の液晶パネルは60Hzで駆動していたのに対し、AQUOS SERIE miniではその倍の120Hzで駆動します。これによって今までに体験したことのない滑らかな表示が実現。


参考までに、私が所有しているSHL25とスクロール動作を比較してみました。スローモーションで見てみると右側にあるSHL25のスクロールがカクついているのに対し、AQUOS SERIE miniではスムーズに動いているのが分かります。

動画では俊敏で滑らかに動く様子が上手く伝わらないので、実際に店頭で触って確かめて下さい!

重たいアプリでもサクサク動作するCPU

昨年の夏モデルで多く採用されていたSnapdragon 810は、CPUがパワフルであるがゆえに発熱問題が騒がれておりました。このAQUOS SERIE miniではSnapdragon 808 ヘキサコアCPUを採用し、あえてスペックを抑えることにより問題は解消されています。

ベンチマークテストベンチマークテスト

基礎性能の参考としてAnTuTu Benchmarkで測定してみました。スコアは43448といい結果に。ハイエンド機と比べると若干スコアは低いものの、コア数の違いや発熱を考慮すると健闘しているのではないでしょうか。

「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」をプレイ

続いては「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」をプレイ。タップした時のエフェクトやカットイン、後ろでは3Dでキャラクターがグリグリ動くため、一部の界隈では新たなベンチマークソフトとして利用されています(?)


実際にプレイした時の様子がこちら。最高画質の3D標準でもカクつくている様子もなく、キャラクターの動きがヌルヌル動いています。

色彩や質感をリアルに映し出すカメラ

AQUOS SERIE miniは目の前の景色や質感を忠実に再現するカメラを搭載。SHARP公式サイトのPHOTOSHOWでは、プロのカメラマンが撮影した写真が多数公開されています。

作例として、カメラ初心者の私が撮影した写真を載せます。掲載している写真はリサイズ・トリミングのみ行っています。

食べ物 / 室内

麻婆豆腐
麻婆豆腐
ネギトロ丼
ネギトロ丼
チーズケーキのいちごソースがけ
チーズケーキのいちごソースがけ

周りの環境に合わせて色みを調整してくれるので、色鮮やかで透明感のある美味しそうな写真が撮れました。ネギトロ丼やチーズケーキを撮影した店内の照明は落ち着きのある電球色でしたが、マニュアルで調整することで色かぶりを防ぎました。

グラスにピントがあっている状態
グラスにピントがあっている状態
背景にピントがあっている状態
背景にピントがあっている状態

写真撮影後に一眼レフのようなぼかし加工を付けることが可能。フォーカスを合わせたい箇所をタップするだけで本格的な写真に早変わりします。

風景

沖縄の海
沖縄の海

続いては沖縄の海を撮影して来ました。沖縄では雪が降ると噂されていた中、波打ち際で撮影。この日はあいにくの天気(砂が強風で舞うくらいの荒れ模様)でしたが、沖縄の綺麗な海や砂浜が伝わるでしょうか。


スーパースロー撮影で動画を撮ってみました。画像と画像の間を補完するフレーム補間技術によって滑らかで美しいスローモーションが撮影できます。

沖縄の海
沖縄の海

屋上ではかなりの強風で、撮影するときにかなり手ブレが起きそうなシチュエーションでしたが、光学式手ブレ補正によって大きくブレることなく撮れました。

沖縄の海

絶景スポットなどにはパノラマ撮影がオススメ。スマホを水平に移動して広い範囲を1枚の画像に収めることが可能です。合成する際に少し歪みが生じることがあるので、広めに撮影しておくといいでしょう。

NightCatch II OFF
NightCatch II OFF
NightCatch II ON
NightCatch II ON
HDR(ハイダイナミックレンジ)OFF
HDR(ハイダイナミックレンジ)OFF
HDR(ハイダイナミックレンジ)ON
HDR(ハイダイナミックレンジ)ON

最後は夜景やイルミネーションを撮影してみました。綺麗に夜景を撮るのは手ブレが生じやすく、意外と難しいのですが、NightCatch IIやHDR(ハイダイナミックレンジ)をONにして撮影すると黒つぶれしていた箇所が綺麗に撮影できました。

NightCatch IIでは、フラッシュをONにして撮影した写真とOFFにした写真を合成することでどちらも明るく撮影できる機能。フラッシュを付けても色味が大幅に変わることはなく、実際の見た目に近い自然な色味になりました。

HDR機能は、明るい部分と暗い部分のそれぞれ最適に撮影した画像を合成して、綺麗な写真に仕上げてくれる機能です。明るさが足りない時、もしくは明るすぎるときに効果を発揮します。リアルタイムHDRでは、明るい写真・暗い写真・その中間を1度に撮影してくれるので合成するときのズレが無くなります。

コンパクトなフラッグシップモデルをお探しのあなたへ!

コンパクトなフラッグシップモデルとしてAQUOS SERIE miniはイチオシの端末です。前モデルから本体サイズが小型化しても画面サイズや解像度、CPUやメモリを削ること無く盛り込んでいて完成度が非常に高い端末です。

ココ最近は5インチ台の大型端末を両手で操作してきましたが、片手で扱えるこの絶妙なサイズ感はとても使いやすく感じました。誰もが大画面のスマートフォンを使いたい訳じゃないんですよね。そういった利用者に自信を持ってオススメできる機種です。

気になった方はぜひ一度店頭で試してみてください。

AQUOS SERIE mini SHV33の設定・使い方はこちら:

au AQUOS SERIE mini SHV33をもっと便利に活用するために設定したい9つの便利機能

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi