ついに月額0円でスマホが使える!?0 SIM(ゼロシム)を徹底レビュー!

書いた人: とくめい

カテゴリ: レビュー, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ついに月額0円でスマホが使える!? So-net「0 SIM」を徹底的に使いこなす!

ソニーの子会社であるSo-netが始めたこれまでの常識を覆すSIMカード「0 SIM(ゼロシム)」を発表しました。この格安SIM、なんと月額料金0円から使えるというものなんです。

いったいどういう仕組みになっているのでしょうか?今回はこの0 SIMプランの仕組みや契約の流れ、0 SIMを使いこなすコツをご紹介します。

目次:

月額0円から使える「0 SIM」とは?

0 SIMは毎月500MB未満であれば月額0円から使えるSIMカードです。一時的にキャンペーンで無料になっているのではなく、容量を超えなければずっと無料で使えます。契約時に契約事務手数料3,000円が別途発生するものの、月額料金が無料というインパクトはとても大きいです。

規定量の500MBを超えるとそこからは従量制になり、100MBごとに100円(税抜)が加算されていきます。合計2GBを超えると1,600円で料金がストップして、5GBまで使うと通信速度が制限されます(データ専用プランの場合)。

「0 SIM」の利用料金イメージ
「0 SIM」の利用料金イメージ(参照

通信量ごとの料金を以下にまとめてみたので、いくら安くなるのか普段使っている通信量と見比べて見てください。

「0 SIM」の月額料金(ユニバーサルサービス料込み)
データSIM データ+SMSプラン データ+音声プラン
0~499MB 0円 150円 700円
500MB~2,048MB 100MBごとに+100円
2,048MB~ 1,600円 1,750円 2,300円
100MBごとの金額
500~599MB 100円 250円 800円
600~699MB 200円 350円 900円
700~799MB 300円 450円 1,000円
800~899MB 400円 550円 1,100円
900~999MB 500円 650円 1,200円
1,000~1,099MB 600円 750円 1,300円
1,100~1,199MB 700円 850円 1,400円
1,200~1,299MB 800円 950円 1,500円
1,300~1,399MB 900円 1,050円 1,600円
1,400~1,499MB 1,000円 1,150円 1,700円
1,500~1,599MB 1,100円 1,250円 1,800円
1,600~1,699MB 1,200円 1,350円 1,900円
1,700~1,799MB 1,300円 1,450円 2,000円
1,800~1,899MB 1,400円 1,550円 2,100円
1,900~2,047MB 1,500円 1,650円 2,200円
2,048MB~5,120MB 1,600円 1,750円 2,300円

月額課金制のSIMカードは使用料に関係なく基本使用料が掛かるのが当たり前でした。それが無料で回線を維持できるなんて、僕みたいに沢山SIMカードを契約している身としては非常に嬉しく思います。

容量別に他社のプランと比べると少々割高になってしまいますが、使った容量に応じて課金されるので毎月の使用量にバラツキがあっても無駄がありません。

0 SIMが生まれたきっかけ

「デジモノステーション 2016年02月号」の付録、「コラボSIM」がきっかけ
「デジモノステーション 2016年02月号」の付録、「コラボSIM」がきっかけ

0 SIMが生まれる前、昨年末に突如発売された「デジモノステーション 2016年02月号」が話題を呼びました。

この雑誌にはコラボSIMと呼ばれるSIMカードが付録で付いてきており、0 SIMと同様に500MB未満の通信が無料で行えることもあって人気殺到。Amazonでは瞬殺で売り切れてしまい、全国的に入手困難な状況が続きました。

話題になったことをきっかけとして、So-netがMVNOのプランとして正式に提供を開始しました。雑誌の付録で利用者の声を集めて、人気があれば正式にプランを提供するスタイルは今後増えていきそうな気がします。

あっという間に売り切れてしまい、全国でも入手困難な状況に
あっという間に売り切れてしまい、全国でも入手困難な状況に

コラボSIMと0 SIMは基本的な仕様は同じですが、コラボSIMではnano SIMが付属しており、データプラン以外は選べません。0 SIMであれば音声プラン・SMSプランの申し込みやSIMカードのサイズを選択できるので、音声プランなどを利用する場合は0 SIMを申し込みましょう。

0 SIMを使ってみよう!契約の流れから設定までをチェック

0 SIMがどんなものか分かったので、実際に契約して使えるようになるまでの流れをご紹介します。

申し込みの流れ

公式サイト右上の「サービスに申し込む」ボタンを選択
公式サイト右上の「サービスに申し込む」ボタンを選択

So-net公式サイトにアクセスし、中央右側の「サービスに申し込む」ボタンを押します。

「標準」「micro」「nano」のサイズ、「データ専用」「SMS付き」「音声通話対応」のプランを選択
「標準」「micro」「nano」のサイズ、「データ専用」「SMS付き」「音声通話対応」のプランを選択

ボタンを押すとSIMカードのサイズと種類を選択する画面に移動します。自分の使用する機器や用途に応じて選択して下さい。月額0円で利用する予定であれば、プランを「データ通信専用」を選択します。

利用規約を読んだ上で申し込もう。契約は「おひとりさま1件まで」とのこと
利用規約を読んだ上で申し込もう。契約は「おひとりさま1件まで」とのこと

次へ進むと規約確認画面に飛びます。申し込んだ時点で利用規約に同意したことになるので、pdfの内容を必ず確認してから申し込んでください。

申込内容を確認
申込内容を確認

改めてプランの内容を確認し、次へ進みます。

契約者情報を入力
契約者情報を入力
住所情報を入力
住所情報を入力
月額料金の支払いにはクレジットカードが必須
月額料金の支払いにはクレジットカードが必須

ご契約内容、住所、クレジットカード情報を入力していきます。

サイト内には

※デビットカードやプリペイドカード、ならびに一部の海外発行のクレジットカードはご登録いただけない場合がございます。

と注意書きがあるため、申し込みの際はなるべくクレジットカードを用意していたほうが無難です。

本当にデビットカードで申し込めないのか試してみたところ、手持ちのデビットカード(ジャパンネット銀行・楽天銀行)では弾かれてしまいました。

登録内容の最終確認
登録内容の最終確認

最後に登録内容を確認して、問題なければ「注文を確定」ボタンを押して下さい。これで申し込みが完了です。後はSIMカードが届くのを待ちましょう。

So-net 「0 SIM」のAPN設定

SIMカードが届いたら、公式サイトのマニュアル(PDF)を参考にしてAPN設定を行います。
設定が難しいときは公式サイトをチェック。動画で丁寧に説明されているため初心者にも分かりやすいですね。

APN設定方法はこちらを参照:

スマートフォンの SIM カード挿入・接続設定方法

Androidスマートフォンの場合、「設定」アプリからAPNの設定を行います。

0 SIMのAPN設定(Android版)
APN名 So-net 0 SIM など任意のもの
APN so-net.jp
ユーザー名 nuro
パスワード nuro
認証タイプ CHAP or PAP

iOSの場合はダウンロードページからAPN 構成プロファイルをダウンロードします。サイト上でファイルをダウンロードする必要があるため、Wi-Fi環境がある場所で行いましょう。

0 SIMの使い勝手は?通信速度を測定してみた

安いからといって通信品質が安かろう悪かろうでは意味がありません。実際に速度を計測してみて、どれだけ速度が出るのか検証してみました。測定条件は以下の通り。

測定条件
調査場所 沖縄県那覇市 周辺
測定時間 (朝)8:00~9:00
(昼)12:30~13:00
(夜)19:00~20:00
2月上旬の平日、3つの時間帯で調査
調査アプリ RBB TODAY SPEED TEST
調査方法・機種 honor 6 Plusを使用してping・上り・下りを連続で3回ずつ計測。測定時間は朝・昼・夜の混雑する時間帯を選択。

格安SIMは時期や時間帯、場所によって大きく差が開いてしまうため、あくまでも数値は参考程度に見てください。

朝の測定結果

朝の時間帯は昼や夜に比べて速度が出やすい傾向がありますが、結果はまずまずといった感じ。欲を言えばもう少し速度が出てくれると安心できますが、これだけ出ていればYouTubeなども止まらずに視聴できます。

朝の結果はまずまずといったところ
朝の結果はまずまずといったところ
職場(屋内)での測定結果
ping 下り 上り
1回目 50ms 5.62Mbps 7.26Mbps
2回目 59ms 8.61Mbps 7.94Mbps
3回目 59ms 6.61Mbps 6.35Mbps

昼の測定結果

お昼はスマホの利用者が集中するので、MVNO各社ともに速度がガクッと落ちる時間帯です。そのため事業者ごとの通信速度が顕著に現れてくる時間帯でもあります。

そんな中「0 SIM」はというと、下りが1Mbpsを切ることも多い中で、かろうじてキープしているあたりは好評価。上りは朝の速度をキープしています。

利用者が集中する昼の時間帯でも1Mbps以上をキープ
利用者が集中する昼の時間帯でも1Mbps以上をキープ
職場周辺(屋外)での測定結果
ping 下り 上り
1回目 75ms 1.21Mbps 5.68Mbps
2回目 74ms 1.26Mbps 6.91Mbps
3回目 93ms 1.30Mbps 6.58Mbps

夜の測定結果

仕事が終わった後に場所を移動し、混雑しそうな国際通りで速度測定を行いました。観光客が沢山訪れる人気スポットですが結果はどうでしょうか。

上りは倍以上に上がっているものの、下りが昼と同じくらいしか出ていません。この速度だとブラウジングやニュースアプリを見ていても画像を表示するまでに時間が掛かりました。逆にファイルのアップロードなどはキャリア回線とほとんど変わらないスピードで快適に行えます。

夜の結果。下りが昼と同じくらいしかでていない
夜の結果。下りが昼と同じくらいしかでていない
国際通りでの測定結果
ping 下り 上り
1回目 62ms 0.81Mbps 15.78Mbps
2回目 66ms 1.26Mbps 16.01Mbps
3回目 62ms 1.62Mbps 17.49Mbps

ユーザー急増のせいか通信速度は今ひとつ。今後に期待したい

1日を通して測定した結果、速度が思っていたよりも伸びない結果となりました。
お昼の時間帯は健闘しているものの、その他については他社のほうが安定して速度が出ていました。

0 SIMのユーザーが急増したことによって帯域が圧迫されているのかもしれません。帯域増強によって通信速度が向上してくれることを期待します。

0 SIMを使いこなすためのオススメの使い方

0 SIMを1週間ほど使った時に発見したオススメの使い方をいくつかご紹介したいと思います。

サブ端末でブラウジングやSNSを楽しむ

500MB未満で利用するなら、以前使用していたスマホなどに挿してブラウジングやSNSなどを楽しむ用途にピッタリ。テキストが中心のサイトであれば1ヶ月利用しても500MBを超えるのはなかなか無いと思います。

ただし、長時間の動画視聴や音楽ストリーミングサービスを利用するとあっという間に500MBを超えてしまいます。0 SIMは2段階定額制のプランのため、メインでガシガシ利用しても青天井になることはありませんが、前述のとおり上限近くまで利用すると少し割高になってしまいます。

自宅ではWi-Fiを利用して、外出時は0 SIMで通信

自宅にWi-Fi環境がある方は、家にいるときはWi-Fiで利用して外で使用するときだけ0 SIMを利用するといった使い方もオススメです。外では地図や簡単な調べ物をする用途で割りきって使用することでパケットを節約できます。

気をつけたい0 SIMの注意点

良いこと尽くめにも思える0 SIMでも注意点が存在します。

データプラン、データ+SMSプランは3ヶ月未使用で強制解約される

「データ専用プラン」と「データ+SMSプラン」は、最終利用日から3ヶ月連続で一切データ通信が行われなかった場合、強制解約されてしまいます。使わなければ0円のまま回線を残しておけますが、最低1回でも通信を行う必要があります。

音声プランの解約金・MNP転出料に注意

「データ+音声通話プラン」のみ最低利用期間が12ヶ月に設定されており、期間内に解約すると解約金5,200円が発生します。
また、MNP転出料も7,000円(平均は3,000円程度)と高く設定されているので、音声プランでの申し込みはあまりオススメできないです。

追加チャージ料金が非常に高額

5GB以上利用すると通信制限がかかりますが、その際に100MB・500MB・1GBごとに追加チャージすることも可能です。しかしこのチャージ料金が他社と比べて高額になっています。

「0 SIM」の追加チャージ料金
100MB 500円
500MB 2,100円
1GB 3,800円

参考までにIIJmioでは100MBにつき200円から追加できます。追加チャージすることになった時は他社のプランのほうが安くなるかもしれません。

1名義に付き1回線のみ契約可能

「0 SIM」は1名義につき1枚だけ申込が可能。複数枚必要であれば家族名義で申し込む必要があります。一人でたくさんのSIMカードを契約されてしまうと会社の利益が無くなってしまうので当然といえば当然。

マイページで利用状況の反映は遅め。上限を超えない対策方法は

使用した通信量の反映に時間がかかるようだ
使用した通信量の反映に時間がかかるようだ

使用したパケット通信量は利用者向けページから確認することが出来ますが、速報値と書かれているのに反映に時間が掛かります。通信量が400MBを超えるとメールで通知されるようですが、こちらもマイページで反映されてからメールが来るみたいです。

このままでは意図せず500MBを超えてしまう可能性があるので、スマートフォン側で指定した通信量になったら自動的に通信を停止させることで使いすぎを防止できます。

「設定→「データ使用量」を選択
「設定→「データ使用量」を選択
「モバイルデータの制限を設定する」をチェック
「モバイルデータの制限を設定する」をチェック

【設定】アプリ→【データ使用量】から「モバイルデータの制限を設定する」にチェックを入れます。制限を設定すると通信量のグラフにボーダーラインを設定できるので、500MBを超えるちょっと前の容量で警告と制限を掛けておきましょう。

「QuickShortcutMaker」というアプリで設定することも可能
「QuickShortcutMaker」というアプリで設定することも可能

私が使用していたhonor 6 Plusも独自のOSカスタマイズがされているので、この項目が非表示になっていました。そこでQuickShortcutMakerというアプリを使って通常は直接呼び出せないアプリの機能(アクティビティ)を呼び出します。

「データ使用」と記載された設定項目を選択
「データ使用」と記載された設定項目を選択

QuickShortcutMakerを起動するとアプリのショートカット一覧が表示されるので、入力欄に「データ」と入力して絞り込みます。すると、絞りこまれた設定の中に「データ使用」という設定項目が現れるので、これを選択します。

データ使用のショートカット作成画面。これで「データ使用量」を確認できます
データ使用のショートカット作成画面。これで「データ使用量」を確認できます

データ使用のショートカット作成画面に移動するので、そのまま起動するかホーム画面にショートカットを設置してから起動しましょう。
後は先ほどと同じように「モバイルデータ制限を設定」にチェックを入れて制限する通信量を設定するだけです。

アプリのインストールはこちらから:

QuickShortcutMaker(ショートカットツール) – Google Play の Android アプリ

まとめ:使いこなすにはパケット通信量を把握することが重要

2段階定額の使った分だけ課金するシステムは万人に薦められるプランですが、500MB未満だとこれ1枚でスマホやタブレットを利用するには厳しいです。もしメインで利用するのであれば、LINEなどのSNS用途や調べ物に活用するとお得に使えるのではないでしょうか。

他社と比較すると高速/低速通信の切り替えに非対応だったり、ある程度通信すると割高になってしまう点などを考えると、パケット通信量を把握してきちんと管理できる人が向いていると思います。

「毎月0円で使えるSIMカード」という格安SIMの新しい常識を作ったことによって、MVNOに馴染みのない方でも今まで以上に手軽に使えるようになるといいですね。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi